Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 101
音楽感想入力数 36

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8945
70~7949
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Hey Darling!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 ラブ・エレクション( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 君とつくるもうひとつの未来( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

グラフィカルな音づくりが気持ちよくて、電車の中じゃ聴けない。

 MANYO楽曲はどれも好きなのだけど、明るくリズミカルなものなどは、聴いてるうちにウキウキしてきます。とりわけ本作や「Primary」などはストリングスアレンジがわかりやすく楽しい曲でして、わたしなど耳にタコができるほど聴き、身体によく染み込んでおりまして。
 だからもう電車の中とかの人前では、うっかり聴けたものじゃありません。聴いているうち、われ知らずにエアヴァイオリンをやらかしてしまい、すごく恥ずかしい人になりかねないからです。「タラララ リーラ ラーリラー」って、もうどこへ出しても恥ずかしくない立派な不審者なのです。
 良いポップソング (売れる歌) には二種類しかなくて、しんみりくるバラードか、観客がかんたんに声を揃えられるところを用意した曲である。そんな話を聞いたことがあるけど、そうした尺度からしても、この曲のストリングスは素晴らしい出来栄えなんです。そのせいで、わたしなどは右手がなぐさみに動き出して、めちゃくちゃで下手っぴいに、できもしないボウイングとかやっちゃうのぉぉぉ (びくんびくんっ)

 MANYO曲はおしなべて楽器の種類を多めに用意して、そのわりに、ある局面ごとでしか音を押し出さないようにするのでメリハリがついてます。バリエーション豊かながらも音の詰まってる感じがせず、ある楽器が鳴っているところから別の楽器への間取りについて、よく心を配ってくださってる。それだからひとつひとつの音は濁らずに、見て取りやすく、すっきりリズミカルに配列されるのですね。
 参加されていた『Clover Day's OST』の「Clover Day's suite 1~6」とかは、徐々に音を増やしていく趣向ながら、ひとつ前のsuiteでは主役を張っていた楽器が、ごく自然に身を引いていたりする楽曲群でした。ちょうどそんな感じに楽器を出したり引っこめたり、おのおのに見せ場をしっかり整えるスタンスがMANYOにはあるようで、「Clover Day's」においても演奏の表情がよく見えてきます。たとえばステージの幕を切って落とすピアノのすばやいグリッサンド(0:11)が、鍵盤をしたりと滑っていくひらめきであったり。ラスト前のタメを任されたギターのカッティング(3:11)が、想いをグッとこらえて弦を押さえこんだ指のかたくなさであったり。それらのもつ豊かな表情は、わたしみたいな楽器をやらない人にだって想像できて、その生き生きとした活躍を見ていくのが楽しくなっちゃうのです。グラフィカルな音の動きです。

 さて本作「TIME」などはストリングスをよく利かせた曲で、ボーカルラインに並立したりしながらよく動きます。なのだけど、彼らは出ずっぱりで曲を支えているわけでなく、歌声からはいくぶん距離をとりつつ、さらに華のあるポジションを任されているのですよね。
 片霧烈火は、それこそ燃え上がるような歌をつけることだって出来るボーカリストなのだけど、本作では波立つことなく安心して聴いていられるような、よくよく耳になじむ声を提供してくださってます。そうした波立つことない声がメロディにそって穏やかに在ってくれるがゆえ、ストリングスのほうは存分に遊びをもって動き出せます。イントロ、アウトロなどで曲の雰囲気を決定づけてるのは彼らだし、サビ始めではもったいつけた二音を予告しておいてから加わるという悠々っぷり。おしなべて長めの音符をしきつめた楽曲だから、ストリングスが短く切り返したりすると、その動きはものすごく鮮やかに映ります。そうやってちょこまか利発に動くストリングスが目を引くことで、そのベースとなっていた、いつでもまったりなボーカルのぬくもりも沁み込んできまして。
 そんなしあわせな関係が成立しているためか、ときどき合いの手を入れるストリングスが、ほんとうに気ままに楽しそうに動きまわっていて好いんです。だから思わずもそこへ、かんたんに手を添えてみたくなっちゃって。恥ずかしいわたしとかはもう、右手が空想の弓をもってデタラメに動きはじめちゃうにょぉぉぉぉぉ (びくんびくんっ)

