めぐり、ひとひら。の得点順コメント

めぐり、ひとひら。 (キャラメルBOX) (2003-09-26)
amazon
ブランド キャラメルBOX
発売日 2003-09-26
18禁等 18禁
非抜きゲー
中央値78
平均値76
データ数359
標準偏差11
最高点100
最低点0
giveupした人13(3%)
積んでる人66(15%)
プレイ時間中央値19時間

コメント(得点順)

100点台

100点台のコメント

コメントはありません。

100点台をつけたユーザー

90点台

90点台のコメント
99
ほぼ完璧の出来。共通ルート長いのがマイナス。それでも「次の選択肢へ」の存在は助かった。OPムービーはとにかく最高。演出効果も秀逸。
97
緻密に作り込まれたシナリオ、その完成度の高さに驚かされました。音楽の出来も良く、作品を大いに盛り上げてくれます。ただ、共通部分が長過ぎるのが難点と言えばそう。むしろ、シナリオの質がここまで優秀であるのだから、エンディングを一つにした方が良かったのかも知れませんね。しかし、文句なしに名作です。
96
とても雰囲気の出ている作品 → 長文感想(80)
95
長いです。ひたすら共通ルートですが。しかもエロは薄いし、主人公はヘタレ・・・それでも。 → 長文感想(414)(ネタバレ注意)
95
1周に全てを詰め込んだ作りは微妙だが、一つの物語としてやってよかったと思える作品。
95
共通部分は長いものの、非常に素晴らしいできだと思います。自分的には隠れた名作ですね。
93
名作レベルだって。あまり認知されていないのはもったいないなぁ。
91
これもなにかの縁、ゆかり神社へ初詣に行きましょう → 長文感想(105)(ネタバレ注意)
90
初めてプレーした作品。今、改めてみると少々雑だが何度も感動(泣いた)した思い出の作品。
90
雰囲気が冬の田舎で素晴らしく良かったです。キャラではこりすが・・・
90
こりす様のためのゲームです。それだけで十分。・・・共通ルートは長いですけど。
90
個別パートが少ないのが玉に瑕。シナリオもグラフィックも音楽も良かっただけにそこが悔やまれる。
90
結構長いけども飽きは来なかったし面白かった作品 → 長文感想(21)(ネタバレ注意)
90
隠れた逸品だと思います。確かに一周しかできないかもしれませんがそれでもこのシナリオのできは素晴らしい。 → 長文感想(205)
90点台をつけたユーザー

80点台

80点台のコメント
88
朱門優さん青山ゆかりゲーをありがとう → 長文感想(138)(ネタバレ注意)
87
お朱門ちゃんの人情物ストーリー → 長文感想(147)(ネタバレ注意)
87
ちょっと神社に居候してくる → 長文感想(783)
87
ストーリーの構成が凄い。伝奇物なのにおかしい点が見当たらなかった。ただ、ストーリーが長い上に8割が共通パートなので2人目以降が面白くなくなる
86
まさにmasterpiece・・・ただ、共通パートが多いことが白壁の微瑕。
85
1月やった中でも割と当たり作。やっててこまが優しいし、BGMもよかったのでブワッときちゃう時多かったです。
85
(GiveUp) 雰囲気は素晴らしい → 長文感想(220)
面白くなってきた時間 : 1h
85
すげー、さすが、ししょー。穴が有れば…… → 長文感想(541)(ネタバレ注意)
85
伝奇ものでは楽しめたほう。 → 長文感想(609)
85
主人公が相当ヘタレ。しかしそれが逆に周りの人たちを引き立ててる
85
いい雰囲気の作品 キャラもシナリオもいい。
85
主人公がダメ・・・でもこりすってコのためだけに高得点。 → 長文感想(118)(ネタバレ注意)
85
長いのに飽きずに楽しめた作品 ストーリーはかなり良いです。読んでいて続きが知りたくなる感じです。
85
このゲーム、黒と黒と黒の祭壇をやった人と、やってない人で評価が激しく違ってくるかと思われます。自分は前者なので十二分に堪能致しました。チッセ様ばんざーい!(謎)朱門氏ばんざーい!朱門氏の新たな活躍を期待しております。
85
ラストが違うだけでほぼ一本道。でも「これはこれでいいかも」と思わせるくらい出来が良い。ちなみにBAD ENDが一番好き。音楽いまいちで減点。
84
雰囲気が好きでした。
82
音楽良。演出が良くない?(流れをきってしまうところがちょくちょく)。シナリオ中だるみ。でも最後は確かにびっくり。
82
「もっと評価されてもいいんじゃないかな?」というのが初めの感想です。音楽はOPやEDに限らず非常によく、田舎の冬を感じさせるものが多いです。共通ルートの長さが玉に疵でしたが、全体的にまとまっていたと思います。どうせなら1本の方がよかったかもしれないですね。
80
こりす様の存在が全て。中身はいつもの朱門節
80
できれば某ゲームの後にプレイしたほうがいいような、そうでもないような。 → 長文感想(130)(ネタバレ注意)
80
主人公の駄目さとメインヒロインのけなげさの対比がすさまじいです。伝奇部分の伏線も読み応えあります。
80
少々中だるみする感はあるが、雰囲気のいいゲーム。絵が好きならやって問題なし。
80
共通が長くメリハリに欠けるが、日常会話が楽しくキャラ間設定が上手い
80
一周以上はする必要がない、こりすルートのみで評価、かなり終わりよりは余程楽しめた
80
一週目だけなら加点10.音楽も非常に好みでした。 → 長文感想(97)(ネタバレ注意)
80
自分が18禁ゲームを見直すきっかけとなった作品。一周目だけなら+15しても良い。
80
共通パートが長いことが難点だが、テキストを読ませてしまう力がある。
80
隠れた名作。シナリオ・絵・音楽どれも良かった。 → 長文感想(769)(ネタバレ注意)
80
プレイ後はとても爽やかな気分になれる、良作。季節感がよく表現されているのでこれからの季節にお勧め。 → 長文感想(346)(ネタバレ注意)
80
設定は月並みなものばかりですが、それを上手く絡めあわせ、そして綺麗に束ねて纏めた物語は素晴らしいと思います。立ち絵や背景もよく描き込まれており十分良作の域です。ただ分岐後の話の展開が殆ど同じような印象をうけるものばかりだったので-10点
80
冬が来るたび思い出す、多分
80
のり太氏覚醒。原画、背景共に素晴らしい。1プレイに掛かる時間は長めで中盤の進み具合にたるいものがある。冬の田舎を舞台にした伝奇物。
80
共通部分が多すぎ。めらりで+10点。「ぬぐり、ひとひらり。」のムービーを観ることなくこのゲームを終わることなかれ。

