Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 103
音楽感想入力数 46

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8945
70~7951
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Hey Darling!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 ラブ・エレクション( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 君とつくるもうひとつの未来( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 LUCKY DOG -Don't lose luck-( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 路地裏猫の正体( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

きれいに響くボーカルが、ギターの雑音の人間味を引き出してくれる。

 KIYOボーカルの響きかたには、ややポップスらしからぬ癖を感じます。喉の奥をひらいて歌うことで共鳴を深く取ってゆく、いわば声楽に近しい音質をふくんでおりまして。かつて音楽の授業で習ったような、あるいは、"うたのおねえさん" がするような喉のふるわしかた。これを真正面からふるって聴かせたらば「snowdrop」みたいな歌になるわけですね。巧い。

 ただ私個人の好みをいうと、そんな声素材をポップスへとぜいたくに使い、あどけない音楽をしっとりと品よく飾ってみた「Flyable Heart」などの曲づくりに、いっそう面白みを感じるんです。
 声楽っぽく深く響かせて良く飛ぶ声なものだから、"うたのおねえさん"っぽく、優しげに取り澄ました雰囲気になっております。さらにはエコーまで多用するものだから響きに響いて、ボーカルは曲のぜんぶへと雲のようにかかって包み込んでいくみたい。
 すると、シンセがちんまり鳴ってみた音とか、なんとなく踊ってみたベースとかの、あどけない音色がとても映えて、素直な暖かみをもって動いてるのがわかるのです。そうした素朴でくっきりした音たちを、ボーカルがしっかりと響きながら見守っていくうちに、ほんわかメルヘンチックな楽曲ができあがってました。

 本作「残影の夜が明ける時」でもまた、響きわたるKIYOボーカルが曲のアウトラインをきっちりと縁取っておくからこそ、そのなかで動く音はさらに活き活きとしていくように思えます。
 声楽寄りな発声をよくしてるということは、すなわち雑音が響きのなかへまるめられ、優美に収束されているわけでして。だからそれと際立たせ合いながら、粗野にわめきちらすギターどもの生命力、ギザギザした音の成分へとむき出しになった個性というのがくっきり描かれてくるのです。がむしゃらに続けていくリフワークの荒削りなところが、綺麗に響かせるコーラスによって浮き上がってきて、とても魅力的なすがたを晒してくれます。
 あるいは、JOHボーカルのすらりとブレない単刀直入さも引き出されてきます。よく音程をととのえて馴染みあわせたボーカル同士ではあるのだけど、余裕をみせて震わせていくKIYOボーカルとともにあると、JOHボーカルの硬くマイクを握りしめたふうな強さがなんとも魅力的にのぞけてきて。そうした意志の固さが「逃げ出さないで」「うつむかないで」と一途にねがう曲に、切実な雰囲気をつけていました。ひとつに声が重なったかと思えば、いつの間にやら背中合わせに歌っているような、昼と夜みたいにつかず離れずのありかたをしたツインボーカルでした。

 水月陵は、曲のパーツとして自身の声(KIYOボーカル) を取り扱うのがうまいと思います。自身の喉にコントロールを利かせつつ、エフェクトも用いて自由に造形していくのは、曲を提供されて歌う専業ボーカリストの人にはなかなかできない強みと感じるところ。
 専業の人はそれが唯一の寄って立つところになるから、あたりまえだけど全身全霊で、そうそう個性を引っこめれるわけもないのだけど。まずコンポーザーとして全体への視点をたもちつつ、自身の曲へと提供されるKIYOボーカルというのは、ときには自然に一歩さがりつつ、曲のために響いてくれるふうにも感じるのです。
うらぶれた情感と、その暴発がなじみやすい。

 エロゲソングらしからぬ毛色をしております。それもそのはず、もともとは全く別の映画のために書かれたものの、その話がポシャって、タイアップ使用が浮くこととなり。それが極東の島国で、陵辱エロゲのテーマソングになってしまったとかいう数奇な運命の楽曲。(ちなみに後から経緯を知った制作者さんも、「ひぎぃらめぇ」とは洩らすことなく "Very cool!!" とおっしゃっていて、よかったです。)