 "曲に思いを込める" ふうの勘違いとかはなく、"曲で思いを表す" ことにつとめた、良く見せる音楽です。
踊りかたはおぼつかなく純水。

 高音域にはシャリシャリ感あるシンバルとかやせっぽちなストリングスがついてまわり、音数も少なめなので、耳あたりはひんやり軽くなります。そこへ浮遊感のあるエコーがかかってくるゆえ、ドライミストみたいな、耳に触れたそばから消えていく小粒な音楽という印象。残らないから、さわやかです。

 『虹を見つけたら教えて。 』はエロゲをはじめたての頃に体験版だけやって、これはスルースキルが足らないと読むのがむずかしいやつだマジコワイ、となり避けてしまった作品でした。『SWAN SONG』みたいな風貌をした美少女ゲームならまだしも危なげないのだけど、こちらの作品の風貌でもってスイの存在とかあると、さわるのから怖かったです。
 そうして偏見ぶくみのイメージを抱いていた作品だったから、そのイメージソングとして聞いたこの曲にも、妙な印象がついていきまして。アップテンポと単純な4つ打ちをもった、さわやかダンスナンバーなのだけど、聞いているうちに意味もなく不安をかき立てられてしまい面白いのです。

 ひとつには、そっけなくて薄い電子音のとりまぜかたなどから、薄氷の上で踊っているみたいな儚さがあります。さらにいえば構成のほうも、ところどころ余裕がなくて。たとえば「優しい気持ち 撒き散らせ sheet of spray」から「水溜り dancing jump」にかけてなど、サビを重ねるところは急ぎすぎてるふう。わたしの感覚するとワンテンポだけ曲が走りすぎているから、その突拍子もなさにとまどって、水面下で違和感はふくらんでいきます。
 そうしたリズムに翻弄されるかのように、踊り手であるところのボーカルの足どりも、いいぐあいにおぼつかないです。歌い出しから人形めかせた棒読みではじめますし、「見慣れた町並みぃつもの」や「見慣れた海辺にょみがえる」のあたりでは、歌詞のほうが焦ってもつれて (音符が足りておらず) ちょっと吃音みたくなっている。そうしたつかえつかえの言葉づかいで、とても晴れやかな内容を晴れやかに歌ってゆくものだから、その笑顔はいっそう危なっかしくて。聞いてるだけのこちらがハラハラしてしまいます。
 けれど、それはわたしが小賢しい理屈をいろいろ考えているからで、歌のなかの女の子はそれはそれで、どこまでもしあわせな世界に生きているもので。いかにも世ずれしない歌声に気をもんでいるうち、ついには惹かれちゃいました。"純粋なもの" というのはたいがい劇物なのだけど、それに触れたときの晴れやかさやおそろしさを漂わせた曲として覚えております。
薄気味の悪いパラレルがよく耳に残っている。

 ややも無感動なウィスパーボイス、無骨に二度鳴っては立ち消えるシンバル、冷たくも温かくもないシンセのメロディ。そんなふうに流れゆくイントロがなかなか印象的。
 茶太ボーカルは熱のこもらない声づかいで心地よいです。たとえば心がささくれだっているときにも、そこへ触れてくることをしない、癒やしたり病ませたりをしないスタンスを好ましく思います。そうしたボーカルの、おっとりナチュラル闇属性が本作ではにじみ出ており、気力がなくて投げやりな歌でもって世界はうすく延ばされていくみたい。サビ前の「さぁ行くよー」とかを聞くと、いや結局どこへも行きつけないのだろーなという思いをさそわれまして。ポジティブな言葉にもかかわらず諦観のトーンが残っていって、そのズレた感じとか面白いです。
 どうにも曲を通して、つねに和声が薄気味悪いよう感じます。たとえばサビ終わりの「離さないでー」のところでは、ボーカルの投げやりな声の伸ばしかたと、ストリングスの無機質な弓の運びかたが、絶妙にからまないまま平行線をたどっているような (本編物語をかんがみるなら「夜の世界」がうっすら日常とパラレルするような)。
 あるいは、立ち消えてしまったクラッシュシンバルにせよ、あまりに無機質なストリングスにせよ、音を減衰させるのが不自然に早いです。だから、ボーカルの声音に人恋しい夢を見ていたところだったのに、それがプツリと途切れてしまったような気分となって。どうやって聞いたものか割り切れないまま、奇妙な温度感をもって印象に残っているエロゲソングのひとつでございます。この薄気味悪さを眺めているのが、なんかちょっと好き、なのだと思う。
ふんわり着飾ってキラキラしていてくれるエロゲソング。

