soulfeeler316さんのPOV新着コメント

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、トノイケダイスケ、七星電灯、星空めてお、希【随時追加予定】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【随時追加予定】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

POV新着コメント

A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
プルヴ・ラディ、トゥ・アーロウナ、プログリーディア、スピリオ・ローザブロッサム、ルーチェ・ルヴィ・アヴィス、ティム・フォールナ・メイ、ティム・フォールナ・プリンシパトゥ!!
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
優しさと言うものは、与えられた想いを素直に受け止めて、温かく理解して、大切な誰かに届けられてこそ、生まれてくれる気持ちなんだと、この娘を通して知れました。皆を優しいと思えるのは、その気持ちを温かく受け止められるだけの心を内に秘めているからであり、そんな風に考える事のできる君もまた、凄く優しい女の子なんだよ。そうした綺麗な感情達に気付けた事は、僕の中で生涯続く宝物です。すももちゃん、出会わせてくれて本当にありがとう。
B ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
丁寧に紡がれているあったかい文章です。
C ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
撫子ルートは主にこれ。別に必須ではない。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
数多のエロゲの中で1番「可愛い」タイトルだと思います。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
完全攻略するのなら、結城ノナ→八重野撫子→秋姫すももの順番で。ただ、他ヒロイン2人を別に気に入ってないなら、すももルートだけで充分です。寧ろ本作の場合は、そうした方が高評価になるかもしれません。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
「世界で一番星に近い町」で齎される穏やかと優しさの極致。それがあまりに綺麗過ぎて、涙もほろりと零れてしまいます。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
全員良い奴。与えられる気遣いの優しさが堪らなく嬉しかったです。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
童話と言うのは昔から「現実を映し出す鏡」だと称されており、そこから子供達は残酷が潜んでいる世界と渡り合う術を学んできました。その一方で物語の魅力に囚われた結果、更なる深みへと埋没していき、ままならない現実を生きる羽目になった者もいます。本作は言わばそんな御話。人生の構図を描き出す夢と現の狭間に立つ、まだ大人になりきれていない子供達が紡ぐ理想と現実の御伽話です。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
凝っている事が一目で分かる仕様。童話の世界を忠実に再現させた煌びやか工夫造形に魅了されるべし。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
海原望作品の中で1番工夫されているテキストかもしれない。他の方も良い意味で遠慮していない最高の文章。隠す気ないだろと言わんばかりの独自色盛り沢山テキストが、異彩を放っていてとても惹き込まれます。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
すももが気に入ったなら、他のルートは絶対プレイしちゃいけません。死にます。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
『ななついろ★ドロップス』は、すももルートが唯一にして最大の全てです。人生観に影響を与えるまで魅了された最高の純愛物語でした。本当にありがとう。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
秋姫すももとユキちゃん(石蕗正晴)の二人三脚。2人が頑張って取り組んで成し遂げて手に入れた大切なモノ。それは、星のしずく以上に綺麗で元気で輝いていて……運命の全てを乗り越えられる最高の価値があると言えるでしょう。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
いとうのいぢさんが猛威を振るっていた頃のCGは伊達じゃない。可愛らしさを備えつつも、思わず息を呑んでしまう美しさ。視界の全てに切なさを植えつけてくる最上級の描写風景がそこにはあります。不意に涙が流れてくる程の愛おしさを与えてくる、本作のやさしくもあったかい絵が、今でも1番大好きです。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
これからプレイしようか悩んでいる人はPC版 or PS2版のOPムービーを観て欲しい。是が非でも買いたくなります。そしてどうか、すももルートEDまで駆け抜けて欲しい。
C ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
関係性の深さは特に感じなかったが、ああ見えて意外に釣り合いの取れている良いコンビかもしれないな。
C ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
結城ノナ(ノナルート限定) こんな自分本位の女、許しておけない。すももの気持ちを少しは考えろ。恋愛が絡まない他ルートは決して悪くなく、特にすももルートでは不満だった箇所の清算がしっかりと行われていたのでCクラス
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
ナコちゃんルートは100歩譲って許せる。ノナルートは10000歩譲っても許さない。完成度の高い純粋初恋頑張り物語の魅力を大小の差あれど等しく貶めており、凡百なキャラゲーとして「一応攻略できますよ!」と、精々勧誘出来るだけの魅了にしか仕上げていません。特に後者は『ななついろ★ドロップス』が齎したイノセンスの中ではあまりに異質過ぎる汚さしか齎さず、全体を通して伝えていた温かくも力強いメッセージすら無視した内容が際立って目立ちました。美しくも綺麗な初恋物語の一要素として含まれている事自体、認めたくない内容です。
A ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom)
すももルートで、いっぱい泣いたんです。「大丈夫」「出来るよ!」「負けないで!!」「よく頑張ったね…」「本当に良かった……」「幸せになって……!」と、相手の事を純粋に想える幸福の涙を流せました。傑作と称するのには充分過ぎる程の感情爆発。すももちゃん、優しさを与えてくれて、本当にありがとう。
B 夜巡る、ボクらの迷子教室 (SAMOYED SMILE)
感動の余韻を損ないたくないなら、つけた方が良いと断じます。Internet Archiveを駆使して、段階毎につける事推奨! 最新パッチ2つのみだと、取り除けていないバグもあるので。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
はっきり申せば、全く満足出来る代物じゃない。製作陣の「シリーズを早く終わらせたい欲望」ばかりが先行し、物語を真摯に紡ぐ行為と言うのを意図的に放棄している印象しか覚えなかったです。前作や前々作の謎が解き明かされず、矛盾を感じる箇所も多々あった本作。これまでのセールスポイントだった部分を排除した「杜撰の心境」で紡がれた本作。最終作として受け容れる事自体が、僕の中では不可能に近いでしょう。完結させた当たり前の努力のみを評価する他にありません。
