little cheese

amazon
中央値69
標準偏差15
データ数26
総データ数40
総ユーザー数26
期間2010-12-04 ~ 2012-08-04

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
2 amazon トリック・オア・アリス 2012-08-04 60 16 10
1 amazon 黒と金の開かない鍵。 2010-12-04 71 13 16

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~991
80~896
70~795
60~696
50~595
40~492
30~391
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

80黒と金の開かない鍵。 (little cheese)
郁人ゲー。郁人ルートだけなら90点。
50トリック・オア・アリス (little cheese)
「不思議の国のアリス」を題材にした18禁乙女ゲーム。エンド数が多い上に攻略制限もあるのでスキップを活用しながら何周もプレイする必要があり、後半は作業と化してしまった。 → 長文感想(2213)(ネタバレ注意)
63黒と金の開かない鍵。 (little cheese)
郁人√のみの評価。典型的な共通でダレるゲームという印象。 → 長文感想(294)(ネタバレ注意)
40トリック・オア・アリス (little cheese)
シナリオではなくゲーム構成に大きな欠陥がある故に大変な徒労感を抱く「キャラ萌えゲー」 → 長文感想(4160)(ネタバレ注意)
69黒と金の開かない鍵。 (little cheese)
グラフィックは綺麗。シナリオは、共通部分が多いのでコンプリートは根気がいる感じでしたね。 → 長文感想(382)(ネタバレ注意)
72黒と金の開かない鍵。 (little cheese)
面白かったです。引きこもりだった主人公が髪を切ったことから学園へ通いだし、恋愛をする話で、ストーリーそのものは平凡です。しかし、キャラ性や会話のやりとりの面白さで楽しめるものとなっています。一応とはいえ、ライトノベル出しているライターさんなだけはあります。1周は短いのですが、何周も繰り返ししないとコンプできません。修正パッチをサイトから落としてください。 → 長文感想(3292)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 50h

検索

各種情報変更