ujoさんのPOV新着コメント

ujo

基本的に好きな(ひいき目に見てる)ソフトのレビューをしていますので、そのため点数が甘くなりがちです。ちなみに主人公がかっこいいと思ったらそれだけでかなり気に入ります(笑)。あと、レビューではよかったところよりも不満点を記入することが多いです。

POV新着コメント

A Tears to Tiara (Leaf)
ラストのご都合主義に台無しな気分になった
B 3days -満ちてゆく刻の彼方で- (Lass)
それなりにグロいです
B 操心術 ~P.S.@4~ (Studio Insane)
操られた女の視点で、操られたことによる認識のズレが面白い
B BLUE (キャラメルBOX)
「思いを乗せた言葉に宿る『魔法』の力の物語――」との話ですが、アクセントは『魔法』ではなく『言葉に』つきます
A 巣作りドラゴン (ソフトハウスキャラ)
おまけムービーが最高!
A ジュエルスオーシャン (Escu:de)
初戦闘までで既に3時間くらいかかっていた。
A ジュエルスオーシャン (Escu:de)
クリアした戦闘がスキップ可能になります。ただし、クリアしたかどうかのカウントは差分を当ててからになるので1週目のうちに当てておくのが吉
B ジュエルスオーシャン (Escu:de)
まあ、次の選択肢まで一気に飛ばせますので問題無いですが
A Fate/stay night (TYPE-MOON)
月姫よりもむしろ空の境界のほうが。
C SHUFFLE! (Navel)
「期待は絶望を2乗する」というか……要は期待をしすぎました。
B SHUFFLE! (Navel)
外国というか、世界が違います(笑)
A レベルジャスティス (ソフトハウスキャラ)
思わず笑ってしまいました
B レベルジャスティス (ソフトハウスキャラ)
始めの何週かは楽しめるけど……
C NAKED BLUE ~Canvas Wallpaper Collection~ (F&C)
とはいっても、二週で終わりますが
C すめらぎの巫女たち特別版 (D.O.(ディーオー))
いくら蛇だからって「にょろ~」はどうかと……
A すめらぎの巫女たち特別版 (D.O.(ディーオー))
しかもスキップが遅いです
C すめらぎの巫女たち特別版 (D.O.(ディーオー))
封魔五人組みにエンドが無いんだもんなぁ
A すめらぎの巫女たち特別版 (D.O.(ディーオー))
本編はともかく覚醒編の主人公は強すぎです
A はじめてのおるすばん (ZERO)
エロだけ。しかも話の持っていき方が強引。
A お姉ちゃんの3乗(きゅーぶ) (Marron)
下ネタばかりですが
B サラサ☆ラディカル (Mireille)
頭はとても良く、運動も出来、顔立ちもいい。更には絶倫(笑)。まさに完璧な人間。
B BLUE (キャラメルBOX)
水帆、春ルートの選択肢があまりにもシビア過ぎる
B お姉ちゃんの3乗(きゅーぶ) (Marron)
「コスモス○丸」とか「くしゅ~」とか「栗好きの師匠」とか(爆)
A ラグナ (にくきゅう)
戦闘はほとんど作業です
B Maple Colors (CROSS NET)
問題児クラスだけあっていいキャラが多いです(笑)。ただ、せっかくいい感じのキャラが多いのだからもうちょっとサブキャラにイベントが欲しかったところ。
B Maple Colors (CROSS NET)
始めのうちはともかく、プレイしているうちにかったるくなってくる
A 秋桜の空に (Marron)
笑い過ぎで涙が出てきたゲームは初めて
A 心輝桜 (Carrière(Carriere))
立ち絵の演出はなかなかのもの
A -姫辱- プリンセスダブル狩り (ネル)
調教、都市攻めとタル過ぎ。
C さよらなエトランジュ (CLOVER)
家族とは少し違いますが、自分の居場所、といった感じで
B バイナリィ・ポット (AUGUST)
トゥルーエンドがなんかご都合主義かと
A 魔世中ハ我ノ物 (たっちー)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
B 魔世中ハ我ノ物 (たっちー)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
A 巫女は狂宴の中に (たっちー)
かなりきついものがあります
A 巫女は狂宴の中に (たっちー)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
C メタモルファンタジー (Escu:de)
ラスボスが異常に強い
B ジュエルナイツ・クルセイダーズ (ゼロクール)
主人公の銀次は……いろいろと凄いです。喧嘩と女が大好きで、ヒーローなのに強姦魔。
A ジュエルナイツ・クルセイダーズ (ゼロクール)
キャラの胸が異様にでかい。でかすぎ。全身のバランス無視してます。
A 快感戦士バスティー (Cronus)
最強の必殺技が「ペチンペチン」って……
A マブラヴ (âge(age))
AGESによる演出は結構面白い。……少々うっとうしくもあるが。
C 夏色小町 (Purple software)
タイトルからしてそうだし。別に夏でなくてもいい気がするけど。
B ねがぽじ ~お兄ちゃんと呼ばないでっ!!~ (Active)
間違いなく女の子同士です(笑)
A Cafe Little Wish (ぱてぃしえ)
9日目までが共通ルート。最後にちょっと各キャラのシナリオがあるだけ。すぐに終わる。
B みずいろ (ねこねこソフト)
……これが「普通」?(旧 話と違う!)
A デミウルゴスの娘 -瞳の中の巫女姫- (catwalk)
ちっとも「巫女VS修道女」なんかじゃない。(旧 話と違う!)
A ときどきシュガー (XUSE)
どのルートも主人公の成長を中心とした話
A Darling ~ダーリン~ (ちぇりーそふと)
ハイパーエレクチオンモード(笑)
A デミウルゴスの娘 -瞳の中の巫女姫- (catwalk)
氷川がおいしすぎです。ただ彼にも声が欲しかった。