コメントへの投票

投票をするにはログインしている必要があります。
左のメニューからログインしてください。

コメント

93世界ノ全テノ全テ (霊岳ソフト)
曇天を分かつ曙光、覚め遣らぬ記憶の残滓、時は移ろうとも過ぎし日は美しく心に在り続ける――追憶する。叙情的情景描写と良質の劇伴で物語世界は独自の雰囲気に包み込まれ、いくらかでもリアリティを帯びた造型で克明に描かれる、「他者」の「まなざし」に晒されることで起こりうる苦悩や葛藤。この物語は、未熟で不器用な少年少女の春を辿る物語、人間存在の学である。或るパースペクティブで以て存在の様式を捉えたうえで「連鎖」の内の人間の実存を見事に描いている。理解し難い登場人物の諸行動も彼等自身の観点に立ってみればその大部分が了解可能となろう。フロムの措定する愛を下地に多方面の知識を織り交ぜてきているため、詳細な読解には困難を極めることが危惧されるのと、幾度のリファインを経てもなお有る誤字脱字、整合性の欠如が難点か。まあ、私も理解できていないのだけれど、駄目なりに考察。 → 長文感想(25953)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h

ログイン






検索