闇を奔る刃の煌き

闇を奔る刃の煌き(非18禁) (影法師(同人)) (2011-08-13)
amazon
ブランド 影法師
発売日 2011-08-13
18禁等 非18禁
対応OS Win2k , XP
  • 基本情報を変更する画面
中央値85
平均値84
データ数54
標準偏差9
最高点98
最低点60
giveupした人1(2%)
積んでる人7(11%)
プレイ時間中央値10時間

POV/属性/タグ

公式ジャンル紙芝居(時代劇+和風伝奇 ビジュアルノベル)
属性VN(ビジュアルノベル) , 声なし , 修正ファイルあり , ディスクレス起動可 , 選択肢無し , 吉里吉里 , Vista動作可 , 7(32bit)動作可 , 7(64bit)動作可 , 低価格(当初の発売価格が4000円以下) , 同人(オリジナル)
背景背景設定が深い(3) , お店もの(2)
シナリオシナリオがいい(11) , つじつまがあっている(10) , テキストがいい(8) , ゴールが一つだけ(5) , 考察系(2)
傾向後味が悪い(7) , 感動(6) , 熱血(5) , 戦闘(4) ,
時間短い(2)
女の子キャラクター魅力的なヒロイン(6) , 着物・巫女・袴(4) , 強気な娘・ツンデレ(3) , 魅力的だけど攻略不可 , 姉妹モノ
主人公素敵(11) , 強い(6)
ジャンル純愛(10) , 狂気・猟奇(4) , 昔話(4) , 成長(3) , ホラー・伝奇(3)
シチュエーションヒロインと一緒の生活(6)
名作埋もれている名作(7) , (3)
キャラクター脇役がいい(8) , 悪役(3)
システムディスクレス可
エロシーン初々しいH(2)
条件要オールクリア(7) , 前作をやってから(2)
ゲームの内容外続編希望
BGMがいい(3)
ここがいい演出(7) , キャラを取り巻く世界観(6) , タイトル(2) , 選択肢が印象的(2)
ワンポイント名シーン・名セリフ(6)
グラフィック立ち絵がいい(4) , CGが美しい
 → すべてのPOVの情報を見る

関連ゲーム情報

 → 関連ゲームを登録する

動作OS状況要約

OS動作状況データ数
Windows10(64bit)動作1
WindowsVista動作1

ユーザーさんによる基本情報

  「流れ落ちる調べに乗せて」の前日譚
  舞台の流れとしては「 闇を奔る刃の煌き」→「流れ落ちる調べに乗せて
  どちらからやっても楽しめるよう作ってあるそうです
 → 情報の書き込み(どなたでも書き込み/編集が可能です)

修正ファイルの情報

多分修正ファイルがあります。

登録ユーザー : hiroshishi , violins

コメント

C Ver1.2 互換性がないので注意

登録POV上位

総計 11件 / A 11件 / B 0件 / C 0件
総計 11件 / A 10件 / B 1件 / C 0件
総計 10件 / A 10件 / B 0件 / C 0件
総計 10件 / A 9件 / B 1件 / C 0件
総計 8件 / A 7件 / B 1件 / C 0件

POVコメント抜粋

A 魅力に溢れる夫 クサい台詞が最高でした。
A 快男児、好漢の片倉重蔵。
A 強い、優しい、聡い。ぶっきらぼうなのを除けばパーフェクト。
A シナリオがほんとに宜しい。
A ここまで終盤まで引っぱったシナリオは、そうはないんじゃないでしょうか
A こんなに似合いなカップルなんて中々居ない。
A 信頼関係ある溺愛・支え合いはまさに理想的
A ここまで羨ましいのも、そうはないと思います
A 前作同様あいかわらず巧いですね
A 巧い。貼り方も強弱あっていいですね
A 文句なしに、複線のはり方が地味に凄かった
A 四天王とかな、霊観、蛍の父最高。

コメント(新着順)

87
夫婦物として3章まで素晴らしく伏線回収も見事でしたが片岡重蔵という快男児が大好きだっただけに最後のはきつかったです
80
体験版(1章)の点数です。「続きを読みたい」と思える内容である事&他の方の感想を見ると、「4章以降から一気に面白くなる」との事なので購入。2章以降に感想についてはプレイ後に追記します。 → 長文感想(1749)(ネタバレ注意)
77
1-3話は王道かつありがちな展開、しかし4話から物語が躍動し後日談でやられました。 → 長文感想(146)
60
「インパクト、落差のあるオチ」をそれほど好まない自分にとって、最後はオチは微妙。ただ、本編は結構面白かったし、話の運び方がとてもスムーズ。人物が魅力的に描かれていることと、三人称で書いている点はポイント高し。
91
紙芝居再び。躍進を遂げていく快男児<片倉重蔵>に読み手である我々はただ惹かれる。浪漫を駆り立てられる。彼と彼の運命の相手には強固な信愛が見られ、お互いを高め合うその関係はある種理想を体現しているように思える。明治維新という時代の変革期に生きる町の人々の営みは、栄枯盛衰の理が描かれ地に根付いている。舞台と役者、そして演じ手は貴方という観客を待っているのである。冒頭の掴みは強烈であり、触れてしまったら後はもう流れ落ちるだけ。そして劇中、貴方は問いかけられ、一つの選択を迫られる。どう選択するかはいつだって個人に委ねられている。貴方が選ぶ答え、その運命。貴方が選んだ道に、貴方が捉えた本作の様相が描かれる。――せいぜい、振り回されるがいい。 → 長文感想(2205)
総プレイ時間 : 8h
75
他の人が絶賛する理由も分かるのだが・・・それでも自分は―――。 → 長文感想(628)(ネタバレ注意)
90
ラストがの展開に身震いした。
98
同人ですが、下手な商業作品なぞ足元に及ばない良作です。主人公の夫婦が作品の器を越えてしまった作品です。 → 長文感想(645)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 1h
--
うわぁぁぁぁくぁwせdrftgyふじこlp → 長文感想(303)(ネタバレ注意)
--
体験版やっただけなので点数はつけません。ただの個人メモです。 → 長文感想(78)(ネタバレ注意)

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~9919
80~8927
70~795
60~693
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

広告

20%OFF

販売店一覧

検索


パッケージ画像等

amazon
闇を奔る刃の煌き
(Amazon)

広告