soulfeeler316さんの音楽コメント(得点順)

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、トノイケダイスケ、七星電灯、星空めてお、希【随時追加予定】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【随時追加予定】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

コメント(得点順)

秋姫すももの、秋姫すももによる、秋姫すももの為の歌。最強のラブソングにして、全ての恋する者達へ向けられた応援歌。
いつか叶うよぜったい! 必ずキミなら出来る! さあ行こう…その夢の向こうへ!
ただ只管に「生きる」事への願いを綴った魂の名曲
楽しかった事も、苦しかった事も、嬉しかった事も、悲しかった事も。
決して無かった事にはせず。
それら全てを包み込んで、前を向いて生きていく。
いつの日か、また巡り会おうと、涙を堪えて生き続ける。
そんな奮起の強さを綴った魂の名曲

皆と過ごした夏の日々が、あの輝かしかったモラトリアムが、淡く儚く色づいて消えたとしても。
輪廻を越えたニルヴァーナで。あの頃のように皆とまた、力いっぱい笑い合おう。
200君の元へ (キラ☆キラの挿入歌 )
第二文芸部バンド楽曲中、最もリピートし続け、終には僕の命を救ってくれた歌
悲しかった時、苦しかった時、叫びたかった時、笑えなくなった時、壊れそうになった時、そして、生きる事が辛くなった時……
この曲は、いつも傍で僕を支えてくれました。
そして必ず、そこに七転八起の芽を与えてくれた次第
空に浮かんだ月の光が、照らし出す彼方へ。
行かなくちゃ、君の元へ。
走り出した僕は、もう迷わない。
決意を新たに、前へ進もうと思えているのは、この歌のおかげです。
本当に、ありがとうございました。
大切なモノを託されて、探し続ける意志を新たとして、自分だけの未来を歩める「光」の歌
夢と一緒に、世界の果てまで、連れて行こうと思える誓いのメロディー
僕の中でも、最高の楽曲です。
僕にとっての運命の歌、目標としている宿命の名曲
この歌を越えなければいけない。
僕は聴く度、決意を新たとするのでした。
200カーニバル (CARNIVALのOP )
頭が痛く、脳もねじれるような感じがして、気がおかしくなりそうな中、嫌な事ばかり思い浮かぶ時、独りぼっちな暗い部屋の片隅で、膝を抱えながら永久に聴いていたい歌
200-AizTaze- (夏空少女のOP )
本作発売から幾年月経った。
誰が歌い、誰が作ったのかも分からないこの曲は、埋もれたまま、今を確かに生きている。
たとえこの作品に多くの低評価が加えられて、そんな酷評も人々から忘れられて、無関心の年月に支配されたとしても……

『夏空少女』を憶えている人間は、此処にいる。
忘却してない証明、此処へと提示
「-AizTaze-」文句無しの満点越えだ。
切ない。
只々、切ない歌
OPが熱さと切なさの共存を図った末に生まれたEDは、後者のみが生存する結末と相成ってしまった。
しかし、そこに特化した結果、物語を終えた余韻と言うのがとてつもない事になっている。
それは、決してOPに引けを取らない出来である事の証明
対等の立ち位置で、作品内で調和し合えた楽曲と言えよう。

「夢を見たんだ、君の夢だよ」
「声を聴いたの、貴方の声を」
「君を探すよ、遠回りをしながら」
「貴方を追うわ、近道を走って」
「君の所へ、走っていくよ、真っ直ぐ」
「手紙があるのよ、私から貴方へ」
クリアすると、全ての歌詞が堪らなく愛おしくなる。

温かな思い出は既に遠く、遥か彼方に――
でも彼は、彼女は、探しに行く。
間違いなく、お互いを「知っている」のだから。
先の見えない絶望の時代に、確かな希望を感じられる歌
文句無しの満点です。
愛すべき「隠れた名曲」
エロゲには盛り上がる曲ってのが多すぎて、絞るにも定番化したモノばかり
中には、埋もれてしまう歌ってのも少なからずある。
これはそんな、話題にもあまり挙がらない「悲しい名曲」
しかし、私にとっては未だ燦然と輝いている「魂の歌」

