インカローズ

amazon
中央値60
標準偏差13
データ数39
総データ数66
総ユーザー数27
期間2017-05-26 ~ 2018-07-27

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~891
70~798
60~6914
50~595
40~499
30~392
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

60童貞へるぷ! ~初カノの為に風俗で特訓~ (インカローズ)
インカローズ最終作品をクリア。契約の関係で無理やりやっつけ仕事で作り上げたかのような一作。例によって作品設定は面白いのに、立ち絵とCGが別人、演出が無いに等しい、シナリオの終わらせ方が唐突、背景が他作品の使いまわし、システムまわりがひどい、など、良かったのはジャケ絵と声優くらいだった。これが最終作品とは、単純に驚く。 → 長文感想(326)(ネタバレ注意)
70人妻ざかりの性指導 (インカローズ)
いつもの系列作品。本作は定時制学園に通う主人公と人妻たちという特異な世界観であり、人妻を寝取るほうのNTR作品だった。この系列の人妻作品は、結局旦那を越えられない主人公の無念さ無力さの表現が良い。しかし演出が弱いのが残念であり、あと一歩だった。立ち絵とCGが違うのもいつものことであり、当たりはずれが大きいのもいつものことだった。 → 長文感想(926)(ネタバレ注意)
74欲棒lock ~僕の彼女は射精管理人~ (インカローズ)
本来は自分の守備範囲外の「射精管理」という主人公総受けのジャンルながら、成り行きでプレイ。ヤバいHシーン多数ながら、エロ度は高かった。立ち絵とCGが違うのはいつものことながら、本作に限ってはCGが立ち絵の3倍は良かった。 → 長文感想(911)(ネタバレ注意)
68筆下ろしママ ~溢れる白濁&ミルク~ (インカローズ)
いつもの系列作品らしい雰囲気の一作。ママ好き(超年上好き)を公言する主人公がママたちから好かれる背景がちゃんと描写されており、主人公のキャラが立っているので最後までプレイ出来た。同じシナリオライターによる同ブランド作品「童貞喰い ~人妻の飽くなき淫欲~」と作品構成の類似があるが、本作も同様に楽しめた。それにしても、CGと立ち絵が違いすぎるだろう・・・? → 長文感想(1907)(ネタバレ注意)
68あねいもままの射精管理 ~ついでに子供がデキちゃっても良いよね~ (インカローズ)
いつもの系列作品らしい雰囲気の一作。主人公が医者に「精液が出すぎる病気である」と診断された結果、義姉・義妹・義母が自主的に射精管理を引き受けるくだりから最後の妊娠までのストーリーが意外に一貫しているところが印象的だった。同じシナリオライターによる同時期発売の「寝取られ女子」と作品構成の類似はあるが、本作のほうが展開が明るい。 → 長文感想(1252)(ネタバレ注意)
38童貞へるぷ! ~初カノの為に風俗で特訓~ (インカローズ)
まぁいつものインカローズですね。キャラデザ可愛くシーンの構図があんまり変わらない。
70お姉さんテクニック ~性教育と初体験~ (インカローズ)
立ち絵とCGが違いすぎて笑ったが、エロシーンはなかなか良かった。チープな内容のミドルプライス作品ながら、男子が一定の年齢になると自治体から「脱童貞請負人」の案内が来る、という設定が実にうまい。お相手が人妻・女教師・先輩。 → 長文感想(1782)(ネタバレ注意)
70童貞喰い ~人妻の飽くなき淫欲~ (インカローズ)
全体的にチープで短いながら、まとまった時間の取れない今の俺には実にマッチした作品だった。学園生である主人公のキャラが立っているからか最後まで物語が破綻することがないという、何とも不思議な味わいがあった。Hシーンでは左手の指輪が見えるなど、NTRと言うよりも不倫ゲーとしての演出が良かった。 → 長文感想(780)(ネタバレ注意)(2)
75欲棒lock ~僕の彼女は射精管理人~ (インカローズ)
ミドルプライスの抜きゲーだから仕方がないかもしれないが → 長文感想(183)
79欲棒lock ~僕の彼女は射精管理人~ (インカローズ)
人を選ぶ感じだと思うけどほぼ全部受けシチュで俺の性癖にははまっていた。つぼみとひなのが良い感じ。最初は普通の彼女だったのが徐々にSぽくなるのは○
総プレイ時間 : 2h
55筆下ろしママ ~溢れる白濁&ミルク~ (インカローズ)
紅音√最後のお腹を撫でるシーンで笑わない奴いないでしょ。
50筆下ろしママ ~溢れる白濁&ミルク~ (インカローズ)
主人公が暗い、BGMが暗い、話が全体的に暗い

検索

各種情報変更