ひむろゆり(氷室百合)さんの演じたキャラクター一覧

ヤマタ クシナダ
OHP
OHP
武芸とたたらの国クシナダ公国の元首にして、炎を自在に操る竜姫。
神竜族・四天将の一人で、凛とした佇まいの武人然とした女性。
死をも恐れぬ勇将を多数擁するクシナダ家は、神竜族の中でも武門の誉れであり、軍事国家としての色合いが強い。
常に危険な最前線で戦い、過酷な戦場を部下と共に生き抜いてきた。
ミズガハラ ヨツキ
かつて境遼二に敗北し、実力を付けるために海を渡った少女。
三年生の最後の夏、リベンジを果たしに葛切にやってきた。
トオヤマ アヤ
スリーサイズ
B
98 (I)
W
59
H
94
血液型
A
OHP
OHP
正義感に溢れる真面目な性格。
几帳面で、分析が好きと、一見しっかりとした大人の女性にみえるがその実は熱くなりやすく、隙が多い。
イレギュラーな質問に弱い。
子供が大好きで、早く子供を授かりたいと思っていた。
自分を引っ張ってくれる、夫を頼もしくて大好き。

夫との関係は週に2-3回程度、お互い愛情のある夫婦関係。
ウミモリ アヤネ
OHP
OHP
ザックバランで雑なところもあるが、どこか根がウブな南国育ちのイトコ。
フタミ セナ
身長
166
スリーサイズ
B
74 (AA)
W
57
H
82
誕生日
2/22
主人公の双子の妹。
髪型さえ同じにすれば、主人公にそっくり。八重歯は妹だけ。
主人公よりも遥かに頭脳明晰、運動神経も抜群。
負けず嫌いで、プライドが高く、自信家。自分好きのナルシスト。
処女だが、耳年増。兄の聖治がいるため、男性の免疫も多少はある。
就学してから今までの成績が大変優秀だったため、今年の学園祭の男神・ヴェルニスに任命されてしまう。
「恥ずかしいから、絶対嫌っ!」
去年の鎮光祭にも参加しており、周りは熱狂していたが、男神ヴェルニス役を自分がやるとなると、あまりにも恥ずかしい。
しかし、辞退しようにも持ち前のプライドが邪魔をする。
また、辞退は内申にも響くため、懸命に拒否した彼女が行き着いた結論は、「お兄ちゃん? かわいい妹のためにお願い♪」
双子の兄をスケープゴートにする事であった。
「こんなこともあろうかと、学院に提出したあたしの家族構成から、あんたの名前は抹消してあるわ!」
ブリュンヒルデ
アスガルド王国軍の将軍。 オーディンの娘、アスガルドの第一王女。二つのストゥラを持つ、二重神聖。炎と重力。
その実力は最高神オーディンをも越えると言われる、神聖アスガルド王国軍最強の女神。
同時にその美しさにおいても並ぶものなしと言われ、敵対する巨人族ですら見とれてしまい、闘いを中断してしまったという逸話が残っているほどの美神。
真面目な優等生タイプ。明るく強く、優しく美しい。
正義感が強く曲がったことが嫌い。厳しいけれど弱いものには優しい。
法の秩序と人々を守る使命を何よりも大切に思う。
しかし一方で父の期待に応え、喜ばせたいという女の子らしい一面も。
責任感が強く自分で抱え込んでしまい苦労することもある。彼女の心を支えるモノは『正義と愛』。
ロキには昔からちょっかいを出されていたので好きではない。特に法を無視するような行為には嫌悪感を抱いていた。
神託によって決められた許嫁・ジークフリードがいる。
武器は 神剣「フォルセティ」 法の神の名を冠する。肉体よりも悪の心そのものを斬ると言われている、断罪の剣。
アイラ ウォルフスタイン
人類最強の戦力を有すると名高い、ゼノア皇国騎士団を率いる姫騎士であり、第二皇女。
武力だけでなく、軍略にも優れ、冷静にて沈着。
自分にも他者にも厳しく、油断や慢心を許さぬ性格。
かつての魔族侵攻戦で、姉のオリヴィエを亡くしており、魔族を心底憎んでいる。
ハインの正体を魔族と知り、勇者一行と敵対することになる。
ウエスギ ルミ
身長
155
スリーサイズ
B
89
W
56
H
80
優登と同じ学部の女子大学生。
清楚で気品溢れる容姿ながら、明るく誰隔てなく接するので大学中の人気者。
そんな、天使のような瑠美に『同じゼミナールを受けている』ということでいつも声をかけられる優登。
そんな関係を周りからしょっちゅう疎まれたり、羨ましがられる優登だったが、『結婚しているから少しだけ迷惑』と思う反面、これまでまともに女性と交友を持てなかったから『迷惑だけどすごく嬉しい』と感じてしまっているのだった。
モリミヤ スズネ
OHP
OHP
七草総合病院の天才女外科医。
クールで男勝りな性格をしており、高い医療技術と孤高な態度なためとっつきにくい。
外科治療が医療の本質だと確信しており、精神医療に関してはまがい物だという認識を持っている。
それゆえ主人公への態度はかなり冷たいものになっている。
私生活では処女ではないものの性的知識、経験は薄い。
ミカド リリカ
神門家の三女
謎めいた雰囲気を持つ美少女。学校には通っておらず、幼い頃より秘書・怜が家庭教師代わりとして莉理香の教育を行った。現在は屋敷の図書室に入り浸り独学で知識を得ている。屋敷の外へ殆ど出た事がない為、屋敷の中に無いものには何でも興味を示す。
クロサワ サオリ
身長
162
スリーサイズ
B
87 (E)
W
58
H
90
OHP
OHP
悪徳政治家の一人娘で、学園へは大金を積んで入学を果たした。
ワガママ放題で育ってきたため、何事も自分の思い通りにならないと気が済まず、目的を果たすためには手段を選ばない。
その一方で、自分の利益にならないことには全く関心を示さない。
いつも何人かの男を引き連れており、下僕としてこき使っている。
水泳部に所属しているが、部活に打ち込むわけでもなく休みがちで、たまに参加したとしても、プールサイドで日光浴を楽しんでいたりと、やりたい放題である。
当然ながら、学園内では浮いた存在で、誰もが関わり合いにならないように距離を置いている。
主人公とは親に連れられて行ったパーティーで何度か会っており子供の頃からの顔見知り。
その縁もあって親しげに接してくるが、本当の狙いは、教育界でも名の知れた教師である主人公を下僕とすること。
カドクラ カナエ
身長
163
スリーサイズ
B
94
W
60
H
90
OHP
OHP
下町で銭湯を経営する美人未亡人。
夫を早くに亡くし、女手ひとつで二人の娘を育ててきた。
夫の代わりに銭湯を経営するが上手くいかず、赤字が続く日々。
そんな時、いつも手伝ってくれる主人公にお礼としてマッサージをすることに……。
娘たちの為にお金を稼ぎたい一心で、主人公の手ほどきを受けていく。
徐々にソープのようなサービスをしていく内に、物足りなさを感じていく。
主人公には前から手伝いをしてもらったり、今回の一件で助けてもらい、
徐々に好意を抱いていく。
ハギウラ アイナ
スリーサイズ
B
90 (F)
W
58
H
88
OHP
OHP
主人公が転校するきっかけとなった女教師、優奈の双子の妹で条聖学園の教師。
主人公からは第一のターゲットとして目を付けられている。
穏やかでおっとりとした性格をしているが、芯は強く、決めたことは曲げない頑固さを持ち合わせている。
教師としてはまだ新米で頼りないところもあるが、真面目で優しく生徒思い。
いつもは姉に引っ張られているが、ここぞという場面では姉より強い意志を見せる。
貞操観念は固く、処女だが、ひとたび快楽を味わうと、並外れて乱れてしまう。
姉と比べて身体の発育がよく、未開発だが変態性欲の資質は姉以上である。
スズキ ノノカ
OHP
OHP
大学でのサークルが『温泉同好会』で、さばけた性格でちょっぴり『S』な女子大生のお姉さん。
ホウショウ アヤネ
OHP
OHP
一流の女優を目指す、世間知らずのお嬢様。
高慢でコミュニケーション能力に難ありだが、演技に関しては真剣。
演技力はあるのだが、苛烈な性格と貧乳が災いして端役しかもらえていない。

