茉森晶

茉森晶

マツモリショウ

HP : 朱紫水晶館

BLOG : 茉森日々メモ

Twitter : matumori

サークル : はぁと饅頭マニア

ファンの方々のゲームに対するコメント

次の20件を見る 前の20件を見る ← データがなくてもリンクを表示します
0件目から20件を表示しています。
70こころリスタ! (Q-X)
ライターの老練さがわかる → 長文感想(78)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 1h
80こころナビ (Q-X)
おっさんプレイヤー限定かもしれないが、古酒のように年月を経て深みが増す作品だと思う。よい意味での古さに酔い痴れた。 → 長文感想(7420)(ネタバレ注意)
80こころリスタ! (Q-X)
しっかりと作られた印象のある萌えゲー。 → 長文感想(723)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 2h
75こころリスタ! (Q-X)
楽しませてもらった。素材(テキスト、絵、音声)の説得力が作品メッセージの説得力を上回っているような気がして戸惑う。気のせいや勘違いかもしれないが。 → 長文感想(8576)(ネタバレ注意)(2)
70こころナビ another ver. (Q-X)
テックジャイアン2007年4月号付録。プレイ時間は1時間強。ヒロイン全員分の立ち絵は刷新されてるし、新規書き下ろしCGも4枚見られるので、これだけでも大いに価値あるのでは。こころナビウイルスが大暴れして、ヒロインにエロい悪戯しちゃうお話。ノリとしては、本編の勇太郎くんエロ全開モードに近いかも。ヒロイン全員が登場するけど、中でも小春とアイノは優遇されてて、悪戯でなくちゃんとエッチ出来ます。裸見られても大して気に掛けないどころか、近親相姦について講釈を垂れちゃう凛子さんは相変わらずの淡白さ加減。オマケとしては、なかなかに楽しませてもらえました。
総プレイ時間 : 1h
94こころリスタ! (Q-X)
こころナビをプレイしたときに感じた心地よさを更に進化させたゲームでした。 → 長文感想(2541)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
96こころリスタ! (Q-X)
コミュ障の主人公が、電脳世界と現実世界それぞれで、ラウンダー(電脳世界上の自我を持ったキャラクター)や人間との関わりを通じてコミュ障を改善、好きなヒロインと結ばれるまでの過程を描いた作品。自然かつ無駄に長くない、一言一言をとても大事にした日常会話が印象的。特に派手さのない日常会話の中で、キャラクター達の感情の移り変わりを見事に描いています。このような丁寧な日常会話の積み重ねにより、どの登場人物も、キャラクターではなく人間としか思えず、とても愛着が湧いてしまいます。以下、前半はネタバレなしの項目ごとの感想(2,000字未満)、後半はネタバレありの詳細な感想等です。ちなみにこの作品は2003年発売の『こころナビ』の続編となっていますが、本作を楽しむと言う意味では前作のプレイは不要です。一部の世界観や登場人物が重なっているので、前作を既プレイであれば、少し楽しめる部分が増える程度です。 → 長文感想(12216)(ネタバレ注意)(2)
81幻月のパンドオラ (Q-X)
ゲームに負けて悔しさを露わにするuni先輩だとか、本来ゲームというものに馴染みの薄かった真姫が「いいこと……みっけ…」と自分なりの楽しみ方を発見していくだとか、真剣にゲームに向き合い、全力で楽しむ彼らの放つ瑞々しい空気感が味。ゲームへの向き合い方に多様性を持たせながら、それを取っ掛かりにしたお話作りが素敵です。キャラクターの表現度も高く、二次元ヒロインながら「生身の女の子」としての肌触りがあったのは感心したり。そこに確かな体温を感じた。シナリオ根幹に絡むお話は、そもそものご都合的な設定と相まってやや説明不足感が否めず、急転直下な展開も含めてその温度差から少し入れ込みづらいかも。でもまぁ過程においてはエロゲとしてはぴったり嵌っている印象。あくまでゲームを楽しむことに主眼を置き、ご褒美えっちを挟みつつシリアスになりきらないよう僅かなゆとりを残しており、よくシナリオと寄り添ってました。
総プレイ時間 : 18h
55こころリスタ! (Q-X)
眼鏡と陰毛がNG。それ以外はGood → 長文感想(418)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 2h
