soulfeeler316さんのPOV新着コメント

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

POV新着コメント

B MUSICUS! (OVERDRIVE)
右か左か人生コース
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
声優陣はカンペキです。しかし、1人凄く分かりやすい人が居ますね……
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
『ぐらぐら』『Be Strong』『幸谷学園校歌』
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
弥子ちゃんは素晴らしい。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
BGMに関しては、正直『キラ☆キラ』より好きかもしれない。「茉莉花」「孤独のメリーゴーランド」「SORROW」「L&L」「Flying F」「グルーミー」「SKASKAのSKA」「夜の隙間」「閃光に向かって」が特に好き。
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
月に手を伸ばせってのが俺の信条なんだ。たとえできなくてもね。その方がよっぽどマシだよ。 by ジョー・ストラマー
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
「愛」を失くした僕達が、もう1つの「愛」を手に入れるまでの物語です。
C MUSICUS! (OVERDRIVE)
特につけなくてもこっちは何も問題無かったけど。まあ、つけておいた方が無難でしょう。セーブデータは消えてしまうので、プレイ前にどうぞ。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
余裕で大丈夫!
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
弥子ルートと澄ルートのシーンが凄く好き。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
もしかすると、瀬戸口作品の中で1番伝わるかもしれない。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
個人的に僕は『Dr.Flower』より『NIGHT SCHOOLERS』の方が大好きです。3曲全て文句無し、本作のバンドで1番好き。『花鳥風月』もGOOD! 『Be Strong』と『Everlasting』は最高の一言
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
12年の歳月で、ユーモアセンスが上がりましたね。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
定時制高校ルートのEDを手がけたgram6design様には、盛大な拍手を与えたく思う。『MUSICUS!』に関わって下さった事へ、心から感謝を申し上げたい。素晴らしいED映像、本当にありがとうございました。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
1人の男の人生を描いています。彼が選択した上で辿り着いた行き先を、存分に噛み締めて欲しい。この物語にはTRUEがなく、答えもない。しかし、攻略順でルート内容の見方も変わる本作を、貴方が俯瞰して見つけて手に入れた道が、是清へ捧ぐ音楽の返答となりましょう。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
弥子ルートの見方について色々。また、本作は個別ルート毎に対比してみましょう。色々見えてくるかもしれません。
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
瀬戸口廉也氏のTwitterを見てると、作中要素が数多く出てくるから面白い。作業風景を地味に感じられます。
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
金田&三日月。ガキでバカで我儘な獣。金田は面白いけど全体的にムカつくし。三日月も最初は良かったけど「どうでもいい攻撃」以降は正直、うざったくてしょうがなかった。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
文学ネタ、美術ネタ、歴史ネタ、音楽ネタなど選り取り見取り。ヘルマンヘッセにアルチュール・ランボーにヘンリー・チャールズ・ブコウスキーも出た時はちょっと笑った。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
花井是清と定時制高校ルートのクラスメイト達が凄え良いキャラしてる。正直、もっと出してくれても良かった位
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
三日月ルートはちょっと酷い。良かった部分もあればこそ、陳腐で杜撰な展開が際立つ。EDも悪くなかったけどね。物語展開は正直どうかと思ったよ。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
苗字の読み方を勘違いして、並べ替えれば「くるしみます」じゃん……と勝手に鳥肌覚えたのは僕だけでいい。マジで助けたかったです。本当に。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
弥子と澄。瀬戸口作品のヒロインにガチで惚れる日が来るとは思いませんでした。負けたくないから笑ってしまう、そんな彼女等がとても好きです。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
共通ルートで屡々グッときて、定時制高校ルートとno titleルートで号泣した。只管に涙が止まらなかったです。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
何かに深く打ち込んでも、全く成果が得られない人間には、彼が非常に刺さると思う。僕は凄く共感してしまった。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
少なくとも『キラ☆キラ』はやっておいた方が良い。『DEAR DROPS』はお好みで。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
とにかくヤバい某ルート。もしかすると、これまでの瀬戸口作品でトップクラスかもしれない(個人的感想)
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
全体のルートを俯瞰して、自分が最終的にどの道へ進みたいか、考えてみるのも悪くない。ルート毎に対比して、色々考えてみるのも一興でしょう。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
振り返ってみると、最も印象に残った台詞は「そういうときは笑うんです。負けたくないから笑うんです」だと思う。そして、名台詞とは違うけど「今が人生で1番幸せ」って言葉がやたら耳に残る。
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
変人揃いの音楽業界。その中でも金田は中々面白い。馨との掛け合いで笑っちまう部分あり。その分、ムカつく箇所もあるんだけど。
B MUSICUS! (OVERDRIVE)
三日月ルートで結構感じた次第。でもこれは、残酷性を際立たせる上で、必要なご都合主義だったのかもしれないね。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
まあ、好きにやりゃ良いと思うんですけど。個別ルートそれぞれの要素及び、全体を俯瞰して導き出された真実を考慮し、輪ルート→三日月ルート→no title→弥子ルートで進める事を、個人的には推奨する。詳細な理由は長文で。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
12年という月日が経っても、彼の濃密な文章は、変わる事無く健在です。
A MUSICUS! (OVERDRIVE)
定時制高校生活の中で感じられた、青春の温かさが途轍もなく良かった。
B キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
前作超えはならず。でもOPとかSUPER ROCK'N'ROLLERSの歌とかは、結構好き。しかし後者はせめてもう1曲あっても良かったんじゃない……?
C キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
俺は安く買ったから良いけど、当時の価格で買ってたら、苦言を呈していたかもね。
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
『キラ☆キラ』は絶対にプレイ推奨! きらりルート2の後日談
B キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
僕は結構好き。結衣の上目遣いCGとか可愛いよね。お気に入りはSUPER ROCK'N'ROLLERS最終ライブCGの全て。
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
ある意味本作は、甘やかせヒロインの宝庫かもしれない。
C キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
『キラ☆キラ』きらりルート2と比較して読むと。彼に依存している彼女は、まだ「普通」を諦めてないんだと、切なくなります。
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
分岐は特にありません。選択肢全く意味無いよねこれ
C キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
瀬戸口某の残り香は随所に感じる。原案と言う言葉には含みを感じますが、プロット段階までは作り上げていたんじゃないかと思う程
C キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
物足りないよな、前作やっちゃうと……
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
みんなキラキラしています。
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
やっぱり彼に書いて欲しかったなと思うのは正直な所。でも、彼が書かなかったからこそ、意味はあったのかもしれません。
C キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
正直、嫌いではないっすね。バンドやってるとよく居るタイプ。ロックンロールに生きる彼の生き様は、要所要所で肯ける部分もあった。でも、コイツは凄く周りに恵まれているなと思う。恐らく普通だったら、First Stageで合宿やる以前で相手にされなくなって、バンドも解散するでしょう。だから、皆さんは決して真似しないように。あ、村上は言わずもがな、凄く良かったよ! 幸せになってね!!
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
結構エロかったけど、たった1個はなあ……でも、安易にSecond Stageで、カップルになりそうなもう1組のエロシーンを描かなかったのは評価したい。
A キラ☆キラ ~カーテンコール~ (OVERDRIVE)
なんつうか、本作って凄く「良い女」が多いよな。前作から登場している美佳さんや祐子、アキは無論として、初登場の結衣や麻美、ミルも凄え良い女だ。特にミルちゃん、かなり可愛くないですか。糟糠の妻候補多すぎて、1人欲しい位である。

検索