巨乳化とひきかえにアイドルになることを持ちかけられるが、はたして……。
ブライトリーフの森を出て生きる、美しき魔術師。

現実的かつ合理的な女性で守銭奴。
ブライトリーフとして森に生まれたが、若くして森を出て、魔術の修行を積みながら人間の世界を旅してきた。

イシュガリアで出会ったクラウディアを気に入り、二人でコンビを組む。
クルス マキナ
OHP
OHP
凜とした雰囲気に不屈の情熱を宿す、黒髪の美少女。
悪の結社《ミレニアム》に誘拐され、脳を除く全身を最終兵器として改造されてしまった。
しかし父親の手引きによって組織から逃亡した彼女は《ミレニアム》を壊滅させるべく、創世の秘宝《ディバインアーク》によって《ディバインハート・マキナ》に変身し、敵対する怪人たちと戦い続けている。
大人びた麗貌、立体的なDカップの美乳、女神のような完璧なプロポーションの持ち主。
OHP
OHP
【裁判官魔女】
逆転魔女裁判の裁判官に選ばれた少女。
口数や感情の起伏が少なく、いつも敬語だが高圧的な雰囲気をまとっている。
頑固で融通が利かないうえに、非効率なことが嫌いな性格。
さらに言ってしまえば、根っこが面倒くさがりなので効率を最優先している。
裁判に負けた被告への刑罰は仕事の一環として淡々と冷たい目でこなしていく。
薬関係の知識に長けており、自身も様々な薬を常用している。
ミズシロ ユキカゼ
身長
155
OHP
OHP
新世代の戦力と期待される若き対魔忍。
代々、“雷遁の術”使いを輩出する名門で彼女も亡き父親同様、“雷遁の術”を使う。
“雷遁の術”とは雷を操る強力な術で攻撃系忍法では最強の火力と言われているもの。
その中でも彼女の操る雷撃は強力すぎて自身制御が難しいため、術を行使する触媒として特別に制作された銃を使用している。
ゆきかぜはその銃に雷撃の弾丸を生み出し、強力な雷撃弾を発射する事ができる。
二丁拳銃を得物に、舞うように雷撃弾を放つその姿から電撃の対魔忍の異名を持つ。
勝気で負けず嫌い、プライドの高さがたまにキズで唯一心許せる存在が幼馴染の秋山達郎となかなか恋愛関係に進展できないのが悩み。
とにかく体を動かして遊ぶのが好きで年中日焼けしている美少女。
OHP
OHP
宿屋の女将で、穏和だがしっかりと芯がある女性。
好きな男性のタイプとしては、ブルのような質実剛健を形にしたような人間であり、頼りがいのある人を求めている。
宿の風呂などに必要な薪などを準備している事からブルとの接点があり、その黙々と仕事をする姿などから、一番好ましい男性だと感じている(が、恋愛感情は皆無)また、そういった男性を支えながら、村にある宿屋をつつましく続けていけたら良いと考えていた。
恐怖と状況に困惑しながらも、自分が信じている相手は信じ抜こうという意思もある。
ヒメガミ ヒビキ
スリーサイズ
B
91 (E)
W
60
H
88
OHP
OHP
「プロレスこそが最強である」という亡くなった父の意思を継ぎ、強さに磨きをかけ、その事を証明する為にこの学園での頂点を目指す。
その強さに加え、相手の技を受けきって勝つという信条を持っており、必要以上の道具は使わず、自らもクリーンファイトを好むため、周囲からは“白のカリスマ”と呼ばれている。
クールな印象だが、決して魅せる戦いを忘れないパフォーマーでもある。
自分が戦う事によって誰かを楽しませる事が出来ることに喜びを感じている。
プロレスと父親を馬鹿にされるとブチ切れてしまい、典型的で圧倒的なパワーファイターになる。
カミヤマ ユウリ
身長
163
スリーサイズ
B
92
W
59
H
89
OHP
OHP
国内有数の教育者一族の本家に一人娘として生まれ、幼い頃から人を指導する立場となるべく英才教育を受けて育てられた女性。
若くして人を率いる素養を身につけており、優しい物腰ながらも凛とした静かな威厳を持つ。
生まれもっての才能に加え、本人の勤勉な性格により学習能力が抜群に高く、何をやらせてもすぐに吸収して巧みにこなしてしまう。
その能力を発揮し、数々の優秀な成績を上げて、たちまち一族の期待を一身に背負うようになる。
若年ながら誠秀学園の開校プロジェクトを任され、それを成し遂げて学園長の席に収まった。
人を教え導くことを生業としきた自分の家系を誇りに思っており、自分も尊敬する先人のように立派な教師として役目を果たすことを人生の目標としている。
教育に対して並々ならぬ熱意を燃やしており、他人に喜んでもらえるなら、自分でできることは何でもする性格。
学生のために身を挺することも厭わず、彼らを脅かす存在に対しては学園長として断固立ち向かう。
カミジョウ シオリ
OHP
OHP
いつもニコニコしているが、腹の中では数多の計算を巡らせるタイプ。
男たちに気に入られる、虜にするために仕草や身だしなみにとても気を使っている。
智樹のことだけを考えてこれまで過ごしてきたため、智樹に対してものすごい執着がある。
マナ
別名
マハナプトラアラメニン
身長
155
体重
53
スリーサイズ
B
90 (F)
W
54
H
90
OHP
OHP
七大国家のひとつ、『敏き国メサ』の姫。
代々『女』を武器に各国の有力者を篭絡して来た王家の姫。
他にも姉妹はいるものの、彼女が最も美貌と才能に優れていると見なされ次期女王の最有力候補である。
性格は裏表が激しく、主人公には表向き従順に振舞うものの、場合によっては嘘をついたり猫を被ったりも得意。処女女ではあるが、閨の技術は『嗜み』として教えられて来ているため、性に対する抵抗は薄い。
サカマキ ユキホ
OHP
OHP
主人公とは年齢も近く従妹のような感覚の姪。
おっとりしていて、やさしげだが素でちょっぴりSな発想をするところもある一番上の兄貴の娘。
タカラダ ヒトミ
スリーサイズ
B
88 (E)
W
60
H
86
OHP
OHP
結婚2か月目の新妻。
結婚式のスピーチは部長の山崎が行っており、その時から山崎に目をつけられていた。

