大波こなみさんの演じたキャラクター一覧

マシロ
大波こなみ(メイン)
身長
150
スリーサイズ
B
73 (A)
W
59
H
77
誕生日
不明
血液型
不明
OHP
OHP
空から落ちてきた記憶喪失の少女。 身元が分からず、最初に見た優毅を刷り込みで父親だと思い込んだため、魔砲器隊が寮で保護することになった。 紆余曲折を経て、マジックアカデミー魔砲器隊の一員に加わる。 魔砲研究所の所員が頭を抱えるトラブルメーカーで、何にでも興味を示すものの、優毅の一言で借りて来た猫のようにおとなしくなる。
フキガミ ミヤコ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
初音の母親で、主人公の叔母。
今では、主人公にとっても母親代わりの人物になっている。

娘が、甥っ子に向ける想いには気がついていて、二人のことを優しく見守っている。
シャル
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
主人公が一番最初に出会うウイルス。
若者に広がるSNS全般を乗っ取り、勝手にあれこれ操作する困ったちゃん。
アカウント主が想いを寄せている相手に告白めいたリプライを送ったり、友達を笑わせるために画像フォルダ内の全裸自撮りをアップしたり。
全ての行為をよかれと思ってやっている。ある意味たちが悪いが、根底にある行動原理は「人を幸せにしてあげたい」という善意。
それがいつも裏目に出てしまっているだけなので、 ちゃんとネットモラルを教育してあげればとっても良い子。
カミクラ チサ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
名家の一人娘。
名家と言われているものの、この所は苦しい台所事情が続いている。
そのため、家を守るための結婚を進められ、受け入れた。

結婚するまで誰かと付き合った経験は無く、夫とはほぼ初対面の状態で結婚したのだが関係は良好。

お互いの家族間も上手くいっている。

物静かで大人しい性格ではあるが、芯は強く、何事もキチンとやり遂げようとする。

夫は楓真の父親と仕事上の取引をしている。
サクラ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
航法支援人形と呼ばれる有機アンドロイド。
主人公、義経が手に入れた貨物船にセットで付いていた割に優秀。

元からなのか義経の傍に居た所為なのか、フランクな一面がある。
また、主の命令に反抗できる優秀さを持ち備え、それを誇りに思い、思い出したように実行する。

ポンコツではないが、ポンコツ呼ばわりされるとキレる。

◆慎み? 辞書に登録されていませんね。
アオバ ミサト
大波こなみ(メイン)
身長
165
スリーサイズ
B
99
W
63
H
98
OHP
OHP
『響さんあっての私ですから。響さんの世話をするのは、わたしの生きがいのようなものなんです』

神楽邸の管理を任されつつ、家政婦として主人公の世話している女性。
元々は東京に住んでいたが、7年前に事業に失敗した夫に無理矢理心中を迫られる。その時、偶然、現場に居合わせた響に助けられ、その時以来、その恩を返すため、響に尽くしている。
旦那であった男性は、無理心中の時になくなっており、それから再婚することもなく、未亡人として日々生活している。
その性格は、献身的かつ母性に溢れていて、響のことを自身の息子のような感覚で捉えているが、それを表面に出すことはあまりせず、主として敬い、忠義を尽くしている。
許嫁として葵が神楽邸にやってきたことで、響に対して自分が思っていた以上に強い愛情を持っていることを知ることになった。
テト ペルシャナ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
ルアナの家に仕える亜人種の娘。
自由気ままな性格で、人をからかい楽しむことが趣味というまさに猫のような女の子。
スピードを活かした戦闘と、諜報活動を得意とする。
ミフリー
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
普通の人間。年齢は秘密。

冒険者協会の管理者の一人として活躍する傍ら、魔法を使わない治療の研究を行う女医。

低価格で治療する事から、貧乏な冒険者達からは女神と崇められるが、魔法治療に慣れた一部の者達からはマッドドクターと恐れられる。

お店では冒険者関連の管理責任者となる。
オトワ ハツカ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
天真爛漫な水杜神社の次女。 姉と同じく麓の学園に通う一年生。
運動神経はそこそこ良いが、それ以上に頭が良く手先が器用。
感情に裏表がなく活動的……というか、とにかく騒々しい。
しょっちゅう桂香に叱られている。
主人公に対しても遠慮がなく、後ろから抱き付いてきたりする。
桂香より胸が小さいのを気にしている。
ヤマヒノ ルル
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
『夜祭』所属の人間。

