Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 95
音楽感想入力数 3

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~9912
80~8938
70~7945
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アナベル・リーに憧れて( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 カーニバル( ) 90 カーニバルの夜( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( ) 90 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 90 ラムネ81's -new ver.-
80 85 A night comes!( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 マリンブルーに沿って( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 Girls Life( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

Meis Clausonの楽曲は、リズムを非常にわかりやすく提示している。
 技巧には走らずもっと原始的というか、歩き出すようにリズムを取りたくなる率直さが美点だと思う。「Knowing」においても、スネア(小太鼓) などは、退屈なほどまっすぐな音をタン、タンと鳴らしていくのだけど、その単純なリズムを、こんなにも彩りよく仕上げて聴かせてくれるのだから嬉しい。単調でありふれた日々の生活がこんなにも嬉しくなるという、曲のテーマをしっかりと息づかせている。
 そしてまた曲がはっきり脈を打っていればこそ、真里歌ボーカルはまるで波立つことなく自然体のまま流れて、しあわせな呼吸になる。ちょっと善いこと尽くしでまぶしすぎるような歌詞だって、声を張らずに届けてくれるから、受け取ってみたくなる。
 2番の歌い出しの「おいしいごはん あなたと 思い出した」っていう口ぶりが、わたし大好きなんだ。みそ汁の大根を切ってるときとかにこの曲が流れてくると、包丁をトン、トンと鳴らすのが楽しくなってしまう。ほんのつまらない生活の一部からも、小気味よいリズムを身体がひらうようになる。かしこまった技巧を押し出すことのない曲だからか、普段づかいで手にもなじみ、日々の糧になるだけくらいの、ほんの少しずつの良いリズムをいただいてる。誰にでもわかる素敵なリズムだ。
優等生的にこなれた旋律のなか、ボーカルのもつ独特なゆらぎが映えている。
 Re:TrymenTはピアノや弦楽器の美メロでもって耳をバッチリつかむ、華のある曲調だったけれど、そんな中にボーカルラインだけ柳腰でわびており、かえって映えばえとしていた。
 一方でこちらのバージョンになると、その声の特徴がありありと出てきている。弦楽器的なゆらぎ・かすれを多く含んだ歌声で、それもヴィオラなどよりも二胡とかに近いイメージ。二胡には指板が存在しないので音のブレこそがおのずと風情になり、泣き涸れたふうに音をかき鳴らしたりと、わびた雰囲気を生むものだけど、それに近しい歌い方のように感じる。
 曲調はゆっくり歩き出すかのようだけど、歌声には伸びやかさがあまり見えなくて、歌詞をひとつひとつ指さし確認するみたいにして綴っていく。熱意が先走ることはなく、出る杭をきちんと打ちつつ制作された、三年目の社会人的に収まりがよい歌。でも、まだ声は震えている。奔放に想いをふりしぼったりはもう柄じゃないけど、それでも切々と語りかけようとし、噛みしめすぎて言葉をゆらしてしまう。だから、誰かに伝えなきゃいけない気持ちがあったハズなのにというタイムアップ感 (青春やら悔悟やら) が伝わってきた。
 時が過ぎてこの曲のことを忘れはて、エロゲソングとかも卒業()した頃に、もし聴き返す機会があったなら、また沁み入りそうな予感もする。たとえば終電を逃したタイミングとかに、かつて受験勉強やレポート書くときにドリンクバーだけで居座っていた24時間営業のファミレスにふと立ち寄って、そこで音楽プレーヤーから偶然流れてきてさ、好きだったこと思い出したりしたら深夜テンションにつられて泣き出しちゃったりでお前、はいはいオッサン年甲斐もなく恥ずかしいなお前もう、もう一度、ってなる。名残惜しくて、ゆらぐ曲だと思う。
850の軌跡 (Volume7の挿入歌 )
 旅程、郷愁、喪失者。日々の浮き沈みのなか、大切だったものをなお見続けようとする楽曲。声高になることはなく、しかし豊かである、巧妙な構成をもちます。
 イントロの愁いげなピアノ・フレーズを鳴らすと、ボーカルもどこか不安げな高低差をもって歌いはじめる。サビ「行き先をなくした~」からは2度ほど上げた曲調となって希望が灯るものの、その暖かみはささやか過ぎて。歌詞もまだ諦観ばかりだから、わだかまりが残ります。そんなサビを終えると冒頭のピアノ・フレーズを繰り返すのだけど、4小節終わった途中のところで調をふっと元に戻してしまう手つきが職人芸です。たとえば代わり映えない日々に光明が見えたはずなのに、寝て起きればあやふやになってたときみたいな。あるいは旅先の駅や空港で、友人に別れを告げた直後の虚脱感みたいな。水が低きに流れるように自然に下りてゆく感情表現が巧すぎです。そうして先ほどと同じメロディをまた繰り返すこととなり、「消えてゆく」「狭間へと散る」「落ちてゆく」「押し寄せてくる」流れてゆく時間や場景をなすすべもなく見送ってしまう。
 ところがです。またサビに入るのかと思ったところで、意外にも新しいメロディへ展開していくのです。「たとえばすべて、失ったとしても」淡々と眺めやるのみだった歌詞がここにきてはじめて意志をのぞかせ、寂しげな曲調に抗うそぶりを見せる。それに応答する間奏によって、ついに希望のトーンが整えられていって、今度こそはとサビを迎えます。前回のサビと同じ調ではあるのに、心もとなさは不思議と拭われている。「私の名前を呼び続けて」ただひたむきに唱え続けるその姿勢へと静かに感動してしまう。アウトロでは冒頭の愁いげピアノ・フレーズが再び示されるものの、ひそやかに2度ほど上がったそれに、歌い上げられた意志が打ち消されてしまうことはもうなくて。余韻をもって終わりゆく。
 このように寂寥感であったり束の間の希望であったりと、曲調とともに感情の温度は所在なさげに浮き沈みする。しかしそのなかに観月あんみの体軸からしっかりした歌声が通っているゆえ、芯の強い印象となります。悲しみを誰かれなく触れ回ったりはしない歌。いろんなことがあって、すごく頑張ったけれど、最後に残ったのはたったこれくらい。そんな軌跡を受け入れた音楽。わたしは聴き終えると「それでも、残ったんだ」と付け足したくなりました。