Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 104
音楽感想入力数 58

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8945
70~7952
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Hey Darling!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 ラブ・エレクション( ) 80 Re:TraumenD( ) 80 Rolling Star☆彡( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 君とつくるもうひとつの未来( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 残光ルミネセンス( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 (a)SLOW STAR( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 LUCKY DOG -Don't lose luck-( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 路地裏猫の正体( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

語りきれないままのお話と音楽。

 『朱』はどことなく音楽的です。音楽というのは、あるモチーフの繰り返しとそれを変化させていくところの単純さ/複雑さに本質があると、わたしは思っております。そうした音楽的手法を、ごくごく素朴なやり方でエロゲテキストへ落とし込んでみたところ、出来上がったのが『朱』の広漠とした日常だったように感じるのです。もっとも、そのやり方はあまりに素朴すぎたから、基底音たるテーマを聴かされつづけた人の眠気をさそうきらいもあって (クラシックの演奏会で舟を漕ぐようなまどろみ)。フェアに判断するならば失敗作だったと思います。フェアな判断をしなければ、とても好きな作品です。

 そんな音楽じみた単純さ/複雑さをもつ『朱』だから、ついにストーリーを言い表しきれないまま、木訥な語りかけになってしまったのだけど。そうして口ごもったままの本編であるゆえ (アラミスが無声であるゆえに)、むしろ劇伴のほうが自然と雄弁になっていくふうでした。物語は同じモチーフを繰り返すばかりで何も語りきらなかった。なので、同じくモチーフを繰り返すのみで語りきってしまうことのない、音楽という表現手法へ実によくなじんでいったようで。『朱』には「この箇所がこうである!」といった感想を返すことのできない雰囲気があってわたしなどは口ごもってしまうのだけど、それはちょうど、音楽を語ろうとするときにぶつかる原理的なむずかしさにも似ています。あの作品においては、テキストが音楽により近しいパターンで書き込まれていたと感じるのです。

 さて、いずれの曲も良かったけど、ひとつだけあげるなら「砂の城 -The Castle of Sand-」が気に入りました。自然と雄弁になっていくピアノ、ギター、ベース、ストリングス、パーカッションといった音の幅から、広漠とした砂の城が立ち上がっていくふうなサウンドスケープをもつ曲です。ただ個人的には、歌詞の言葉運びはぎこちないと思うし、その歌いかたにしても少しだけ真面目に読み上げすぎるよう感じまして。異邦人ならではの、子供っぽくもある、たどたどしさが残っているふうに聴こえるのです。そうした、壮大なサウンドスケープのなかへ埋もれゆくたどたどしい言葉づかいが、『朱』の物語にはよく似ついてるから、あの寄るべない砂の城のすがたをも思い出させてくれて。「The Castle of sand...」「The Castle of sand...」どうしようもなく繰り返しつづける歌声には、あの砂嵐のなかの時間が閉じ込められているような気がします。
75satirize (螺旋回廊2のOP )
女の子が壊れていく愉しみがきちんと詰められた一曲。

 開幕のピチカートからして奇妙な執拗さによって繰り返され、こちらの不安感をふくらませていきます。小節の三音目へのアクセントがかかり過ぎていて、音が異様なしぐさで跳ね上がっており情緒不安定になってしまい、絶妙に気持ち悪くなっていくのが巧いです。不吉です。

 宮崎麻芽によるボーカルラインがこれまた強迫症的に進められていきます。いったいどこで息継ぎしているのだろうという、まくし立てて、問い詰めて、壁に向かってつぶやき続けるようなテンポ。そこへとさらに、音程のアップダウンまでも激しく投げやりになされてしまいます。蛇淫さながらの、地を這っていくときの低音の艶やかさがとりわけ印象的なのだけど、そこから高音へとコロコロ切り替えてしまう二面性というのが、あまりにも女性すぎて怖くなります。確かに彼女はこっちへ向かって歌っているのだけど、目の焦点はあっていなくて、声の焦点もあっていなくて。

 そうしたみだらに壊れていくようなさまが魅力的な歌なのだけど、妙に深みのあるシンセをはじめとした情感ある音によってかっちり仕上げられています。それだから狂いかけたテンポとか、彼女だとかも、うまく楽曲のなかに収まっては沈み込んでいくようで。すべて終わってみれば、結局のところ哀しげな雰囲気ばかりを残していく、複雑なテイストをもったI've Soundでした。
夜の高速に乗ったときに聴いたりするのが好きです。