会社の大きなプロジェクトのプレゼンに失敗し、失意に落ちる夫。
数日元気のない夫を心配する美人妻だったが、その時すでに山崎の影が忍び寄っていた。
デメララ オレンダイン
スリーサイズ
B
102
W
61
H
92
OHP
OHP
痛い子である主を温かく見守るお母さん的存在の、妖艶で豊満な肉体を持つラミアメイド。
何かと辛辣な文句を言いつつもベルゼブブは彼女の言うことはしぶしぶながら聞いている。
Hには積極的でいつでもOKと誘惑してくる。
主を馬鹿にしてるような発言をするが、悪気があるわけでなく天然である。
マユズミ チナツ
身長
160
スリーサイズ
B
84 (D)
W
56
H
85
OHP
OHP
学生自治会の副会長を務める才媛。

自治会長を信頼しており、影に日向に支えている。
性格も明るく気さくで同級生だけでなく、下級生に対しても社交的。

変に気取ったところがなく、全学生からの人気も高い。

自治会長とは相思相愛だが、お互い奥手で気持ちを伝えていない。
夏休みを控え、近々告白しようと思っており、少々浮ついた気分でいたのだが……。
ベアトリス
OHP
OHP
カイムの父親である前ハドス王が側室との間にもうけた娘で、カイムとは腹違いの姉。
ハドス滅亡時の混乱の中でカイムを逃がした後暴徒たちに襲われ、無残に殺されたとされている。

ハドスたちが大空洞に近い町、エズオーンを訪れたその夜、カイムの寝室にいきなり現れる。
幼い頃の姿しか知らないカイムだが、一目見てベアトリスだと気付く。

華やかで明るい性格だが、人の話を聞かないところ、忘れっぽいところが玉に瑕。
長身で巨乳、リズベルが思わず嫉妬してしまうほどのパーフェクトボディの持ち主。
自由気ままなベアトリスと生真面目なリズベルは正反対で、衝突することも多いがベアトリスの方はリズベルをかわいい妹のような存在だと感じている。

魔法全般の扱いに長けているが、肉弾戦で身体を動かすことを好み扱いづらそうな大鎌を軽々と振るう。

普段は自由気ままに行動しているようで、不在のことも多い。
カイムとの関係やスタイルに嫉妬しているリズベルは、彼女が行方をくらませる都度戻ってきたベアトリスに小言を言う。ベアトリスはそんなリズベルをからかうことも楽しんでいる。
アヤサキ ツバキ
身長
156
スリーサイズ
B
82
W
H
OHP
OHP
『魔児』を生み出す為の『依り代』として菫の手で集められた子供の一人。
何処からか連れてこられた孤児。
集められた子供達の中で唯一不思議な力を持っていた。
子供のころから現在に至るまで、どちらかというと尊大な口調で、あまり周りのことを考えない発言をする。
そのため、千歳以外の周囲の人物からは少し距離を置かれていた。

ある日、屋敷に迷い込んできた秋隆と恋仲となり、秋隆の間に子供ができれば秋隆を独り占めできると考え、書物で読んだ子供が作れるという箱を作り、子供を産み出す儀式を秋隆と行う。
しかし儀式で産まれたのは黒い魔障の子供、魔児(まご)だった。
さらに儀式が失敗したことにより、魔児は暴走。
屋敷を燃やし、村人を死なせるという惨事を引き起こす。
その惨事の際、椿は五感全てを失い、植物人間の状態となる。
村の神主の菫の陰謀により、村では表向きは死んだという事にされ、村の外れの元屋敷にて監禁生活を送ることとなる。

数年後、思念体として復活を遂げた椿は、壊れた箱に念を込め箱を直し、菫によって奪われた力を取り戻し、元に戻る機会を待っていた。
そんなある日、思念体となった椿の元へナタリアに連れられ、秋隆が現れる。
椿は秋隆に箱を託し、魔児の欠片を、奪われた力を秋隆と共に取り戻そうとする。
レオーネ ゴールドバッハ
身長
162
スリーサイズ
B
95 (I)
W
54
H
89
誕生日
11/21
OHP
OHP
欧州の小国からやって来たお姫様。母国では一夫多妻制が許されているので、ハーレムは素晴らしいと強く推奨する。食べることが好き。特に肉料理に対するこだわりと執着は異常なレベル。
クドウ アヤ
年齢
27
身長
161
スリーサイズ
B
91 (F)
W
56
H
80
OHP
OHP
【女子アナ・ジャーナリスト志望・本件を機に捉える・強い正義感を持つ・独善的】