『夜祭』の意図や依頼を、善四郎に伝えるメッセンジャーの役目を持つ。

彼女の父親は『夜祭』の創始者の一人。
彼女が善四郎の担当になった事には何かの思惑があるかもしれない。

表の仕事も、善四郎の秘書をやっており、かなり善四郎に密着した人物。

ちなみに善四郎の表の仕事は巴やミライが通う
学園のオーナー兼事務員。
グラス
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
水晶の女帝。
無口で無表情な少女。
キロスの女帝は、この地を支配する精霊との契約により若くして命を絶たれる運命にあり、そのことを受け入れ傍観している。
そのため全ての物事に対して距離を置いており、自分が生きている、という事実を実感できずにいる。
帝国の繁栄のための犠牲となり、人格すら認められず生きてきたグラスを一人の女性として見てくれたカイムに強い興味を持つ。
ワイナカパック
大波こなみ(メイン)
新大陸南部の古代国家インカの統治者。
礼儀正しくて世話好きな性格をしており、隣国のモンテズマを妹のようにかわいがっている。
偉大な祖先の名に恥じない、立派な指導者になるのが夢。
インカの統治者に代々伝わる、黄金の杖を探している。
趣味は料理で、野菜嫌いのモンテズマに、どうにか野菜を食べさせようと奮闘中。
ヒビノ ウズメ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
「きちんと、わたしに……教えて。 恋愛に、大事な……必要なこと」

カワイイ系の服を好む無口無表情の電波少女。
その正体は、既にデビューし、高い人気を誇っている漫画家兼イラストレーター。
通常時は常にぼおっとしており、反応が薄いが、絵を描き出すと凄まじいスピードと集中力であっという間に描き上げてしまう天才。
その為、昼は学園に通いながらも連載を2誌持ち、余裕を持って仕上げてしまう程。
ただ、恋愛には疎く、読者からも恋愛パートはいまいちと辛口のコメントを受けている。
初めて会った際に芳崇を気に入った?らしく、何故かことある毎にS的な発言とHな悪戯を繰り返す。
フォーゼロッテ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
元魔王なダークスの奥さん。
自動的に周囲の魔力を集めてしまう能力の為、他者と関われず、また決められた場所以外に動く事も出来ない。
しかし、ダークスやその子には触れる事が出来るので、最近はご満悦。
さらに最近、開発した魔法で小さい自分を作り、外部へと出かける事が可能になった。
ナガモリ サクラ
大波こなみ(メイン)
誕生日
12/15
主人公の従姉で、星見原学園の教員。
背丈が小さいことを気にしていて、つとめて大人っぽい格好をする。
主人公の家に居候しているが、両親が海外出張でいなくなったため、2人暮らしになっている。
性格はフリーダムで面倒がりだが、主人公のことはかなり気にかけているようだ。
煮え切らない学生生活を送る主人公を、天文部にたたき込んだ張本人。

「なんか、いいじゃん。けっこー青春してて」
ルーチェ ロア
大波こなみ(メイン)
身長
146
スリーサイズ
B
77
W
53
H
76
OHP
OHP
【無双の戦斧使い】
種族:ホーン、所属:アベスターグ
職業:戦士(ファイター)、属性:炎

大ギルド「アベスターグ」の本部があるミシュテア高地国家出身の少女戦士。
長身痩躯が多い有角種族「ホーン」の戦士たちの中にあって、いささか発育不良の気は否めないが、その怪力と戦士としての技量は確たるもの。
パーティを守る盾にも、矛にもなれる、攻守ともにバランスの良い前衛アタッカー。
武具強化システム「ギアウェポン」の最先端技術「ドラグーン」の被験者でもあり、強力な武器に耐えうる適性と、実力を兼ね備えていることに、誇りを持っている。
やや自信過剰なところがあるものの、根は素直で元気が取り柄。

「ねえ、あんた強いみたいだし、あたしと一戦やってみない?
 天下無双の戦斧使い、ルーチェ・ロアが相手をするよ!」
マガホシ イヅナ
大波こなみ(メイン)
身長
162
スリーサイズ
B
90
W
59
H
88
誕生日
11/30
血液型
B
OHP
OHP
年下好きの女教師。
研究室長を務める才女だが、基本的にはちゃらんぽらんな性格。

