藤堂みさきさんの演じたキャラクター一覧

リーンベル オルテ
砂漠の国パノフカの領主の娘であり、国内随一の踊り子としても知られている。
正義心が強く、最近領内で問題となっている違法酒の出所を探している。
魔法の剣技を得意としていた砂漠の民の末裔であり、剣舞による支援が得意。
将来の夢は世界を旅しながら、自分の踊りで人々を楽しませる事。
勝ち気な性格で、とても前向きな性格。
悲しんでいる人がいれば、元気づけるとともに、助け舟を出すことを厭わない。
シンサイバシ サヤ
OHP
OHP
球団【阪新ベンガルス】オ球団【阪新ベンガルス】オーナーのもう一人の娘。
姉の頼華と同じく現役女子学生で共にロコドルとして活動している。
普段はニコニコしていて本心は微塵も見せないが、自分を失敗品みたいに扱う家族を実は嫌っており、特に家族の愛情を一身に受け、外面の良さで脚光を浴びながら沙夜を顎で扱き使う頼華には憎しみに近い感情を抱いている。
ヒメノミヤ カナ
スリーサイズ
B
78
W
56
H
78
誕生日
4/22
OHP
OHP
昔からお兄ちゃん一筋、お兄ちゃんのお嫁さんになると堂々と公言していた。
家庭的で両親が留守の姫ノ宮家の家事全般を担っている。
兄にも妹達にも優しいだが、限界を超えて起こらせると誰よりも恐い。
ちょっとヤンデレ風のところがあり、他の妹と主人公が関係を持っていることを知ると、「独占するにはこうするしかない」と監禁してきたりなどもする。
シフウドウ アオイ
別名
クロスエモーション ラピスラズリ
OHP
OHP
EMアームズ適合者第一号。四封堂家は古より人ならざる者から衆生を守って来た退魔の家系であり、
クロスエモーションをバックアップする対イド機関「エスペラント」の前身でもある。
プライドが高くきまじめな性格で、四封堂家の一員として、強い責任感と使命感を抱いている。
世界最初の想聖天使としてイドムと戦い続けており、その凜々しい立ち居振る舞いから人々の信頼や尊敬は厚い
鉄と裸 (つるみく) (2016-02-26)
ゼノヴィア アルスール
まだ若いながら、その突出した能力で宮廷司祭の地位を持つ聖女。
神の加護により、悪霊の浄化や治癒の奇跡などを行う。
その力は凄まじく、どんな怪我人でも死んでさえいなければ元通りに治療してしまうと言われる。
どんな悪人にでも情けをかけてしまう心優しい女性。
時には綺麗事ばかり並べる偽善者と呼ばれることもあるが、それは彼女の本質ではなく、人を助けたいと思う信念を貫くためならば、頑固で融通が利かないところすらあるほど。
白濁の少女 () (2015-10-30)
ウチダ サトミ
身長
156
スリーサイズ
B
85 (D)
W
56
H
83
OHP
OHP
織香の部活動での友人で、女子バスケ同好会の部長を務めている。
一見面倒くさがり屋だが豪胆な一面もあり、興味のあることへの行動力は目を見張るものがある。
俗に言う、自分のやりたいことしかやりたがらないタイプ。