テレビ局に入社して5年目のエリート女子アナ。
正義感が強く、アナウンサーよりもジャーナリストを目指している。
今回起きた人質篭城事件を一つの契機と考え、自ら志願して現場のレポーターになった。
【事件時の様子】
卑劣な犯人を許せず、自ら志願して人質交換に応じたが院内が既にどんな有様であるか、この時は知る由も無かった。
マイシマ ユウリ
別名
エンゼルティアー
身長
157
スリーサイズ
B
86
W
56
H
83
血液型
O
OHP
OHP
私立藤代学園に通う学生。
男子は必ず振り返る程の容姿とスタイルでありながら、清楚で誰に対しても細やかな気遣いもできる優しさの持ち主の為皆から慕われている。
さらに、素で出てしまうかわいらしい仕草が、男子に大人気である。

自宅では、母と弟との3人暮らしで、父は海外医師団に参加し、単身赴任中となっている。
母が医者をしているのを見て、将来は母と同じようにたくさんの人を助けられるお医者さんになりたいと思い勉学に励んでいた。

そんな学生生活を送っている中、ある事件をきっかけに、エンゼルティアーとなって魔族と戦うことになる。
身長
168
体重
57
スリーサイズ
B
107 (J)
W
60
H
98
額にビンディを付けている、南アジア系のヴィラート共和国出身の爆乳留学生。
玲子と同じ大学に通っており、友達同士である。
親日家であり、流暢な日本語を話す。玲子を非常に気に入っている。
美しい褐色肌にぱっちりとした大きな目、濃い化粧、凹凸に富んだ体が人の目を惹きつける。
黙っていれば美人だが、話し出すとどこか日本人の感覚とずれていることが分かる。
聡明な才女でありながら、学内では持ち前の純粋さがちょっと子供っぽく見え、ある意味珍獣扱いされており、浮いた存在。
ただ、玲子は彼女自身の才知を正当に評価し、友人として付き合っている。
甘いものが大好きで、休憩時間に出されるケーキなどに目を輝かせる。
男女問わず人を愛することに全力を出す女性で、大好きな玲子の将来の旦那様として優太のことも一目で気に入り、一緒にHしたり仲を取り持ったりと大忙しで、テンションが高く前のめりなキャラクター。
性に関して非常にオープンで、相手を気に入れば恋愛や婚礼云々よりも子を成すことを強く望む。
マヤ コーデリア
OHP
OHP
本作のヒロイン。
先代、イェルド・コーデリア大公の娘。イェルドにはマヤしか子がなく、成人すればコーデリア大公を継ぐことになる。
アリシア同様、臣下国民に絶大な人気のある姫君。
後見人となったアリシアに守られながら、彼女より帝王学を学んでいる。
天才肌で努力家、アリシアからその将来を嘱望されている。
ややアリシアの溺愛のせいで箱入り娘の感があり、所謂、庶民の常識に欠ける部分がある。
アリシアと何かと比べられる事があるが、アリシアがあまりに優秀すぎるので本人はプレッシャーとは感じていない。
それよりも尊敬するアリシアに一つでも何かを認められたいと何事にも一生懸命努力している。
アリシアほどではないが王者の威風と、知性と若いエネルギーに満ちた美少女。
「大げさですよ。瞼を斬っただけです。ですが次は眼球を切り裂きますよ」
身長
162
スリーサイズ
B
85
W
55
H
87
OHP
OHP
年貢や倹約、そして飢饉で苦しみが耐えない田舎の村に住む、百姓の娘。
ふんどし仙人の啓示を受け、村のために、たったひとりでの一揆を決意する。
明朗活発元気娘。村のために、自分の身を犠牲にする事もいとわない。
口癖は「って、ばっちゃが言ってた」。
武器は農作業で愛用していた鎌。
ふんどしを締める事でふんどし仙人から与えられた”一揆闘仙”の力を発揮する。
それは、ふんどしを締める事で様々な能力が得られる力。
締めるふんどしによって宿る能力が違うため、『もっこふんどし』や『六尺ふんどし』『鳥刺しふんどし』など様々なふんどしを披露する事となる。
なお、他人に一揆闘仙の力を分け与える事もできる。
しかしそのためには、一度彼女が締めたふんどしでなければならない。
アシカガ ヨシアキ
OHP
OHP
足利義輝の妹であり、将軍位を巡っての争いを避けるために、生まれてほどなく僧籍に入れられ、寺に預けられていた少女。
しかし義輝暗殺騒動があり、彼女を将軍にしようと画策した一派により騒動に巻き込まれ、世を儚んでいるところを細川親子と光秀に救われた。
自分の意志を余所に人生を翻弄され、心を閉ざしている。
クリヒラ チヅル
OHP
OHP
皆人の近所に住んでいたヒロイン。
昔は主人公の家の近くにすんでいたが両親の仕事の都合上で引越しすることになる。
その後結婚をし、彼女は昔の街に戻ってきた。
皆人と再会し彼に結婚したことを告げる。
昔も今も皆人の姉的な感じで彼を弟のように愛でている。
お酒に弱く、お酒を飲むと絡み酒になり挙句にはキス魔
最悪はエッチをする酒乱っぷりを発揮する。
なので、基本はお酒を避けている。
夫とは基本は上手くいっているが、夜の営みは1ヶ月以上もない。
明るく面倒みのよいお姉さんで、献身的な一面をようしているが寂しくなると誰かと一緒にいたくなる。
ユーリス エルメル
OHP
OHP
魔法都市の上級貴族(城の周囲にある貴族エリア出身者のこと)。
そのうちのひとつ、『エルメル家』の一人娘。
魔法都市の外には全くと言っていいぐらい出たことがない箱入り娘。
あまりにも世間を知らないので、道中、ミハイたちを困らすこともしばしば。
「魔人の魅女(みこ)」という、国がグリモワールに力を貸してもらった際に、
彼へと捧げる生贄(エッチをする相手)として選定された女性である。
カナマリ カナタ
OHP
OHP
主人公である遠野円の幼馴染みで、同じ神扉学園に通うクラスメイト。
以前は、よく笑いよく泣く女の子らしい性格だったが、数年前に唯一の家族であった母親を事故で亡くし、それ以降は性格が一転、
現在は円の助けもあり多少は回復したものの、円以外のクラスメイトと話す事は希有。
その神秘性のある外観に、クラスメイトの女子には嫉妬の、一部の下級生女子には羨望の視線で向けられているが、本人は気にもとめている様子は、ない。
また言葉を途切れ途切れにする独特な喋り方と、その容姿も相まってクラスでは、浮いている。
魔法文明が発展した世界の中でもオーバー・テクノロジーである
究極の魔導機関「サテュルメ・マグネシア・タイプAzΩTh(アゾート)」を所持し、
魔法少女になる事で、昨今増えてきた違法魔法使いによる
魔法犯罪の魔法を「否定する」ために人知れず戦っている。
とある魔法犯罪者との戦闘に偶然巻き込まれてしまった円を守るためにAzΩThを展開した結果、円の精神がカナタの中に入ってしまう。
身長
148
スリーサイズ
B
70 (B)
W
50
H
71
OHP
OHP
お嬢様学校・私立セント・リリアーヌ女学園の2年生。
(制服がかわいいという理由で入学)
見た目は清楚で可憐、街を歩くと10人中10人が振り返るような美少女。
にもかかわらず……
セックス大好き、スケベなことが大好きなド変態チ○ポ中毒娘で、性欲をため込んだオタクとのセックスが大好き!
自慢のロングツインテールと、リリアーヌ女学園の制服をこれ見よがしに見せつけ、あどけないお嬢様美少女を演じて、オタクを誘惑しては、トイレに連れ込みセックスしまくるとんでもないビッチ娘。
主人公との変態アナルセックスにドハマリして、深みにはまっていく……。