優秀なフィオラを助手にするため家に引き取った。
年齢はフィオラのほうが上だが、自分は先生。 ややこしい。
基本的にはイヅナが偉そうなので、フィオラが 「お姉ちゃん」 と呼んでいる。

「安心してあたしに心を許せ。そのためならセックスしてもいい、とまで思っている」
ナナミ フウコ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
マッサージ屋の謎めいたお姉さん。
あまり飾らず、清楚なお嬢様といった雰囲気の女性だが、主人公へのマッサージが始まると、一転エッチで妖艶な女性に。
そして主人公にマッサージのみならず、性の手ほどきまでしてしまう。
さらにマッサージを他の人に試すよう提案をしてくるのだが……。
カジカザワ フジノ
大波こなみ(メイン)
身長
142
スリーサイズ
B
68 (AA)
W
46
H
68
誕生日
8/2
OHP
OHP
【見た目はキュートな妹系でもみんなのお姉さん】

学園の寮の寮監を務める、梓の同級生。
思慮分別ある大人で、優しく世話焼き好きで寮生みんなのお姉さんポジションだが外観だけ見たらどう見ても寮生より年下で実質、寮のマスコットポジション。ただし、本気で怒らせると一番恐い。
実は主人公たち一家とかなり遠いが親戚にあたり、梓と学生時代の同級生にしてお互いの裏も表も知り尽くした親友でもあるため、主人公達とも付き合いが長い。

「はい、おはようございます♪ 今日もみんな元気で嬉しいな。」
オボロ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
幼い頃から暗殺者として育てられ、現在では王国一の腕を持つクノイチ。
その腕を女王に買われ側近衆の1人に取り立てられたが、『狗(イヌ)』と呼ばれ、側に寄ることは許されていない。
感情を置き忘れてきたかのように無表情で、必要以上には言葉を発しない。
アカサカ マヒル
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
主人公の従姉妹で、学園の新米教師。
親戚ではあるが、学園では教師と学生という立場もあるため、距離をおくためにあえてツンケンしている。
主人公がリア充力を発揮してからは、頼りなかったのに立派になって、ドキドキしちゃうという感じに。
シイナ ミカ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
明るく活発だが、少々ズボラな姉。
後先考えずに、気分で行動することが多く、そのためトラブルメーカーでもある。
弟の正論には、まったく耳を傾けるつもりがない。
シロヤマ カナデ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
弥生や梓紗の同級生。
晶とペアを組んで、退魔士として修業中。
何かと暴走気味の晶を抑える役目だが、一度キレてしまうと晶でも引いてしまうほど過激な性格。
見た目は大人しめのお嬢様風。
3馬鹿トリオその2。
フィニリィ
大波こなみ(メイン)
ユイドラにほど近い『光燐の谷』に棲まう精霊王女。
その類い希な魔力をもちいて、縄張りに近付く者に幻覚を見せて追い返しており、ユイドラの近くに住処をもちながら、ユイドラの民の間でもその存在について知っている者はいない。
王女というだけあり誇り高い性格で、その幻覚を退ける手段を持つ者が現れれば対抗意識をあらわにして姿を見せるかもしれない。
スズノ ハヅキ
大波こなみ(メイン)
身長
153
スリーサイズ
B
83
W
52
H
87
誕生日
9/11
血液型
B
OHP
OHP
【幼馴染・ツンデレ】

クラス委員を務め、学園では人気者なしっかりさん。
文句を言いながらも世話女房してしまい、誰よりも主人公のことを理解している。
また、自分のことも主人公が一番理解してくれていると思っている。

