LANGuex

中央値75
標準偏差12
データ数197
総データ数239
総ユーザー数200

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
3 忘れものと落とし物(非18禁) 2005-12-25 75 11 187 3
2 DEBAG GAME 1-2-3 1999-07-02 55 15 6
1 チュートリアルゲーム(非18禁) 1999-05-21 66 11 6

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1002
90~9910
80~8956
70~7980
60~6931
50~5912
40~495
30~393
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

85忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
少しだけ先を読ませることと、絶対に読めないどんでん返しで文章と音だけのゲームに引き込まれます。
77忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
『ダライアス外伝』に始まり、『ダライアス外伝』に終わる → 長文感想(3901)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
70忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
雰囲気は悪くない。 → 長文感想(160)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
49忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
書淫のライターにより、もう一つの仕掛け → 長文感想(60)
総プレイ時間 : 3h
80忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
みんなこのゲームやろう(提案) → 長文感想(331)
総プレイ時間 : 2h
30忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
”シナリオ”はよく練られていて、伏線回収も非常に秀逸なのだが、キャラが舞台装置として最低限必要な人格しか持っておらず魅力がなくて、そのせいかシナリオも心に響かなかった。
50DEBAG GAME 1-2-3 (LANGuex(同人))
意味不明…
総プレイ時間 : 1h
77忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
今までやったことがないような不思議な雰囲気の漂った作品だった
80忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
フリー。日記を読み進めていく形式。終盤に見せ場があります
83忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
雰囲気がいいwww とても短いけど心に残る物語です
80忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
テキストが独特でやっていくうちにハマってくる。キャラ絵なしの完全なサウンドノベルゲーム。 → 長文感想(70)(ネタバレ注意)
70忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
日記を紐解く物語 → 長文感想(1125)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
80忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
トリックについてはご都合主義な所があったが、それを差し引いても素晴らしいと思う。演出も凝っているが、その演出でテキスト表示が遅い時があるのが難点。話の先が気になるためクリックしすぎて文章を飛ばしてしまうことがあったが、バックログがないため文章を確認できず少しイライラ。また話の締め方については綺麗ではなかったせいか自分はやや不満であった。
66忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
無料の同人として考えれば、十分過ぎる内容。しかし、テキスト表示の演出が遅すぎてテンポが損なわれる場面がしばしばあり、減点対象としました。シナリオの展開が悪くないだけに、非常にもったいない!
75忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
点数にさほど深い意味はなく、満足したものには75点以上をいつもつけているのでこの点数になりました。実質無料のため絵がない、声がないなどはマイナス要素としては考慮していません。ただそういう部分も逆手にとって謎を作り伏線を張っているのは計算通りなのでしょう。ヒロイン絵を見せるために文章が常に3行しかない作品とは違い、丹念に「読み進める」ことに意味がある短編
75チュートリアルゲーム(非18禁) (LANGuex(同人))
一部の選択肢が文字を入力しなきゃいけないところがあって積みそうになりました。しっかり読まないと積みます(バックログがないので・・・。
66忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
 日記とノベルパートを交互に読み進めていく形式が印象的なサウンドノベル。物語の表面的な面白さよりも、叙述トリックを用いた構成がとても魅力的でした。読者に答えを予想させておいてその上を行く結末には、途中で喚声をあげたくなります。ただし、UI(user interface)やストーリーおよび演出上の都合から文章が読みにくい部分もあり、楽しみが半減してしまったことが非常に勿体なかったと思います。加えて、唐突な性表現も意味があるとはいえ少し苦手でした。 → 長文感想(1148)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h

検索

各種情報変更