nemuinekoさんの「星空のメモリア -Wish upon a shooting star-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

合わない人間には、地雷でしょう。とにかく、冗長なのが大きな欠点だと思います。ボリュームがあると言えば聞こえは良いですが、何時間も読んでいると段々とうんざりしてきます。無駄な会話が多すぎて、なかなか話が前に進みません。「もういい加減、早く話を先に進めてくれ」と思ったのは、私だけではないはず。ストーリーも先が読めてしまい、キャラゲーとしてもシナリオゲーとしても中途半端で、面白くなかったです。
作品の雰囲気や音楽は、良いです。CGもすごく綺麗です。しかし、読んでいて面白くないのが大きな欠点でしょう。読んでいて退屈なゲームは他にもありますが、普通はここまで長くないので許容範囲です。しかし、このゲームはあまりにも長すぎる為、途中で飽きてしまいました。キャラも、こもも以外はそれほど魅力を感じないし、ストーリーもたいした事なかったです。基本つまらなくて、たまに良い場面があるといった感じのゲームです。

共通ルート:衣鈴のプラネタリウムの話は良かったですが、パンチラはさせない方が良かったと思います。せっかく音楽も良くて良いシーンなのに、あれではパンツが気になって、ストーリーに集中できなくなってしまう。サービスのつもりなのかもしれませんが、パンチラはさせない方が良かったと思いますね。

衣鈴ルート:このルートは、千波が魅力的でしたね。千波が衣鈴に望遠鏡を手渡すシーンは、名シーンでしょう。

こももルート:ストーリーは途中で読めてしまいましたが、こももが好きなので、楽しめました。「このゲームは、こもも1人いれば良いか」と思っています。正直、こももがいなかったら全く興味ないです、このゲーム。

千波ルート:このルートが一番良かったですね。千波が思っていた以上に良いキャラでした。

とにかく面白くなくて、読んでいて苦行でした。「我慢してやるほどじゃなかった」というのが、このゲームに対する正直な感想です。もう少し短くまとめてくれれば、80点くらい付けたんですが……。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

nemuinekoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい128回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。