「あたしはただの幼馴染ですっ! それ以上でもそれ以下でもありませんっ」
タケダ シンゲンチャン
大波こなみ(メイン)
身長
150
スリーサイズ
B
80
W
58
H
85
OHP
OHP
【甲斐のトラ耳っ】
2年甲斐組の領主。
小柄な見た目に反して、信じられない怪力を誇る。
実は信長以上の問題児で「武田キバ軍団」というデコチャリ暴走族のヘッド。
光秀とは幼馴染みだが、ツッパッてることだけは絶対の秘密。
少なくとも、向こう三年は隠しきる覚悟である。
「みっくんは優しいから、私が変な女から守ってあげないとっ」
ヤタベ ミウ
大波こなみ(メイン)
ボサボサ頭のショートヘアとヘッドフォンの印象が強い、乃愛の妹。
ただし彼女達は年子なので学年は一緒。
人気者の姉とは正反対で、友達も少なく
いつもヘッドフォンを付けながら窓の外を見ている感じの子である。
対人恐怖症という訳ではないが、他人と深く関わることを極端に避ける子。
両親が死亡した飛行機事故に彼女も居合わせており、奇跡的に助かったという過去を持つが、その事件のことがどうやら深く関係しているらしい。
田丸優芽の園芸部に所属している。
園芸植物に興味がある訳ではなさそうなのだが、温室にいるのは好きな様である。
主人公に対しても、特に強い好悪の感情は抱いていない。
彼女がヘッドフォンでいつも聞いている音は、音楽ではなく水の音(波の音や泡の音など)である。
ルキア ルミナス スイレン
大波こなみ(メイン)
身長
159
スリーサイズ
B
86
W
52
H
84
OHP
OHP
ミカと双璧をなす落ちこぼれ愛天使。
ただし、天使学校は首席で卒業したという実績がある。
そのせいか、傲岸なほどに自信満々で高飛車な態度。
決して悪い人ではないのだが、根拠不明な自信がなかなかやっかい。
また、「周りが自分のために奉仕するのは当然のこと」と思っているフシがある。
主人公の下宿に居候し、愛宕学園に通うことになる。
「わたしが本気を出せば、こんなものじゃないんですから」
シキナミ コナツ
大波こなみ(メイン)
【日本妖怪】
家神・座敷わらしの少女
北歳妖怪学園1年生。
妖学会計
「人に幸福を与える」座敷わらしという事に目をつけた柊子により、学園に幸を招くマスコットとして無理やり世渡会に参加させられることになる。
人に幸せをあたえるといわれる座敷わらしだが、なぜか小夏は自身の幸せを探している。
他人との係わり合いや干渉にはあまり積極的ではないが、龍治にだけは心を開く。
ナベリウス
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
冥界がある「冥き途(くらきみち)」を守る門番にして、
ソロモン72柱が一柱とされる魔神。
(戦女神ZEROでは)セリカの盟友となり、強力な暗黒魔術にて力を貸した。
現在では、亡霊のリタと共に冥き途の門番に戻る。
時折セリカが近くまで来ると気配を感じ会いたい様子だ。
タカシロ ヒノ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
生徒会長、3年生。学園理事長の孫にして、資産家の娘でもある。
そのため、信じられない邸宅に住んでいる。
普段はお公家様のようにおっとりしているが、実は楽しいことが大好き。
なにか企んでいるときは、必ずと言っていいほど主人公に協力させようとする。
実は、好きな相手ほど困らせたくなる小悪魔的な一面も?
「修平くん、これはひのまる命令よ?」
エストレイア ヴィット
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
【天衣無縫な聖王候補】
天界出身の女勇者で“聖王”を目指している。容姿は人間だが半神半人といった存在。
愛情たっぷり大事に育てられてきた結果、お花畑な性格に仕上がってしまったが、
その身には驚異的な力が秘められている。
その勇者の力によって分厚い甲冑を身に着けて駆け回り(ずっこけ)、身長を超えるほど巨大な剣を軽々と振りまわす。
また食いしん坊で、特に甘いものが大好き。
4~5人用のホールケーキを瞬殺できる。
『かっこいい聖王になれたらいいな~♪』
イサナ ハルコ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
【ライバルを失った若きエース】
フライトの訓練生時代に主人公と競い合っていたライバル。
訓練やシミュレーターではなくいつか実際に空の上で決着をつけようと約束していたが、主人公が事故を起こしドロップアウトしたことで、その約束は果たされないままになってしまった。
その後、フライトの世界か消えた主人公が何処に居るかも知らぬままに、今日も彼女は閉ざされた空の中で、その頂点を目指している。
フライトでは、華麗かつ紳士的な飛行技術をスタイルとし、そのクールな外見も含め(多くの女性ファンも含めて)確固たる人気を築きつつある。
現在、天原のフライト選手全体の中でも3位に位置し、今シーズンのトップ争いに食い込んでいる。
「……まさか、それでいいと思っているのか?」
ルツィア ヘンデルバンド
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
【艦長】
ノーデンフェルト海軍中尉。
先任将校(副艦長)だったが、前任の艦長が急死して昇格。
これまで搭乗した艦が2度沈んだが、いずれも生き残った。
その為、「死神のルツィア」などと揶揄されることも。
決断力があり、頭も切れる。
我慢強いが、キレると手が付けられない。
「祖国で待つ者たちも我々の成功を心待ちにしている。その期待に応えるんだ」
レベッカ トールマン
大波こなみ(メイン)
身長
152
スリーサイズ
B
72
W
48
H
75
血液型
AB
「新妻雅の愛妻日誌」に登場。
ジャスティンの幼馴染にして彼女。
晃輔たちと変わらない年齢だが、小柄な身体を気にしており、茶化されると全身全霊で反撃をお見舞いする。
エル キャンベル
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
【クロエ一筋・ダウナー系少女】
職業:学園5期生 趣味:呪術の会得・クロエの世話 特技:呪術・毒薬作成
学園5期生。古書管理委員会委員。
クロエに心酔するダウナー系少女。
召喚魔法を教える学園で学びながら、なぜか様々な呪いや不幸のまじない、毒物に悪魔交信(電波受信?)など、ムダ知識が豊富。
男性嫌いの傾向があるため、召喚されてクロエたちと共同生活を送ることになった主人公に、並々ならぬ敵愾心を抱いている。
フローラとは入学以来のルームメイトで、周囲からは『良いコンビ』と認識されるが、本人たちはイヤな顔をする。
今日も今日とて、どうにかして主人公が不慮の事故に遭わないかと呪いをかける日々。
シラトリ カナコ
大波こなみ(メイン)
身長
156
スリーサイズ
B
83 (C)
W
60
H
85
誕生日
7/7
血液型
B
主人公の幼馴染み。陽気で活発で冗談好き。
可菜子の悪ノリのせいで主人公はしばしばピンチに陥る。
「そんなに可愛い顔しているんだから、オンナノコになっちゃえばいいのに」
フォーミュラ シンネン
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
無口で何を考えているか分からないロリッ子。
その姿からは想像出来ないほどの力を持ち、ステルラエクエスの敵「八堕」の幹部。
武器は大きな鎌。
自分の信念に従い、八堕の行動から逸脱した考え持つこともある。