 わたしにとって、夜のイメージがまつわる歌です。歌詞にそう明記されているわけでなく、途中からぐぐっと盛り上がっていく曲調でもあるのだけど。ただ、イントロから繰り返されていくハープの響きかたが、まどろむみたいに単調で、あれは日の光のもとでは鳴らすことのできない音だと思うのです。夜の高速の、オレンジの照明灯がいつまでも後ろへ流れつづけているような感覚になって。夢うつつで、もの寂しげなリフレインは、夜のとばりを降ろしていくふうに感じます。

 一方で、それとは好対照になっているのがベースで、途中で加わってくると前へ前へとせり出してきます。心強いエンジン音みたいに足元から響いて曲を駆動させていくのだけど、サビではすばやく弦をはたいて、小気味の良いアクセントまでひねり込んでしまう。このベースは重心が低くても機敏だから、曲の足どりもしっかりと軽くなってゆき、そのノリのまま立ち止まることない躍動感がついてます。

 そんなふうにして、夜のせまさと旅の足どりが混ざりあった音です。優雅に幻想的なハープと、躍動する肉厚なベースでもって、上下に弦が張りめぐらされたものだから、そのあいだには空間がひらけていって。本来そこを埋めるべきはボーカルのはずだけど、榊原ゆいの声はなりから気ままで、人の足を止めさせて考え込ませてしまう感動やらとは無縁なようで。「なにも持たなくていい 旅に出よう」という曲にぴったりとあわさる、身軽な歌声が入ったものだから、ハープとベースの弦でもって張られた空間は塞がらないままで、音は詰まることなく抜けていって。日が昇ったらもう残っていないだろう、ひとときの旅の涼しさが思われます。
スキを見せたり見せてもらえたりのしあわせ。

 ちょっぴり洒脱で、ゆるやかに晴れた日とかにぴったりな歌ですね。エロゲソングには似つかない陽気があるのだけども、fish toneならではの耳をするりと抜けていくメロディが功を奏してます。ひとりでにやってきてはひとりでに流れていくから、いっしょにいて疲れない雰囲気なのです。開けた窓からたまたま入ってきた音楽みたいな、何気ないそぶりが心地よい曲です。

 具体的にいうと、シンセの音がよい加減にくたびれていてアナログ風味が強かったり、ところどころ曲に厚みをつけるブラス・セクションからも角をとって和らげておいたり、タム回しのもったりした手さばきがかえって魅力に映ったり。急かすところがなくて、眩しすぎるところもない、余裕をもたせた音づくりになっておりまして。ぐうたらのわたしなどにはちょうどよい、こなれた空気感をキープしてくれます。

 そこへと混ざるMOMOボーカルも、めかし込んだりせずに、親しみきった気安さで声をかけてくれる。晴れ晴れと明るいトーンをしたこの曲のなかへ、「おかしな顔」「歪な言葉」「ちょっと不機嫌そうな顔」「ねじれた愛」「ちょっと老けた君の顔」といったプチ・ネガティブな歌詞をあっけらかんと投げ込むのです。言葉を取り繕おうという気がさらさらなくて可笑しくなっちゃいます。この人となら、小憎らしいセリフをぽんぽん投げあっても関係がねじれたりはしないんだろうなぁという、甘えとか、余裕とか、"あそび" が、ここにはたっぷり在りまして。そうした "スキ" を交換しあえる時間がなんだかもう嬉しすぎて頬がゆるんじゃうゴメン!っていう、たったそれしか歌っちゃいないのだけど。それゆえ曲はもう気を許しきった、甘い生活のモノトーンへ染まってゆきます。あばたもえくぼな、恋のしあわせを味わい尽くしちゃう、とってもぜいたくな歌なのです。
75Silent Snow (SentinelのOP )
オサレ感ある色合いのエロゲOPとか好物です。

 青髪だのピンク髪だのと、およそ現実離れしたキャラクターカラーの女の子を愛でることも珍しくないエロゲですが、そこで開き直ったかのようにカラフルにしたのが『Sentinel』OPムービーでした (製作元はポイント・ピクチャーズ)。
 パステルへと寄せていった『Cure Girl』OPあたりの系統ともまた違った、あくまでエロゲ塗りのデジタル発色に忠実な雰囲気となっております。お手頃価格帯のインテリア家具・雑貨なんかでもよく見かける、マカロンカラーに近しい色味ですね。
 明るい単色でもってシーンごとにはっきり塗り分けていく色彩感覚はあどけなくも優しげです。そしてまた、冬ゲーらしいライトブルーの丸とか四角をワンポイントに用いるものの、その背景へはオレンジを置いてみたり(0:23)、踏み切りのカットでは優衣の子供っぽいピンク色のジャージ姿へかぶせたりと(1:06)、補色を好んで合わせるから目に鮮やかに飛びこんできます。あるいは黒地やモノクロ地にのせて色を浮き立たせることもしばしばで、色の寒暖差をはっきり見せます。
 そうした視覚的な楽しさをふまえると、主題歌「Silent Snow」もまた、キリッと寒色のデジタルサウンドの下地から、暖かみのあるボーカルが浮き立ってくる、鮮やかな曲だと感じます。正確な4つ打ちや、シャリシャリと刻んでいくライド、すべらかなシンセの音などが曲をきれいに均しているゆえに、Ritaボーカルの声色がもつあたたかみはいっそう染みわたります。あるいは表情豊かなギターも、ワウワウうねっていたかと思えば、素直に透きとおった音を鳴らしてみたり。デジタルサウンドの中にあるからこそ、人の声などにふくまれた雑味の、そのあたたかみが映えていく、コントラストは楽しいです。