B 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
時系列的な流れもあり、明らかに(Normal)→Grand→Trueの流れを狙っているでしょう。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
「カイコウ」「エデンの少女」「クオンノマユ」が良い。しかし全体的に、過去作より惹かれる楽曲が少なかった。
A 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
黒矢尚織の生き方。大好きです。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
全く回収出来てないです。完璧とは程遠い最終作と言わざるを得ません。
B 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
やはり過去作と比べると物足りない印象だけが残ります。美しさにより言葉を失う場面は本作で1度もありませんでした。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
全体的に独り善がりの自己満足演出が多かった印象。枠外を黒塗りで固めるムービー染みた演出を矢鱈と多用し過ぎです。こういうのは大事な所、ここぞの時に魅せてこそ効果を発揮するのであり、何回も見せられたら読み進める集中を阻害するだけの代物と化します。2周目以降も読み返す際の邪魔でしかなかったので、今後があるなら使用を控えて貰いたい所です。
A 夏の終わりのニルヴァーナ (ぱじゃまソフト)
俺様思考の傲岸不遜。やりたい事はやって、やりたくない事はやらないで生きてきた。自分に正直な面白いヤツです。しかし、彼は凄く優しい。甘いけど、未熟だけど、凄く優しい。好きになる理由はそれで充分。主人公がカルマで本当に良かったです。
A 夏の終わりのニルヴァーナ (ぱじゃまソフト)
文章における「魅せる技術」を心得ているテキストです。口にすると分かりますが、要所要所のテンポが極めて小気味良く紡がれており、際立った部分では力溢れる説得力を強く感じました。
A 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
正直、脇役男性キャラの方がメインより遥かに魅力的。本作の個性的作風を見事な色彩で彩っています。八木沼了一、六識命、黒矢尚織の圧倒的なまでの存在感に震えて欲しい。
A 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
素晴らしい。彼等の魅力は変わる事無く、本作でも見事な存在感を醸し出していました。イノグレで魅力的な男と言うのは、一癖ある悪役や脇役である事に、スタッフもいい加減気付くべきだと思います。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
保たれていた神秘且つ耽美な雰囲気が、一気に薄れていました。世界観や背景の作りこみにも甘さが散見。只の一般警察小説レベルにまで堕ちています。
A 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
演出で上手く誤魔化されていますが、これ程までに「都合の良くて作為的な物語」も中々お目にかかれません。
C 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
「天罰殺人事件」の彼女等には、正直腹が立ちました。どこぞの誰かさんから寵愛を受けている事が察せられて、正直気持ち悪かったです。
A 天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
最終作を締めるに相応しい明快な解明からの帰結を期待していた身としては、クソッタレ中のクソッタレ。駄作の中の駄作。「下、下、下下下の下~」って唄を思わず口ずさみたくなる程、完結作として大いに失望しました。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
「愛の前提条件は『自立』である」事を教えてくれる物語です。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
まず前提として、作中で全く明かされない「世界の謎」もあります。ただ、愛内周太から見えた「世界」はしっかりと描かれており、そこについては彼がどうして最後の選択を受け容れたのかも含めて、余す所無く見せていたと感じました。そして、逆にそれは無駄を描いてない本作の内容も示しており、納得出来るかどうかは果てしなくユーザー次第でしょう。よって、本作は彼の想いを通して、じっくり読み進める事を推奨します。解釈するに最も重要なのは「愛の前提条件は『自立』である」と言う事。個別ルートそれぞれ(特に忍ルート)の展開を踏まえて、メッセージを考えてみるのも悪くないでしょう。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
坂下唯々菜と有村ロミのエロシーンは違和感を覚えました。無理矢理入れた印象は否めません。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
愛内周太と言う『人間』を好きになる事が、本作を好きになれる第一歩と言えます。その観点で申すなら、要所要所の挙動が自分を見ているかのようで他人事に感じず、センチメンタルへ陥りやすい孤独者の頑張り物語に、自然と感情移入出来ていた次第。俺個人が至った結論としては、捻くれ者の同類として、コイツを好ましく思います。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
全員魅力的なんですけど、やっぱり1番は忍さん。愛内周太にとっての最後の砦と成り得た存在。彼女の至った眩き強さが、クリア後の現在も激しく色濃く残っています。余談ですが、同郷の身なのもちょっと嬉しかったです。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
SFにはサイエンス重視の作品とフィクション重視の作品がありますが、こちらは紛れもなく後者。格式ばった理論はあまり出ず、様々な要素を盛り込んで展開を連鎖的に促す様は、最早ファンタジーの領域に達している程。表現描写を濁し、設定を曖昧にしている箇所も見受けられるので、ハードSF好きにはオススメしない。あくまで私見を語るとすれば、ロバート・フランクリン・ヤングが好きな人は嵌ると思う。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
現状、グランドルート最終盤の展開は「ご都合主義」と捉えられても致し方ないかも。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
正直、本作に期待はずれのレッテルを張る人の気持ちは分かります。個人的にモヤモヤした箇所もありました。ただ、僕は嫌いじゃないです。テーマ、メッセージはきちんとあった作品だと思いました。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
個人的にはグランドルート最終盤の「転」開。エピローグ後の「結」は寧ろ好きな方なんですがね。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
情報補完の為のFDが早急に出るのを願う所。そして個人的には、忍ルート以降の展開が凄く見たい。描くのは野暮だとも思うんだけどね。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
愛内周太が辿る道は、絶対に変わる事無く「1つだけ」です。

検索