暁に哲学者の卵を植え、能力覚醒のきっかけを与えるエッチをしたりなど、興味のある暁に何かとエロい事をして迫ってくる。
氷織とは過去に何か因縁があるらしいが……?
コバナカワ ユリ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
聖クリスティナ女学院に通う聖痕騎士団の新米騎士。
過去に一緒に暮らしたことから、主人公をお兄ちゃんと呼び慕っている。
騎士になりたてで役立たずな面ばかり目立ってしまうが、一途な性格から早く大好きなお兄ちゃん(+みんな)の役に立ちたいと頑張っている。
「も~お兄ちゃんっ、じゃなかった先生!それくらい自分でできますからっ」
ニカイドウ レイカ
大波こなみ(メイン)
身長
140
スリーサイズ
B
70
W
51
H
74
OHP
OHP
日本でも有数の資産家“二階堂財閥”の長女。
「完璧なお嬢様」と称されるが、傍に他人を置くことを極端に嫌い、執事だけでなく、護衛の人間ですら拒絶する。
全てにおいてトップの座に君臨する彼女だが、性根はひねくれ曲がっていて、二階堂の檻から抜け出したいと思っている様子。
胸が小さいことと背が低いことがコンプレックス。
「自分の地位や、優秀で生真面目であることを誇りにするボディーガードを傍におくこと? そんなの、ヘドが出るだけね」
リリアン ツキカゲ
大波こなみ(メイン)
身長
148
スリーサイズ
B
73
W
47
H
71
OHP
OHP
振り向けばそこにいる、神出鬼没で無口なロリ忍者。
常にアスカのパーティに同行しているようだが、
あまり姿を見せない。
アスカの人望(?)に惹かれ、忠誠を誓っている。
コイシカワ コノハ
大波こなみ(メイン)
身長
152
体重
39
誕生日
1/14
血液型
O
OHP
OHP
【Episode02】
生徒会役員を務める天使の羽を持った女の子。
自分の願いよりも相手の願いを叶えることを優先してしまう優しい性格の小羽。
そんな天使のような彼女も、主人公・光樹の前ではひとりの女の子に戻ることができる。
それは、光樹が頼っていい存在だから。自分だけの――恋人だから。
天使学校編入辞退の騒動の後、小羽は誰にも言えなかった将来の夢を誰よりも信頼する光樹にだけ話しだす。
「私も――光樹さんの顔を見ているだけで、幸せな気持ちになれます」
トキ ホノカ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
黒紙ロングのポニーテイール。
正義感も強く目の前で困っている人がいたら、考えるよりも先に身体を動かしてしまう所もある。
何事にも真剣に前向きに取り組む所があり、自身の中に鬼と戦う巫女の力が宿っている事を知った時、迷わず戦うことを選んだ。
白兎隊に所属している、まだ発展途上の新人巫女。
フィーナ レネアビット
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
宿屋兼酒場を営む両親の手伝いをしている、働き者の少女。
温和で優しく、胸を温かくしてくれる素朴な魅力を持っている。
飲み食いするガサツな客たちも、看板娘のフィーナには甘いようで、
酔った勢いでケンカが起こることもあるが、
彼女が一生懸命止めに入ると、腰を落ち着けるようである。
元々音楽に惹かれており、フェリクスを助けたことで、演奏会にも関わっていく。
イズミ セツナ
大波こなみ(メイン)
身長
155
スリーサイズ
B
83 (C)
W
59
H
85
主人公らが通う学園の数学教師。主人公のクラス担任。
ハイテンションでお節介、自己中心的で、高圧的な言動が目立つが、生徒思いで、良き相談役になってくれたりもする。また意外に家庭的だったりもする。
数学に対しての執着心は人一倍で、授業に対してもその範疇(はんちゅう)を超えるほどの熱の入れようで、教え方の良さとも相俟って、彼女の授業を受けたクラスの生徒たちの数学の成績は良い。勝負事が大好きで、クラスマッチなどでは過剰なほどに燃え上がる。
フォーミュラ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
エクシスの敵「プラクシス」の上位存在
「オクタヴァス・ペシシマス―八堕―」の一人。
ステルラにとって、暁が最重要存在であることから、特異点だと疑っており、その覚醒を促すため、暁と十六夜に罠を仕掛ける。
カワイ クウ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
引っ越し先のアパートの管理人で、1Fの喫茶店のマスター。
どう見ても男装の少女にしか見えない、イノセンスな魅力に、主人公はノックダウン。
夢は、大好きだった祖父が経営していた喫茶店を再開させ、昔のような楽しい憩いの場にしたいことらしいが……。
シラトリ ヤヨイ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
白鳥家の長女で、学園の科学教師。
クールで怜悧、大人の雰囲気を醸し出す彼女は、葵の同級生で、当時から天然だった彼女の言動を楽しんでいたようだ。
「本業は巫女」(本人談)ということで、巫女服の上から白衣を引っかける斬新なスタイルで、赴任早々、学園内の男子たちの若いリビドーを刺激しまくりである。
ナナミ アキラ
大波こなみ(メイン)
身長
165
スリーサイズ
B
95
W
56
H
86
OHP
OHP
菜波家五姉妹の三女。
元アメリカ軍特殊部隊員だった凛々しくも正義感溢れるお姉さん。
面倒見がよく、主人公を一人前の男に育てようと奮闘する。
普段は冷静な判断のもとで行動する彼女だが、不器用で極度の負けず嫌いが原因で失敗することもしばしば。
ヒサメ サヤカ
大波こなみ(メイン)
身長
169
体重
55
スリーサイズ
B
94
W
60
H
82
OHP
OHP
『文武両道、秩序ある生活』を方針とする名門校、萩月学園の代表者。
紗綾香も厳格な校風に誇りを感じており、生真面目な性格をしていることから周囲からは『堅物』と見られている。
恋愛に興味はあるのだが、自分よりも弱い男を認めないために、恋が実るどころか始まりもしない。
緋雨古式一刀流の継承者で、へたな男より強いのも災いしているのかも知れない。
冷静沈着で、余程のことがない限りは狼狽えたりはしない……つもりだが、恋愛に関してはいっぱいいっぱいである。
ツジウラ ミヤコ
大波こなみ(メイン)
スリーサイズ
B
G
W
H
OHP
OHP
他校の二年生。
主人公の幼馴染で、元恋人。
夏休みを利用して、主人公に会いにやってきた。
主人公とはプラトニックな交際だったらしく、キスもしていなかった。
世話好きで優しい性格の彼女は、インポになってしまった主人公のリハビリに親身になって協力する。
控えめな雰囲気ながら、かなりの巨乳ちゃん(Gカップ)。
クリエール キャロライン
大波こなみ(メイン)
St.アルクトゥルスの芸術科に通う学生。
園子のルームメイトであり、芸術科の寮長も務めている。
多感で、かなりミーハーで、ちゃらんぽらんな女の子。
それでいて人を引っ張っていくリーダーシップがあり、他の学生から慕われている。
「クリエ」と愛称で呼ばれることが多いが、イスカにそう呼ばれることに嫌悪感がある。
ヒムカイ ハルカ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
同じ寮に風紀委員として住むことになる幼馴染の女の子。
主人公とは男女というより、親友っぽい関係。

