hamusutagame

中央値90
標準偏差14
データ数42
総データ数54
総ユーザー数38
期間2009-10-08 ~ 2014-12-22

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
2 ざくざくアクターズ(非18禁) 2014-12-22 90 13 34 100
1 らんだむダンジョン(非18禁) 2009-10-08 80 16 8

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~9927
80~898
70~791
60~692
50~593
40~491
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

97らんだむダンジョン(非18禁) (hamusutagame(同人))
ダンジョンに潜って、戦って、お宝を見つけて、強くなる。その単純で当たり前なルーチンを普段以上に楽しめたのは、お宝が本当にお宝だったから。RPGと文字だけのテキスト、一件相性の悪そうな要素で素晴らしいシナジーを生み出した作品でした。字を読むのが好きな方でないと楽しさ半減かも。 → 長文感想(3716)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 140h
95ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
フリーゲーRPGの最高峰の評価は伊達じゃない → 長文感想(370)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 100h
93ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
レトロゲーマーが渇望した「名作RPGのいいとこ取りをしたゲーム」をツクールで本当に実現させちゃった傑作ですね。特に90年代、ハードだと16bit機~64bit機時代のプレイヤーなら、その完成度に製作者を拝み倒したくなること間違いなし。ただ本当に「昔のRPG」が好きな人向けに作られていて、「話を進めたいのに戦闘が邪魔!」「(力押しで進めて)戦闘が辛い...」「稼ぎがダルい」など、いわゆるJRPGの根幹システムが苦手な方は回避必須。戦ってなんぼのゲームです。(前半はネタバレなし。後半はバレありの所感) → 長文感想(17236)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 200h
95ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
おかえり「ざくざくアクターズ」、ありがとう「ざくざくアクターズ」。水着イベント編、大ボリュームの素晴らしい出来でした。 「あぁ、今ざくあくやってるな」って感じが凄いして、本編をプレイした頃の感動や熱気がまた味わえるってだけで満足です。例えるならOVAとか劇場版みたいなノリ。あんなに輝いていたキャラ達が舞台を変えて再び冒険を始める!みたいな。 人生であと何度、号泣しながらファイアを打ったり出来るんでしょうか。グラフィックや序盤の展開の弱さからとっつきにくい作品ではあるのですが、キャラ・シナリオ・戦略的戦闘と非常に高いレベルで纏まっているツクールRPGの一つの完成形と言っても良いレベルの作品です。 この機会に未プレイの方も100時間を超える王国の大冒険の世界へ是非。
総プレイ時間 : 100h
55らんだむダンジョン(非18禁) (hamusutagame(同人))
ただゲーなので批判するのは心苦しいが、作業感が半端なく、戦闘の多さに辟易した。確かに、フリーゲームにしては質は高くちゃんとしたRPGになってはいるし、ストーリーもそこそこ面白くそれなりに楽しめる。が、後半あたりになると半分惰性で進めるようになり、なんか、同じことを延々繰り返しているような作業感が辛い。このゲームの「質」は物量によって成り立っており、その物量を楽しむ事ができるかどうかで評価は分かれるだろう。アイテムをコレクションするのが好きな人は結構楽しめるかもしれないって気がする。ただ、自分の場合は戦闘の数の多さにげんなりしてしまった。いや、それなりに楽しめはするんだけどね。
総プレイ時間 : 106h
85らんだむダンジョン(非18禁) (hamusutagame(同人))
フリーで長く遊べるRPG。非18禁。 → 長文感想(277)
総プレイ時間 : 130h
50ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
(GiveUp) 雑魚戦がダルすぎる。シナリオ目当てにやるゲームじゃなかった、そもそもテキスト少ないし。 → 長文感想(164)(ネタバレ注意)(2)
65ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
最初の2時間は微妙。 大味の作り(マップとキャラの同人感)に戸惑う。 でも、巨大樹をクリアした辺り(2時間目ぐらい)から面白くなる。 → 長文感想(548)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
95ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
仲間が増えていく作品って、レギュラー面子が固定になり出番がないキャラってのがいたりします。けれど、この作品では40弱の仲間がいて、それでいて捨てキャラがいないってのが凄い。全てのキャラを使ったのって多分初めてですね。多種多様なPT編成を楽しめて大変満足。それにキャラクターたちが異様に魅力的。ほのぼのしたり、にやにやしたり、時には熱かったりとホント最高。ずっとこの世界に浸っていたいと思わせてくれました。特に好きなのはこたつドラゴン。闘技場では思わず燃えちゃったじゃん。これがフリーとか、マジサービス精神旺盛すぎでしょ。最後にルフレがCV:佐々留美子の声でずっと脳内変換されていた。
総プレイ時間 : 100h
90ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
最高のお人好しとその仲間たちの物語。キャラ、ストーリー、ゲーム性すべてにおいてハイレベルな傑作。
総プレイ時間 : 50h
90ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
フリーのRPGとしては最高クラスといえる。 → 長文感想(273)
総プレイ時間 : 110h
90ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
人は一人じゃ立ち上がることすらままならない。
95ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
(あれ?なぜこのサイトに登録されているのだろう?まあ、いいや。)笑いあり、燃えあり、萌えあり、涙あり、キャラ良し、雰囲気良し、ゲームバランス良し(やや大味な所あり)、吸引力のあるストーリー展開(ご都合主義な所はある)、と色々揃っている傑作フリーRPG。2014年の年末に完成した後、その時の年末年始はずっとプレイしてたなぁ。
95ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
フリーゲーム。ダッシュで帰りズババッとメシフロを済ませ、ギリギリまで睡眠時間を削り夢中になって遊ぶ…そういうのは本当に久々だった。楽しくて、楽しすぎるが故に、ゲームクリアが近づく雰囲気を感じ取るにつれどんどんと寂しさが増していく。90時間を超えるプレイタイムをもってしてもまだ足りないと、もっとこの王国に浸っていたいと思ってしまう。一年…いや数年に一本出ればいいレベルの完成度を持つ傑作だと個人的に思えた。そこまで致命的なネタバレはしてないと思うけど一応(追記)大規模アップデートにより得点を限界まで上方修正した。 → 長文感想(14008)(ネタバレ注意)(2)
94ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
気軽な気持ちでプレイし始めたつもりが、いつのまにか70時間ものめり込んでいた。 RPGでありながら育成シミュレーションの要素も強く、多要素であるが完成され尽くしている。 いわゆる「ゆるい」雰囲気の作品なのだが、「究極」と形容したいぐらいには緻密なゲーム設計がなされている。 なによりキャラクターが……キャラクターが良いんだ、これがまた……!!! → 長文感想(2034)
総プレイ時間 : 140h

ログイン






検索

各種情報変更