「い~っぱいシコシコしてあげるから、たっくさんドピュドピュしてねっ☆」
ハート オブ ダークネス
OHP
OHP
【悪に堕ちた淫墜の女神】
囚われたディバインハート・マキナを素体に、さらなる肉体改造と再調整によって完成した、ミレニアムの最終兵器。
以前より整っていたスタイルは、豊満すぎるバストへと急成長。
男女の垣根すら越え、腰が抱いたら折れそうな究極のクビレを描く、傾国の美女もかくやとも呼べる黄金比、至高のエロボディを得る。
身にまとった瘴気は対峙した者を狂気に走らせ、甘い吐息だけで異性を発情させる。
戦闘能力も、手の中に異世界を創造可能なレベルに至った。
この世の邪念を具現化したような、ミレニアムの大幹部にして最強の悪のヒロイン。

「さぁ、たっぷり教えてあげる。わたしの味わった絶望と言う名の快楽を……」
ディバインハート マキナ
OHP
OHP
【破壊されし創世の秘宝】
世界の支配を企む秘密結社ミレニアムと、人知れず戦い続ける。
凜とした雰囲気に不屈の情念を宿す、黒髪の美少女。
前作では、父殺しの仇敵といえる御堂を倒し、その後も日本中を回り、いくつかの支部を破壊してきた。
だが、今回はついに後れを取り、敵に捕獲される。
堕落のダークエナジーを変身を司るアークに注がれることに……。

