Funtomさんのプレイしたゲームの新着コメント

Funtom

新着コメント

88月姫 (TYPE-MOON)
TYPE-MOON出世作 → 長文感想(106)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 32h / 面白くなってきた時間 : 1h
88AIR (Key)
好きなんだよなぁ…
95鬼畜王ランス (ALICESOFT)
自分的ベストエロゲー
総プレイ時間 : 100h
80ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
馴染みのある絵柄だから接近性も良いかと
80 (Leaf)
狂気に満ちておるわ
85AIR (Key)
どろり濃厚精子あじ
90痕 -きずあと- (Leaf)
20年ぶりのリプレイ → 長文感想(764)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
86こみっくパーティー (Leaf)
ゲーム部分はただの作業。同人作家になって夢を叶えよう。
総プレイ時間 : 10h
98鬼畜王ランス (ALICESOFT)
魔法のおもちゃ箱みたいな作品。遊べば遊ぶ分だけ何でも出てくる。こんな奇跡みたいな作品作ったらそりゃスランプになるよ。それでも20年後にもう一回奇跡を起こすんだからまあとんでもない
100ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
変なポエムはどーでもえーねん! 100点!この作品のパワーは凄い
90AIR (Key)
みすず√の素晴らしさ → 長文感想(77)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
65みずいろ (ねこねこソフト)
ヒロイン達は小学生ですか?あとこの主人公に感情移入とか無理だから
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 8h
70はじめてのおるすばん (ZERO)
時代を感じさせない絵柄で話は適当。所謂抜きゲーです。相当昔の作品だけどWindows7とかでも動くのには驚きました。
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
55はじめてのおるすばん (ZERO)
ロリコンの妄想を形にしてみました。ゲーム性はなくサクッと抜いて終わります
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 1h
86みずいろ (ねこねこソフト)
追い続けるような夢や目標があるわけでもなく、ただ、なんとなく過ぎる日常。特別じゃなくていい、普通でいいんだと。ありふれた日常の大切さをねこねこはいつも教えてくれる。そして、それがいつも心に染み渡るのだ。 → 長文感想(2094)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75鬼畜王ランス (ALICESOFT)
思い出補正無しで評価するとこのくらい → 長文感想(46)(ネタバレ注意)
85AIR (Key)
私たち日本人が内的に累々と受けついできた伝統的精神に根差した物語。 → 長文感想(351)(ネタバレ注意)
85ママトト ~a record of war~ (ALICESOFT)
人を選ぶ。カカロを受け入れられるかどうかで評価は分かれると思います → 長文感想(827)
50はじめてのおるすばん (ZERO)
KING OF 炉利ゲーこれだけで説明がつくでしょう。それ以外なにもないし
78みずいろ (ねこねこソフト)
泣きあり笑いありでなかなか楽しかったです。ただ先輩ルートは激しく眠くなります。たぶん喋り方のせいかもしれませんが
78こみっくパーティー (Leaf)
今でも楽しい、けど不満点を現代基準ではシステムに多く抱いてしまう、そんな作品。作品としては1999年のものとしては十分な高水準で、テーマも独創性がありエロゲーでは非常に個性的。この作品を今の時代、遊ぼうという方はリニューアルパッケージ版を強く推奨。ネタバレは書いてません。 → 長文感想(2225)
総プレイ時間 : 24h / 面白くなってきた時間 : 1h
80AIR (Key)
Key第2作目。この作品でやっと麻枝さんの本領が発揮出来た作品だと思います。麻枝ワールドと言われるコメディも面白かったし、まぁラストは賛否あると思いますが感動できたし良かったと思います
68こみっくパーティー (Leaf)
カクテルソフトスタッフのLeaf移籍第1作目ということで期待していましたが、結構面倒くさくて何度も投げ出した覚えがあります。
78ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
泣きゲーの原点。Key作品の方向性を確立した作品。
78WHITE ALBUM (Leaf)
作品自体は結構面白かったのですが → 長文感想(73)
70MOON. (Tactics)
発売当初にプレイしました。自分の初の泣きゲーでしょうか?Keyスタッフ原点の作品ですが、凌辱などもあり結構人を選ぶと思います。
90痕 -きずあと- (Leaf)
20年以上経った今でも名作
92鬼畜王ランス (ALICESOFT)
この文章を書いている時点で言えば22年も前の作品だけど、シュミレーションゲームとして ゲームバランス(難易度)、個性的なゲームデザイン(当時を含めて他に類を見ない局地制圧型)、 イベントやフラグの多彩さ、登場人物の多さと性格付けなどの設定、音楽、背景世界の魅力は やはり一級品であると思う。本当によくできていて、今でも楽しく面白く遊べる。 96年当時であれば最高の作品で、しばらくずっとこの作品が人気を独占していたのも納得できる。多少の難点はあれどもWin7の64Bit版で問題なく動作する(遊べる)ので贅沢は言えませんし 無料で公開されているのが信じられない作品。 (2018年5/12に書き直し) → 長文感想(3097)
総プレイ時間 : 80h / 面白くなってきた時間 : 2h
95鬼畜王ランス (ALICESOFT)
鬼畜王 on web にてプレイとんでもないイベント量で時間を忘れてプレイに熱中してしまった 今の時代でも問題なく通用する
70みずいろ (ねこねこソフト)
日和なくしてねこねこソフトを語れない、と言えるほどの代表作。ただ、ヒロインによってシナリオの差があるのが残念。特に先輩ルートは睡眠剤。移植後に再プレイしても無理。
85AIR (Key)
麻枝准がほんとうの意味で輝き出した作品
86鬼畜王ランス (ALICESOFT)
これがSLGか…。ランスシリーズ以外ではやることはないだろうな。当時の流行りを感じた。
65こみっくパーティー (Leaf)
まさかの同人界がテーマで斬新だったが、ゲームとしては途中から作業感が強く飽きてくる。シナリオは猪名川と詠美が好き。
85ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
私の中でのエロゲ観を変えてくれた名作。
65WHITE ALBUM (Leaf)
名作だと思うが、攻略が面倒。ランダム要素は当時でも酷いと思った。
65ToHeart (Leaf)
一部のルートはシナリオ的に面白いのですが、基本ゆったりした日常ものなので退屈になってくる
90鬼畜王ランス (ALICESOFT)
今と絵が違うので違和感あるが、中身は普通の神作品。起動したり音楽ならすのにかなり手間と時間がかかった。これだけで多くの人が脱落しそう。 → 長文感想(208)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
10ToHeart (Leaf)
いつの時代も昔とは違う → 長文感想(925)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
90AIR (Key)
後のADVゲームの基準となった作品 → 長文感想(214)
総プレイ時間 : 25h
87ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
初めてやったエロゲだった気がする → 長文感想(25)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
88AIR (Key)
夏になるとやりたくなる
面白くなってきた時間 : 1h
70ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
所謂泣きゲーの元祖と言われているが、個別ルート自体は短めなために展開が早く、泣けるほど感情移入出来るのかは疑問。 むしろ本作の真価はシナリオの構成にある。主人公に対してそれぞれのヒロインごとに異なる立ち位置や役割を、 余計なものを削ぎ落としたシナリオの中にヒントを散りばめ、巧みに描いている。 というのは考察サイトを拝見して思ったことである。ぶっちゃけ読解力のない私が1周したくらいでは全然理解しきれない作品であり、 深入りしないと本当の魅力には気づけないタイプの作品だろう。またいつか改めてじっくりと向き合ってみたい。

ログイン






検索