ABHAR Tronc

ABHAR Tronc(解散)
amazon
中央値60
標準偏差13
データ数25
総データ数45
総ユーザー数27
期間2009-12-29 ~ 2009-12-29

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
1 amazon 鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 2009-12-29 60 13 25

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~890
70~794
60~699
50~594
40~496
30~391
20~291
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

70鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 (ABHAR Tronc)
虚街奇譚の復活を喜んだものの、後が続かなかったのが非常に残念。吉田誠治氏を原画に起用したゲームがもっとあったらなぁ。点数は原画と背景と塗りに対するものです。
60鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 (ABHAR Tronc)
第一章と言うよりも序章でしょう。まだ始まってもいねぇよ → 長文感想(43)
総プレイ時間 : 4h
45鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 (ABHAR Tronc)
しょんぼり過ぎるシナリオ。捨て値でもスルー推奨。 → 長文感想(392)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
45鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 (ABHAR Tronc)
舞台設定やグラフィックは優秀なのに、それ以外の要素が絡むことでどうしてこうも残念な出来になるんだこの作品は……。ボリュームなし、展開早い、エロ要らないとダメな部分はたくさんある作品ですが、一番の問題点は続編を想定して作られている作品なのに続きを読みたいとは思わない、これに尽きると思います。 → 長文感想(1460)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
48鴎城異聞 第一聞「彼が死ななければいけなかった理由」 (ABHAR Tronc)
閉鎖された都市で、少年少女の出会いと事件を描いた話…のはず、多分。閉鎖ものと伝奇要素を期待して購入したのですが、短い上に分割されたせいで内容にも悪い影響ああたえています。音楽や絵、シナリオ原案は面白そうだけに、売り方のせいでわりをくらっています。初回特典だとカードがついています。 → 長文感想(1464)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h

検索

各種情報変更