織香と同じくゲームが好きで、そのハマり具合は織香以上。
ネット上でも名前が知られ始めているほどのプレーヤー。
コトネ
身長
163
スリーサイズ
B
85
W
H
OHP
OHP
神社に住まう霊媒師。 普段は占い師めいたことをしている。
しかしその実、悩める人々の依頼を受けて人を呪殺することを生業にする者。
容姿と名前さえ分かれば誰でも呪い殺せるらしいが、実行するかどうかは彼女次第。
“悪には死を” を行動原理としており、自身が悪と判断した相手には容赦しない。
その善悪判定は間違っていないが、殺しはどうかと他の霊媒師たちから批判の声も上がっている。
影狼 -kageroh- () (2015-03-20)
ペティート
OHP
OHP
主人公。両親を土砂災害で失い、村にいる豪商に養子として引き取られた女性。
豪商一家では廃棄した家屋をあてがわれ、食事などは最低限の物しか与えられなかった。
豪商の息子達は苛立ちをペティにぶつける事も多く、殴る蹴るの暴行を平然とする日もあって、ペティは次第に村を恨み、苦しみの日々から逃れようと常々強く考えるようになる。
軽装寄りの衣類は、軽業師だった母親の衣装を模したモノであり、ペティ自身も軽業師になろうとしていた。
両親がいない分、普段は勝ち気で大人が相手でも自分の意見をはっきりと口にする。
しかし一人の時などは年齢相応に、人恋しい感情を漏らす。
ルセリ
身長
160
スリーサイズ
B
90
W
59
H
88
OHP
OHP
かつて聖なる大地を支えていた女神エルナトに仕えていた上位天使。慈悲深く穏やかで、人々の尊敬を集めていた。
姉妹の天使たちと共に平和な日々を送っていたが、そんな彼女の日常はある日、魔族の侵攻によって奪われる。
闘いの結果、女神と姉妹天使達は捕らえられ、タクティカへと変えられたり、洗脳されて同士討ちという憂き目に遭わされた。
魔族の支配からヘルヴェティアを解放すべく、残った人々を助けながら戦力を集めている。
グレーテル グリム
別名
グリムロック
身長
167
OHP
OHP
「アンハッピートリガー」の異名を持つ、魔女ギルドから派遣されてきたヨーロッパ出身の魔女の末裔。
右手の銃から他人を任意に『不幸』にすることが出来る弾を撃つことができ、自身も周りを巻き込んで不幸にさせるという不幸体質を持つ。
「みんなで不幸せになろう」がモットーだが、悪意があるわけではなく、みんな不幸になれば悲しんだり失望したりしなくて済む、と考えている。
学園では英語担当。人付き合いは苦手で、必要がなければ出来るだけ避けようとするタイプ。
常に不気味な笑みを浮かべていて、ちょっとしたことで落ち込んだかと思えば、いきなりキレて周囲の人間をドン引かせたりする。
とにかく朝が苦手で、毎朝職員室に怨念をまき散らしている。
トダ シオン
身長
155
スリーサイズ
B
E
W
H
OHP
OHP
同級生にいじめられている少女。
内向的で、空気を読めない部分があり、いじめられる不幸を嘆きながらもどこか悲劇に酔っている様子で、その図太さがいじめに拍車をかけていることに気づいていない。
クレア バランタイン
OHP
OHP
他の皆に比べ武勲はないがエミナに憧れている少尉。
新造戦艦シヴァのオペレーターとして配属されている。
優秀なオペレーターでレーダー探査などもテキパキとこなしているが、戦闘は苦手。
士官学校では艦内での近接戦闘戦は赤点ギリギリであった。
元気で明るくお淑やか気さくな性格で、艦内では常にムードメーカー的存在。
エサカ リエ
OHP
OHP
能力は【食の支配者(フードマスター)】