70点台

70点台のコメント
79
選択肢の方式やskip判定の方式さえ違えば評価が変わったかも
79
面白かったですけど、如何せん共通が長い…
79
共通パートが長すぎることを除くと良作。 → 長文感想(110)(ネタバレ注意)
79
燕子花こりすを楽しむゲーム。妹はおまけ・・・といいたいけど妹のほうもなかなか
78
初期お朱門ちゃん作品。システム面とかオチとか不満が残るが良作といっていい作品。 → 長文感想(374)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
78
こりすかわいい。
78
こりすがダメ主人公をフォローする姿が健気です。 → 長文感想(93)(ネタバレ注意)
78
主人公がヘタレ。あとこりすは男に都合が良すぎるヒロインであったので、作品自体にのめりこむことができなかった。
78
まず長い、それも共通の部分が長いのが減点。一週目は読み応えがありますが二週目から既読スキップをすると寂しいものがあります
78
シナリオはやや長めですが良質です。塗りも丁寧で冬の雰囲気をよく醸し出しています。
77
共通部分にだいぶ尺が割かれており、選択肢もかなり多い。しかし全ての物語を読み終えてふと振り返ってみると不満なんかは残っておらず、自然と笑みが零れてしまう。性格も正体もバラバラの皆で共に生活をしていた、その事実が輝かしい記憶となって蘇ってくるのだ...。
総プレイ時間 : 19h
77
シナリオがいい。こりすがよかった。
76
冬 田舎 伝奇と言うだけで興味を非常に惹くこの作品。 果たしてその実態は。 → 長文感想(1055)(ネタバレ注意)
76
個別ルートに分岐したあとは急展開で畳んでしまうのが物足りない → 長文感想(183)
総プレイ時間 : 19h / 面白くなってきた時間 : 1h
76
主人公のうざさに絶句 → 長文感想(237)
75
伝記 + 三角関係。オチはやや弱いし、終盤に重心が偏りすぎているきらいもあるが、見事などんでん返しに読み手はアッと驚くに違いない。「超展開」にしてはあまり嘘臭くない筆運びにも好感を持てた。聖女が悪人を赦すさまには、共感できなかったけど。 → 長文感想(2223)(ネタバレ注意)
75
朱門作品の中でも1番アカン
75
こ、これがお朱門ちゃんか。 共通が9.5割なのは残念だが、物語自体は悪くなかった。
75
鏡架や全一になって、主人公を切りつけるゲームはないだろうかw → 長文感想(79)(ネタバレ注意)
75
初回プレイで全員交えて話が進む為、共通パートが長く個別が短い。ただ、伝奇モノとしてはそれなりに楽しめましたし、キャラはこりすが気に入りました。
75
こりす可愛いよこりす…主人公ぅ
75
共通シナリオの長さに圧倒されます。やたらと冗長な印象… → 長文感想(106)
75
雰囲気が良い作品 主人公のパーソナリティはもうすこし考えたほうが良いかとも
75
面白いのだが、途中でダレてしまう作品。シナリオの山場(余り正確な表現でないが)が連続しすぎてこちらのテンションが続かないのが難点。主人公がヘタレなのもいただけない。ただし人物、背景設定は秀逸。伏線が二重三重に張り巡らされているので飽きない。せっかちな人はやらない方が賢明かも。 → 長文感想(641)(ネタバレ注意)
75
