おもちそふと

amazon
中央値60
標準偏差10
データ数14
総データ数32
総ユーザー数16
期間2017-10-27 ~ 2017-10-27

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
1 amazon あるいは恋という名の魔法 2017-10-27 60 10 14

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~890
70~794
60~695
50~594
40~491
30~390
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

50あるいは恋という名の魔法 (おもちそふと)
Hシーンに拘ってるなぁ感はあったけどそれだけ
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
72あるいは恋という名の魔法 (おもちそふと)
そこはかとないアリエス臭に気を惹かれて新規購入。ということは…絵買いというよりブランド買いになるのかな?w想定外に良かった。エロが。 → 長文感想(948)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h / 面白くなってきた時間 : 1h
75あるいは恋という名の魔法 (おもちそふと)
「御上品であるが故にとってもエロい萌えゲ」というのが、僕の適当な感想なのであるが、「御上品」は人によって解釈の幅があるとは思うので「表現やヒロインの性格や物語の幅がノーマイライズされた」と言えばわかりやすいだろうか。萌えゲそのものが、ノーマライズされた表現を用いるジャンルだが、この作品はそれ以上に小学生の絵本のように振れ幅が小さい静かな世界で、それが故のユーモラスな台詞があったりと多少の工夫もあるが、基本的には退屈気味な萌えゲと言う評価は妥当ではあるだろう。だが、この作品は紳士と盲愛モードというシステムを導入しており、これが実に素晴らしくエロいというか「絵本の世界の王子さまになり切ったようなエッチと、純粋な王女様に性的に尽くされまくるようなエッチ」という絶妙な夢心地を表現している。細かい設定とか世界観よりもプリキュアみたいな子供教育ファンタジーでエッチしたいという人にはお勧めできる逸品だ。 → 長文感想(35765)(ネタバレ注意)
55あるいは恋という名の魔法 (おもちそふと)
全ルートは同じっぽいシナリオが気がしますけど...
総プレイ時間 : 8h
55あるいは恋という名の魔法 (おもちそふと)
プロット・シナリオが各ヒロイン一緒で、各ヒロイン独自の要素が殆ど存在しない点が痛すぎる。 ハーレム生活が「魔王の卵」の撃退を目的としている以上エンディングの差別化が出来ていない点は見逃すことにしても、個別ルートのイベントすら同じ内容とはいただけない。 一応Hシーンにはそれなりに力が入っているが・・・。 あとは個人的にみえるが攻略できない点が残念。 CG45枚、Hシーンは盲愛モード・紳士モードそれぞれ22枠。

検索

各種情報変更