Ands

amazon
中央値77
標準偏差7
データ数7
総データ数9
総ユーザー数7
期間2013-10-25 ~ 2013-10-25

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
1 amazon Si-Nis-Kanto 2013-10-25 77 7 7

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~893
70~794
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

87Si-Nis-Kanto (Ands)
共通ルートは割とダラダラ気味だが、個別のカルロルートとユーゴルートが秀逸だった。シナリオライターの人のウイットに富んだ会話劇が洒落ていて、ストーリーも練られているので、最後までスリルを味わえた。 某漫画家さんの描くキャラ達もみんなセンスがあって良かった。個人的な意見は長文感想で。 → 長文感想(221)
面白くなってきた時間 : 5h
82Si-Nis-Kanto (Ands)
黒蓮会とZENCAの描写や人間模様が特に素晴らしい作品でした。良くも悪くもこの二つの組の魅力的過ぎた気がします。 → 長文感想(283)(ネタバレ注意)
77Si-Nis-Kanto (Ands)
ホモることが当たり前の世界なので、男同士という背徳感はゼロ。主人公は完全に雌扱い。ただし主人公総愛され系総受けというキーワードに縛られると勿体無いレベルで、主人公を差し置いて成り立っている男共の関係が非常に綿密なので、そこを期待しても充分に楽しめる作品。また、これは本作自体に罪は全くないのだけれど、近年のホモゲーヒット作はマフィアを題材にしたシリアス要素を取り入れている作品があまりにも多すぎるので、雰囲気や世界観、シナリオのテンション含め正直食傷気味。各ブランドさんには、他のテーマにも積極的に手を伸ばして貰いたい所。 → 長文感想(1006)(ネタバレ注意)

検索

各種情報変更