ちりあくたさんのプレイしたゲームの新着コメント

ちりあくた

現在試運転のため、入力情報は少なめ。
2017/10/11以降にプレイした作品は本格的に入力予定。

<2017/11/6加筆>
○シナリオ  :20点
○キャラクター:20点
○ゲーム環境 :20点
○CG    :20点
○音楽    :20点
ーーーーーーーーーーー
【合計】   :100点

上記5項目で採点。

HP/BLOG :
はきだめ。
Twitter :
@wOrk_2d_Ahoric

新着コメント

85アッチむいて恋 (ASa Project)
(GiveUp) Asaプロはこの作品を世にはなった事で「ギャグゲーにシリアスはいらん」ということがユーザーの反応を見て理解できたはずで、この後に製作されていくエロゲは、なるべく「雰囲気の良い笑える作品」作りの姿勢になっていったのはいうまでもなく。今作においては、奇しくも私も同じ思考をもっていまして、共通が笑える楽しい雰囲気なのだから、それをぶち壊す暗い個別シナリオは見るだけ無駄だと確信し、企画した天都氏の担当した部分たる、朱√と優由√しか読み進める気がしなかったのは、ある意味あたりまえ至極当然なのだったのであーる。
92G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
なんと言ってもトリックが素晴らしかった → 長文感想(123)
95G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
車輪の国とG線上の魔王は絶対やっとけと言われたからやった → 長文感想(42)(ネタバレ注意)
85G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
シナリオも完成度は高いが、ここぞの場面で流れるBGMや挿入歌等、演出の良さが光る一作。
総プレイ時間 : 31h / 面白くなってきた時間 : 1h
71なつくもゆるる (すみっこソフト)
贅沢な考え方なのかもしれないが、壮大な設定を一気に語らせるのではなく物語として演出して欲しかった。
総プレイ時間 : 13h
85なつくもゆるる (すみっこソフト)
ラストの壮大さは古今東西のありとあらゆる物語の中でもダントツでトップ。ただし、全体ストーリーは散漫で展開は唐突。
総プレイ時間 : 50h / 面白くなってきた時間 : 20h
70G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
頭脳戦というより強引な展開が多く感じた。主人公もイキってる感じがしてどうも好きになれない。水羽とユキ様の関係はよかったです
7611月のアルカディア (LevoL)
全体的に話が重いがタイムリープ好きなら是非
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
62終わる世界とバースデイ (コットンソフト)
途中まで没入感があり面白かったが、最終的には佳作評価 → 長文感想(1454)(ネタバレ注意)
65アッチむいて恋 (ASa Project)
途中まではかりぐらし以上かもと思ってたけど終わってみると気のせいだった → 長文感想(864)(ネタバレ注意)
77キッキングホース★ラプソディ (ALcotハニカム)
友情と恋愛の狭間で揺れる少女たちの葛藤、やるせなさ、割り切れない思いなんかが画面を通して伝わってくる三角?四角?関係もの → 長文感想(104)(ネタバレ注意)
75真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ (BaseSon)
良いキャラゲーでした → 長文感想(903)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 3h
80真・恋姫†夢想 -革命- 蒼天の覇王 (BaseSon)
EDがダメね
総プレイ時間 : 38h / 面白くなってきた時間 : 3h
80のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
月山瀬奈
総プレイ時間 : 23h / 面白くなってきた時間 : 3h
78キッキングホース★ラプソディ (ALcotハニカム)
本当は強い憧れの気持ちを持ってるのに、そのことを前にすると足がすくんでしまう。そんな人々が自分の気持ちと向き合い、相手と向き合い、恋愛に真摯になっていく作品。話が話なだけに付き合ってからは甘く冗長に感じる部分もある。しかし、そんな当たり前の幸せを彼女達は掴みたかったのだと思うと、自然と受け入れられる。
総プレイ時間 : 10h
8511eyes -罪と罰と贖いの少女- (Lass)
久しぶりに夢中でプレイした作品 終盤駆け足過ぎるかもしれないがそれを補って余りあるカタルシスが得られる作品だと思う
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
88リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
終始、おるごぅるらしいズルい(褒め言葉)作品だったなあって感じでした。最高。 → 長文感想(487)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
72のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
