越智悠さんの演じたキャラクター一覧

マキノ カレン
越智悠(メイン)
OHP
OHP
蓮司が普段住んでいるアパート「西三荘」の大家。
両親を早くに失い、祖父母に育てられた。
その祖父母も亡くなり、若くして「西三荘」を継ぐことになった可憐は、一人で懸命に切り盛りしている。
どこか母性的で優しくて包容力のある、少し古風な雰囲気の女性。
エプロンに身を包んでいても隠しきれない豊満な乳房の持ち主。
再開発計画のために「西三荘」からの立ち退きを迫られているが、祖父母が守ってきたこの場所を捨てられずにいる。
スギサキ チアキ
越智悠(メイン)
身長
160
体重
53
スリーサイズ
B
85
W
60
H
90
ちょっとキツ目の優等生タイプ。
思春期の頃から男性に対し若干嫌悪感を抱いている。
入学して直ぐにリーダーシップを発揮し、クラス委員を務める。
成績も優秀で困っている子(女性)には分け隔てなく手を差し伸べる。
入学当初教室内で身を潜めるようにしていた日高朱美に気づき積極的に話しかける。
親友と呼ぶには時間がそれほど経っていないが、お互い(朱美には唯一)クラスでの特別仲の良い友達同士になる。
メアメアメア (mana) (2008-12-19)
フジノ ルリ
越智悠(メイン)
OHP
OHP
主人公の妹。
毎週金曜日、部活の帰りに掃除洗濯をしに主人公の部屋に来る。
好きなモノは好きとハッキリ言うタイプだが、楽天主義。
基本思考は成るように成れ。
漫画などの影響から兄妹で愛し合ってもいいよね?
でもやっぱりダメだよね…。
と、理性と欲望と倫理の狭間で揺れている。
感情は露わにして、兄のことを好きというが、身体の一線はなかなか越えない。
ミカガミ レン
越智悠(メイン)
身長
155
体重
45
スリーサイズ
B
77
W
55
H
78
OHP
OHP
啓助の幼なじみで、放送部音響担当。
一人称は「ボク」。これは昔から変わらない。
無表情でブラックユーモア溢れる言葉を呟き周りを混乱させる (それを楽しんでいる様子)。
そのボケは美鈴もツッコミきれないレベル。
音楽に対する考え方は真剣で、曲を聴いているときに話しかけると、無視されるか殴られる。
環境曲の後にアニソンなど、絶妙に微妙な選曲を行い皆をびっくりさせる。
鈴原を言葉でいたぶるのが日課。
タガヤ マリノ
越智悠(メイン)
身長
153
スリーサイズ
B
78
W
52
H
80
誕生日
7/30
血液型
B
付属の三年生。
父親の会社が倒産し、不幸のどん底でもがき続ける没落お嬢様。
プライドが高く、高飛車に見えるが、幼い頃からバイトに明け暮れる苦労人でもある。
そうしたことから性格は屈折気味で、お金や幸せへの執着心が強い。
そんな彼女は、実は男性恐怖症で、「恋愛授業」の場は、彼女にとって精神修行ともなっている。
「ほほほ、愚民のくせに大した度胸ですわね。」
ヤノ ヒロコ
越智悠(メイン)
身長
156
スリーサイズ
B
79
W
53
H
82
誕生日
11/29
血液型
A
寮で麻里乃と同室の同級生。
理想的な家庭で育った生粋のお嬢様。
趣味が庶民的なため、麻里乃に好かれている。
眼鏡。
「は、はい、ばっちり大丈夫です」
イガラシ サツキ
越智悠(メイン)
主人公が通う学園に、新しく赴任した養護教諭。
ソバージュヘアに白衣がトレードマーク。
およそ教員とは思えない妖しい魅力を湛えた牝豹系。
保健医や保健の先生と呼ばれるのを嫌う。
非常にプライドが高く、相手は自分の思うどおりになって当然。
ならない相手には、理不尽な報いを与えるタイプ。
男よりも上位に立っている事が快感で、それは性行為に関しても同様。
結果、男性を責めるタイプのエッチを行う。
「ううん、いい声よ、ボク。男が泣き叫んで懇願する様って、刺激的よね。」
エビス ノゾミ
越智悠(メイン)
OHP
OHP
お好み焼き屋の家の一人娘。バスケ部所属。
家業を継がせて貰えないことに憤慨して家出。気晴らしに「満潮」に乗る。
活発な浪花っ子で、体育会系のノリ。
しかし女の子らしい一面があり、乙女チックな妄想が止まらないことも……。
リンドウ マリン
越智悠(メイン)
OHP
OHP
貿易会社「凛堂グループ」の一人娘。
しかし、堅苦しく過保護な父の元での生活に嫌気が差し、一人で暮らせる聖華・葵女学院の寮に強引に入寮する。
亡くなった元モデルの母のように、自由に輝く世界で生きたいと思っているが……。
「お、オーディションに落ちたって言うなーっ」
ミウラ アマネ
越智悠(メイン)
身長
162
体重
52
スリーサイズ
B
80 (B)
W
60
H
82
OHP
OHP
私立主日学園三年生。写真部元部長。
常に成績は学年でトップクラスを誇る才媛で、しかもスポーツ万能。
物静かで古風な大和撫子を連想させる彼女だが、実はかなり気が強く、思ったことを歯に衣着せずにズバズバと言い放つ毒舌家。
タチバナ エリ
越智悠(メイン)
OHP
OHP
由貴の母親。内科・小児科を経営している有能な女医でもある。
同業だった夫とは死別し、再婚することなく、ひとりで病院を切り盛りしている。
見た目は若く、グラマラスで娘の由貴と歳の離れた姉妹と見られることも。
家庭的で優しいお母さんで、主人公にとっては実母よりも頼りにしている存在。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

ログイン






検索