「は~い、こっちよ~」
マミヤ リリカ
大波こなみ(メイン)
身長
155
体重
43
スリーサイズ
B
73 (A)
W
55
H
79
血液型
A
OHP
OHP
「聖フランチェスカ学園」の一年生。
遠い親戚にあたる不動如耶を、小さい頃から憧れてきた。
お嬢様育ちのため、世間知らずで、気位が高く我が儘なきらいはあるが、根本的な部分では真っ直ぐな性格をしている。
如耶を憧れの対象であると同時に、自分の理想と重ね合わせている部分があるため、如耶のことを過大評価している部分がある。
オオトリ サツキ
大波こなみ(メイン)
身長
167
体重
56
スリーサイズ
B
93 (F)
W
62
H
85
血液型
AB
OHP
OHP
楠原彩夏のクラスメイトでクラス委員長。美術部に所属。
松原麗架と彩夏とは親友。彩夏のことを心配しているご様子。
男性には基本的にぶっきらぼうな感じ。
アマミヤ アマネ
大波こなみ(メイン)
身長
160
体重
50
スリーサイズ
B
79
W
52
H
84
OHP
OHP
言動は、そっけないのだけれど意外と几帳面だったりする生物の先生。
イリス
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
このウィザーディア魔法学院の長。
外見は幼い少女だが、実は熟達の大魔術師である。
常に超然とした雰囲気を身にまとっており、のほほんとした様子でこの学院の少女たちの成長を見守っている。
普段はジークを相手にチェスをしたり、茶菓子の入った袋を手にしたまま学院内をぶらついたりと割と暇そうな生活を送っている。
ツカサのことが気になるようで、時折接触を持ってくる。
ユリカワ ミサキ
大波こなみ(メイン)
スリーサイズ
B
100 (I)
W
58
H
84
義理の娘である美穂と二人で暮らしている未亡人。