「くっ……ミレニアムの魔の手が、こんなところにまで及んでいるなんて……!」
カサヤ チヅル
身長
162
体重
55
スリーサイズ
B
98 (F)
W
62
H
95
OHP
OHP
事務系の派遣社員として、都心にある会社に通勤するOL。
性格はおっとりとしていて、同年代の女の子たちとは、ワンテンポずれるようなところがある。
半年ほど前に彼氏と別れ、現在はつき合っている男性はいない。
「痴漢なのかアクシデントなのか」判断がつきかねる状態で性感を刺激されたことにより、
女としてしばらく忘れていた官能に火がつき、内心、そのアクシデントを再び期待して、電車に乗るようになる。
ヒメカワ ユキノ
別名
アルカナセイバー・フォルトゥナ
OHP
OHP
純真で優しい女の子。
恥ずかしがりで若干弱気だが、ここぞというところでは引かない強さがある。責任感は強い。
博愛主義者で、誰にでも優しく接する。
争い事が嫌いで、人間誰とでも理解しあって仲良くなれると信じている。
自分よりも誰かのために頑張るお節介な善人だが、
調和を尊ぶため自分を殺している傾向にあり、
色々と背負い込んでしまう性分でもある。
リュウテイ ユキ
大財閥龍帝グループ社長の一人娘、幼児体型がコンプレックス。
母は幼い頃に他界、父親に育てられるが父親はいつも仕事で留守がちで寂しい幼少期を過ごす。
特異な環境のせいか、かなり不安定な性格。
だが学力は飛びぬけている上に武術にも精通している。
その性格からいつも一人で孤独な日々を送っていた由貴。
そこへネコ型の宇宙人がやってきて自分を変身ヒロインにしてやると言う。
子供の頃から心に抱いていたドス黒い破壊衝動が湧き上がるのを感じる由貴。
ネコ型の宇宙人の説明も聞かずに変身ペンダントを奪って変身してしまうのだが……。
マツシタ シホ
OHP
OHP
義幸の彼女であり幼なじみ。
義幸の妹である桃花とも仲が良い。
教職は幼い頃からの夢で、着々とそのための進路を歩んできたしっかり者。
教育実習は夢の実現のための重要な期間でもあり、本人も緊張しているので、本音を言えば義幸に支えてほしいと思っている。
貞操観念が強く義幸以外の男を知らないが、義幸とのセックスは可もなく不可もなく……が、正直なところ。
しかしお互いがそれぞれしか知らないこともあって、それ以上の広がりには繋がっていない。
バルボラ帝国の少尉。
ことあるごとに 「私は美少女」 と自称する強化人間。
少々ナルシストな感じだが、戦いでは念動力を使う手ごわい策略家。
フジワラ アサミ
OHP
OHP
大輔たちのクラスの担任にして演劇部の幽霊顧問。
およそ教師とは思えないようなセクシーな風貌で、男子生徒たちを惑わせる有り難い(迷惑?)存在。
由佳の従姉、松沢奈々とは旧知の仲で、由佳のことも幼い頃から知っている。
ユニ ケルケル
OHP
OHP
第四軍に所属する女の子。
IOS適正者のためすべての兵器を操縦することができる。
得意な兵器はないが、苦手なものもない。
すべてにおいて平均的な能力を持つ。
無口で感情の起伏が少ないため、何を考えているのか分かりづらい。
食いしん坊で、主人公の作る料理を食べるのが唯一の幸せ。
サシハラ マリコ
OHP
OHP
康の妻で、派遣で某企業で働いている。
普段はスーツの下に隠れているが、モデル顔負けのスタイルの持ち主。
少し天然が入っていて、周囲の人をほんわかした気持ちにさせてくれる。
男性経験は康のみ。愛あるエッチに満足していた。筈だった。
ノミ ソノコ
年齢
20
身長
161
スリーサイズ
B
93 (G)
W
57
H
85
OHP
OHP
清楚可憐、大和撫子なお嬢様。巨乳。
良家の令嬢だが、幼い頃から厳しくしつけられたため、地位を鼻にかけず、品行法正、非の打ち所がない女性。
誰に対しても分け隔てなくふるまい、いつもニコニコと微笑を絶やさない。
……が、あまりに素直すぎる性格のため、思った事をそのまま口にする悪癖があり、特に他人の気にしている欠点をズバリ指摘してしまう(彼女自身に全く悪気はない)。
このため他人からは敬遠され、距離を置かれ気味。
ストーカー被害に遭っていると相談に訪れる素乃子。
しかし彼女の依頼は、ストーカーを捕まえることではなく、『恋人のフリをして諦めさせて欲しい』というものだった。
奇妙な擬似デートに臨む主人公と素乃子だが、事態は意外な方向に……
ハリマ イツナ
血液型
不明
OHP
OHP
物語の舞台となるW県綾篠に、リゾートホテルを建設しようとしている不動産業者、須藤権守の婚約者。
この土地(綾篠)の出身との事だが、それ以上詳しいことは分からない。
大変な博識と美貌の持ち主でありながら、細やかな気づかいができ、でしゃばることはなく男を立てることができる、笑顔の素敵な愛らしい少女で、男だったら誰もが心惹かれてしまうようなタイプ。
ただ、この年齢であれば当然知っているであろうと思われる文化や風俗など、当世の世情にもの凄く疎く、なぜかカタカナ語をほとんど使用しない。
また、初対面ではほぼ全ての女性と、稀にごく一部の男性は壱奈に「もの凄く嫌な印象」を持つが、どうしてそういう嫌な印象を持ったかの理由が当人たちにも説明できないので、たいていの場合は超美人で清楚な壱奈に対してのひがみ・やっかみといった理由で、そういった印象を持った当人たちですら済ませてしまう。
モリムラ ユカ
身長
169
スリーサイズ
B
83
W
59
H
89
OHP
OHP
日和のクラスメートの三年生。
元陸上部のエース。
今は引退して時折後輩部員を指導している。
性格は明朗で姐御肌。女子の後輩には優しいが、男子に対してはきつい言葉を容赦なく浴びせる。
鍛え上げたむっちり太ももの持ち主。
実はすでに千尋の調教を受けていて、裏では牝犬としてすっかり堕ちきっている。
キザキ ヒョウカ
斜に構えている三女。学園2年生。
母親や姉たちには似ず、胸は小さい。
家事はほとんど出来ないが、『切る』『焼く』『チン』程度なら可能。
性格は真面目だが、きつい口調や口より先に手が出る態度が目立ち、「勝手にしたら?」と投げ出す事も多いので、真面目だと評価される事は少ない。
いい加減な性格の瀬苗とは馬が合わず、たびたび衝突する。
父親である主人公など歯牙にもかけないような態度を取り続けているが……?
たぶん処女。
フェアリー
スリーサイズ
B
75
W
54
H
78
OHP
OHP
魔力を取り入れて生きている、花の化身の少女。
並外れて魔力が多い心のことが気に入り、時折飛んでくるようになる。
魔法を食べるという性質から、騒動を鎮静化するときに活躍することもある。
その小ささからつぶされたり、気付かれなかったりするがめげない強い子。
トガシ マユミ
年齢
31
身長
158
体重
62
スリーサイズ
B
95 (H)
W
64
H
91
誕生日
1/16
血液型
A
OHP
OHP
生後3ヶ月の赤ん坊を育てている巨母乳奥さん。
気さくでおしゃべりで、人なつっこくポジティブな性格。
夫とはゴブサタ状態で、やや欲求不満気味。
主人公とは昔からの付き合いで、姉弟のような関係。
主人公のエロエロな本性には気づいていない。
その油断を利用し、主人公は彼女との浮気エッチを計画する。
トリニティ
血液型
不明
OHP
OHP
ワンダーランドの巨大猫。
次元転移によって力を使い果たし普通のデブ猫程度の大きさになってしまう。
地球に来てからも、多少の魔法は使用可能で、人と話もできる。
アメミヤ ホノカ
OHP
OHP
学生思いの善良な女教師。船編での唯一の大人の生き残り。
レイプから教え子を守る為に犠牲になる。
船編ではテロリストにクスリを打たれ、しかも教え子にレイプされ、船編では茫然自失状態。
島編でも教師らしい行動は出来ず『悪玉グループ』の欲望のはけ口にされる。
アネカワ ナツコ
身長
165
体重
46
スリーサイズ
B
89
W
60
H
90
誕生日
3/4
血液型
A
OHP
OHP
タケオカプロモーションのプロデューサー兼鳳央女子学園の講師。担当は、花井瑞姫。
元女優という輝かしい経歴をもっている。
性格はいたって冷静沈着だが、時折熱くなることも。
ヒラプロの教室に移籍してしまった、紅月詩音の才能を高く評価している。
マドカ
巫女の家系に生まれたが、次女であることから不測の事態が起こらない限り巫女として後を継ぐことは無い。
母や姉のことは大好きだが、巫女であった母と今の巫女である姉の二人に対して密かに疎外感というかコンプレックスを抱いており、そこをミヅキにつけこまれ、憑依される。
明るく元気な少女だが、母や姉の庇護下にいたせいか良く言えば純真、悪く言えば単純で騙されやすい。
好奇心は旺盛で、じっとしていることや退屈が苦手。
フタナリ化した後はミヅキに身体を乗っ取られて母親を、負の心を増幅されて歪んだ愛憎を抱いて姉を、それぞれ欲望のままに二人のアナルを凌辱する。
ミズバショウ ツボミ
OHP
OHP
見た目は、いい所のお嬢様という雰囲気。
実は、祐天寺命の従妹。
基本的に、おとなしい性格。
サクラモト ユウ
OHP
OHP
横暴な俺の姉。
気ままで勝手な性格だが悪意はなく、基準がすこし俺より豪快に出来てるらしい…。
サクライ ナツキ
別名
ヴァルキュア・ムーン
OHP
OHP
人気急上昇中の姉妹アイドルデュオ・W(ダブリュー)の一人。
歌も踊りも完璧で妹よりも人気がある。
プロフィールが一切不明というミステリアスな部分も受けているようだ。
実は光の国の第一王女。ヴァルキュア・ムーンに変身する。
年齢より大人びており、おしとやか。
優しさと強さを兼ね備えるお姉さん。
主人公を伝説の勇者と信じ、一途に慕ってくる。
OHP
OHP
国見神社に昔から祀られている子作りの女神様。
エキセントリックな性格をしていて、その言動には奉仕する立場の国見神社の人々すら呆れさせる。
自分のことをあたし様(「おれ様」の女性バージョンだと思われる)と呼ぶ。
ヴィシュヌたちと同じく子作りの使命を帯びているが、人間を強引に巻き込むことをよしとせず様子見していた。
そこへ他の女神たちがやってきたので排除を企むことに。
しかしその強引なやり方がみなの反感をくらい、神社にあった狛犬の像に無理矢理憑依させられてしまう。
モチヅキ クミ
OHP
OHP
帰宅中の駅前で買い物をしていた二人組の学生のひとり。
清楚で温厚。
いつも一歩後ろを歩いてしまう。
常に、もう少し強くなりたいと思っている。
プリメルヒメ
年齢
18
身長
159
スリーサイズ
B
85 (C)
W
54
H
83
OHP
OHP
高貴(高潔)がドレスを纏っているかの如き、金髪碧眼の美少女。
姫としての矜恃や罪悪感や理性などは、ある理由のために若干欠落しており、自身もそれに戸惑うこともある。
境遇を知り、現状は承服しがたいが主人公に従うことが最良と判断し、諾々と淫事に耽っていく。
モリタ カオン
サブヒロイン。狂言回し。
古風なナース服を着た看護婦(従軍看護婦)だが、どちらかというと尾崎の助手といった趣がある。
常に寡黙で、発言するときは断定的な口調になるが、尾崎の命令には従順。
華音も尾崎の「作品」のひとつであり、「零」の人間時の臓器は華音に移植されている。
他にもいくつかの実験が施されており、ときおりそれが体調不良や精神の平衡を欠いたりする形で表面化する。
尾崎を崇拝し、零の美しさや尾崎からの扱われ方に嫉妬し、狂気を深めてゆく。
ナス ミノリ
身長
161
スリーサイズ
B
89
W
64
H
87
菱の幼馴染で、『江戸川菱』と『木野まどか』の家を挟んで反対側の隣に住んでいる眼鏡少女。
いつも菱のことを口うるさく注意しているため、菱には小姑のようだと言われている。
幼い頃から両親は共働きで、まとめてまどかに面倒を見て貰っていたため、まどかはお姉さんのように考えている。
菱に対してほのかな恋心を抱いているが、
長いつきあいとなった菱との関係を崩してしまうのではないかという恐れから、未だに言えずに居る内気な一面もある。
突然現れた『門真このみ』が、主人公に対してかいがいしくしているのを快く思えないため、苛立って菱とも本意ではないケンカしてしまうことも……