 攻撃的なサウンドをしきつめて重たい影を落とす曲調ではあるけど、一方ではネオンサインみたいに明滅する電子音がまきちらされ、音抜けよいスネアがからりと空虚に響きもします。重さはあるのだけど、重苦しいところまで迫ってはこない、エレクトロニカ風味なアレンジでの音圧の調節がよく効いていると思います。そのなかでボーカルが感情をわめくことで、閉塞感や、孤独にさいなまれる人のすがたを歌っていくタイプのポスト・ハードコアです。
 最初のほうでは「目を塞いで」だの「砂時計は尽きはてて」だのと、くたびれた語りをぐるぐるさせる。「いつもはタフでハードな俺だけど、今夜は少しだけやりきれないよ」と言いたげなうらぶれたダークヒーロー像が思い浮かぶのだけど。そうした弱音というのは、日曜の夕陽が薄れていく時間帯にさしかかり気がふさぐサラリーマン (わたしです) なんかにもわかりやすくて、卑近な感情となっています。
 しかし、その鬱屈したものを軋ませるようにサビ前のタメをとると、いっきに激発させてしまうのだから気持ちいい。「ばっらぁぃくっ ふぇぇぇぇぇぇぇぇいだうぇい!!」野獣じみた剥き出しの声がわきだしてきます。辛いことがあっても「ふぇぇぇ…」女々しく右往左往するばかりのわたしからすれば、なよなよ繰り言してたボーカルがこうしてすべて投げやって音で爆発させてしまう瞬間に、心地よくなって何か預けてしまいたくなって。ひとたび噴き出したらば後戻りもきかなくて、引きづられて共に叫びたくなります。男の存在感がゴリゴリ強いエロゲは、こうした感情をすんなり乗せやすい楽曲を引っ張ってこられて、ちょっとうらやましく思います。
75Tragicomedy (ReversibleのOP )
低く流れてゆく愉しみ。

 きっちりボーカルものとしてバランスがとられた曲です。歌を邪魔しないようにと管楽や鍵盤はおしなべて控えめに声を揃えておくので、わたしなどにも聴きどころのわかりやすい曲になってます。
 一方では、なかば投げやりなほど気ままに、愉しげにステップを踏んでみせるのがベースラインで、おどけるようにアップダウンしては曲を主導していきます。この低いところで表情を変えていく音が、コシの強い柳麻美ボーカルとはよい相方になっておりまして。近作の「Dance of Wolf」でもいかんなく発揮された、地植えの伸びやかさをもっている歌唱力ですね。わりと揺らいだりふらついたりはするのだけど、踏みつけられてもすぐ起き上がる野菊みたいにしたたかで、音のたわみかたが快いです。これが放蕩のままに進んでいくベースラインとはうまく絡んでいくふう。彼女たちは綺麗なものを高らかに歌ったりしないけど、低いところに愉しみを覚えると、ままよとばかりリズムをとってみせる。トレンディドラマっぽく悲しげな歌詞のはずなのだけど、声には湿気ったところがなく、それどころか、乾いた笑いの発作を抑えるようなそぶりすら見せます。
 仕上げにそれを取り囲むのが、ただただ時を刻んでいくクラップ音とか、からりと鳴らしていく管楽器。歌詞が訴えかけるものとかには全然関心なさそうな、淡々とした音づかいなわけで。そのあげくに調えられたのは悲喜劇のムードで、譲れない想いやら存在の重みやらはもう失くしてるから、耳にスッと入ってきてスッと抜けていきます。そうして一曲が終わってみると跡地にはなんも残ってない、抜けのよい音が魅力的でした。

 ちなみにフルバージョン(MP3形式256kbps) が、関連ブランドCaitsith跡地にていまだ配布中 (2018/02/04現在)。
 http://caitsith.biz/
猫になっちゃった歌で、猫なでボーカル。

 ボカロ曲へもカバーされた作品ですけど、初出のこちらはバンドサウンドで仕上げられております。ギターがきゅっきゅと軽快にひっかいて、目まぐるしく駆けまわって耳が楽しいです。洗練された音づくりというわけではなく、ボーカル・榊原ゆいも甘ったるい猫なで声でひと癖つけるのだけど。それはまぁ路地裏猫の歌なのだからそういうものでして、表題どおり、身のこなしの軽い音楽です。猫はシンプルな見解しか持たないから、いつだって床が水であるかのようにからだを投げ出すし、さらりと慎重に着地する。まるでウェイトが無いかのような早いレスポンスのシンバルだったり、動きのあやふやなベースがあったりと、足腰のさだまらない曲だけど、そうやってシンプルに身を投げ出していくさまにはちょっと憧れてしまいます。

