コメントへの投票

投票をするにはログインしている必要があります。
左のメニューからログインしてください。

コメント

--そらのいろ、みずのいろ (Ciel)
ある意味でトニィ伝説を確定したようなソフトであって、そりゃ発売前にはトニィ絵でやっとマトモそーでしかもエロっぽい純愛ゲーが!などと盛り上がった挙げ句、フタを開けてみれば、真夏の四人のバカカップルが締め切ってムンムンなプールの更衣室にて明るく仲良く楽しそうに乱交プレイを繰り返す物語を出されては、独占厨やらシナリオ厨やらNTR厨といった種族の壁を越え「いったいこの作品はなんのために生まれてきたのだろう……」と、この異常にハイテンションな奇形児をそのまま地雷ゲーの墓に埋めたものだ。そして、あれから数年が経過しても尚この作品は「時代の偏見を乗り越え」といった凡庸な復活を果たすこともなく、全てを知った今になってやり直してみても、相も変わらず掴み所が無くて、真夏の太陽の無意味な暑苦しさと明るさが無駄にカンカン照りしているだけで、そらのいろとみずいのいろの移りかわりがただぼんやりと頭に残るばかりである。

ログイン






検索