さくらのさくころの古い順コメント

さくらのさくころ (minori) (2006-03-31)
dmm
ブランド minori
発売日 2006-03-31
18禁等 18禁
非抜きゲー
和姦もの
中央値65
平均値64
データ数151
標準偏差15
最高点99
最低点10
giveupした人4(2%)
積んでる人43(20%)
プレイ時間中央値5時間

コメント(古い順)

80
そよかぜのおくりものよりは充実した内容。攻略対象はなんと10名?いや11名。主観も含めこのくらいの点数。 → 長文感想(610)
総プレイ時間 : 6h
77
アニメパートはちょい短いけどいい出来。ADVパートは夢落ちとか妄想とかでそよかぜのおくりものと同じなんだけど、なかなか構成は上手かった。まあ、FDとしては結構いい方ではないかと。
80
エロは結構、エロなしのほうのショートストーリーには何も期待してはダメ、シナリオには何も補完、発展のないFDです、コンシューマの追加のアップデート入れてたりしてくれたら神なのだが・・・無理か
70
“想い出には手を触れない”という選択。純であるということは、必ずしも清潔な関係だけを指しはしません。純だからこそ、えっちなことも在り得るという話です。………教頭代理も、お茶目で子供っぽくてミステリアスで、何か憎めないのが、彼女の良いところ。下手に弄ってキャラクターイメージを壊すより、私はこれで良いと思いますね。
85
アニメ入りで・・・正にファンのためだけのディスクな気がしました 個人的には満足 → 長文感想(82)(ネタバレ注意)
65
エロは満足。ただ夢オチが多かったのは、少し残念。
64
メインの4人は勿論、白波瀬や教頭代理、更には五色の脇役にまでえちシーンありと、エロ中心。まあ、オチがあるので、雰囲気ぶち壊しまではいってない・・・はず。それにしても、主人公の淫夢を見る能力は凄い・・・。
72
決してすべてに満足したわけじゃないけど、ファンなので点数10点プラスしました。Hシナリオじゃない長いシナリオが欲しかったです。
72
えろエロでした。それ以上でもそれ以下でもない。あと夢オチ多すぎ。
30
言うまでも無く全員ロリで、唯一のお姉さんキャラの教頭先生もせいぜい高○生にしか見えない事までは予想通りだったのですが……濡れ場の集大成……同じオチの使いまわし……後談義皆無……アニメの質も低い……
80
もっと長いシナリオを期待してたのに、短編集みたいな感じでちょっと残念。っていうかエロシーンばっかりでしたね。教頭代理が攻略できて満足なのでちょっとだけ評価アップ♪
65
期待したのとちがっていたが、FDとしてはまぁまぁ楽しめた。 → 長文感想(346)(ネタバレ注意)
62
ちょっと物足りないですね
70
個人的にアニメが良かったのでこの点数。
68
花札くらいしか遊べない。シナリオもやっつけ気味で残念でした
60
原作の雰囲気が台無しです。
65
本編の綺麗な想い出を壊さない、登場人物のイメージを崩さないことと、ファンディスクだから創ることのできる、プレイヤーが望んでいたif、それらの妥協点の1つだったのかもしれないが、ショートストーリーの「えっちなおはなし」は宣伝から期待するものより物足りなかった。 → 長文感想(1346)(ネタバレ注意)
60
はるのあしおとで楽しませてもらいましたので、お布施のつもりで買いました。まあ、普通のFDですね。
70
製作者があれは完結しているといってるように、原作ファンはプレイする必要はありません。非攻略だった女性キャラを攻略したい人向けです。
58
意外とボリュームの少ない内容でした。割と期待はずれの感じがあります。ただアニメはなかなか良かったです。
80
本編で攻略不可な人のシナリオが(短編ではあるが)用意されていたりと、ファンディスクとしてはそれなりに楽しめた。
65
はるのあしおとのファン以外は勧めません。
57