これまで「盛り上がる曲」と言うのは数多く聴いてきたが、ここまで色々な事を沁み渡らせてくれた歌ってのは存外無い。
ただ熱いだけでなく、この歌には全体を通して「切なさ」がある。
暗闇の中にも光があって、そこのみにて光り輝いていると語る曲調に歌声、歌詞や雰囲気
それらが全て、熱さと切なさの絶妙なコントラストに繋がっているのは圧巻の一言
マカロニ・ウエスタン舞台が故、途中に聴こえる銃の効果音も堪らなく魅力的
この曲を聴いて魂が震えないのは、実に勿体無い。
是非とも「暗い夜空を走り抜けて欲しい」

聴けば聴く程味が出て、感じれば感じる程狂おしい気持ちになる。
点数をつけるのが随分と遅くなってしまったが、やっと良さを噛み締められたので断言しよう。
「風を裂いて駆け抜けろ、今」
「誰よりも早く行ける筈さ、夜空の下ならば」
これは私にとって、愛すべき魂の歌である。
やられました。
見えたのは、独自性とリスペクトが共存を図った素晴らしい楽曲
KITAKENさん流アンサーソング、「答えの無いところに答えを探す歌」です。
知らないままで聴いても非常に良かった。
しかし、ルートをクリアした後、新たな意味の秘匿に気付いた時……
感慨と感傷が齎した感動によって、この度、生涯忘れられない楽曲と相成りました。
『夜巡る、ボクらの迷子教室』と言う作品の彩りを1曲選出するとしたら、私個人としては是非、この歌の視聴を薦めたい。
「君を追い越していく」疾走感の先にあるのは、「どこにも行き場がない」と言う孤独
「この先で呼んでる僕に、せめて恨まれないように」今度は「君と追い越していく」
「あの日の様に迷子になっても、消えない僕等の足跡」を背に負いて……
作って下さって、ありがとうございました。
「僕」と「君」が共に、自分だけの「今」を持って、これからも幸せに生きていく事を切に願います……
聴き比べてみると、原曲よりもロックサウンドが目立ち、愛内周太が歌っているように感じられるこっちのVer.の方がお気に入りだったりします。
あなたを好きになって良かったと、溢れそうな想いを少しずつ解き解しながら語られる名曲。
星の魚になって、どこまでもどこまでも、何かを共に探し続けよう。
神との邂逅を彩った、運命のライブ楽曲
ギターくんと共に作り上げた彼と彼女の歌は、大反響の中で幕を閉じた。
こうして形となって、どこかの瞬間に残る事で、人が生きた証になるんだね。
ライブのような人生を、瞬間を生きているバンドマンにこそ、聴いてほしい楽曲だと思う。
こんな校歌の生まれる学校があるなら、是非とも通いたいものである。
150go on a trip (キラ☆キラのED )
疾走感に満ちたパンクナンバー
「a song for…」が無ければ、このEDを1番好きになったと思う。
楽園を追い求める人生過程を描いた希望の歌詞が、途轍もなく眩しい。
この歌に初めて出会った時の衝撃は忘れられない。
脳天をぶちのめされた、当時の彼と同じ体験をした。
インパクトとしては超弩級の、愛すべきロックンロールソング
ロックって、やっぱこういう所が良い、好きだ。
「リンカネーション」が「未来」の先にある出会いを重んじているのと対照的に、「Your ray send me」は「未来」へ至る前の別れに重点が置かれています。
「切なさ」の方向性も、先を想う事で生じるモノと、後を振り返る事で生じるモノと、見事、綺麗に分かれた対比
そんなEDは、本作の素晴らしいOPと対等に、実に相応しい感動の幕引きを彩ってくれました。

「奇跡は 必ず起きる 信じていれば」
「今はただ 夢の中に還るだけだから」

これは、切なさと頑張りと、そしてやっぱり、優しさの歌
OPで伝えている「希望」の内面が垣間見れる、多くの方に聴いて欲しい「名曲」です。
クリアしてから、何回この歌を聴いた事でしょう。
自然と「リンカネーション」を聴いて、気持ちを和らげている自分がおりました。
浄化作用か、安楽効果か、聴いているだけで、不思議と気持ちが落ち着くんですよね。
そして、どこか遠く、銀河の果てを想像したくなります。

