死神のテスタメント ~menuet of epistula~ (3rdEye) (2012-02-24)
amazon
ブランド 3rdEye
発売日 2012-02-24
18禁等 18禁
非抜きゲー
和姦もの
対応OS XP , Vista , 7(32bit) , 7(64bit)
中央値75
平均値72
データ数214
標準偏差13
最高点100
最低点15
giveupした人10(4%)
積んでる人33(12%)
面白くなってきた時間中央値3時間
プレイ時間中央値20時間

キャラクター一覧

メイン
イチノセ ユア
OHP
OHP
竹を割ったような爽快な性格で学園では男女問わず人気が高い。
昔から瑠依の隣に住んでいて幼馴染としてお姉さん的な素振りを見せていたが、実際は瑠依のほうが落ち着いて見えるなど、精神的にはほぼ対等な関係。
過酷な稽古故に門下生が瑠依と二人だけになってしまった道場の師範である瑠依の父親から、剣道・居合い等を受けていた過去がある。
才色兼備という言葉が当てはまらない理由があるとすれば、それは意思の強さからくる奔放な言動と、他人の評価を気にしない性格が原因と言える。
ヴィヴィ アルハザード
OHP
OHP
二世紀以上昔より老いずに現在の姿を維持し続けている。
長大な鎌を振りかぶり、無慈悲に人を殺戮する姿を目撃されては“死神”と噂され、都市伝説のひとつとして人々の話題作りに一役買っている。
ノルマをこなすが如く効率的に“支配者<レグナット>”を斬り裂く事だけを考え、そこには一切の私情を挟まない。
口封じのため瑠依の命を狩り取ろうとするが、寸前のところで姿を消す。
戦場の中心で暴れる彼女の真意を知る者は、いない。
タカミヤ アユム
OHP
OHP
父親を失くし一人身となった瑠依を快く迎え入れた『牛々神社』一人娘でもある。
最近では年頃の女の子らしく恥じらいを持とうとするが、あまり上手くいく様子はない。
生まれた家柄から、やがては父親と同じ神道をたどらなければならない定めにある。
日々、巫女として修行に励んでいる……と断言できるほど真面目に打ち込んでいるようには見えない。
『牛々神社』と“死神”は浅からぬ因縁関係にあるらしい。
ムコウガオカ カナ
OHP
OHP
長らく病気で休学していたが、ある日を境に復学して瑠依と同じクラスになった。
瑠依が“死神”の存在を知ってしばらくした後、夏奈も『牛々神社』と同じく“死神”と深い関わりのある組織に属しているとわかる。
鞄の中に忍ばせているショットガンを用いて“支配者<レグナット>”に対抗する。
強行派組織の一員だと知り警戒する瑠依をよそに、本人は至って普通の態度をとっている。
組織の思惑と夏奈の目的は必ずしも同じではないようだが……?
イリーナ イー トルスタヤ
OHP
OHP
育ちの良い品のある立ち振る舞いをするが、時折、意図的にエロスを振り撒く変態な面がある。
周囲から浮いたゴスロリ服が扇情的な性格を象徴している。
針を用いた技術(縫合や刺繍)を得意とし、自作した人形を亡き母親<ローザ>の名前で呼んでいる。
人形の分の食事を用意したり、話しかけたりと、過度なコミュニケーションを取る姿はどう控えめに言っても他者依存型倒錯者。
過去に“死神”と出会ったことがある。
サブ
シブヤ ヒメノ
OHP
OHP
多数のファッション誌を愛読し、自身もまた読者モデルとして誌面に載ったことがある。
女の武器がいかに強力であるかを知り、外見に磨きをかけることに時間を費やしている。
クラスのファッションリーダー的存在としてチヤホヤされているが、学力は底辺。
留年を免れてから数週間、「教師と取引をした」 と囁かれていたり、「お金に困ったことがない」 などと怪しい発言があったりするが、真相は定かではない。
ギャルっ気のある口調を煙たがらない肉食系男子にとって、その外見と思わせぶりな微笑みはすこぶる人気が高い。
瑠衣に興味を抱いているが、どう言い寄っても撃沈してしまうのが最近の悩み。
フセ ナルミ
OHP
OHP
喧嘩の鬼。
鉄のような頑丈な骨と、死ぬまで折れない命知らずな心臓を持つ。
勝った相手の髪を刈り上げることから “スカーヘッド” の異名で知られている。
成績が悪くて留年しかけたが、首の皮一枚繋がって瑠依のクラスで時を同じくしている。
手の付けようがない悪童だったが、瑠依に負けて意気投合してからは理由のない暴力行為から縁を切った。
以来瑠依とは仲が良いように見える。
ナイン
OHP
OHP
ユニセックスな外見からは―― 性別不明。
あらゆる語学を理解するが―― 国籍不明。
音もなく隣で嗤う神出鬼没―― 身元不明。
予言めいた言動で人を惑わすだけ惑わし、蜃気楼のように闇に溶けてしまう。
大人の女性の妖艶さと、子供のような純粋さを併せ持つが、言葉の裏には残酷ささえもうかがえる。
タカミヤ イチロウ
OHP
OHP
“天満牛”総本宮から勧請された分祀八千社の一つ 『牛々神社』 の神主。
小さな神社だが、本殿には学問の神・件(くだん) という妖怪の遺骨を預かっている。
早くに妻を亡くし男手ひとつで歩を育てたため、歩の将来について心配している。
厳格な印象を受ける顔つきだが、意外なほど温厚で冗談を好む。
他界してしまった瑠衣の父親とは盟友。
少々変わり者だった瑠衣の父親にとっては、同世代の良き理解者として、そして武道のライバルとしてお互いを認めた関係だった。
ウエヨナハラ キリ
OHP
OHP
瑠依のクラス担当を務めている教師。
教師を仕事と割り切り、それ以上の情熱を持たないイマドキな一面がある。
坦々とノルマをこなすように授業を進める姿が逆に気に入られ、学生たち (特に男子) から安定した支持を得ている。
事務的な行動からは想像できないくらい強い愛国心の持ち主であり、普段から学生に 「貴方は国を愛せますか?」 と説いている。
※3rdEye様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

検索