羊おじさん倶楽部

dmm
中央値72
標準偏差11
データ数143
総データ数175
総ユーザー数89

発売前ゲーム一覧

イメージゲーム名発売日お気に入りユーザーの動向
dmm 魔女魔少魔法魔(非18禁) 2030-01-01

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
6 dmm ムートン・ノワール(非18禁) 2019-05-02 70 7 14 1
5 dmm 彼女は時のねじを逆向きに回した(非18禁) 2018-06-05 60 15 7
4 dmm 音無き世界その代わり(非18禁) 2016-08-14 74 11 15 6
3 dmm さよなら、うつつ。 ~金で買える程度のハッピーデッドエンド追加版~ 2016-01-31 75 10 14 8
2 dmm 等間隔の黒い透明 2015-06-09 60 11 21 2
1 dmm さよなら、うつつ。 2014-08-17 75 11 72 5

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1003
90~994
80~8927
70~7961
60~6937
50~598
40~492
30~391
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

76さよなら、うつつ。 ~金で買える程度のハッピーデッドエンド追加版~ (羊おじさん倶楽部(同人))
フリー版までの範囲は、大いに楽しめました。主人公の渦巻く狂気描写や終盤で明かされる衝撃的展開ばかりで、面白かったです。どことなく、瀬戸口ゲーのような文章の味もあってスラスラ読める爽快様もあり。しかし、ハッピーデッドエンドが想像以上にインパクトがあった。製作者の熱き想いが受け止められるでしょう...(そこがイマイチすぎて、なくても良いんじゃねとも思った)。気になる方はぜひともプレイしてみるといいかもしれませんよ(ニッコリ
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 2h
75さよなら、うつつ。 ~金で買える程度のハッピーデッドエンド追加版~ (羊おじさん倶楽部(同人))
前作部分も再プレイ。500円で買える盛大すぎる後語り。メタ要素がキツ過ぎるので合う合わないはっきり分かれそう。僕は意外と好きでした
総プレイ時間 : 7h
64ムートン・ノワール(非18禁) (羊おじさん倶楽部(同人))
当たり前の生活の中に潜む確かな恐ろしさを、読了後にふと思い出した。読み手を揺さぶってくるメッセージ性の強い作品。
総プレイ時間 : 1h
83ムートン・ノワール(非18禁) (羊おじさん倶楽部(同人))
そのほうが面白いだろ?
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
74ムートン・ノワール(非18禁) (羊おじさん倶楽部(同人))
PLAY時間は、1時間弱。フリーウェア。たぶん、この話って本来は全力で否定しないとならないんだろうなあ。 → 長文感想(1674)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h
65さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
弱い人間ほど漬け込まれやすい
総プレイ時間 : 4h
78さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
書き出しからどうも残念な印象を受けたが、麻薬に狂った描写は期待以上。破綻した幼なじみとの関係や退屈なフェブラの日常が終盤から良い具合になる。羊おじさんはつなぎ要員。
総プレイ時間 : 7h
74音無き世界その代わり(非18禁) (羊おじさん倶楽部(同人))
『世界からすべての悲しみが消えますように』言葉に祈った少女と男が言葉に殺されるまでを描いた鬱系ミステリーADV。 「言葉は魔法だ、人の手に余る」というキャッチコピーをそのまま表現するテーマ重視の内容となっており、相変わらず高い文章力も相まって読み応えがあった。 ただやはり「言葉の魔法」というファンタジー設定が少し浮いているようにも感じられた。短編作品で説得的に設定を入れるのは難しいとは思うが、 作品テーマに直接関わる重要な設定だけにもう少し自然にねじ込めればより没入して物語に浸れたのかなと思う。短編としては楽しめたが物足りなさも感じる一作だった。
70さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
ドラッグ系電波鬱ノベル → 長文感想(240)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 2h
78さよなら、うつつ。 ~金で買える程度のハッピーデッドエンド追加版~ (羊おじさん倶楽部(同人))
吐くほどつまらない明日に期待なんて持てない人向けの幸福全否定型ADV。本作は「愛」や「幸福」といった価値など虚構でしかないとシニカルな見方から全否定する。エロゲ的な理想的ハッピーエンドを見ても満たされなくなってしまった方向けに、全否定の果てにある一抹の救いを与えてくれるかもしれない一作だった。上手く感想が書けないが、テンプレ的エロゲ展開に対し「そんな幸せは現実にねぇよ」とか言いたくなってしまう人には感じ入るものがあると思うので、是非プレイをお勧めする。
80さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
正義や理想、倫理といった社会的に「正しい」であろう見方を『麻薬』に見立て、何が正解で何が間違いなのか読者に再考を促す思索型ノベルゲーム。 「正しさ」という薬物に飲み込まれ安易に夢を見てはいないか、君のいる『そこ』は夢か?うつつか?と本作は読者に問い掛ける。 基本的には所謂「電波ゲー」の作りなので好き嫌いが分かれやすい内容だしグラフィックに難を感じる方も多いとは思うが、この文章力と演出から来る狂気じみた迫力は一見の価値ありだと感じた。 この作品を読み終えた読者は薬物中毒者である主人公が求めた常識的に考えて「間違った」幸福を、単純に誤りと断ずることは出来ないのではないだろうか。
60音無き世界その代わり(非18禁) (羊おじさん倶楽部(同人))
緩いミステリー要素のある鬱ノベルゲームという触れ込みだが、過度の期待は禁物。結局のところ、『言葉』という『魔法』の存在が作品全体の現実味(というか説得力)を下げている気がしてならなかった
総プレイ時間 : 6h
61さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
今まで見た文章の中で一番気持ち悪いものだった(褒め言葉) → 長文感想(296)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
60さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
麻薬に溺れた主人公と、その周りが暴れただけの鬱ゲー → 長文感想(332)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 2h
77さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
あまり分からないけど、楽しいからいいや
60等間隔の黒い透明 (羊おじさん倶楽部(同人))
悪い夢でも見てたんだよきっと
総プレイ時間 : 1h
75さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
狂気染みた演出にとても引き込まれた
総プレイ時間 : 3h
95さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
ニトロプラスの「僕と彼女と彼女の恋。」や、フリゲの「Merry X'mas you, for your closed world, and you...」にハマった人ならこれもハマるかもしれません。その2作に比べると「メタ」の比重は少なく、「狂気」の比重のほうが大きいです。 → 長文感想(1954)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
72さよなら、うつつ。 (羊おじさん倶楽部(同人))
想像どおり鬱ゲーだった。主人公の混乱がいい。

レビューサイト一覧

  1. --点 さよなら、うつつ。 : 二次元に恋してる! (__)

検索

各種情報変更