かつて母親代わりの叔母である美幸と二人でメロンパンの移動販売を行っていた少女。
【神の鉄槌】よりはるか以前の幼少期に本当の両親を事故で失っており、理恵にとっては実質叔母の美幸の方が母親としての認識が強い。
【神の鉄槌】後、美幸とは一時的に離れ離れになってしまい、再会した際には互いに集落が出来て争わなければならない立場になっていた。
戦いは美幸が自ら敗北を選んだことで理恵の勝利となり、美幸は再び行方不明になってしまう。
理恵は美幸の集落の人間達も吸収してより大きくなった集落を率いながら、美幸を探している。
本心では戦いを放棄したいと思っているが、美幸に託された集落の人間達を守らなければならず、仕方なく能力者の権利を保有している。
警戒心の強い性格で、表面上は人当たりの良さを見せるが内心では他者をなかなか信用せず、親しい人間にだけ少々毒のある素顔を見せる。
オリヴィア ポートタウン
OHP
OHP
【取締役の娘】
城島の片腕である、ケイン=ポートタウンの娘。
母親を早くに亡くし、その後ケインが日本人女性と再婚したため、実の母親の記憶がほとんどない。
外資系ファンド【M&Cカンパニー】が日本へ進出した際に日本法人代表を任され来日、家族をニューヨークに残しておきたくなかったケインが妻と共に日本へと連れてきた。
現在の母親の影響を色濃く受けており、日本にいる期間が長いため日本語はかなり流暢で、日本文化にも慣れ親しんでいる。
むしろ英語の方が苦手。
気位が高く、知ったかぶりは日常茶飯事。
さらに一度口にしたらなかなか引かない頑固者ではあるが、いったん認めてしまえば素直にもなれる憎めない少女。
童顔で、人より発育の悪い身体にコンプレックスを持っている。
アカホリ マリ
OHP
OHP
【強気で純情な世話焼き幼馴染】
累の幼馴染で、別クラスの女の子。小柄で貧乳。
男勝りともとれる強気な口調が特徴だが、オシャレが好きで家事が得意な乙女らしい面も強い。
日頃から累や、累の描くエロ漫画を「ヘンタイ」とバカにしている。
しかしあやしいサービスから派遣されたレイの存在に危機感を感じ、自分のほうが手伝える! と、必死にお節介を焼くことに。
ルクレツィア
身長
155
スリーサイズ
B
86
W
58
H
85
OHP
OHP
物語の序盤で魔導都市の噂を聞きつけて、エネルゲイアにやってくる商人。
フェザー商会というキャラバンを運営しており、各国の世情に詳しい。
お調子者で日和見なところがあるものの、商人としての才覚はなかなかのもので、日夜商売に明け暮れている。
直接的な戦いはあまり得意ではないが、自らの竪琴演奏による魔法の歌で味方を支援する事が出来る。
座右の銘は、『沈黙は金、雄弁は銀』とか。

「沈黙は金、雄弁は銀なり~、ですぅ♪
 くっふっふ~、新商品、今なら2割引きです~!」
逆王道 (つるみく) (2013-06-28)
モモダニ リカ
OHP
OHP
【男子に不馴れな転入生】
龍司の隣のクラスに編入された転校生。
元々口下手で他人とコミュニケーションを取るのが苦手な上に、転校してきたばかりでクラスに馴染めず、ほとんど一人でいることが多い。
また転校前の学校では女子しかいなかったため、教室に男子が一緒にいる環境にも慣れておらず、男が至近距離に近づくと怯えて身を堅くし、言葉が出なくなってしまう。
ただし元々の環境下に存在する父親や教師などのある一定以上の年齢層、あるいは男性を感じさせない一定以下の子供は平気。
最初は龍司にも怯えていたが、理香との間に壁を感じてだんだんクラスメイトが遠ざかっていく中で躊躇なく踏み込んでくる龍司の器の大きさと大人っぽさに抵抗を感じなくなり、逆によく懐くようになる。
ゆずみなつ (LO-LILITH) (2013-05-10)
コヒナタ ユズ
OHP
OHP
美夏とは物心つく前からずっと一緒にいた仲。
健気で家族思いの頑張り屋さん。
特に多忙な両親に代わり、自分の世話をしてくれたお兄ちゃんの事が大好き。
主人公の手伝いを積極的にしようとするが、まだまだで危なっかしい部分が多い。
基本的にはしっかりものだが、子供っぽいせいか、思慮が浅く、危なっかしい行動を取るぽやっとした部分があり、いつも周囲をハラハラさせている。
自他共に認める運動音痴で、体を動かすことが苦手。
主人公に過保護に育てられたせいか、性の知識がほとんど無く、純真無垢。

