soulfeeler316さんの音楽サマリー

soulfeeler316

脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難さに苛まれながらもレビューを書き続ける新参であります。

個人的に好みなシナリオライター:海原望、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
個人的に好みなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】
上記の要素を取り入れた作品はほぼレビューしていく所存なので、これらの作品が好きな方はよく名前を見るかもしれません。

少しばかり批評を行ってきて気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、自分の場合、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わってしまうと言うのは、参考にして下さる方に対して大変失礼です。
したがって、私のレビューは基本、5点毎にカテゴライズを行っております。
その方が、○○と同じ位には面白かったと言うように、基準がとても明確になって分かりやすく、何よりそこまで一個人の評価が変わる事はないでしょう。
ただ一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)もありますので、結局は一言感想読むのを推奨

また、私の批評はリメイク版や追加要素を含めた完全版について語る際は、元々の原点的作品にも点数をつけています。
元々の作品と追加要素を入れた作品、両方の批評内容は基本的に同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数も元々の作品とあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、勿論、例外と言うのは少なからず存在する物
程度次第(加筆修正の妙、演出強化etc……)ではレビュー内容の一部変更及び追加、そして点数の増減が発生する事も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願いします。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら必ずコメントを述べるでしょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

音楽統計情報

音楽得点入力数 29
音楽感想入力数 25

音楽得点分布

得点度数グラフ
2004
1506
1203
1005
90~997
80~893
70~791
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

新着コメント

切ない。
只々、切ない歌
OPが熱さと切なさの共存を図った末に生まれたEDは、後者のみが生存する結末と相成ってしまった。
しかし、そこに特化した結果、物語を終えた余韻と言うのがとてつもない事になっている。
それは、決してOPに引けを取らない出来である事の証明
対等の立ち位置で、作品内で調和し合えた楽曲と言えよう。

「夢を見たんだ、君の夢だよ」
「声を聴いたの、貴方の声を」
「君を探すよ、遠回りをしながら」
「貴方を追うわ、近道を走って」
「君の所へ、走っていくよ、真っ直ぐ」
「手紙があるのよ、私から貴方へ」
クリアすると、全ての歌詞が堪らなく愛おしくなる。

暖かな思い出は既に遠く、遥か彼方に――
でも彼は、彼女は、探しに行く。
間違いなく、お互いを「知っている」のだから。
先の見えない絶望の時代に、確かな希望を感じられる歌
文句無しの満点です。
愛すべき「隠れた名曲」
エロゲには盛り上がる曲ってのが多すぎて、絞るにも定番化したモノばかり
中には、埋もれてしまう歌ってのも少なからずある。
これはそんな、話題にもあまり挙がらない「悲しい名曲」
しかし、私にとっては未だ燦然と輝いている「魂の歌」

これまで「盛り上がる曲」と言うのは数多く聴いてきたが、ここまで色々な事を沁み渡らせてくれた歌ってのは存外無い。
ただ熱いだけでなく、この歌には全体を通して「切なさ」がある。
暗闇の中にも光があって、そこのみにて光り輝いていると語る曲調に歌声、歌詞や雰囲気
それらが全て、熱さと切なさの絶妙なコントラストに繋がっているのは圧巻の一言
マカロニ・ウエスタン舞台が故、途中に聴こえる銃の効果音も堪らなく魅力的
この曲を聴いて魂が震えないのは、実に勿体無い。
是非とも「暗い夜空を走り抜けて欲しい」

聴けば聴く程味が出て、感じれば感じる程狂おしい気持ちになる。
点数をつけるのが随分と遅くなってしまったが、やっと良さを噛み締められたので断言しよう。
「風を裂いて駆け抜けろ、今」
「誰よりも早く行ける筈さ、夜空の下ならば」
これは私にとって、愛すべき魂の歌である。
最後を飾る温かな楽曲
作中、何度も言われてきた「曲名」が、実に身体へ沁みていく。
私は好きです、こういう歌
THE 格好良いエロゲソング
一昔前の異能力厨二バトル作品を思い起こさせる。
血潮滾る熱き感情を呼び起こし、旧き良き懐かしさにも浸らせてくれた楽曲
THE 格好良いエロゲソング PART2
使われる所が使われる所なので、結構印象に残っています。
インストゥルメンタルでも聴いてみたい程、バックサウンドが魅力的

ログイン






検索