cyokin10wさんの音楽サマリー

cyokin10w

好みの容姿と性格をしたヒロインに好みのHシーンが搭載されている割合の悲しいまでの低さに世の無常を感じるcyokin10wですこんにちはこんばんはおはようございます。
【2019.5.3つぶやき】ちょうど2年前のG.W.に、業界にシナリオゲー回帰の(小さな)動きがあるとか書いたのですが、その流れが少しずつ緩やかに大きくなってきている感じがしている今日この頃、『サクラノ刻』はまだですか?

長文感想を書くにあたっては、作り手さんへの敬意を失わないようにと心がけているつもりです。
読んでくださる皆様と、その作品の楽しさを共有できるような文章が書けるようになったら、それはとってもうれしいなって。

物語の内容  : ラブコメ好き。ドロドロ恋愛好き。厨二好き。
キャラクター : 妹キャラ好き。敬語キャラ好き。
おっぱい   : 普乳好き。普乳よりやや小さめで、気にする程でもないのにちょっとそれを気にしてるヒロインとかだと尚可。
Hシーン   : 下着姿好きの全裸好きなので、脱がす差分をこれでもかという程用意し、脱がす毎にヒロインを恥じらわせ、ブラ・パンティのみ姿→パンティ1枚姿を経由した末の全裸→股を開いて正常位処女っクス(俯瞰視点)こそが至高(リビドー全開)

殿堂入り嫁   : 朝倉音夢(D.C.) 朝倉音姫(D.C.II) 朝霧麻衣(夜明け前より瑠璃色な) 瓜生桜乃(ましろ色シンフォニー) 黒川雫(恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!) 夏咲詠(向日葵の教会と長い夏休み) 月嶋夕莉(恋がさくころ桜どき) 道明寺萌美(ピュア×コネクト) 長津田夕美(キスベル)

こんな僕デス よろしくたのみます。


【2018.5.5つぶやき】とあるサイトのアンケートで、どれがいい? 1.無 2.微 3.並 4.大 5.巨 という選択肢の中、並が35%強の票を獲得して勝利を収めていた(総票数1100票ほど)のを発見して何故か会心のガッツポーズをしている今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。
ただ、並乳が勝ったバンザイ!だけでなく興味深い結果が出ていまして
・ドベ1が無でドベ2が巨であるという事。
・無と微を足した票数、大と巨を足した票数は、並の票数とほぼ変わらなくなるという事(それでも4~50票並が多いが)。
この辺りは非常に示唆に富むと思うのです。
昨今のエロゲ業界の方向性とは真逆の結果。つまり極端は×、偏るのは×、という結果が出ているのですね。もちろん、組織票や連続投票が可能なのではないかとか、そもそもエロゲユーザーへのアンケートでは無いとか、色々ツッコミ所はありますが、前者はともかく後者に関しては、それ故に重要な結果であるとも言えます。もし、パッケージを見ればパッと分かってしまう巨乳奇乳が、大きさの偏りが、潜在的ユーザーたちへの間口を狭めているのだとしたら、、、、、、、、、特に初心者向けと言える内容の作品を創っているブランドさんには、一考を促したくなる結果だなぁなどということを考えた、今年のGWなのでした(これを暇人と呼びます)。

【2019.1.13今年の標語(何)】 脱がす差分をサボらない! 女性の服を脱がすあるいは女性が目の前で服を脱いでいくのを眺める。これってとてもスタンダードなエロスだと思うのです。まして初Hの時に好きな女の子(処女)の服を初めて脱がして、好きな女の子が少しずつHな姿になって、最後には全てを晒してくれる。そしてそうすることを彼女が受け入れてくれている。その行為と事実にとても興奮するのですよ。エロゲには、絵と声と文章でその流れを表現できる力があるのだから、是非ともサボらず頑張ってほしいのです。(ドン引き上等の主張)

【2016.1.11つぶやき】 「刺激っていうのは、見せすぎてしまったら後は廃れるだけだよ。だから、コウちゃんの小説の中に登場する、まだ形にならないくらいの未熟な欲望って
何も見せないからこそすごくセクシーなものとして迎え入れてもらったはずなんだよね。だけど、鼓動はそこを全部見せる。私はそれも嫌なんだ。後略~」
(辻村深月著 『スロウハイツの神様』より)
より直接的な『見せすぎる刺激(エロス)』へと加速度的に傾斜しつつある全ての「萌えゲー」「シナリオゲー」に対する警句として。
(抜きゲーはそういう直接的で使い捨てなエロスで構わないんですけどね)