 出会いがしら、身だしなみのよい音を見せてくれる。すべすべのストリングスを添えて、キュートで力の抜けた「ララ・ララ・ランララ」のイントロは、いかにも涼しげなオシャレさん。はじめて聴いたとき Round Table feat. Nino あたりとか脳裏をよぎっていった。
 けれど、いざ歌い出してみたらば Clochette feat. Yuno とばかりの低めにおさえたボーカルが、いたずらっ気をふくませて甘くささやくAメロがくる。かと思えば、音割れ一歩手前までぐわぁっとボルテージを上げていき、夏空いっぱいの高さまで届くサビとなって。そうして響きわたらせると、またしとやかに「ララ・ララ・ランララ」。いつも楽しげなトーンのなか、ちょくちょく変わる歌の表情でひきつけて、心地よいこの場所へと根づかせていく。そんな進行がブランド色にもよく似合っている。
 全体としては優等生な曲構成めがけて着地していくのもまたClochetteっぽい。ときどきのぞくボーカルの野趣を、ストリングスの伴奏がなめして落ち着けたりと、熱気の走り過ぎることないよう上手にコントロールされている。さらには、こっそりいい仕事してるファンシーなギターとか、水切れ良い響きのライドやハイハットが支えていって。ほどよいだけ空気を温めると、スッキリ収まりよく仕上げられている。

 ところでClochetteのムービーは、足とか靴とか首筋といったパーツでもって色気を見せてくれることが多くて好き。乳袋で有名なブランドだけど、基本のところで保守的なメーカーさんだと思うし、エロゲの王道たる "塗り" を重ねに重ねて布のシワとか陰影とか追求していったら、乳袋がけしからんことになっちゃった感。『スズノネ』発売当時には、ヒロインの瞳が夕陽をキラッキラに照り返すエフェクトとか、ちょっとばかり驚かされた。
 本作のOPでもヒロインたちの靴をキラッと磨き込んでおり、そうやってエロさに如才なく着飾らせておく、猫のかぶりっぷりは素敵。わたしのムッツリスケベ心を直撃してくる。そうしてみるとこの曲にもまた、ボーカルの本気の声へと、オシャレ小物をいっぱい散りばめ、しゃらしゃら軽くしておいた風情があって。がっつりエロいCGが売りの作品本編に先がけて、ふんわり澄ましたイメージをまぶしたみたいで、とても綺麗に仕事してるエロゲソングだと思う。
ローファイな歌声で素敵。

 テンションのかかってないギターとか、曇ったシンバルとか、どこもかしこも音像は結ばれておらず、やみくもに雑踏のなかをかき分けていくような曲。
 ところが、そこで雑踏をかき分けていく役どころのボーカルが、いちだんと締まりないありさま。楽器隊よりもさらにいっそうローファイな音づくりになっており、ひずんでにじんで、解像度がわちゃわちゃに低い。歌ってる女の子との間には真鍮のシャッターが降りてて、それをはさんだ向こう側からわめき散らすみたいに、こもって響いてくる。
 そこにきて歌詞がノリと勢いだけで内容はもたず、「木霊する!」「かき鳴らせ!」と、今まさに演ってるこの曲そのものをエコーさせていく。ここにはただただ、音を出す! という動きだけがあって、せまいハコでやる演奏だからそのローファイな音は充填されてゆき、出口を求めてやみくもにエコーし続ける。「トビラを叩け! トビラを叩け!!」引き戸をひたすら前に押してるような、愚直で後先考えず、勢いまかせな繰り返しがカッコいい。

 エロゲのお話というやつは惚れた時点で負けというか、こまけぇこたぁいいんだよヒロイン可愛い!となった時点で勝ち。つまるところ勝ちとか負けとか考えないアホになって、攻略順やらコスパやらも度外視してるときがいちばんしあわせで。そうした下半身直結の夢と希望に、うまいこと重なってエコーするような、内容のない歌になっているよう感じる。
 そして低解像度でローファイな歌声をぶんまわされてトビラが破られようしてるのだから、その先にあるのは、どこか遠いアチラの世界とかじゃなくて。よもやコッチ側に突き抜けてきちゃうのではないかという夢がいまだ残ってて。それが素敵だと思う。