これは、勇気と希望と、優しさの歌
そして、世界を、明日を、眩しい朝を肯定出来る歌です。
多くの方に聴いて欲しい「名曲」と言えるでしょう。
『消えた世界と月と少女』と言う作品の価値を最大限にまで高めた名曲
プレイ前とプレイ後に聴くのとではまるで観点が変わり、歌詞の意味も変わってくる人間賛歌
稚拙ながらも、温かく語りかけられる歌声が、クリア後の心に染み渡る……
前評判が私も大好きな某バンドに似てるの一点張り
一部界隈でも沸きに湧きました。
しかし、個人的には似ていても似ていなくても、どっちでも良かったのです。
この歌の愛おしさは決して揺らぐ事がない。
似ている、似ていないの議論なんて詮無き事
そんな余裕と優しさを与えてくれたりこちゃんソングは、やっぱり、りこちゃんにこそ相応しいなあ…
初めてPVを観た時
サビの曲調に引き込まれたあの時
その時に感じた衝動がこうして本作を買うきっかけに繋がったとするなら……
この歌との出逢いには感謝しかありません、本当にありがとう。
このエロゲを買うきっかけとなった楽曲
フルで聴いて、見事にその期待に応えてくれたと久しぶりに感じました。
プレイしたいと感じたら、まずはYOUTUBEへGO!!
昔のエロゲを購入しようと、情報を漁っていたら見つけた曲。ボーカルに凄く味があって、曲調に合った伸び伸びと高らかに歌うスタイルで、魅力を更に高めています。正直凄く好きな歌。正に「埋もれた名曲」の息吹を強く感じられる一品と言えるでしょう。
ゲーム自体はあまり知られてないからこそ、この曲を知る事が出来たのは中々の掘り出し物でした。
歌っている人、一体誰なんだろうな……?
昔のエロゲソングシンガーはこういう時、表立って名前が明かされていないから困りものです。
数年前に誕生していた楽曲から少なからずの影響を受けて、本作はこの世に生を受けました。
「新島さんにまずこのままゲームを作ってしまえそうな曲のイメージ設定なんてものを作ってもらったりして、そこからイメージを膨らまして曲を作っていきました。なのでゲームは無いけどゲームの主題歌を作った感覚ですねー」とは「World Hitchhiker!2」発売における作編曲者、竹下智博氏の談。
「神話っぽい壮大な曲」をコンセプトに作られた歌詞は中々に意味深、ゲーム内容とのリンクは半々。
個人的には、後半で一気に評価を上げた歌です。「6月○日月曜日~」からの曲調で20点上乗せされた感があります。


夢と理想の象徴である新世界のドアを閉じて「僕と君の別れ」へと至る現実を綴った歌です。
しかしそこに哀しさや切なさよりも「清清しさ」を感じるのは『新世界のα』が奏でる神話音楽の妙でしょうか?
それともこれは、僕のみが抱く感情でしょうか?

君が一人で終わりない旅にでるなら、どうかどうか幸運を。
さよならα、さよならα、さよなら。

6月7日月曜日、よく晴れた朝に想った事を綴った感想でした。
120光放て! (ATRI -My Dear Moments-(非18禁)のOP)
凄く良い歌だと思います。
テンポ良くハイテンションな曲調でも、切ない感じが色濃く出ているのが、本作を上手く体現していると思いました。
120memories (PARTSのED)
こういうのを「埋もれた名曲」って言うんだろうか。
エロゲ界の男性ボーカル曲に悪い歌は存在しない法則が、これでまた1つ証明されてしまったように思う。
2人組ユニット『fin~フィン~』のKAIが作曲した歌を、ボーカルのTETSUYAが自ら手がけた歌詞で、高らかに歌い上げている。
そこにあるのは、いなくなってしまった「君」を未だ探し続ける、決して忘れる事無き魂の慟哭
「記憶が想い出になるまでは笑えない」と語る感情が実に切なく、最後の高音シャウトで紡がれる想いが、クリア後の精神に染み渡る。
本当に良い歌だった。マキルートのみリメイクされた『MEMORIES~記憶のすべてを…~』でも聴けるので、是非とも多くの人に知れ渡って欲しく思う。