 歌詞を追ってみたらば、気ままにアッチコッチへ跳びまわってて、しっぽをつかめない印象です。「この世界に君がいる」という歌い出しなのに「君が消えたあの日に」とか語り出した。人じゃなくなり、猫になったくせして「ポケットにしまい 零れないように歩いた」とか言い出すからイマイチ正体はつかめない。「なんかもう それだけで構わないんだー」が「なんかもう それだけじゃつまらないんだー」にふらりと変わったのに、隣にいさせて欲しいって想いは結局そのまんま。脈絡がないふうなのに、そのスタンスはまるで変わってなくて。女よりもしなやかでボーイッシュにまっしぐらな、猫っぽい足どりです。
 もうちょっというと、人から見た猫の世界のすがたと、猫から見た人の世界のすがたが混線していくような風景の見え方があって好きです。猫は、人とは長いこと近所づきあいしてきてくれた間柄だから、ときどき、わたしたちの似姿になっているよう思えることがあって。たとえば旅行先の路地裏で出会う猫がとろくて、うかつに身を寄せてきたり、音を立てて逃げたりすると、(田舎町だろうが大都市だろうが) そこの文化とか財政には猫がうかつでいれるくらいのゆとりが在るのかなと、根拠レスに安心してしまうことがあるんです。路地裏猫にはしあわせであって欲しい。
 そうした、猫に人の似姿を映してみては願いをかけるようなそぶりを『路地裏猫の正体』もとります。なにしろ榊原ゆいならではの、甘えや甘やかしをふくんだ猫なでボーカルなのでして。人じゃなくなった猫の目線に寄りそった歌詞なのだけど、それを歌っているのは猫かわいっがりをする人の声音。だから、猫の見え方と人の見え方が混じりあったような風景がひらけてきて、そこにあいた隙間へぴったり収まるような居心地よさを感じます。

 猫の死生観というやつがあります (※直接お伺いしたわけじゃないので、実際どう考えてるかはちょっとわからないけど)。たとえば "死期がくると独りでに家をはなれ、いずこかへ身を隠してしまう" といったモチーフなんて人気がありますよね。そのときが訪れると「隠れる」というのだからミステリアスで、半神じみており、猫らしい逸話なのですけれど。介護やら、年金の制度設計やら、死にゆくことひとつでも話が複雑になって迷惑かけそうで、独りにはなりがたい人間さんからしてみると、猫のそぶりからイメージされるそうした死生観は、なんとも自在であって魅力です。
 人間さんはしばしば、"おとぎ話には残酷さや性的なものや死が潜んでいる" ことを暴くような物語へと、ワイドショー的な楽しみを覚えて、無邪気な言葉づかいで晒したりするのだけど。その一方で猫は隠してしまうし、あるいは音楽にも隠してしまうところがあるみたいです。猫は「にゃー」としか言わなくて、ゆいにゃんは「今はまだちょっとわからないけどー」とか歌って、ギターが軽快なリフで鳴きつづけて。そうして大事なものを隠しておくのを、なるだけながく聴いてたいと思います。
強い音が鳴ったあとの儚さがつく。

 薄暗がりを割って、いきなり連打されるピアノイントロにびっくりした。ピアノというのは他には真似できない優美さを誇り、いろんな音楽で中心へ鎮座ましましてきた、楽器のなかで押しも押されぬスターなのだけども。それがこのイントロみたいに無骨な叩きかたをされてしまうと、原理的には打楽器ともいえるピアノが、いきなり先祖返りでも起こしたふうになってギョッとします。(バルトークとか、あるいはカプースチンにあるような感覚というか) ピアノの音にびっくりさせられる、小気味よい始まりかたになってます。
 そうやってドラムやベースといっしょに動いていたかと思えば、するっと潜って、メロディにまぎれてしまったりするから捉えどころなくて。ピアノ本来の情感豊かさを押し出すのとはまた違っていて。無表情ヒロインのくちびるの端が上がっているのを見ちゃったときのような、すこし不思議な気分が尾をひいていきます。OP曲「イノセンス」もそうなのだけど、鍵盤楽器パートが、わりと生々しい質感をもった音からふわふわした電子音までをもつなげるように変転させてまして。それだからいっそう仮想現実的な空間の幅でもって音は広がっていき、中二バトル作品へもよくなじむ、軽くて薄いさわり心地を作ってくれるふうに感じます。

 そこへ合わさってきたのが青葉りんごボーカル。はじめて「希望のウタ」を聴いたときは、あのアホなロリ声 (失礼) が出ているのと同じ声帯から、あんなにもカッコいい歌が飛び出してくるとか、何かしらの詐欺ではないかと思ったものでした。
 けれども考えてみればロリボイスというのは、実在する子供の声とはもちろん別もので、耳もとでつんざいたりすることなく、息がふとく成熟しておりコントロールされているもの。堂々とした歌唱力と、愛嬌のアクセントを、うまいこと取り混ぜているボーカルというのは、そうしたロリボイスと同じところから出てきて、同じように架空の魅力をそなえていくものに感じます。
 本作「Humanity」でも歌唱力はいかんなく発揮されるわけなのだけど、そうやって声がよく張られるからこそ、かえって、ふっと弱くなりあどけなくなるところが際立っているようで。たとえば「人をなぞって、 紡ぐ言葉に、 価値などあるのだろうか。」のところで妙に優しい声音をのぞかせていたり。
 やけに力強いピアノがあったり、やけに力強い歌声であったり。そうした印象的なものを強く押し出しておきながら、ふっとかき消してしまう満ち引きがあるから、勢いよく音が抜けていったあとへ儚さが残って。仮初めのもの、ほんの一瞬のものによく懸けてみせる歌となっていました。