丁重に描写された日常シーンは秀逸。音楽、CG、演出と非の打ち所がない。特に終盤、物語の加速度に目を見張る物があった。マイナス点は、丁重に描写されたがために冗長になった日常シーンと、詰め込みすぎた第四章。
73
(GiveUp) 素朴な舞台設定の中、登場人物たちのちょっとした感性のズレが目につきました。ひたすら献身とか、妙な理屈を立てて悩み続けるとか、演劇じみてる。木を隠すなら森として、もっといかにも嘘っぽい舞台を用意してくれていたのなら、どう読み取ったものかと困惑することも無かった気がします。そうしてお話をちゃんと拾えているのか不安なままで読んでいくに、平坦に続くシナリオは重荷。それでいて見目好いだけのお話でもないので、うっちゃっておいて女の子を可愛がるほどにも思い切れず、どうにも捗らないうちにギブアップ。少しもったいないことをしました。妹にこだわる主人公については不快というほどでもないけど、理解の材料も、その執心を許容できるだけのとんがった魅力も見当たらなかった印象。同じように執心するこりすにしても、物語の日々がこれだけ深くゆったり流れたにも関わらず、その理由が腑に落ちてこないと少し変な気分になります。
73
中々良いお話。伝奇もの好きには物足りないだろうけど、充分楽しめる内容だと思います。ただ共通ルートが長すぎるというのと、効果が良く分からない選択肢、文章にややくどい所がある、という点で減点。個人的に大好きな役所の存在が、後半ぐらいから出てきているので少し点が甘めかもしれません。
73
それほど期待していなかったのですが、思った以上に楽しめたゲームでした。
72
主人公が微妙にうざいと思いつつ、こりす様に萌えながらシリアスなシナリオを読み終えて最後のおまけで大爆笑。
71
日本神話をベースにした背景設定がなかなかに深く、伏線も見事に拾いきっており、上手に纏め上げたなぁ~と感心しました。しかし、全体的に少々勢い不足で、個人的には眠くなることが多々。あと、設定上仕方がないんだけど、主人公に結構イライラさせられるので注意。
71
メインヒロイン以外は魅力的
71
キャラが良い。シナリオも悪くないのだが構成に難有り。選択肢が物語の続きを選ぶタイプなのは斬新で良かった。 → 長文感想(155)(ネタバレ注意)
71
1週目で殆どネタが出てしまうけれど、軽い伝奇としては面白い話だと思います。進行するにつれて加速し、伏線が部分的に解読できるレベルであったので長すぎるとは感じませんでした。恋愛方面では、選択肢で主人公の気持ちを決定することが困難で、そもそも終盤以外は主人公の気持ちの行き先はどうなんだろうと思ってしまうことがあり、メインの2人は競うでもなく譲るでもなくといった感じで物足りない面が目立ちました。
70
選択肢の多さは今までで一番  → 長文感想(96)(ネタバレ注意)
70
冬なのに、とても温かい物語 → 長文感想(744)
70
主人公がヘタレなのを除けば良作
70
黒×3をプレイしてこりすルートだけやれば十分
70
ストーリー自体はよく考えられたもので、よかったです。ただ、キャラごとの共通部分が多すぎ、メインストーリーの結末も一緒なので、一人攻略した以降は苦痛でした。一人攻略した時点では、すごく印象が良かったのですが・・。おしい感じです。
70
ほとんど同じストーリーをキャラ人数分やらせるのが×。こりす嬢がお気に入りなのに、主人公の好きな人が違うのが拍車をかける。その状況だからこそ、より萌えるのではあるが…。