【余談】
当時のボーカルらしき人のアカウントを、今回見事Twitterで発見しちまったから驚く。
Dear Rainのtetsuって、調べたらボーカルのTETSUYAですねこれ。
ヴィジュアル系は卒業したみたいですが、今もバンド活動自体はしているみたい。
なんだか、凄くほっこりしました。此処で申し上げるのもなんですが、音楽活動これからも頑張って下さい。
このFDで1番好きになった楽曲
やっぱりロックンロールはこうでなくちゃな!
歌詞が聞き取れない程、熱く奏でられているのが堪らない。
120記憶 (CARNIVALのED )
ロックンロールで、生きていこうよ!
って歌、自然と賛同したくなる歌

あ、うん、そうか、ロックンロールか。なんか、もう、しょうがない、つうか、いいのかもなあ。そういうものかもなあ。
中毒性の高いロックンロールポップス
聴いているだけで、こちらを無条件に元気へ誘ってくれるアップテンポ
楽器それぞれの個性が激しい曲調にも関わらず存分に発揮されている、久し振りにエロゲで素晴らしく思えた楽曲である。
そして1番気に入ったのは、これまで変われなかった自分が、恋によって変わる事の出来た喜びに溢れ、この想いでキミの日常も変えてあげる!と息巻く歌詞
内容と適合した真摯なフレーズが、純粋に心へ響き、高評価となった瞬間だった。
恋する乙女は強いのである。

「ずっと キミが キミが好きなんだ」
OPへのアンサーソング
変わる事の出来たボクが、自分を変えてくれたキミへ感謝の意を述べる、温もりと記憶と愛の歌
自らの想いを伝えようとする誓いの歌詞部分で、曲調が上がり声も伸び上がるのが凄く良い。

「『一緒にいよう』 ずっとふたりで」
「明日へと続く奇跡 これから続く軌跡」
ふたり一緒なら、どこまでだっていけちゃうのである。
実は私が本作で1番好きな楽曲はこれだったりする。
ポジティヴな歌詞にも関わらず、曲調で寂寞を表現しているのが素晴らしい。
この歌を聴くと「美春ルート」をクリアした時の茫然自失を思い出す。
しかし、これはユーザーの思い入れで如何様にも変化、歌詞はどの個別ルートでも合っている。
『D.C.~ダ・カーポ~』と言う作品全体に対して、一貫した姿勢を示したED曲だと思う。
個人的に、ボーカル楽曲の中では風花と対を為している。
EDにかかるモノとしては決して悪くない、寧ろ良いといえよう。
終盤の台詞が否応にも思い出されてしまう、私にとっての想起ソング
男の格好良さが際立った、隠れた名曲
ジャズでハードボイルドの雰囲気が一身に感じられるこの曲には、血と硝煙の香りが良く似合う。
120風花 (はつゆきさくらのED )
GHOST×GRADUATIONとどっちを1番にするかで悩みに悩んだ。
結局は同率1位で纏める事としました(笑)
切なさの中に温かさを兼ね備えた、エロゲの中でも癒される良曲の1つ
「夢」へと浸らせて、全てを忘れさせて、甘き死へと至らせる曲
目を瞑ってじっとこの歌を聴いていると、どこか落ち着いた心地に全身が埋め尽くされて、自分が温かい繭の中へ収納されたような感覚へ陥ります。
失くしてしまった「コドモ」に回帰する事が出来る、鳥籠の夢を謳った、渾身のトリップソングです。
100徒花夢現 (徒花異譚(非18禁)のOP)
クリア後、心に花が咲くように、深く染み渡る名曲

ある男の「愛」を一心に描いています。
「祈りがあった」
そう、祈りがあったのだ。
100Let's Jump! (キラ☆キラの挿入歌 )
始まりの歌として、直接的に放たれた曲調と歌詞に、どこか懐かしさを憶えてしまう。
稚拙ながらも心に響く音楽こそ、苦しい時には必要だ。
初心忘るべからず。
これは始まりにして、原点回帰の歌である。
紗理奈の心象の如き穏やかに過ぎる楽曲……かと思ったら、内に秘めた熱き衝動を垣間見た。
第二文芸部メンバーとの旅で、確かに変化を遂げた少女
自身の心境が変わって行き、強き決意を体現出来るようになった。
彼女を示した歌として、これ以上に相応しい楽曲はないと思う。
「あなたの夢を導く」
このタイトルに切ない感情が生じたら、それは椎野きらりを好きになれた証だと思う。
強き曲調、歌声、歌詞に雰囲気
この楽曲を初めて聴いた時から、内に潜む「強靭性」を「強く」感じていた。
熱く昇り続ける血潮の果てにあるのは、自身が持つちっぽけな生命への諦観だけ。
しかし、それでも前へと進む、天へと昇る、これは素晴らしき闘争の歌

