ヴェラード

ヴェラード
ヴェラード
CV
上別府仁資
前作『11eyes-罪と罰と贖いの少女-』にて登場したドラスベニア王国の王。
オスマントルコ帝国の勢力圏と接するドラスベニア王国の王・ヴェラードは、未来を見る魔眼『劫(アイオン)の眼』を持ち、常勝無敗を誇る 『金眼の魔王』 と恐れられていた。
だが、その苛烈な戦いぶりとは相反して、ヴェラードの心の中には世界の全てが死の静寂に沈むことを望む、圧倒的な怠惰が巣食っていた。
そんな魔王も、かつて共に戦った十字軍の長・ヤーノシュの裏切りによって、ついに最期を迎えようとしていた。
その時ヴェラードの胸中にあったのは、人類鏖殺を夢想した狂信者の願いでもなく、国土を護り続けた王の無念でもなく、その生涯で唯一人愛した女への想いだった。
魔王の死。その時、奇跡が起こる――。
死を覚悟した次の瞬間、ヴェラードの目の前には、1209年の南フランス(オクシタニア)が広がっていた。
ヴェラードはやがて気づく。自分が愛した女が神と世界を憎悪する原因となった、十字軍による殺戮の時が刻一刻と迫っていることに……。
「我は死(ハラール)なり。陰府(よみ)を飼い、疫病を供する者……お前たちの、死なり!」

ゲームごとの情報

役割
メイン
OHP
OHP
前作『11eyes-罪と罰と贖いの少女-』にて登場したドラスベニア王国の王。
オスマントルコ帝国の勢力圏と接するドラスベニア王国の王・ヴェラードは、未来を見る魔眼『劫(アイオン)の眼』を持ち、常勝無敗を誇る 『金眼の魔王』 と恐れられていた。
だが、その苛烈な戦いぶりとは相反して、ヴェラードの心の中には世界の全てが死の静寂に沈むことを望む、圧倒的な怠惰が巣食っていた。
そんな魔王も、かつて共に戦った十字軍の長・ヤーノシュの裏切りによって、ついに最期を迎えようとしていた。
その時ヴェラードの胸中にあったのは、人類鏖殺を夢想した狂信者の願いでもなく、国土を護り続けた王の無念でもなく、その生涯で唯一人愛した女への想いだった。
魔王の死。その時、奇跡が起こる――。
死を覚悟した次の瞬間、ヴェラードの目の前には、1209年の南フランス(オクシタニア)が広がっていた。
ヴェラードはやがて気づく。自分が愛した女が神と世界を憎悪する原因となった、十字軍による殺戮の時が刻一刻と迫っていることに……。
「我は死(ハラール)なり。陰府(よみ)を飼い、疫病を供する者……お前たちの、死なり!」
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、Gyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

検索