さくらのさくころ、主人公たちの“if”を綴った小噺集。 → 長文感想(348)(ネタバレ注意)
70
主たる内容であるおまけシナリオには、本編に実用性がないので、夢オチを多用して実用性あるものを提供しようとする意図を感じた。
65
一番面白かったのが雑誌にも収録されていたおまけシナリオ。今考えてみればいらないアニメを作った時点でefでのminoriの迷走の端緒が見えているな・・・。
72
FDなので思い入れがあれば面白いかもしれないゲーム。 → 長文感想(509)(ネタバレ注意)
10
(GiveUp) いたって普通のFD。特筆するところもなければ、けなすところもない作品。
80
はるおとFD ゲームとは関係ないが成瀬未亜のエロCDは良い
70
花札が楽しくも、不快だった。詳しくは、長文で・・・ → 長文感想(229)(ネタバレ注意)
60
ファンディスクなのはわかるんだが。 → 長文感想(304)(ネタバレ注意)
65
一般的なファンディスク
55
(GiveUp) 評価できるのは、アニメーションのみというのは悲しかった。
81
ファンディスクらしいファンディスク。 → 長文感想(181)(ネタバレ注意)
76
前作が好きならばいい作品
60
おまけシナリオは本当の意味でおまけです。それと花札のみ。本編が本当に好きでなければ、あえてやる必要はない。
50
はるのあしおとファンディスク。紹介CGで少し伺えるが、かなり本編の世界観を逸脱した展開がある為、本編を愛している人はもしかすると回避した方が良いかも知れない。
70
花札やってないし、えっちのおはなしはスキップで、壁紙だけはいいが…
74
花札が難しかった。アニメはひどかった。
80
オリジナルアニメとか花札とかストーリー以外がよかった。
45
レズ属性はないもので、お気に入りのゆづきのシーンがレズな時点で個人的に×。さらに、ネタバレになるので誰とは言いませんが、夢オチとかね。ファンディスクだからこそ、エロにはしっかりと力を入れてほしいものです。
69
麻雀苦手な人間にとって花札は嬉しかった。 → 長文感想(157)
60
安寧を求めたら変化が与えられた。 → 長文感想(116)(ネタバレ注意)
70
バックログでも口パクが再生されるのは良かったです。
63
アニメーションには笑わせてもらった。ゲームは凡作です。
55
ファンディスクなので点数は低めに付けています。エロシーンしか無いような気がします。絵柄さえ合えばおかずにはなるかな?
31
エロがほとんどIF・・・。花札が面倒。
62
 えっちなショートストーリーを詰め込んだ『はるのあしおと』のファンディスク。本編準拠の挿話や後日談を読みたかった者としては、補完される要素の少なさもあってあまり楽しめませんでした。むしろ『花札のおはなし』や『おまけシナリオ from TG ver.』で繰り広げられる、本編のキーワードを用いた冗談や毒舌の方がクスリと笑えて楽しかったです。結局のところ、本編のシリアスな雰囲気や思い出を大切にしたい人は、お手に取らない方が無難かもしれません。
総プレイ時間 : 5h
65
ミニゲームに花札を採用するチョイスと、適度に難しかった難易度は遊べるので評価したい。ただ、FDだからヒロインたちとのHがもっと見たいとは言ったがメインのヒロインの入れるHシーンのチョイスが正直ずれてる気がした。そこはマイノリティじゃなくてもいいだろうにと。攻略できないサブ陣のHシーンに関してはおおむね満足ですが。はるのあしおとが好きな人が時間つぶしにやればちょうどいい程度でしょう。
--
花札はパスしました。
総プレイ時間 : 3h
70
IFの話が多いが再び『はるのあしおと』の雰囲気に浸れて満足。花札はほぼ運ゲーだけどなんとか全員撃破。(おまけのアニメは茶番感が拭えない)
総プレイ時間 : 4h

検索

パッケージ画像等

dmm
(FANZA)
↓Getchu.com↓