新着体験版をやってコメント

0_必ず購入
70VenusBlood:Lagoon (DualTail(DualMage)) (2018-12-28)
HYPNOに戻して微改善、といった印象。もう少し工夫がほしかった
0_必ず購入
85VenusBlood:Lagoon (DualTail(DualMage)) (2018-12-28)
SLG部分は序盤からいろんな師団が組めて面白い。Hシーンは、嫌がるのは最初だけで後は快楽に溺れていく感じなのかなと思った。全体的に好みなので製品版に期待。
多分購入
69言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
キャラゲーに振ったなーという感じですが、体験版範囲では詞葉の一人勝ち。くすはらゆいさんがその配役?とか気になるところはありますが。あとはCGで首の座りが良くないのが気になります。
様子見
70ソーサレス*アライヴ! ~the World's End Fallen Star~ (Fluorite) (2019-01-25)
序盤はつまらないなろう小説みたい。あと背景がなんとなく安っぽい感じがする。しかしアライヴから面白いのかもしれないと思わせる終わりだった。敵(?)のグラも正直あんまり好きじゃないけど。
様子見
60言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
話が平凡だし、ボイスを聞くべき作品でサクサク進められないし、全体的にキャラが好きじゃない。
0_必ず購入
--僕の未来は、恋と課金と。 ~Charge To The Future~ (Sonora) (2019-02-22)
白野みゆきさんが出演されているのと体験版面白かったし予約。いつの間にか体験版キャンペーン終わってたのだけ残念だ。
0_必ず購入
--言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
予約済。絵も声もライターさん的にも死角ないでしょ。
様子見
60捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~ (りびどーそふと) (2018-12-21)
ストーリーのコンセプトに惹かれchapter1-7までやっての感想。これから面白くなるのかなとは思ったが話のスピードが駆け足な感じはする。球技大会も有ったがプール掃除の前に中間試験入れて勉強会でも出した方が良かったのでは無いだろうか。また、ほかのゲームと比べヒロインとの個別ルートの喋るのが短い。あとは、裏暴きモードの面白さが無いと思う。2回連続で間違えたら演出とセリフ程度でテンポが落ちてる感じが有りそれなら普通の選択肢にした方マシな気がする。どこでストーリーが終わるのか気になるが今の所は買うかは微妙な作品
--その日の獣には、 (minori) (2019-01-25)
minoriの作品は初めてです。演出が凝っていて良かった(体験版の感想)  最近の作品で口パクがあるのは珍しいと思う
様子見
75言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
3時間くらい。あの範乃秋晴さんの作品ということでプレイしましたが、今回は自分には合いませんでした。こころんとの絡みは良かったのですが、それ以外のキャラとの絡みが変に冗長に感じ、そのせいで会話のテンポが落ち、テンポ教の自分としてはあまり楽しく感じることができませんでした。展開も、カタルシスを感じるには溜めが弱く、教え下手なこころんの禅問答染みた指導シーンもけっこう長く尺を取っていて、あまり面白い構成とは思えませんでした。指導シーンはもっとさくっと終わらせて、素人二人がどれだけ頑張って作品を完成させようとしていたか、の方をもう少し掘り下げて欲しかったです。ゆうと菩提樹先輩の影が薄かったので。あと、グラフィックについてですが、ところどころ崩れているように見えますし、背景も、人物たちの鮮明な塗りに対してやけにチープなように思え、アンバランスに感じました。ですので、今回は様子見しようと思います。ちなみに、自分の推しキャラは百花奏です。
70言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 2h / Hシーン 0回   「範乃秋晴さんはオチに力を入れすぎなんだと思います」と別のゲームの長文感想に書いたら、最初から脱力したモノが出てきました。「ひどいよソフィアちゃん」だけは大爆笑でしたが、それ以外はゆったり系BGM効果もあって「ひたすらまったりゲー」。悪くはないけど特徴が無い「ストレスフリー」の体験版でした。
様子見
--言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
