armchairさんのプレイしたゲームの新着コメント

armchair

ブログで簡易評価してるうち☆→90、◎→80、○→75、●→65、△→55、×→30を基準に±5点したりしなかったり結構適当に。
そんなわけで点数そのものには意味がなく、相対的な序列のようなものがあるだけです。80点以上はオススメ。
プレイしたことによって自分の中に残ったものが評価の基準です。その内容は感動であったり考察であったり、はたまた愛着であったりとまちまちではありますが。
女の子がキャッキャしてる作品が辛くなってきた(エロゲーマーとして致命的)のでこれまで以上に同人に傾倒する予感。女性向けをもっと開拓したいところ(やはりキャッキャしてるのは辛いので創作ユニくらいまでの予定ですが)。

HP/BLOG :
机上の空想
Twitter :
on_the_armchair

新着コメント

75G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
悪くないけど、この点数は過剰な気がしなくもない。 → 長文感想(679)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
70ヴィザルの日記 ~補記~ (雨傘日傘事務所(同人))
非常に短いながらもコルクが街の人々を本当に愛していたのだということが改めてわかったし、あの後も戦い続けているヴィザルを見てくるものがあった。そしてEDラストのあの演出、あれはずるい。
総プレイ時間 : 2h
83ヴィザルの日記 (雨傘日傘事務所(同人))
丁寧に描かれた日常だからこそ、その大切さ、尊さというのが後になって物語に響いてくる。構成が非常に好みだった。こちらまでセントサウスという街を好きになる。 → 長文感想(1058)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
40Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
意地でエンディングまで辿り着いたが考察しようとも思わない。アリスが「読者はティッシュ箱を横にゲームをしている」と言っていたが、書き手はどれほど読者を想定しているのか疑問を覚えた。 → 長文感想(677)(ネタバレ注意)
85初恋サクラメント (Purple software)
キリスト教を題材にしていると聞いてやってみた。面白かったです。 → 長文感想(612)
81黄雷のガクトゥーン ~What a shining braves~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
訳アリ学園都市を舞台にした英雄の物語。この作品の魅力は何といっても彼にあるだろう、如何なる時も人々を愛し、戦い続ける。そんな芯のある姿に見入ってしまった。 → 長文感想(1309)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 16h
100ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
歴史に残るべきゲーム。やるべき。オルタと同じかそれ以上の衝撃だった
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 5h
85euphoria (CLOCKUP)
鳥肌立ちました。良い意味で
95沙耶の唄 (NitroPlus)
グロいのに耐性があるのなら絶対にプレイするべき狂気の純愛作品。 → 長文感想(394)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
92Humanity(非18禁) (non color(同人))
血の通った亜人と人間によるプリミティブな営みの美しさ → 長文感想(184)(ネタバレ注意)
99リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
演出の全てが伏線に収束していく傑作。まあ泣くよね → 長文感想(238)(ネタバレ注意)
100俺たちに翼はない (Navel)
最高。王雀孫先生の次回作に期待!ぜひ! → 長文感想(95)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
82沙耶の唄 (NitroPlus)
これだけの狂気を撒き散らしながらの純愛モノ。エロである必要性がしっかりありニトロの真髄と言えるかも
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
100この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
今なおこれを超える作品は存在しなかった。究極の作品。神様
総プレイ時間 : 70h / 面白くなってきた時間 : 3h
87黒曜鏡の魔獣 (雨傘日傘事務所(同人))
自分が戦闘モノにおいて何を重視しているのかを再確認できた。何を思い、何のために戦うか。それをしっかりと描いた、とても私好みの作品だった。 → 長文感想(2425)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75幻想のアヴァタール (べにたぬき(同人))
お話は周辺の事情について詳しく調べ、謎を追ったり、策を講じたりするなど丁寧だなと感じる部分が多かった。そしてそれは章ごとに挟まれる「 Tea Break」にも言える。今までのおさらいと共に次回予告まであるとは恐れ入った。お気に入りのキャラクターはギンでまあ、あの活躍っぷりと性格の良さを見るに、惚れるのは必然であったと言えよう。
総プレイ時間 : 19h
71うさしつけ (ねここや(おにおんている)(同人))
カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ(高速ピストン)
90リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
ゲームをクリアした直後の感想は、「やはり、CLANNADは越えられなかったか……」です。でも、面白いし、好きなゲームですね。 → 長文感想(272)(ネタバレ注意)
90この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
フラグ立てが少々面倒な部分があったが、ADMSとシナリオの出来が退屈さを感じさせなかった。 → 長文感想(127)(ネタバレ注意)
70運命予報をお知らせします (ヨナキウグイス)
つまり、このライターは、恋の行方を傍観するだけだったプレイヤー自身が、この物語に介入する為の手段として運命予報士という役割を担わせた、そうすると、あのキャラが自身の分身であるという仮説も立てられなくもない。
総プレイ時間 : 20h
90装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
ぜひ完走してほしい作品 → 長文感想(118)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 60h
95WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
ぜひ無印をプレイしてから触れて欲しい。 → 長文感想(398)
90素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
素直に面白いのは4章から。伝えたいことが書かれているのは多分2章。
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
95車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
面白い。重めのエロゲだと一番オススメしやすい。
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
100G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
まさに魔王たる破格な作品でした!! → 長文感想(526)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 2h
55沙耶の唄 (NitroPlus)
救いのない作品 → 長文感想(396)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h / 面白くなってきた時間 : 1h
88素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
ああ!なるほどね。ってなった作品。 → 長文感想(634)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
88StarTRain (mixed up)
ドMじゃないが、思わずもっと主人公をいじめてぇーし(恋愛意味で)、もっと主人公に現実の辛さを教えてやりてぇー。「こういう恋愛モノやってもぜんっぜん楽しくねぇ、こういう恋なんてするもんじゃねぇ!」って思えるこそ最高。
85グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA- (FrontWing)
俺TUEEEE系。ゆうじさんかっこよすぎ♡ → 長文感想(306)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
85車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
名作だけど過度な期待は禁物 → 長文感想(489)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 38h / 面白くなってきた時間 : 10h
90はつゆきさくら (SAGA PLANETS)
感動して涙が、、、(´•̥ω•̥`) → 長文感想(257)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 2h
90Ever17 -the out of infinity- Premium Edition(非18禁) (KID)
褒めれる点は伏線だけ。ストーリーは凡もいいところ。だがそれでもやる価値はある。 → 長文感想(161)
面白くなってきた時間 : 10h
72はつゆきさくら (SAGA PLANETS)
全体的には悪くないが、あとちょっと良ければ…という項目が多い。 → 長文感想(159)(ネタバレ注意)
70くみくり!! (ねここや(おにおんている)(同人))
フリゲと考えればなかなか。声がちょっと惜しいかな。
総プレイ時間 : 1h
86euphoria (CLOCKUP)
最終√の展開、伏線回収の鮮やかさに脱帽 → 長文感想(145)(ネタバレ注意)
80らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~ (TerraLunar)
ノリノリでプレイできるゲーム → 長文感想(48)
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 1h
95素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
数時間我慢さえできれば → 長文感想(55)
面白くなってきた時間 : 10h
40素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
(GiveUp) ぬいぐるみを落下させているところから付いていけず、だいぶ昔に断念した。賛否両論ということで、自分は否だったということなのだろう。