「やったー!! お兄ちゃんといっぱい遊べるね!」
タマイ キララ
OHP
OHP
【パンツ売りの少女】
路地裏で自分の穿いたパンツを売っている少女。
家が借金まみれでどうにかお金を作ろうとしている。
パンツを穿いては売り、そしてまた穿いては売る姿はある意味滑稽。
「パンツなんか買っていらないんだからね!」
「貧乏だからって心まで貧しくないんだから!」と何故かツンデレ気味。
パンツは売るが、処女は非常に大切に思っている。
剛士がパンツなんかよりも手っ取り早く処女を買ってやろうとするが、それはどうしても拒む。
だが、そのパンツ売りも自らがすすんでやっているものではないようで……
タカツキ サキ
OHP
OHP
和輝の父に仕えていた【高槻 誠一(たかつき せいいち)】の末娘。
父親同士の親交の都合上、和輝と沙希も付き合いは幼少期からと長い。
普段はクールでピクリとも表情を変えず、和輝に対して釘を刺す事の出来る唯一の人物でもあるが、どのような扱いを受けようとも和輝に対する愛情と忠誠心は高い。
それは塚本家に対する忠誠を父親から植え付けられたからというだけではなく、幼少期からの和輝に対する憧れや、かつて命を救われた恩義など、あらゆる経緯が積み重なって出来た『生きる意味』にすらなっている。
高槻家は代々塚本家に仕えているが、歳の離れた三人の姉は誠一の跡を継ぎたがらず一般家庭に嫁いでしまい、逆に沙希の希望が強かったため跡継ぎとなって和輝に仕えている。
父親からは『由緒正しい血筋の人間と跡継ぎを残し、塚本家との関係を決して絶やすな』と命じられているが、沙希には和輝しか見えておらず、『塚本家も由緒正しい家柄の範疇に入る』と勝手に考えている。
イツキ ミオ
別名
触装戦機ミオ
OHP
OHP
水葉学園に転校して来た、『ヴォーテックス・カンパニー』社長令嬢。
しかし実は幼くして肉親をなくし、カンパニーに拾われてからは実験動物同様の扱いを受けていた。
他者との付き合いは苦手で、無口で無感情。
義父への期待に答える為に生きている様子の、依存症気味な危うさを抱えている。
ミクラ ユナ
OHP
OHP
日焼けあとが眩しい、元気系少女
主人公の妹
陸上部所属
処女
カンバヤシ ルカ
OHP
OHP
晶の弟。
家では普通の男の子を装っていたが、外では家族に秘密でおとこの娘になっていた。
強気で女王様然とした性格で、学園内にいるおとこの娘たちのリーダー格。
晶に特別な気持ちを持っているが、素直になれず強気な態度をとってしまう。
フローレシア トリアセテート
OHP
OHP
リルバーナ島の古い伝承で人間を救った竜の血を引くとされる、勇者の家系の娘。
海運と冒険者の国、サルタニア王国出身。
人間をまとめあげて、魔族と戦う立場のシャリーア教団とも縁が深い。
弱きを助け、情に厚く決断力があり、日々の努力を惜しまない努力家。
ヨゾラ
この世界に流れついてすぐに魔族に襲われていたところを”魔女狩り殺し”となったイスカに助けられた魔法少女。
魔女の中でも特異な重力の魔力を宿した幼げな雰囲気。
イスカに助けられた事で、その強さとその奥に宿った強情な優しさに惹かれ、以後行動を共にしている。
一緒に行動をし始めた頃はイスカの事を「お姉様」と呼んでいたが、流石に禁止されたらしい。
今回イスカが単体で”とある特殊な魔女”に逢いに行くため留守番をしていた、その時に感じた魔力のブレ……いつかイスカのようになりたいから、その思いを胸に黒髪の少女は闇夜に舞う。
ガクセイタイプアカルクスナオ
真面目で、自惚れず常に努力を欠かさないが、何処か抜けているところがある。
人前では決して弱みを見せない強さを持っている。
ガクセイタイプジユウホンポウ
真面目で、自惚れず常に努力を欠かさないが、何処か抜けているところがある。
人前では決して弱みを見せない強さを持っている。
触診病淫 (CLOCKUP) (2011-05-02)
ササノ ユウナ
身長
150
スリーサイズ
B
81
W
55
H
83
OHP
OHP
別の町の病院から『三原医院』に転院してきた女の子。
特定の病気というわけではないが、生まれつき身体が弱く、人並みの運動程度でもすぐに体力を無くして熱を出してしまう。
しかしそんなハンデにも負けず、彼女自身は明るくて元気な性格。
生まれてからずっと入退院を繰り返しており親子の交流が少ないので、少し甘えんぼな部分がある。
そのため、付き添いで一緒に来た美咲のことを姉のように慕っている。
必殺痴漢人II (Anim) (2011-03-25)
オクシマ ミオ
OHP
OHP
登場作品:「愛娘という名の玩具」