随所にマニアックなネタを挟むテキストは今作でも軽妙。「好き好き」もシステム以外は今好きだったので期待したい。ただ、ひなたももさんの絵柄はこの塗りにはあまり合ってないように見えるし、「アペイリア」では世界観的に嵌っていた電子音丸出しの音楽も現代劇ではチープな感じ。あとUI周りももう少し進化して欲しかった。ただいつもの範乃作品お馴染みのキャストの中で新規に遥そらさん・くすはらさんが入ったわけだけど、演技聞いて「え、配役逆じゃね?」って思ったほどで、これ後々演じ分けとかに活きてくるのかなって、そういう『キャスト方面』からの見方も出来たら面白い作品になりそうだなって思った。
様子見
--リアライブ (Purple software) (2019-03-29)
新たに原画としてむちゃさんを引き入れての新作。しかし、話のテーマはまだわからない。取りあえずキャラとアライブの紹介はされたものの、あまりピンとは来なかったです。気になった点がいくつかあります。まず、アライブ。まんまココロファンクションです。あの作品を参考にしてるのかもしれないですね。次にヒロインの一人歌夜。彼女は近年殆ど見かけなくなった理不尽暴力系ヒロインです。個人的には久しぶりだったのでノスタルジックな気持ちさえしたのですが、やはり不快は不快ですね…。そしてHPにあるストーリー構成。このような構成は見たことがないので、きちんとまとまっているのか正直不安ですね。以上から様子見とします。
0_必ず購入
75リアライブ (Purple software) (2019-03-29)
ヒロインは性格・イラスト両面で軒並み可愛かったが、良くも悪くも強引な導入でキャラの言動が不自然だった。加えて、コードの謎や今後の展開も現段階で予想できてしまいそうなのが不安を煽る。まだ体験版1(プロローグ)の範囲なので体験版2でどう巻き返してくるか期待したい。
多分購入
72捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~ (りびどーそふと) (2018-12-21)
ネタ元であろう俺ガイルと比較すると、捻くれものの役割を当てがわれた主人公に対する冷静な視点は継承されている。ただいかんせんその主人公自身がクラスカーストを内面化する域から脱せず、ナチュラルに他人を見くだすようなキャラ的魅力に欠ける様を見るに、俺ガイルの下位互換とみなされても仕方がない。あと変なところで淫夢ネタ仕込むのやめろ。
--リアライブ (Purple software) (2019-03-29)
短すぎてよくわからない体験版。それぞれのキャラはある程度理解できたけれどシナリオがメインキャラ六人が揃ったところで終わってしまう、時間にして30分程度しかないのでこの後どんな物語が展開されていくのか全く分からない。全く期待できないわけではないけれどこの後絶対面白くなると確信できるほどでもない。現段階では予約するほどではないなあ。
0_必ず購入
72リアライブ (Purple software) (2019-03-29)
やや強引な展開はあるものの、特に不安な点はなし。
--その日の獣には、 (minori) (2019-01-25)
今回もくすはらゆいさんがヒロイン役として登場。個人的には嬉しいのですが、くっすーのお声で「律くん」はちょうど1年前のアオイトリ、メアリーのことを思い出してしまい複雑な気分。おそらく偶然でしょうけどね…。
0_必ず購入
95ネムれる園の少女たち (かえるそふと) (2018-12-21)
たぬきそふとから名前をわざわざ変えたけど何が違うのかって思ってたが、公式サイトで見る以上に塗りや作品から漂う雰囲気が大分変わっていた。でも、最高に抜けそうなのは変わっていないので安心。「お兄ちゃん大好き」のレビューに「E-moteで立ち絵よりCGを動かせよ抜きゲだろ」って書いたんだけど、まさかの実現で「ワシが育てた」みたいになってる。エロ絵が動くの、控え目に言って素晴らし過ぎて泣いた。俺は抜きゲーだろうが、凌辱ゲーだろうが、男と女は1:1じゃないとダメで、同じルートで男が二人以上の女にチンポ入れると萎えちゃうんだけど、設定的に3人の面倒をみないといけない。あと、なんの捻りもない正常位の本番が一番興奮するんだけど、ネム以外はしばらく本番もできない設定で、俺個人限定ではかなり地雷臭が漂う。ただ、野々原幹神のスケベ絵が動くから踏み抜くつもりでいる。
--憑依彼女 ~ツキカノ (WendyBell) (2019-01-25)
いじめられっこの見た目と設定に惹かれる。でも体験版には彼女は一切出てこなかった。内容的には”ただひたすらやりまくり”って感じで、ヒロインたちの歪んだ部分はほとんど表現されてない。Hシーンばかりなせいで、逆にエロさが薄まっているように感じた。

次の20件を見る 前の20件を見る