ysm0624さんのPOV新着コメント

ysm0624

DL版購入がほとんどの旧作ゲーマー。
新作を買うことは稀で、DL販売サイトの半額セールにはよく飛びつきます。
エロ云々よりもノベルゲーというメディアが好きでエロゲーをやっているので、18禁であろうとなかろうと面白そうな作品は何だってプレイします。
基本的に抜きゲーはやりませんが、ノベルゲーとして面白そうであれば、ハードな凌辱モノも普通にやります。
好みとしては、話が薄っぺらい作品は嫌いですが、テキストを読み込んで深く考察することが求められる作品よりも、単純なエンターテインメントとして読んでいて楽しい作品の方を気に入る傾向があるようです。
話さえ面白ければ、些細な設定上の齟齬だとか、時代背景に合うかどうかだとか、細かいところはあまり気にしません。

評価基準として明確な点数配分がある訳ではありませんが、主に次の3つを考えて点を付けています。

①プレイ中、どれだけ真剣にテキストを読んだか(クリック連打等で読み飛ばしたシーンがどれだけあったか)。
②プレイ期間中、あるいはクリア後しばらくの間、どの程度その作品のことが頭を占めていたか(熱中度)。
③客観的に見て、どのように評価されるべき作品だと思うか。

③を基準に①②を加味して点数を考えていますが、旧作ゲーマーなので高評価作品を選んでプレイすることが多く、全体的な点は高めになっています。
感想は真面目に長文を書こうとしたものから、適当に流したものまでいろいろです。敬体で書くか常体で書くかも気分次第で変わります。
感想のテンションと点数が必ずしも一致していませんが、それは①~③のバランスによるものです。
例えば、感想は褒めている部分がほとんどなのに、点数はあまり高くない作品は、①②が高くて③が低いという感じですかね。
同人などボリュームが少ない作品も、②があまり高くならないので点数は抑えめになります。

作品のタイプやボリュームによって変わってきますが一応の点数と評価の目安
90点以上…特別に熱中してプレイした作品。基本的にシナリオや心理描写等何かしら感銘を受けた作品にしか付けません。
80点台…欠点よりも評価できる点の方が大きく、欠点が気にならないほど楽しめた作品。
70点台…欠点はそれなりに気になるものの、その作品なりに楽しめた作品。
60点台…欠点がかなり気になった作品。ただしシナリオ単体で評価できる最低限度は超えている。
50点台…もはやシナリオ単体で評価できる作品ではない。不可。
49点以下…抜きゲー以外にこの点数を付けることはまずないと思いますが、点数はかなり適当なので価値はほとんどないです。

POV新着コメント

A MUSICUS! (OVERDRIVE)
曲数は多いが、個人的には定時制高校の学生らしさが存分に出ている「ミライ」、花井是清の残した魂を感じる「Calling -Another Ver-」が好み。
B 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
フルプライスとしてはボリュームは少なめかと
B シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite)
推理パートで考えていた時間もあるが、結構長かったイメージ。
A シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite)
真相から目をそらしてあっという間に終わってしまう。
A 見上げてごらん、夜空の星を (PULLTOP)
急速に変わりつつある田舎町
A 見上げてごらん、夜空の星を (PULLTOP)
星空の美しさは素晴らしい。
A きっと、澄みわたる朝色よりも、 (propeller)
鈍感王だがかなりの好人物
A 夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue- PC版(非18禁) (AUGUST)
温かい雰囲気に癒される。
A 夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue- PC版(非18禁) (AUGUST)
全ルートクリア後の物語は必見。さらに言えばおまけも。
A 夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue- PC版(非18禁) (AUGUST)
月と地球の設定はしっかりしている印象。
B 夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue- PC版(非18禁) (AUGUST)
自分が理不尽だと感じたことに大しては、突発的にキレてしまう。
A 結婚主義国家(非18禁) (ウォーターフェニックス)
よく練られていました。
A 結婚主義国家(非18禁) (ウォーターフェニックス)
とある不器用な人間の、成長物語。
A 結婚主義国家(非18禁) (ウォーターフェニックス)
各短編だけでもそれなりに面白いが、この作品の真価が分かるのはラスト。
A 結婚主義国家(非18禁) (ウォーターフェニックス)
最後までやれば、伏線は完全回収されます。
A アステリズム -Astraythem- (Chuablesoft)
「━━私の答えは、あの日からもう決まってるんだから」「正直に言おう。俺の答えは、あの日からもう決まってる。……名月と出会ったその日から。」
A fault -milestone one-(非18禁) (ALICE IN DISSONANCE(同人))
セルフィーネとリトナ
A アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
桂馬、その他ではドナルド(スコシタイガー)
A アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
ハルの成長物語。ただし完結していない。
A アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
オリジナル曲ではないけど、ダニーボーイは胸に来る
A アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
ハルの決め台詞「フンッ! フンッフンッフンッ!」
A 暁の護衛 ~罪深き終末論~ (しゃんぐりら)
全ルートにおいて、こんな適当に終わってしまって良いのか、と唖然とさせられる雑さ。
A 暁の護衛 ~罪深き終末論~ (しゃんぐりら)
微妙な評判は最初から知ってたというのに、共通ルートは面白くて期待してしまったんだ…
A WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
「WHITE ALBUM2」の主人公は春希じゃないと成り立たない。スペック高すぎるし、ここまで恋愛に妥協しないで生きていける人生に憧れもする。選択した行動はクズと言われても仕方ないものも多々あるが、駄目主人公とは決して言いたくない。
A WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
雪菜の声は、まさしく天使。
A Vermilion -Bind of Blood- (light)
アイザックはメインヒロイン
A マジカルアイズ -Red is for anguish-(非18禁) (POMERA Studios(Pomeranian Swingers)(同人))
脇役はいない!と言わんばかりの作品になりそうな予感
A マジカルアイズ -Red is for anguish-(非18禁) (POMERA Studios(Pomeranian Swingers)(同人))
癖のあるキャラばかり。だがそれが良い。
B マジカルアイズ -Red is for anguish-(非18禁) (POMERA Studios(Pomeranian Swingers)(同人))
某キャラはなかなかの良い男だったね
A コンチェルトノート (あっぷりけ)
星華先輩は割と好み。
A コンチェルトノート (あっぷりけ)
物語の経過時間、話の規模に対してテキスト量が多すぎる印象
B コンチェルトノート (あっぷりけ)
ボリュームは決して少なくなく、クライマックスの演出も劇的である。それにも関わらず、単純に面白くないのがプレイ意欲を削ぐ。
A サナララR (ねこねこソフト)
むしろHシーンやめてくれええええ、と思ってしまうほど
A サナララR (ねこねこソフト)
あらゆる面での作りの甘さが残念
A サナララR (ねこねこソフト)
幕間ストーリーでの伏線はしっかり回収されます
A 時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
最終作らしい盛り上がりを感じる曲
A 時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
全三作の主題歌のメロディが散りばめられた『Ley-Line』
A 時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
2時間程度のボリュームはあるAnother Story
A 時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
これ程綺麗に伏線を回収する作品はなかなかない
A 時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線- (UNiSONSHIFT:Blossom)
エロゲである以上、一定数のHシーンを入れなければならないという要請のために作ったと思われる個別ルート
B 時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線- (UNiSONSHIFT:Blossom)
本筋のシナリオは今作だけでもそれなりに面白い
B グリムガーデンの少女 -witch in gleamgarden- (COSMIC CUTE)
『Last Dance』や『HERO』は印象的