井村屋ほのかさんの演じたキャラクター一覧

リョフ
別名
OHP
OHP
三国無双の強さを誇る最強の武人。無口・無表情で、何を考えているのかがわかりにくいキャラクター。
強すぎるために、呂布の周囲には誰も寄りつかず、常に孤独を身に纏っている少女。
ギルガメシュ
謎に包まれた古代国家ウルクの英雄。
他国から隔絶された場所で、親友エンキドゥとのんびり暮らしている。
趣味は珍しいモノ集め。宝物庫には珍しい武器や防具と一緒に、スーパーボールやセミの抜け殻、ねりけしなどの珍品が山のように積まれている。
すべてのお宝は自分のものと思っているらしい。
ヤマトタケルやディンギルラの古代英雄とは旧知の仲。
キリシマ レイン
OHP
OHP
フリーランスの傭兵で、門倉甲のパートナー。
階級は少尉。

常に冷静で、甲のことを第一に考え行動する優秀なサポート。
口調はとても丁寧だが、気は強い。
また、十人中十人が認めるほどの美人。

本人たちは否定するが、はたから見れば完全に甲の女である。
エドもそう認識しているため、手は出さない。
だが、彼に甲との関係を揶揄されてうろたえることが多い。

「……いえ、違います。私は、あの方の部下です」
モロボシ キョウコ
OHP
OHP
天然系おっとり “義母”

主人公の義母。
10年ほど前に結婚。その後すぐに死別。
一見おっとりとしている風だが、何かを思い立った時の行動は素早い。
とくに深い考えなしにやたらスキンシップを図るため、主人公が家を出る要因を作った罪な人。 だがまったく自覚はない。
夫のことが忘れられず未亡人を貫いてきたが、そろそろ……と思ってもいるらしい。

「遠慮しないでいいのよ。親子なんだから」
ヴェデット ホワイト
ペシェリーゼ姫付きのメイド。
メイドなのだが炊事家事全般は苦手。
主なお仕事はお話相手と遊び相手。
髪の手入れだけは得意だったりする。
感情の起伏が見えにくいが、奔放でイタズラ好きな困ったちゃん。
主従関係に疎く 姫にはタメ口。
ともかく口がとても悪いのでいつもステラを怒らせている。
姫のことはとても愛しており、姫のためならどんなことでもする、と決意している。
匂いフェチ。
ラヴィ ルーナ
OHP
OHP
冒険の邪魔をしてくる謎のライバルキャラとは彼女のこと。
クールで、ぶっきらぼうで、粗野な態度の女の子。
でも、実は根は良い娘。
彼女には、秘密の使命があるらしく他人との関わりを極力さけている節も主人公と触れ合ううちに人間の優しさを知り、使命と主人公との狭間に揺れることに。

「なによ? なにか用?」
サネマキ ノゾミ
身長
157
血液型
B
新興の巨大企業団体・実蒔グループの元総帥で、現在は鷹生学園の理事長である実蒔小太郎の孫娘。
実薪理事長の意向により学園に転入してきた。転入後は隼人と同じクラスになる。