「ちょっと、どういうつもりよ? あんな娘と暮らすなんて!」
キリシマ ユウキ
スリーサイズ
B
H
W
H
OHP
OHP
水泳部所属。Hカップ。
ボーイッシュな外見通りの強気な性格。
貧乏な二級市民の家の出。
スポーツエリートとしてのカリキュラムを受けるには一級市民になる必要があったために、北都中央学園に入学した。
部活で鍛えているだけあって健康的な、そして過敏なほどに敏感なボディをもつ、学園でもトップクラスの巨乳少女。
ナゾノドウケシ
【癒しの道化師】
客船のエンターテイメント部に所属する道化師。
ピエロの格好をして船内の各所に出没し、様々な芸を見せてお客の倦んだ心を癒すのを生業としている。
普段は濃いメイクを施している為その素顔はうかがい知れない……。
シラミネ アスカ
身長
163
体重
43
スリーサイズ
B
82 (B)
W
56
H
82
誕生日
3/15
血液型
AB
OHP
OHP
一見冷たい印象を人に与える少女。
ジュニア時代から芸能事務所に所属して子役タレントとして仕事をしてきたため、芸歴はかなり長く、「プリモ・アモーレ」の3人の中で、いちばん現場経験が豊富でプロ根性が据わっている。
「私は、この世界でずっと生きてきたの。
やっと手にしたチャンスなんだもの、必ず成功させるわ…」
タカノ コトコ
OHP
OHP
奏英学園1年生で主人公と、雄太とは家がご近所同士で幼馴染。
気が強く、感情的になりやすいが、本当は優しい女の子。
また純真でちょっとした下ネタにも過剰に反応してしまうウブな面もある。
自身の幼児体系を気にしており、そのことを茶化す雄太とは、いつも喧嘩ばかりしている。
以前ピアノ教室に通っていたことがあるが、受験前に止めてしまっている。
フジマ ユリエ
身長
162
体重
54
スリーサイズ
B
91
W
57
H
88
OHP
OHP
学園の国語教師で、主人公が副担任をしているクラスの担任でもある。
普段はとてものんびりした感じの優しい教師。
滅多な事がな限り学生を叱ることがない。
そのため、学生からの人気は高い。
だが、普段ニコニコとしている分、その裏では何を考え、何を腹の中で思っているのかが、読めない教師でもある。
「可哀想だとは思うけれど、校則を破ったのはあなたなの。ごめんなさいね」
サナダ チヒロ
年齢
32
瑞穂の妹。独身。
都内の一流企業に勤めるOL。
女だてらに課長を務める。
性格的にはキツ目で男勝り。毅然としている。
姉の瑞穂に似て美人だが、男勝りな性格と、生来の男嫌いが災いし、男性経験ゼロ。
但し、反して性交への願望も強く、一人のときはしょっちゅう自慰に耽っている。
この歳で処女であるということが、彼女のコンプレックスとなり、かなり変態的なオナニストへの道を突き進んでしまっている。
柔和で誰にも好かれ、且つ早々に結婚して幸せを掴んだ姉に対し、憧れと同時に彼女のコンプレックスをより増幅させている。
アキゾラ ミカ
年齢
21
身長
162
体重
47
スリーサイズ
B
94 (G)
W
60
H
87
誕生日
6/4
血液型
AB
OHP
OHP
クールで人を寄せ付けない雰囲気を持つ女性。
女子大に通うかたわら、メイド喫茶でバイトをしている。
現在、仕送りメインの一人暮らし。
その為、バイト代はほぼ趣味(アニメやゲーム)に当てている。
お世辞を言われるのは好きではない。
甘い食べ物はあまり得意ではない。
エッチなことに興味はあるようだが……?
「仕事中ですので、お誘いは受けかねます」
ミズキ ミサオ
OHP
OHP
【憂いを背負う当主の妻】
本家・水城家当主である清彦の妻。
七瀬の母であり、七海達の亡母・美沙都の姉。主人公の妹。
娘の七瀬と違って表に立って出ることはなく、あくまで裏方として陰から水城家を支え守っている。
どこか陰のある眼差しが、島の男達から絶大な支持を集めている。
誰に対しても優しく接するため、老若男女を問わず島民からの信望は厚い。
「どうか、貴女の家だと思って楽にしてちょうだいね」
チルサト ケマリ
OHP
OHP
19歳の予備校生。チラシ配りの少女。
可愛らしく、純情で処女。
自分の内気な性格を直す為に、チラシ配りのバイトを試みた。
しかし、思うような改善が見られない。
主人公はある日、蹴鞠についキスをしてしまう。
蹴鞠は驚くが、自分の性格を直せるかもしれないと、主人公との性行為を求めてくるが……。
マニワ イブキ
OHP
OHP
薊学園三年生。
進学校には珍しい不良。そのため、教師からは煙たがられている。
口数は少なく、いつも一人でいる。
クールな不良のお姉さんと言うことで、下級生女子から憧れの目で見られることも。
心療クラブという組織のリーダー的存在。
ハナミザワ ノエル
身長
150
体重
40
スリーサイズ
B
100 (H)
W
58
H
88
真琴、茜のクラスメイト。
控えめな性格でいつも茜の後ろにくっついている。
基本的にはドジっ娘でよくアワアワしている。
ただし、ここぞという時に気が大きくなるのが、なかなか大胆な行動や発言をすることも。
密かに真琴のことを想っているが、基本的に臆病な為気持ちを伝えないようにしている。
巨乳のため、周囲(特に男子)からあからさまな視線を受けることが多く、そういう面も作用して目立たないようにしている様子。
身長が低いため、余計にその巨乳が目立ってしまっている。
ナガサワ ナナミ
身長
163
スリーサイズ
B
88
W
61
H
79
姫の3人目の従者で、体力の必要な仕事を任される。
格闘技もたしなみ、咲姫のボディガードの役割も果たす。
普段はシニカルな性格で、世の中を斜めから見たようなタイプ。
咲姫をからかって遊ぶのがシュミ。特にボディラインのことでよくからかおうとする。
ただし、キレると、その細い身体のどこにそんな力があるのかと思うほどの力を出し、何でもパワーで解決しようとする。