84こころリスタ! (Q-X)
キャラクターの作りこみの巧さは健在。なかでも、アルファには良くほだされました。ちなみに、『こころナビ』をプレイしていると本作における見通しがだいぶ良くなるのは確かですが、キャラを堪能する限りにおいては別に必須じゃないです……です! → 長文感想(9226)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 24h
83こころナビ (Q-X)
重度のコミュ障の主人公が、インターネットの世界にダイブしてインターネット上のラウンダー(アバター)と実際に触れ合うことができる『こころナビ』と言う不思議なブラウザを手に入れたことから、コミュ障を改善して恋愛に結びつく話です。本作の最大の魅力はそのキャラクター描写。魅力的に描かれているのはもちろん、それぞれのキャラクターから『個』を感じるので、日常会話も飽きさせません。以下、詳細な感想等。 → 長文感想(1639)(ネタバレ注意)
90こころナビ (Q-X)
メーカーのこだわりがよく伝わってくる素晴らしい妹ゲー。優しい雰囲気が心地よく、そして何よりも凛子が可愛い。ソフ倫が実妹エロ規制をしていたあの頃だからこそ、作ることが出来たような魂の作品。兄妹の距離感の描き方が異様に上手く、もはや芸術に域に達していた。
79姫さま凛々しく! スペシャル番外編 (Q-X)
このゲームが雑誌付録に過ぎずあまり多くの人の目に触れていないことは悪い冗談のように思える。本編に出てくるメインキャラ及びサブキャラ全員とHができて、しかもその内容は本編よりもイチャイチャと愛に溢れた内容になっている。本編ではあまり主人公とラブラブにならなかった ゆちや やシャーファ、アティリーンともラブラブHができる。何気に新規イラストが多く新規音楽まである。つまりこの作品は付録どころかミドルプライスくらいの金を取れるだけの完成度があるのだ。姫りりのキャラクターが気に入ったアナタやアティリーンルートがないとお悩みのアナタはこのゲームをやれば満足するかも。過度な期待をしなければ十分楽しめるデキ。
79こころナビ (Q-X)
Q-Xの中で唯一性の紊乱がなく、アクのない作品。Q-Xファンなら物足りないと思うかも。凛子は今見てもメチャメチャ可愛いと思える強烈な妹キャラ。
79姫さま凛々しく! (Q-X)
剣と魔法の中世ファンタジー。世界観に惚れる作品。ソフトハウスキャラ作品のような雰囲気・展開。
77たいせつなうた ~恋する夢歌姫~ (Q-X)
アクが強い作品で粗も目立つが、エロゲーで指折りの雰囲気とヒロインの可愛さ。
83幻月のパンドオラ (Q-X)
90年代のエロゲの雰囲気と近未来的な空気感が融合したHでワクワク感のあるゲーム。しかしQ-Xのゲームだけあって人は選ぶ。過去作品のメインヒロインを寝取ったりとかね。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
85こころナビ (Q-X)
前回のレビューを書いたあとでも、もやもやが残っていたので思い切って内容も点数も改変してしまいました。例によって長くなっちゃいましたが……。 → 長文感想(1123)(ネタバレ注意)
87幻月のパンドオラ (Q-X)
いろいろな面で足りない所があるが、それを上回るキャラの魅力があります。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
100幻月のパンドオラ (Q-X)
このゲームでQ-Xは世界一の実妹メーカーである事が証明された
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 2h
0件目から20件を表示しています。
次の20件を見る 前の20件を見る ← データがなくてもリンクを表示します

検索


Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function end() on null in /home/ap2/public_html/ero/toukei_kaiseki/creater_fans_comments.php:280 Stack trace: #0 {main} thrown in /home/ap2/public_html/ero/toukei_kaiseki/creater_fans_comments.php on line 280