PRIMAL×HEARTSの音楽情報

PRIMAL×HEARTS (ま~まれぇど) (2014-08-29)
amazon
ブランド ま~まれぇど
発売日 2014-08-29
商品群通常版 /PKG版/7471円
18禁等 18禁/非抜きゲー/和姦もの
対応OS XP , Vista , 7(32bit) , 8
中央値79
平均値78
データ数628
標準偏差9
最高点100
最低点30
giveupした人13(2%)
積んでる人46(6%)
面白くなってきた時間中央値1時間
プレイ時間中央値20時間

音楽コメント

200primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
爽やかに駆け抜けるゲーム本編にもぴったりなアップテンポ
75primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
最初の美しいピアノの旋律にあたかもすべてがあるようで、とってもエモい。

 わりかしロックテイストのある作曲・橋咲透なのだけど、イントロで手を変え品を変えて耳を引くのが巧い。近作の「magic drive!」でも、いきなりギターに突拍子もない鳴き声をあげさせておき、その裏へと小気味よいトンポクポクポクって音まで転がしておくもんだから、開始5秒で耳をすっかり持ってかれちゃって。これは強い。まず宣材として求められるエロゲソングにおいて、かわゆくてエモーショナルな曲調は崩さないまま最初の5秒でキャッチーな面白みを見せるのは、すごく重要なことだと思う。

 本作でも、00年代ピアノエモを思わせるなつかしさの、ひたすら綺麗なイントロが素晴らしくキャッチー。「Roses And Butterflies」だとか「I Woke Up In A Car」みたいな爽やかさで、開始5秒、わたしのなよなよしいハートをぐっと掴んでいく。ポップスにおけるピアノイントロの、それが鳴ったら感動する準備だ!みたいな空気が客にさっと広がる慣習というのはとても強力で。約束された勝利の音みたいで、そうした約束されきったキャッチーさが、エロゲにはとてもぴったり似合ってしあわせになれる。
 『プライマルハーツ』のように、キービジュアルを見るだけで「……勝ったな」となる作品ではことさら。OPムービー0:30頃からの、線画からレイヤーを重ねて色を手厚く塗っていき、ヒロインがちらりとこちらに目線をくれる演出でもって、制作者の売りたいものはきっちりビジュアライズされている (そこへさらに1:03~、1:16~、アニメーションをつけて記憶へ二度、三度と焼き付けて)。
 「あなたの答えはいつもはっきりしないままなの」「色づく世界は誰のため?」。あなただけのため。カワイイ以外は何ひとついらない、ニンジンいらないよ、というエロゲ塗り一色の世界観を、不純物ゼロでまったくロックさのないCeuiの歌声が繊細に色づけていって言いふくめてくれる。エロゲソングは、なよなよしい男の想いを女性ボーカルがあたまっから綺麗に歌い上げてくれるものだから、とんでもなくエモい音楽であるよう感じたりする。
100primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
OPムービーとマッチしています。
曲調と歌詞がゲーム内容を描いているところがとても好きです。
150primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
透き通るようなキレイな歌声が素晴らしい
唯一、ゲーム中で流れる音楽なので聞いた時に「あ、これなんだ」と思いました。
出だしから特徴があるので耳に残りやすいです。
85Dear (PRIMAL×HEARTSのED )
陽姫自身が明るい子なので歌い方も明るく、メロディもどちらかと言えば明るめでした。
その辺りが個人的には聞いていて良かったです。
120trusty (PRIMAL×HEARTSのED )
このリズムでも普通に歌えるのはさすがシモツキンって感じ
120trusty (PRIMAL×HEARTSのED )
ゆづき本人を歌ったような曲ですね。
2番サビが終わってから大ラスに向かうまでの歌詞とメロディがとても大好きです。
100primal story (PRIMAL×HEARTSのED )
ゲーム曲とは違いフルでは若干出だしが変わっています。
その部分が個人的には好きです。茶太さんの歌い方がマッチしてますね。

ログイン






検索

パッケージ画像等

amazon
PRIMAL×HEARTS【予約特典&Amazon.co.jpオリジナルポストカード付き】
(Amazon)
amazon
PRIMAL×HEARTS
(Amazon)

(DMM.com)
↓Getchu.com↓

ブランド公式twitter