名門の明盛学園に通う娘の万引きを鹿島に知られる。

秘密を守るかわりに要求されたのは、娘共々の「入学」だった……。
マユズミ カノコ
大波こなみ(メイン)
身長
156
体重
45
スリーサイズ
B
86 (C)
W
56
H
86
誕生日
7/7
血液型
A
OHP
OHP
元気溌剌とした女の子。
気さくで人懐っこい性格で、多少強引な面もあるが、それを嫌味に感じさせない愛らしさを持つ。
モモイ ヨウコ
大波こなみ(メイン)
OHP
OHP
【出席番号36/ ソフトボール部】
ソフトボール部のエースピッチャー。
だが、極度のアガリ症で凄まじくプレッシャーに弱い。
過去に演劇の経験があり、どうやら、その時のことがトラウマになっているようなのだが…。

「わ、わゎ、私、だめなんですぅぅぅぅ~~~~~~!!」
ベアトリーチェ
大波こなみ(メイン)
皇女を守護する近衛兵。
代々騎士の家系の生まれだが、女だてらに剣を握ったのは家柄に縛られての事ではない(夫唱婦随の残る時代なので、別に女性差別の意ではない)。家督は継ぐべき兄がいる。彼女はその理由を外面的には家柄だの騎士の誇りだのと嘯いているが、その実はグルーヴェルの最も近くにいれる場所を求めての事である。庶民の出である事の壁を打ち崩そうと戦場での武功に走るグルーヴェルの背中を護り、彼に多くの手柄を立てさせる為に彼女は剣の腕を磨いた。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

検索