60点台

60点台のコメント
68
シナリオは悪くないが、長くてダレる作品。「シャマナ」の方が面白かった。
68
文章がくどく間延びしすぎ、もう少し締めてほしかった。それに耐えられれば読み物としてはそこそこ読めると思います、主人公の余計な独白が多いけれど。あと前文と表裏なんですが、これでもかというほどキャラ設定と世界観が表に出ていました。他CG、演出、音楽、システム取り立てて見るところは無し。
65
日常パートが辛かった。終盤は○
65
一週目だけなら……まだ良かったのですが → 長文感想(155)
65
(GiveUp) 前半部でだれる。主人公ウザイ。
65
OPソングがGOOD。共通ルートの長ささえなければ、それなりの名作だったかもしれない。惜しい。
65
背景は秀逸、システムは不親切。文字サイズと表示方式は改善すべき。立ち絵からして微妙なので手足のバランスが気になる人は要注意。頻繁にギャグ調になるヘタレ主人公のモノローグ等、ライターのネタと作品世界が遊離しているのは難点。青山ゆかり(こりす役)はやはり上手い。伏線が下手で張った端からオチが読めたのだが、シナリオは業界的にはかなりいい方だと思う。ほぼ一本道だけど、純真な若人なら後半は楽しめるはず。 → 長文感想(395)(ネタバレ注意)
65
一周目限定ならもうプラス10点。あまりの共通パートの多さ、サブヒロインの扱いがぞんざいなことで減点。主人公はヘタレだしエロは薄いし終盤に詰め込みすぎなどの不満はあるけれど、丁寧な日常描写と音楽、CGの雰囲気は何とも言えない雰囲気を出している。そして何よりキャラが魅力的
63
本編より「ぬぐり、ひとひらり」の方が好き → 長文感想(801)(ネタバレ注意)
63
うじうじした主人公とその主人公に媚を売る2人の妹にどうしてもイラついてしまってだめでした。シナリオ自体は練りこまれてていいだけに残念。普通に主人公達に感情移入できれば+20点はいくと思います。
60
主人公がゴミで不快 → 長文感想(1041)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 17h
60
今なら廉価版やDL販売もありますから体験版をやって作中の雰囲気やメインヒロインのこりすが気に入って、主人公がヘタレでもよい人ならばはずれにはならない作品だと思います → 長文感想(2001)(ネタバレ注意)
60
あまり話にのめりこめなかった
60
物語の内容は全く違うのだが、キャラ設定やバッグボーンは君望プロットをまんまパクってる。シナリオは良質だが、エンディング以外が共通ルートなので2周目以降は完全な作業になるのが残念。

50点台

50点台のコメント
59
健気なゴスロリは◎ 後は特に良いところなし、1番人気キャラクリア後放置するゲーム。
52
グラフィックやシステム周りは丁寧で好感触、シナリオ全体を見通しての展開は良なのだが、しかし視点を狭めて見るとテキストがシーン毎でのぶつ切り構成に思えました。しかもシナリオの進行に置いてこのテキストは本当に必要なのか?という所も多々見られプレイ中に何度もダレました。全体構成における無駄と中弛みをある程度のテンションの持続で抑えることができていれば間違いなく良作だったと思います。…個人的な感想の蛇足として伏線の張り方がイマイチ、あと主人公がかなりのボンクラ。
51
(GiveUp) 主人公がひどすぎて、読んでいて苦痛だった。選択肢が無駄に多いのもプレイする気力を削ぐ。
50
この作品だけはこのブランドで合わんかった。
50
3年ぶりの再会から主人公を奪い合うというパターンも何ですが、譲り合うに等しい展開というのも見ていて歯がゆいものはありますねえ。再プレイする気力を削ぐが如き共通ルートの長さは物語を上手く見せるには適しているとも言えますので一長一短でしょう。ただ、その共通ルートにおいて見せ場と言える場面は伏線の回収される最終章にしか存在していない様な気がするのは残念。山場が何箇所かあればまた印象も違ったのでしょうけど、最終的には「後味が良かった」程度に留まっている平凡な作品という印象しか残りませんでした ○
50点台をつけたユーザー

40点台

40点台のコメント

コメントはありません。

40点台をつけたユーザー
  1. select(26)

30点台

30点台のコメント
30
今までプレイした中で一番眠くなったゲーム。展開が非常に遅くひたすら冗長なので、自分のように派手な展開や勢いのあるコメディが好きな人は回避推奨。人物の心理描写が好きな人は合うかもしれない。BGMとグラフィックは雰囲気に合っててよかった。
総プレイ時間 : 10h
30点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

20点台

20点台のコメント

コメントはありません。

20点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

10点台

10点台のコメント

コメントはありません。

10点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

0点台

0点台のコメント

コメントはありません。

0点台をつけたユーザー

得点なし

--
間違いなく良作です。今年に入ってからの中ではかなり上位に入ります。君望風味?w → 長文感想(229)(ネタバレ注意)

検索

パッケージ画像等

amazon
めぐり、ひとひら。 初回限定版
(Amazon)

(DLsite)

(DiGiket)

(Gyutto)

(FANZA)
↓Getchu.com↓