Infinity∞

Infinity∞(解散)
amazon
中央値50
標準偏差19
データ数26
総データ数34
総ユーザー数29
期間1999-04-02 ~ 2002-05-24

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
5 amazon 襲学旅行 ~夢の中~ 2002-05-24 60 10 11
4 amazon 白の物語 1999-12-17 37 21 12 2
3 amazon %% ~封印の乙女~ 1999-10-22 50 16 5
2 amazon 兇館 ~永遠の命を求め~ 1999-07-23 29 1 2 4
1 amazon NIGHT FACE ~背徳の貴公子~ 1999-04-02 65 7 2

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~891
70~793
60~698
50~599
40~492
30~393
20~294
10~192
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

30兇館 ~永遠の命を求め~ (Infinity∞)
一応館ものの体裁を取った調教系タイトルだが、本編では何の説明もなしに女の子とHを繰り返すだけで、外伝という名前の真相編で館のメイドとライバル?が会話する形で設定を1から10まで解き明かすという形は些か歪過ぎやしないだろうか。館の主人はHする女の子を指名するだけで”主人公”としての風格がないし、外伝では食い殺されるしヒロイン以上に散々な目に遭っているような気がする。真相編では、主人が死んだ後もメイドが永遠と生き続け、それにまつわる不幸な出来事などが語られるが、特段中身のある話でもない。
75白の物語 (Infinity∞)
残り一週間の命である少女と捕食者側の主人公の交流を描いた作品。いわゆる死生観を題材とした内容だが、地に足をつけた小ぢんまりとした物語の中で2人の関係性の些細な変化を追うことができる地味ながら丁寧な造りだ。ハッピーエンドとノーマルエンド、バッドエンドをパターンを変えて幾つか用意した点もポイント。フロントウイングのアズラエルとか好きな人は受け入れやすいと思う。 → 長文感想(2032)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
28兇館 ~永遠の命を求め~ (Infinity∞)
設定倒れで中身が薄い館調教ゲー。目を引くタイトルだがそれだけ。永遠の命を手に入れるまでがピークで真相はショボい。
総プレイ時間 : 4h
50襲学旅行 ~夢の中~ (Infinity∞)
全体的に作り込みが甘い。修学旅行という題材に執心できるならそこそこ楽しめる。
20白の物語 (Infinity∞)
よい勉強になりました。衝動買いで思わず引き当てたこの核地雷とこの今は亡きメーカーの事は忘れません。 → 長文感想(264)
30白の物語 (Infinity∞)
一言で切り捨てられる。つまらない。かなり前にプレイした作品で、わざわざ点数をつけるまでもない出来なのだけれど、評価出来る数も少ないし忘れられぬ汚点ということで。パッケージ衝動買いでした。それだけはもうしないでおこうと学ばせてくれた悪い意味で記念すべき一作。
30白の物語 (Infinity∞)
やるだけ無駄。クソゲー。いったい何がやりたかったんだろう・・・
74襲学旅行 ~夢の中~ (Infinity∞)
ヒロインの可愛さと修学旅行ネタという2点で、個人的には萌え萌えです。ただせっかくの素材をうまく調理しきっていません。ゲーム性・Hテキストの拡充を図り、是非ともリベンジしてもらいたいものです。 → 長文感想(154)
50白の物語 (Infinity∞)
子供向けアニメを見てるという感じ。絵が気に入れば趣味で買うのもアリだが得られるものは果たして…いや悪いソフトではないんだけど。

レビューサイト一覧

  1. --点 兇館 ~永遠の命を求め~ : 魔王の子供達NX (__)
  1. --点 襲学旅行 ~夢の中~ : エロゲー倉庫 (__)
  1. --点 %% ~封印の乙女~ : 暇人のゲーム館 (__)

検索

各種情報変更