「面倒なことは苦手なんだ、悪いけど力ずくで行かせてもらうよ♪」
イチノセ エリコ
OHP
OHP
私立天恵学園二年生。
風紀委員を務める、正義感と行動力に富んだ快活な少女。
頭はよいが、感情の赴くままに行動することがある。
控えめで気の弱い転校生の悠美を気遣ううちに打ちとけ、親友と呼べる仲になる。
シバザキ キョウカ
身長
160
スリーサイズ
B
85
W
56
H
84
主人公の母親・未来の友達で、町内の名士である柴崎家に嫁いだ若妻。
柔らかな微笑みをたたえる、大人しく清楚な美人。
今の夫とは見合い結婚だが、夫婦仲は円満。
学生時代はから奥手で、初体験も夫との初夜だった。
夫が性的に淡白なため、程なくして子のないままにセック○レスになってしまい、子供を期待する親族から責められることになる。その責任の一端でもある夫が親族の責めから庇ってくれないことに不満を感じ、ストレスになっている。
サエキ マドカ
身長
150
スリーサイズ
B
90
W
55
H
75
私立森野学園に通う一年生。
主人公のペットである教師・遠藤麻衣子が顧問を務める水泳部に所属。
中学時代に県大会クラスの記録を出しており、水泳部の期待の星として注目されたが、現在は思うようにタイムが縮まらず、伸び悩んでいる。
周囲の期待に応えられないことに思い悩み、顧問の麻衣子を通して知り合った主人公に相談するが……。
また男性恐怖症で、レズの性癖を隠し持っている。処女。
サエキ カオリ
身長
156
スリーサイズ
B
87 (D)
W
57
H
83
都内の某学園に通う二年生。
成績優秀で、明朗快活な女の子。
やや行き過ぎた正義感の持ち主で、過去、援助交際目当ての中年男性に声をかけられ、不快な思いをしたことから、同じ学園の運動部の男子と結託し、美人局(つつもたせ)的な「援交オヤジ狩り」を行っている。但し、あくまでもダメな大人を懲らしめるためであり、金銭を奪ったりはしていない。
性に対して潔癖で、未だ処女。また最近、自分の身体が女性らしく、ふくよかになってきたことに、やや戸惑いを感じているようだ。
シモツキ ナツコ
身長
167
スリーサイズ
B
95
W
56
H
90
OHP
OHP
常にテンションが高い、国語の先生。
HRですら盛り上がり、一人で話を進めてしまうのが玉にキズ。
エッチの時は、職員室など自分のフィールドに持ち込む。
サワタリ カリン
身長
164
スリーサイズ
B
90
W
52
H
80
OHP
OHP
男勝りで単細胞、軍隊気質なミリタリーマニア。
黙っていれば可愛い系で通用しそうなのだが……。
体育会系、というか軍隊系のノリで、エッチなシゴきが得意。
サナミ ミナ
身長
170
スリーサイズ
B
98
W
57
H
88
OHP
OHP
柏陽学園で数学を担当する教師。
生真面目で融通の利かず、生徒たちにも厳しく接しているが、それは、あくまでも生徒たちを思えばこそ。
それが伝わっているのか、厳しいわりには生徒たちから人気、信頼を得ている。
一方で、エッチな話には過剰反応するため、処女ではないかとの噂も。
「問題ありません。それも教師の務めですから」
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

検索