聖C学園の3年生。
有力な国会議員の一人娘。
嫉妬深く、わがままで気が強い性格。
コウヘイゲン ナナホ
OHP
OHP
本作のヒロイン。魔を討つ定めを負った少女。
”光魔法一族”の血を引き、高エネルギーの電撃を操る。
それをリボンに乗せ、異形のものどもをなぎ払う。
異形を前にした彼女は冷酷な殺戮者と化す。
プライベートでは勉強・スポーツともに万能の優等生だが、異形を滅ぼすことが第一で無関心なことはとことん無視する。
友達を作ろうともせず、たいていは一人で本を読んでいる。
常に張り詰めたような精神状態にあり、それゆえに脆い。
エッチな願望は少ないが、その容姿から、男性のいやらしい視線を常に浴びているため、意識せざるをえない。
露出度が高く、ピッチリとした服を好む。
隠すと負けを認めることになるから、らしい。すべてオーダーメイド。
異形の血で汚れた手を隠すためか、あらゆる他人を拒絶するためか、常に真っ白な手袋を付けている。
タカイ シズカ
学園2年生。
女性誌で読者モデルをやっている。同世代の間ではかなり有名。
前の学校でストーカー被害に遭ってから、若生皐月と共に、主人公の勤める学校へ転校してきた。
表向きは人懐っこく元気があって、自分がモデルであることを鼻にかけたりもしない。
しかし内面は、性格の表裏が激しくてブリッ子。
仕事中や学校ではニコニコと愛想良く、プライベートでは性格の悪さを見せつける。
美人で均整のとれた身体つき。(ボンキュッボンではなく、胸はほどほど)
カガミ マコト
OHP
OHP
誠司の妹。
兄との関係はどこかドライ。
お屋敷のお嬢様には見えず、今風のコギャルのような雰囲気。
誠司の許婚であり、将来の義姉である美緒を「お姉様」と呼ぶ。
モリナガ アズキ
OHP
OHP
免許を取ったばかりの小柄な少女。
ペダルに足が届くのか?前は見えるのか?
ドキドキしながらも、今日も車に乗って出かける。
オーバーオールのだぶだぶ衣装を着ている。
口調や考え方がやや子供っぽいようだが、本人にその自覚はない。
戦国魔姦 (BLACK LiLiTH) (2010-03-26)
アサクラ ヨシカゲ
OHP
OHP
越前を治めている武将。弓の名手として名が通っている。
争いごとを好まず、天下を取ろうとも思っていない。
北近江の浅井長政が国民と一緒に逃れてきた時は、
彼女らを守るために信長軍と一戦交え、これに勝利し浅井たちを自国の賓客として招き入れている。
大人しくドジっこな性格だが、心の強い女の子。部下からも慕われているが、皆妹のように可愛がっている。
エレーナ
身長
150
体重
38
スリーサイズ
B
96 (G)
W
58
H
92
魔界に棲むサキュバス。
成績至上主義の荒波が押し寄せる魔界を生き残るべく、百年ぶり(!)に人間との契約に精を出す。
基本的な性格は怠惰で酒好き、わがまま、おまけに食い意地が張っているという、詩織とは正反対の性格。主人公の部屋で見つけた甘納豆が好物。
「アンタ見てるとホントにイライラするんだから……」
エリザベート フォン ヴィクトール
ルドン帝國が新設したキメラ研究所の若き女所長。通称・エリザ。
軍の有力者である父親の計らいで、大した実績はないものの、現在の地位を得る。
高圧的で傲慢だが、その幼い外見に似合わない尊大さなどもあってか、ある種のカリスマ性を発し、それに惹かれる部下も多い。
プロポーションは良いが、背の低さが、彼女にとってコンプレックスになっているようだ。
子供の頃から絵本「ナイトベア」の大ファン。
ブリジット
OHP
OHP
主人公が魔王だった頃からの幼馴染み。
封じられたと思っていた魔王が、魂だけにしろ生き残っていたことを喜んでいる。
しかし素直になれず、色々と突っかかって戦いを挑んでは、ぶっ飛ばされる。
主人公のことを憎からず思っているのだが……。
使い魔としてオクタヴィアを連れているが、見た目、ブリジットの方が使い魔。
体型の話をされたり、使い魔と主人の関係を間違われると激しく怒る。
モリナガ コミミ
冬夏の研究員の同僚で、

小動物系のちんまい女性。

常に大型のヘッドホンを装着している。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

ログイン






検索