くるくすさんのPOV新着コメント

くるくす

 分かりやすくて面白い話がいいなぁと感じる今日この頃。あと、短い作品を好む傾向があります。求められているのは書評か批評か新刊案内か、それとも単なる感想でよいのか、未だに判断をつけかねています。
 採点に関して:50点台で「合否ライン上」、60点台で「可」、70点台で「良」、80点以上で「優」の扱いとし、基本的にシナリオの出来を拝見して5点刻みで点数を付けています。その上で、CGやBGM等を考慮して最大10点程度の加減点を行うことがあります。(同人作品の場合は、CG関連を甘めに採点してます。抜きゲーは「抜けるかどうか」。)
 評点と私的満足度:薄味だご都合主義だと不平を漏らしたくなることは多々あるにしても、商業ベースの作品は男性向けのシナリオとしてソコソコ楽しめる場合が殆どですから、よっぽど酷くもない限りは「可」の評価を付けるようにしています。50点を切ると地雷探知機のアラームが鳴りますので、速やかに工兵部隊に救援を要請してください。ありがちな普通の萌えゲーには55~65点、他社製品と比較して頭ひとつ抜けている作品には大抵75点を付けています。80点以上はいわゆる名作、「殿堂入り」させたくなるような作品です。
 ※エロゲー批評空間以外では、同じID名でブログ・ツイッター等の発信型サービスを一切利用しておりません。なお、ID名は星座 (Crux, -cis, F: みなみじゅうじ座) からとったものです。


[何点刻みでつけますか?]
 私たちは測定値の桁数にもっと注意を払うべきなのです。例えばRさんとPさんが同じ石ころを別々に秤量したとしましょう。Rさんは安物の上皿天秤を用いて「10.5 g」と報告し、一方Pさんは研究室の化学天秤を用いて「10.489 g」と報告しました。レポートを受け取った人間は、桁数の多いPさんの方が精密な測定をなしていると期待できます。もしRさんがPさんに嫉妬した挙句、測定値の桁数を無闇に増やして「10.500 g」と報告したならば、きっとRさんの測定技能は過大に評価されてしまいます。Rさんの水増し行為は欺瞞といえます。
 エロスケの評点はどう付けるべきでしょうか。恥ずかしながら告白いたしますが、私はゲームを1点刻みで採点する程には、感性に自信がありません。とはいえ10点刻みではラフすぎます。そこで間をとって5点刻みとしています。