 ところで、『Sentinel』OPにあったコンセプトをよりいっそう推し進めていき、好評を博したのが『PARA-SOL』OPムービーでございました。あまねくところへ幾何模様を散りばめつつライトブルーの基調を作ると、そこへとオレンジの傘をワンポイントにして浮き立たせたり(0:40)、鮮やかなイエローの窓を開けたり閉めたり(1:24)。やはり補色の効果へとこだわっています。黒スーツや黒手袋といったアイテムでもって、ヒロインの鮮やかさのみをこちら側へと浮き立たせる仕組みもあって。限られた色へとトーンをそろえて、鮮やかな世界を伝えようとする美観が響いてきます。そもそも作品そのものの色指定を見てみても、青系統と黄系統のコントラストでそろえられており、トータルデザインがばっちり整っています。
 こうしたデザインへと実によくハマっているのが、ave;new・佐倉紗織「Octabe Rain」から一面に広がったピュアサウンドなわけで。キックやベースなどを重くひずませた低音を這わせておくと、その上空を電子の矢みたいに一直線ですっ飛んでいくボーカルラインの愛らしさがくっきり際立ってきます。ライトブルーに洗浄された電子音などを下地にひいておくと、女の子の黄色い声を極めたようなボーカルラインはぐんと伸びて、視界がさわやかに塗りわけられていく。思いきった色づかいの曲になっていると感じます。

 さらに別の作品だけど、より小ワザを盛りだくさんに作られていたのが『聖剣のフェアリース』OPムービーでした。青色シルエットと、そこへ補色のオレンジを差し込んでいく鮮やかさや、黒地へと赤い折り鶴を映えさせるところなど、色彩感覚には通うものがあります。ところが発色はいくぶん上品であるし、タイポグラフィ (装飾的な文字) がより存在感を増していたりと、より多彩な趣向をふくんでいるふう。あるいは幾何模様の入れかたにしても、異様に芸が細かいです。たとえばイントロにおいては、あられもない姿のヒロインたちを遊郭めいた "格子越し" に見るという背徳感を刷り込みつつ(0:05)、その格子をシフトさせるうちほんの一瞬だけスカートのチェック柄みたいに見せたかと思えば(0:12)、そのまますぐブラウスの真っ白な繊維へとまぎらせてしまう (0:15)。なんでもない図柄が補助線となって、"脱がせていくときのエロさ" を逆再生するような、ひそやかな色香を残していくからすごいです。
 より多彩な色合いを取り混ぜて小ワザも盛りだくさんなムービーなのは、主題歌に合わせたゆえやもしれません。「mirage tears」は同じくave;newプロジェクトによる楽曲ではあるけれど、その音色はより多岐にわたっています。白沢理恵ボーカルは、まともな音域のなかでアップダウンしていくので感情表現がわかりやすく、ラップを取り混ぜたりといった小ワザも披露しようとします。「Octabe Rain」のようにボーカルの原色が突き抜けることにはならず、曲は慎重にバランスを取りつつ進んで、ひんやりウインドウチャイムっぽく波打つ音色とか、いきなりあどけない笛の音色といった小道具もそれぞれが巧いこと差し色になっておりまして。だから、ぐりぐり動き回る映像にもその都度に音はよくからみ、ひとつのムービー作品として見たとき、いずれが突出するでもなく完成度を高めておりました。

 エロゲはおよそ現実離れした色合いでもって作られる世界です。だから単色をいっぱいまで塗り広げたり、補色を鮮やかに挿してみたりと、大胆な色づかいをしてみせるこれらのムービーが、しあわせに馴染んでいるふうに感じます。
 その上で、めいめいのエロゲソングに目をやれば、音色の幅広さとか編曲のとんがり具合など十人十色ではある。なので、それにあわせて映像に工夫がこらされてみると、オープニングのわくわく感とか増していって。純粋な音楽的感性やらに欠けたわたしにとって、こうして目にも楽しい歌であってくれるのは嬉しいものです。