幼い頃から虫が好きで、野外で遊び回るのが大好きという、世間一般でイメージされるところの “お嬢様” とはかけ離れた一面がある。
その一方で、社交界に出る訓練もされており、実業家の一族として恥ずかしくない振る舞いも身に着けている。
明るく穏やかな性格で、人付き合いもいいため、祖父が理事長であることや実家が大変な資産家であることを嫌味に感じさせない。
モモノ シオリ
身長
143
体重
35
スリーサイズ
B
67
W
50
H
70
誕生日
10/21
OHP
OHP
駆やゆかのクラスに転校してきた、イタリアからの帰国子女。
だが、その正体は綾女ヶ丘を監視するために、ヴァチカンにある教皇庁から送り込まれた存在だった。
世界最大の魔術機関『禁書目録聖省』、その使徒である栞は、強大な魔力を駆使する魔術師。
その肉体は魔力で駆動する『フランシーヌ』という義体であり、その内側に五千冊の魔導書を封印している。
感情表現に乏しく無表情だったが、駆をはじめとした人々との触れ合いによって、
今では人間らしい感情の起伏を得ている。
『赤い夜』に戦慄する考現学部の面々の背後で、その動向を極秘裏にうかがっていた栞だったが、駆やクラスメイトたちと触れ合ううちに、
組織の人形として生きてきた自分の中に新しい価値観と、恋が芽生えていることに気付く。
『赤い夜』の決着の後にも、栞の戦いは続く。
それは、自分が所属してきた巨大な組織である『禁書目録聖省』に、自らの人生を愛する者と生きるために使うことを認めさせる戦いだった。
「明日は、きっとくる。喜びも、それ以外のものも」
サンタセンセイ
身長
167
血液型
O
OHP
OHP
硯の師匠であると同時に、彼女のパートナーとしてトナカイも兼任する。
サンタたちの団体である『ノエル』が運営する学校で非常勤講師を務めていたため、サンタ先生と呼ばれている。
マスターサンタの称号を持つ一流のサンタだが、冬はこたつに潜り込み、どてら姿でテレビ鑑賞にゲーム三昧と、私生活ではかなりのぐーたらぶりを発揮する。
目下ハマっているゲームは、『実況パラレルプロ野球(通称パラプロ)』とのこと。
お酒大好きなところは他のトナカイたちと一緒であり、アルコールの匂いを嗅ぎつけてはどこからともなく現れる。
「3時半からは見たいテレビがあってどーしても外せないのよねー」
イバラモリ コヨイ
身長
148
体重
36
誕生日
3/3
血液型
AB
OHP
OHP
趣味:お絵かき 好き:お姉ちゃん、モル 嫌い:人混み
茨森学園1年生。部長の妹。茨森家のお嬢様らしいお嬢様。
生まれつき病弱で、学校に来ても一日のほとんどを枕研のベッドで過ごす為あまり教室にいることはない。
家族以外の人に慣れていないので、極度の人見知り。
夢の世界ではたどたどしくも会話してくれるが、現実世界で会っても、恥ずかしがってほとんど口を利いてくれない。
「こよい……も、行きたい、です……………………だめ?」
シシザ カノウ
身長
140
スリーサイズ
B
67 (AA)
W
53
H
68
血液型
O
OHP
OHP
星座の最高位にある十二星座。その中でも『乙女座』と並び双璧とも最強とも謳われている武力を誇る。
星座は、その力に完全に目覚めると同時に肉体の成長が停止する。
彼女は幼い頃に飛行機事故において命を落としかけ、その際に目覚めた。そのため肉体年齢は幼いが、実際は成人に達している。
十二星座としての経験も、現役十二星座の中でトップクラスである。
有事には、自らの身体よりも大きな戦斧を軽々と振り回し障害を排除する。
その破壊力の前にはコンクリートの壁など無いに等しい。
「ああ、そうだな。名前を聞くときはまず自ら名乗るのが礼儀か」
エリセル ハロウズ
身長
144
体重
37
スリーサイズ
B
78
W
49
H
78
誕生日
10/31
血液型
AB
学園二年生。彼方、遙よりも先に島を訪れた少女。
物語序盤はとある理由から引き篭もり状態となっている。
幼くクールな見た目とは裏腹に、行動言動は意外とストレートでアグレッシブ。
結とは違った意味で攻撃的であり、一言一言に直球の毒を含む。
「ハロウィン布教教団」という怪しい組織に属しており、ハロウィン的なもの、中でもかぼちゃを好む。
「うるさいですロリコン」
トスク
OHP
OHP
ニースの使い魔。
リッタと同じ種族で、人のような猫のような存在。
人になるとリッタに負けず劣らず美少女で、彼女はそれを密かに(というか大いに)自慢にしている。
もっと幼い頃、トスクは大きな危害に巻き込まれ、そこをニースに助けてもらった。
そうした経緯から、彼女は深くニースを敬愛している。
人間界に来て、マンガやテレビの面白さに衝撃を受けた。
以来、それらを教材に、ムダな知識を貯め込むようになっている。
子供を持つのが夢らしく、主人公の子種を密かに狙っているということだ。
「第一子第二子は既に名前を考えてあります。三人目は貴之さんが付けて良いですよ」
スカイ ユズカ
身長
155
スリーサイズ
B
77
W
55
H
81
姫島学園二年生
父は「内務大臣」、兄妹も「大臣秘書」「研究者」「軍事関係者」など国政に多数の人間が食い込んでいる名家。
