BaseSon Light

amazon
中央値75
標準偏差13
データ数185
総データ数270
総ユーザー数163
期間2014-12-12 ~ 2019-01-25

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
3 amazon きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ 2019-01-25 80 9 55 7
2 amazon きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月 2015-01-23 76 15 89 5
1 dmm 少女猟奇譚 獣の告白 2014-12-12 72 10 41 4

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1001
90~9925
80~8946
70~7979
60~6924
50~597
40~490
30~391
20~290
10~191
0~91

最近のデータ入力状況

コメント

85きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
序盤きららアニメ、中終盤エロゲという印象。序盤が見ていて心地よい感じなので作品に入っていきやすく遊びやすい。終盤はハートフルな感じで、読後感も中々良い。
75きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
100円購入だし多くは望むまい。が、シナリオの重複が多く既読スキップが活躍したこと、エロシーンがあまり趣味でなかったぐらいの印象。
72きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
エッチシーンをもうちょっと濃くして欲しかったかな。文×倫のペアが好きでした。
76きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
夏目陽菜。ちびっこ、元気娘、ショートカット、太眉・・・どストライクです。にゃがにゃがにゃーにゃー♪好きなカプは、陽菜×文。
85きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
百合好きなら間違いなく買い。 100円はお買い得ってレベルじゃない。 → 長文感想(2212)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
75きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
優しくて綺麗なお話。長くもないし休日にサクッとやるのにいいかも。
81きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
優しく暖かな4組の百合っぷる。文ちゃんは天使。聖夜子ちゃんも天使。好き。愛しい。尊い。しゅき。
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
80きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
最近眠い作品ばっかやってたせいか掛け合いが笑えたり察し良かったり誤解するシーンとかも上手くて自然で凄く良く感じる → 長文感想(236)
76きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
あの三人組の作り出す空気の温かさは勿論、もう一人の恋の物語なんかもステップの踏み方が丁寧で、見入ってしまうこともしばしば。本作では恋の甘さだけでなく、苦さまで描かれていたのが個人的に好みだった。 → 長文感想(1148)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
78きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月 (BaseSon Light)
あの三人を見ているだけで自然と幸福に浸ってしまう。なんでお前だけ降りることができるんだ、ずるいよ…。 → 長文感想(1274)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
77少女猟奇譚 獣の告白 (BaseSon Light)
手軽にできておもしろい → 長文感想(82)
総プレイ時間 : 6h
78きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
仲良し3人組の日常会話が疲れた心を癒してくれます。少し不思議で心温まるとても綺麗な物語でした。
90きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
元々優しさと温かさに満ちていた作品だったけど、そこに新しい視点と影による展開、そして前作以上の観る側の想いが加わって、より一層素敵な作品に。
総プレイ時間 : 7h
80きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
3人のヒロインが主軸となる『きみはね』で作品の雰囲気を作り、その続編となる『きみから』で前作の話を回収しながら展開をしていく過程は非常に良かった。 心地良くいつまでも浸っていたかったと思わせる作品だった。
90きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月 (BaseSon Light)
正当百合ゲー。3人(+1)のヒロインキャラ良し。雰囲気良し。音楽良し。言うことなし。ミドルプライス故の「物足りなさ」という点はあまり気にならず、むしろサッパリ風にしたからこそ、この作品の良さが際立ったと思えます。 → 長文感想(206)

検索

各種情報変更