影武者として別人の日常に潜入、というあらすじは読んだ時だけでなく実際にプレイしてみてもワクワクしますね。基本的にはイチャラブゲーですが某ツインテ√だけ若干シナリオゲー要素が入ってきたのに驚きました。メイドしゅきしゅき
87真・恋姫†夢想 -革命- 蒼天の覇王 (BaseSon)
恋姫初プレイが今作。他には無い設定で好感が持てた。むしろこれで興味を持って三国志を読み始めたぐらい。華侖と柳琳・風と稟のシナリオが特に好き。
68アッチむいて恋 (ASa Project)
全体的にノリが合わなかった。女装主人公である必要性もそこまで感じなかった
82リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
栞が好きだ
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 2h
8711eyes -罪と罰と贖いの少女- (Lass)
こっぱずかしいまでの厨二に慣れればとても面白かった.長文感想はストーリーの重大なネタバレはありませんが,ネタバレが気になる方はご注意を. → 長文感想(473)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 32h / 面白くなってきた時間 : 3h
85真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ (BaseSon)
華琳さま
総プレイ時間 : 28h / 面白くなってきた時間 : 3h
80さかあがりハリケーン ~LET’S PILE UP OUR SCHOOL!~ (戯画)
楽しくすることだけを考えて自分勝手な主人公が仲間との活動で変わっていく成長物語 → 長文感想(401)(ネタバレ注意)
89G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
展開のワクワク感で言えばたぶんトップクラス。純粋にシナリオが超面白い。
82コミュ -黒い竜と優しい王国- (暁WORKS)
アバターという異能が目玉だが、蓋を開けてみると組織間の抗争を描いたハードボイルドモノという方がしっくりくる印象。伝えたいテーマをいろんな比喩や言い回しで表現するテキストはかなり独特だが、個人的には堪能できた。 → 長文感想(603)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
73終わる世界とバースデイ (コットンソフト)
全体的に粗があるがオールクリアに価値あり作品 → 長文感想(770)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h / 面白くなってきた時間 : 12h
75終わる世界とバースデイ (コットンソフト)
展開に無理があったり、途中若干中だるみはするものの、最後まで夢中で読み進められる作品。読後の余韻がとてもいい感じ。高い点数に納得の作品でした。
総プレイ時間 : 17h / 面白くなってきた時間 : 1h
100アステリズム -Astraythem- (Chuablesoft)
主人公の執念に近い信念に圧倒された。あのシナリオ展開があるから登場人物の繋がりを強く感じさせる。キャラクター性でもシナリオ面でも感銘を受けました。
総プレイ時間 : 16h / 面白くなってきた時間 : 5h
95リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
最高の妹ゲー → 長文感想(258)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 1h
88Quartett! (Littlewitch)
FFDシステムの素晴らしさとともに、たかが音楽』、だけれど彼ら彼女らにとっては『それが俺たちだけの音楽で、幸せの美しい瞬間だった』って理屈抜きに魅せてくれるのが何よりも好きでした。やっぱり音楽を題材にしたお話って好きだ。
83真・恋姫†夢想 -革命- 蒼天の覇王 (BaseSon)
さすが!もう一度やっても面白い → 長文感想(54)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
70アッチむいて恋 (ASa Project)
ギャグ、お馬鹿なノリは面白くて悪くないんだけど、なんかちょくちょくイラっとさせられるキャラの言動があったりで、いまいち楽しめきれない・・・・・・ああ、この感覚は「恋ゼロ」プレイした時と同じだわ。あと、美奈子ルートの主人公のクズっぷりには愕然となった・・・。
80春季限定ポコ・ア・ポコ! (ALcotハニカム)
ALcotらしい適度な軽さと読みやすい文章、そして桐谷華氏の演技が光る駄妹藍。音楽を題材にしてある為か、BGMや音楽の出来が良いのも評価。 → 長文感想(1181)
総プレイ時間 : 12h
79のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
安定したゆずソフト。可もなく不可もなく。
76真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ (BaseSon)
真という名に恥じない大作。革命という名の3部作リメイクはやる気しません → 長文感想(139)
総プレイ時間 : 45h
90G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
個人的には車輪の国より好き。評価で言えばあちらが上だが、瞬間最大風速で言えばこちらが上。るーすぼーいの文章力と言い回しには、さすがとしか言いようがない。