兄・冬希の導きにより、最強の神玩者「ルドラ」として「特玩」に所属。以降盲目的に兄に従い、国の為に戦うことになる。
クールな性格、丁寧語ながらも何処か威圧的な口調が特徴的。だが、非常に脆い一面も持ち合わせている。しかし、意外にもチョコ大好きといった女の子らしい一面も持っている。
「私に関わらないほうが良いですよ」
タケガミ サヨ
OHP
OHP
主人公の元に謎の生物(コマイヌ?)・タマと一緒に巫女神選別の役目を告げにきた女の子。
クールで寡黙。全てが謎に包まれ、まさにミステリアス。
はたして、彼女の正体は?
ナーダ
OHP
OHP
種族:不明 国籍:なし 職業:人形使い 趣味:家族ごっこ
好き:アリオン(パパ)/ママたち(ヒロイン一同)/人形 苦手:ひとりぼっち
装備:なし
口数が少なく表情にも乏しいが、寂しがりや。
アリオンのことを『パパ』、ヒロインたちを『○○ママ』と呼び、なついてくる。
アリオンたちと出会う前は人形たちと一緒に家族ごっこをして遊んでいた。
無垢で無邪気なはずなのだが、それゆえの空気を読まない発言でたびたびアリオンを窮地に追い込むことになる。
彼女が名前を付けた人形たちを操る。
ヒメガミ
真名に取り憑く姫ノ宮の土地神様。名前はない(人間には言えない)。
昔話で登場する“神追い”の神からは数代目。
若い神ではあるが、土地とそこに住む人々、そして近侍たちを愛している。
ただし、ちょっとエロい。
「ふっふっふっ。聞かれて名乗るもおこがましいが、
わしこそは恐れ多くも姫ノ宮の地神にして美岳の主たる姫神ぞ!」
姫巫女 繊月 () (2008-09-19)
キナガ レア
虹鶏隊の隊長。
その言葉使いは辛辣な所も多く、その口調などからやや嫌われている一面もある。
隊長格の中ではあまり直接戦闘ではなく、支援中心に立ち回るタイプであり、他の隊のサポートをする活動が多い。
過去に小鳥とのやりとりもあり、小鳥からは一方的に嫌われている。
タカトオ スズカ
身長
159
スリーサイズ
B
84
W
55
H
80
誕生日
6/11
OHP
OHP
主人公の下宿先「高遠旅館」の娘。
彼とは幼馴染の関係であり、下宿人と宿主の関係でもある。
一見、物静かでいいとこのお嬢さん風に見えるが、
口を開けばけっこう毒舌だったりする。
人付き合いがちょっぴり苦手で、一番の仲良しは愛犬の“ベス”。
スティア ノール
OHP
OHP
若いながらも腕が立ち、アアルに忠実で頼りになる副艦長。
感情の起伏に乏しく、また鈍感なのか疎いだけなのか、汗が滲み、服越しに透けた豊満な胸(普段からブラ未着衣)を見られても全く気にしない、天然系な女性。
「私は艦長には艦長にしか為されない大切な任務があると信じています」
クウ スピットファイア
OHP
OHP
~無口系メイド~
俊哉のクラスメイトだが、寡黙で無表情なため、クラスでも浮いた存在。
孤児院で育ち、里親に引き取られた少女だが、里親との関係がうまくいっておらず、身請けに関しては、空自身も肯定的。
何に対しても無関心であったが、屋敷での暮らしで……?
「………」
ミサキ ミズキ
OHP
OHP
本作の主人公で、着任四年目の学園教諭。
誠実で面倒見がよく、生徒や教師からの評判も上々。
しかしプライベートでは、少し抜けたところもあり、それがかえって、彼女の魅力を引き立たせている。
着任当時に起きた事件がきっかけで、生徒を第一に考え、信頼される教師へと成長させるきっかけに。
「私はあの時誓った…。私は絶対、教え子を見捨てたりしない」
リーゼロッテ フォン ローゼンクローネ
生徒会会長を務める学園二年生。
規律と規範を重んじる女権国家・ヴィンターにあって女王となるべく教育を受けた女の子。
その容姿、立ち振る舞いは女王である気高さと優雅さに溢れ、多くの学生の羨望を集める。
二年の地上生活の間、視察の名目で各国を回っていたが、婚姻の儀を発表するにあたって本学園にやってきた。
実は庶民のものに興味があり、弟の漫画などをこっそり読んでいたり……。
「いいえ、謝らなくても結構です。貴方にはとても感謝しています。」
ツヅキ ユウキ
OHP
OHP
亜季の弟。
姉と一緒に近澤家に引き取られてきた。
身体が弱く大人しい性格のため、以前住んでいたところでも友達が少なかった。
こちらで生活するようになってからは、積極的になろうと努力しているようだ。
「あ―――あの―――あっ」
きみはぐ (FrontWing) (2007-03-23)
サクラノ ミレン
OHP
OHP
恋愛同好会の部長。三年生。
ミステリアスでおっとりした美人。
きつい性格ではなく優しい、そして色っぽい。
母親は、涼華学園で学園長をやっている。
独自の恋愛方程式を持っている。
ニレ スミカ
OHP
OHP
頭脳明晰な上に運動神経にも優れ、文武両道を地で行く優等生。
自分の感情をあまり表に出そうとしないため、クールな印象を与えることが多い。
超が付くほど生真面目かつ几帳面な性格であり、融通がきかないため、影では『委員長』や『寮の標準時』といったあだ名を付けられているが、分校系の学院生たちからは何かと頼りにされる存在。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

ログイン






検索