POV新着コメント

A Ruina 廃都の物語(非18禁) (ダンボールの神様(同人))
「Break The Fear」
C 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
但しそれ程重くない。
C 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
サブイベントをこなしながらプレイしていると、エンディングまでに70時間は掛かる。
A 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
いい響きだと思う。タイトルに目が止まったのがプレイしたキッカケ。
A Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
フィリアは左右対称に描かれていて、少し神秘的な感じがする。あと胸が大きい(重要)
C Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
何故にここまでモテるのか、サッパリ分からん。そういう筋書きとして納得するしかないのだろう。
B Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
自信たっぷりなシルヴィアも、自信なさげなフィリアも、どちらも可愛い。真衣たんやメリスのワガママも「どうどう」と宥めたくなってしまう。紫さんはパッとしない娘なんだけど、内省的なシナリオのお陰で、その人となりが奥ゆかしさとしてよく表現されていたと思う。
A 光の国のフェルメーレ (幻創映画館(同人))
良かった。「挑む者たち」「鉄風」あたり。
C てのひらを、たいように (Clear)
「がっこいこー」にはビックリした。
A てのひらを、たいように (Clear)
前編のトゥルーに至るまでに薄い内容のサブルートを読まされるのでダレてしまう。後編もやはり外伝の域を出ていないように思う。ルート構成に疑問を感じた。
C みずいろ (ねこねこソフト)
……のはずなんだけど、主人公よオマエ寝過ぎだw 寝ているか食堂に居るか位しか学園っぽい感じがしない。
A みずいろ (ねこねこソフト)
雪希役の方が特に良かった。
A コッペリアの墓標と廻る恋のはなし(非18禁) (Mal de Manege(同人))
これがウリの一つ。よく分からない世界にイキナリ放り込まれて右往左往するような話。
A MIND+REAPER (JANIS)
敵側にもちゃんと理があるから、むしろ彼らの見解に共感するプレイヤーは多いんじゃないか? シスコンお兄さんやサングラスもホネのある好漢だ(ゲスいけど)。いかれたハゲもいい味出してる。
C MIND+REAPER (JANIS)
どの編も本筋は同じ。4、5周目は流石に飽きてきた。
A さくらさくら (ハイクオソフト)
ヒロインの4名とも良かった。うん、本当に良かった。
A GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~ (ninetail)
ガラっと変わる娘が一人いる。
A GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~ (ninetail)
前作ほどではないけれども、今作もいい曲が多かった。酒場と次元迷宮のBGMが好き。
C 魔法の守護姫アルテミナ (Delta)
どのエンドも似たような感じになってしまった。仕方ないのかもしれないけれど。
A 魔法の守護姫アルテミナ (Delta)
バトルライダーがやけにカッコいいぞ。
C 停留所で会いましょう(非18禁) (お茶漬けソフト(同人))
分類するならこのPOVなんだけど……何て言うのかな、オチに脈絡が無くて、まるでムリヤリ鬱展開に持ち込んでいるような感じがする
A ウインドチャイムに連れられて(非18禁) (lunaria project(同人))
つい気になってしまう。ウィンドチャイムって何だろう? と不思議がる人は多いんじゃないか(もっとも、大半の人は実物を見れば「ああ、アレねw」と思い出しそうだが)。「連れられる」というのも謎めいているし、最後は接続助詞で切れているから、「その後どうなったの?」と突っ込みたくなる。
C ウインドチャイムに連れられて(非18禁) (lunaria project(同人))
原画は割といいと思う。
C 星空に馳せた想い(非18禁) (lunaria project(同人))
このサークルさんの作品を何本かプレイしてみたのだけれど、原画は結構いいと思う。彩色は普通の同人レベル。
C レコンキスタ (コットンソフト)
禁断の色恋を演じたいのであれば、もうちょっと後先を考えてください。危ない橋を渡ろうとするようなスリルを読者に提供できていないし、何よりバカっぽい。彼はもっと理知的な男性のように見受けられたのですが。
A D.C.P.C. ~ダ・カーポ プラスコミュニケーション~ (CIRCUS)
イベント絵はもちろんのこと、日付が変わるときに挿入されるイラストが好き。ヒロインごとに個別に用意されていて、彼女たちにまつわる品物が描かれている。特に美春のオルゴールやななこのメガネは、物語のテーマと符合していて、象徴のような存在になっている。(よく似たセンスを時々見かける。例えば「Clear」(MOONSTONE、2007)など。)和泉子の品物は……そのまんまやん!w
A そらうた (FrontWing)
真奈役の方が良かった
C もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
「まずい」しか選べないじゃないか……
A もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
珠美役の方が良かった。
A もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
「空白の時間」と「命を懸けて」
B もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
4章の主人公はダメ。
B もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
幽霊が浮いてる、浮いてるw
A そして明日の世界より―― (etude)
「俺達はここにいる」
C Dolphin Divers (AXL)
教官の指示を無視して、危ないことを平気でやったりする。冒険家には向いているのだろうけど、海難救助士には向いていないんじゃないだろうか。あと「救助士志望のくせに泳げない」って設定なんだけど、入学する前にどうして水泳訓練を積まなかったのか? 幼いころから本気で救助士を志望してきたのなら、入学前に真っ先に克服するべき課題だろう。バイト云々は二の次だ。
C Dolphin Divers (AXL)
サブキャラにも短いなりにシナリオが用意されていて、それぞれ1つだけHシーンがある。メインのみなも達よりもサブ4名の方が魅力的だったんで、嬉しかった。
A ゆきうた (Survive)
菜乃役の方に一票。何だこのボイスは! 耳にこびりついて未だに離れない
C D.C.III ~ダ・カーポIII~(非18禁) (CIRCUS)
初音島編の主人公はモテ過ぎ。ゲーム開始後すぐに、彼はヒロインたちから性的なアプローチを受けまくる。一方でプレイヤーは彼女たちと出会って間もないのだから、置いてけぼりを喰らってしまう。風見鶏編の方がヒロインを上手く導入できている。
C D.C.III ~ダ・カーポIII~(非18禁) (CIRCUS)
「青空」がよかった。
A D.C.III ~ダ・カーポIII~(非18禁) (CIRCUS)
その方が楽しめると思う。ただ、DC1もDC2も結構ボリュームがある。忙しくて時間を取れない場合は、DC1の音夢編とさくら編、DC2の音姫編とda capo編をプレイしてから今作に取り組むとよい。
C DRACU-RIOT! (ゆずソフト)
「Vampire Obsession」が好き
A 翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
「別れの旋律」など。生楽器を多用していて、ストリングス好きにはウケそう。
C 翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
知紗はいつも首を横に曲げている。肩が凝るんじゃないかなぁアレ。
B 翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
いいタイトルだと思う……がサブタイはいかん。全く情報量が増えていないじゃないか!
B 翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
A 何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
主人公がダメ。特にふたりでジュースを飲むシーン。ちゃんとケジメを付けた方がいいと思うんだ。……それだけ意思が薄弱だから、妹と長年爛れた関係を続けてきたわけだ。そういう意味では説得力があって正しいシーン。
A 何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
「マージ」という薬が重要な役目を担っている。ただし、クスリと聞いてイメージしちゃうようなデカダンっぽさはあまりない。
A Clear -クリア- (MOONSTONE)
日付の変わり目に挿入されるCGが好き。ヒロインゆかりのアイテムが描かれているだけなんだけど、ヘタに漫画漫画していないところが上品で良いなと思う。特に紗由のカチューシャや美姫のスタンプカードは、無言のうちに主題を訴えかけてくる。
A Clear -クリア- (MOONSTONE)
春乃役の方がよかった
A メルクリア ~水の都に恋の花束を~ (Hearts)
水の都といえば青色。綺麗な青だ。しかし夕焼けのオレンジ色も印象に残る。一日を終えてヒロインと共に帰宅するシーンが、何度も挿入されている。