【2013.5.31】 cyokin10wは児童ポルノ禁止法の皮をかぶった表現の自由規制法に反対します。


【2019.1.13 2018年決算】   
cyokin10wが2018年にplayした作品の完全主観順位です。
客観は一切排しているので、つけた点数とは順位が異なります。

1位.『もののあはれは彩の頃。』 鬼無水みさきの生き様に敬意を。シンプルな面白さを求める人へ。
2位.『さくら、咲きました。』 春野つばめの在り方に共感を。エロスにおける羞恥心の重要性について美羽と語りたい。
3位.『ハピメア』 センス溢れる世界の構築。北見六花さんの有栖演技がツボ。初心者の方是非モノ。
4位.『かりぐらし恋愛』 新妻みよりに後夫(あといり)を(ぇ)。色んな意味で丸くなった感じ。
5位.『さくらにかげつ』 寂寥。その仕上げはED曲『Ring』。
6位.『時計仕掛けのレイライン三部作』 推理と魔術のビックリ箱。モー子のヒロイン力の上昇具合よ。
7位.『Making*Lovers』 挑戦と王道のハイブリッド。個人的には共通√が削られてしまうのは淋しい。
8位.『イモウトノカタチ』 伏線張って→盛り上げて→迷走して→打ち切り。だが憎めない。
9位.『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』 相変わらず良い意味で『いい子』なヒロインたちと『可愛い!』の魅せ方は好きだが。
10位.『見上げてごらん、夜空の星を』 何故自分の青春には通い妻ちゃんが居なかったのか(訳:沙夜可愛い)。
11位.『お家に帰るまでがましまろです』 濃い塗りと濃厚H×可愛い絵柄。食あたりを起こさなければ。
12位.『乙女が奏でる恋のアリア』 キレイ。だが退屈。歌の中では『おとぎの国はあなたのもの』が好き。
13位.『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』 手抜き気味?初Hシーンに当たりが多いのでかろうじてこの位置。
14位.『Princess Party』 10周年作品で明らかな手抜き。20周年はD.C.シリーズのようなので大丈夫、、、、、、か?
15位.『暁の護衛』 プレイ前期待値からの肩すかし具合過去最高クラス。麗華の初Hとツキとの漫才は〇。

今年のcyokin10w裏テーマは、エロスケ中央値信者の自分が中央値を無視して絵買いしたらどうなるか、だったのですが
結論から言うと、かなり無残な事態になりかけたのを最終盤にプレイした3本がかろうじて支えてくれた、という感じでした。
中央値からイメージする作品の出来。それをいい意味で覆してくれる作品には中々出会えないものですが、それでも上位5本は大奮闘。
特に『もののあはれは彩の頃。』と『さくら、咲きました。』『ハピメア』『さくらにかげつ』は強く心に残る作品となりました。
それらも含め上位に入っているのは、魅力的な作品世界を形成しているモノばかり。
どことなく、寂しさというか物悲しさというか、そんなものを作中に内包している作品が多かったように思います。
そして何故か何故だか好みのHシーン(この欄上の方参照)と、奇跡的なまでに大量に邂逅することが出来た年でもあったりして。
(年間通して1~2シーンが普通。多くて3~4シーンだったのに2018年だけで10シーン。異常です。絵買いの効果がこんなところに……?)
さて今年はどんな魅力的な物語、ヒロイン、Hシーンに出会えるか。楽しみです。

音楽統計情報

音楽得点入力数 1
音楽感想入力数 1

音楽得点分布

得点度数グラフ
2001
1500
1200
1000
90~990
80~890
70~790
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
200 200 櫻ノ詩( )
150
120
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0

歌手別入力データ状況

歌手データ入力数音楽
はな 1 200 櫻ノ詩( )

新着コメント

『空気力学少女と少年の詩』同様、OPで聴くのとEDで聴くので、大きく印象の変わる曲。この歌詞に作品の全てが詰まっています。そして歌い手の力を十全に引き出す旋律もまた素晴らしい。主題歌、かく在るべし。

ログイン






検索