shigarakiyakiさんの「真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

良いキャラゲーでした
主人公が三国志の時代に飛ばされて所属した国で天下統一を目指すキャラゲーです。
以下雑記となります。

メインの√は3つあり蜀→呉→魏と読み進めました。
どの√も特徴があって良かったですがシナリオの面白さは魏>呉>蜀と言った感じでした。

魏√は圧倒的なカリスマ性を持つ曹操の下で主人公が部下として働き、成長を重ねる中でヒロインと惹かれ合うシナリオです。
ラストは切ないですが王道と言え、そのシナリオの良さから制作は魏√をメインとしているのかなと言う印象を受けます。

呉√は未来から飛ばされてきた主人公がその希少性や神秘性を理由に子を作るための種馬の役を与えられ、その中で孫呉の一員となっていくシナリオです。
この√は性質上仕方ないのことなのですがメインキャラから死人が出ることが辛いですね…孫権の成長や離別をテーマとしているのは分かります、しかし欲を言うと存命√も欲しかったです。

蜀√は良くも悪くも普通ですね。
一応大団円なのですが魏√ほどシナリオが面白いわけでもなく、呉√のように大きな離別もないですし割りを食ってる印象が残りました。
ただキャラが死ぬことも主人公との別れもないので好きです。


キャラクターはあれだけの人数がいながらそれぞれの国で埋もれることなくどの娘も個性があって良かったです。
特に不快に思うキャラもおらずハーレムものの醍醐味を味わえます。
エロシーンはやたらフェラが多いので、それが合う人は満足できると思います。


○総評
10年前の作品ですが絵やUIに不満がなければ現在でも充分に楽しめます。
三国志という題材を使って史実をなぞりつつも独自の展開をなすシナリオや、
大人数のキャラゲーでありますがどのキャラも個性がありハーレムものとして楽しめる良作です。
ただあくまで三国志"風"のキャラゲーであって史実を重視したシナリオゲーではないことに留意しなければなりません。
そういった意味で三国志よりもキャラに惹かれたという人にはおすすめできますが、
元々三国志が好きで興味を持った人には不満が多い作品かもしれません。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい96回くらい参照されています。