スタジオ・おま~じゅ

dlsite
中央値80
標準偏差11
データ数243
総データ数349
総ユーザー数73

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
8 dlsite ハルカの国 ~大正星霜編~(非18禁) 2020-11-06 89 10 21 7
7 dlsite ハルカの国 ~明治決別編~(非18禁) 2019-08-21 85 8 20 4
6 dlsite ハルカの国 ~明治越冬編~(非18禁) 2018-12-15 81 10 24 4
5 むこうがわの礼節 ~知ることの礼節~(非18禁) 2017-12-23 70 7 18 1
4 dlsite 雪子の国(非18禁) 2017-08-11 88 10 44 10
3 むこうがわの礼節(非18禁) 2016-07-14 65 7 22 1
2 キリンの国(非18禁) 2014-09-10 81 8 47 5
1 みすずの国(非18禁) 2014-02-18 70 7 47 2

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1002
90~9943
80~8980
70~7971
60~6939
50~598
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

99ハルカの国 ~大正星霜編~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
ユキカゼの物語の締めとして最高でした。
74みすずの国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
天狗の国という独創的で素晴らしい世界観に一気に惹き込まれた。
70みすずの国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
世界観が非常に良かったです。
86ハルカの国 ~大正星霜編~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
星霜を経ることがこんなに苦しいとは。あれから40年、妹分をもち少し貫禄が出たユキカゼ。 本編ではそんな彼女の苦悩が描かれる。擦り切れていくユキカゼが不憫でならない。 高い感受性と化けの長寿を同居させるのは酷だということ。 人の心は化けに宿るには弱すぎる。心に響く数々の泣き場を支えてくれたうどんに感謝したい。 → 長文感想(667)(ネタバレ注意)
85ハルカの国 ~明治決別編~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
ド迫力の猪討伐編。スピード感、緊迫感が堪らない。後半の義理人情も胸を打つ。 → 長文感想(529)(ネタバレ注意)
80みすずの国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
世界や文化が違えど、生き方は変わらず。 → 長文感想(1020)(ネタバレ注意)
64むこうがわの礼節 ~知ることの礼節~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
前作同様「むこうがわ」のルールがテーマ。題材は面白いのだが、もう2,3ケース見たかったなと。
83雪子の国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
様々なストーリーを包含している。過去2作とも深く結びついて、いくつも山場がある。作者の熱量が窺える超大作だった。美少女雪子ちゃん可愛い。ゲロから始まる恋があってもいいじゃないか。 → 長文感想(1076)(ネタバレ注意)
83ハルカの国 ~明治越冬編~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
厳しい冬を越え、心というものの本質に触れる。心を知ったからこそ別れがつらく悲しい。 → 長文感想(382)(ネタバレ注意)
78キリンの国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
キリンと圭介の友情、二人の関係性がとてもいい。ほちこの方言も良い味を出していて、可愛さ健気さが割増しで見える。 → 長文感想(329)(ネタバレ注意)
77みすずの国(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
朗らかでもあり気概も持ち合わせる美鈴の人間性がすごく好き。 → 長文感想(257)(ネタバレ注意)
95ハルカの国 ~明治越冬編~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
この作品のリリースが2018年の暮れ。私がプレイしたのが2020年の5月でした。国シリーズのファンであるにも関わらず1年半もリリースに気づかなかったこと、痛恨の極み…。クラウドファンディング参加したかった。序章にあたる物語ながら、国シリーズの最高傑作だと思います。まさか前作・雪子の国を超えてくるとは思わなかった。シリーズを重ねるごとに尻上がりに面白くなる。同人ノベルゲームが好きな人は一度やってみて欲しい。お話はシンプルに”越冬”です。
総プレイ時間 : 5h
70むこうがわの礼節(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
PLAY時間は30分。フリーウェア。民俗学の視点をもとにホラーテイストを入れながら解説していく話。話としては成立しており、まとまっている。箸休め、という感じ。
75むこうがわの礼節(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
ノベルゲーとしては珍しい視点で民俗学を語っているが、それがまた面白い。
78むこうがわの礼節 ~知ることの礼節~(非18禁) (スタジオ・おま~じゅ(同人))
実際にフィールドワークに出たかのように景色やそこにある思いが伝わってきたし短いながらも心に残る文章が多くて十分楽しめた。

検索

各種情報変更