「Blue of the Universe」は青き星を想う幻想曲だし、星と愛を同化させたラブソングでもある。
しかし、本質的にこれは「よだかの歌」
天へと昇り続ける、熱き闘志の歌
決して消える事の無い、蒼き炎を燃やした星の歌だ。
卒業後も終わらない「日常」と「好き」を描いた良曲、特にサビが良い。
変わり行く日々にいる僕等が、想い出を胸に生きていく「愛の歌」です。
晴天の並木道、春の息吹を感じながら、大切な人をずっと想っていたくなる。

美春の事は「永遠に」忘れません。
昔ながらの良さがあるって、この歌のような存在なのかもしれないと思いました。
決して今風ではないんだけど、どこか懐かしい印象を与える。
知らず知らずに青春時代を思い出す自分がそこにいました。
こういった唯一無二の想起を、世代問わず与える曲って、貴重だと私は思います。
穏やかで温かく、優しげな声と曲調が光った楽曲
OPと対極な雰囲気で奏でられた世界は、読後感の余韻に丁度良い。
最後のはばたきが心に響く、文句無しの名曲です。
ポップでロックで、でも少し切ない。
表面的には格好良いサウンドとテンポでクールに見せていても、歌詞の内容は頑張りな努力家
小清水はやてと言う少女を端的に表す歌としては、実に相応しい。
冷えている夜の心が温まっていく様を、私も聴き終わって見事に感じました。
『シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~』の名に相応しい、とにかく「深い」歌
sakura-Verとmoka-Verに分かれており、順番を変えるだけで解釈、感じ方が変わると言う素晴らしい楽曲
このような工夫が織り交ざっていて、尚且つ心に来る、EDとしては最高の一言
電波曲の元祖
歌うだけで笑いが取れるというある意味で才能溢れた歌
2002年に出た楽曲と言えど、雰囲気は90年代を色濃く残す。
挿入歌としては良い所でかかるのが実にGOOD
ある意味、ゲームをプレイしているかしていないかで、印象が変わる楽曲と言えるかもしれない。
淡々と語られるAメロ
だからこそ、サビの想いが切に光る楽曲
ロックギターとして奏でられるエッジの効いたサウンドが格好良い。
あ~いやいや~♪ あ~いやいや~♪
最後を飾る温かな楽曲
作中、何度も言われてきた「曲名」が、実に身体へ沁みていく。
私は好きです、こういう歌
THE 格好良いエロゲソング PART2
使われる所が使われる所なので、結構印象に残っています。
インストゥルメンタルでも聴いてみたい程、バックサウンドが魅力的
グランドEDとしては少し軽いけれども、後味を悪くさせない意味を込めているなら納得出来る。
こういう愛やら希望やら夢を綴った歌は久しぶりに聴きましたが、うん、悪くない。
途中の間奏が凄く好きです。
不気味さの中に、静かな静謐がある。
穏やかさの中に、得も言われぬ荘厳さを感じさせる。
非常に幻想的で、不思議な楽曲
THE 格好良いエロゲソング
一昔前の異能力厨二バトル作品を思い起こさせる。
血潮滾る熱き感情を呼び起こし、旧き良き懐かしさにも浸らせてくれた楽曲
暗黒世界観の雰囲気構成に、一役貢献した楽曲
独特な歌詞と音律が、否応無しに不安感を掻き立てます。
歌詞が心にしみる…
初雪の想い、支えてくれる人々の想いが偏に感じられる歌
本作の中では1番好きな歌
挿入歌なのが少し勿体無いと感じる出来
まあ、古臭さは確かに否めないが、ノスタルジーってそういう物だと思う。
この曲が出てから、約20年
流石に今聴くと、90年代を感じさせる懐古ソング以外の何物でもない。
でも、こういう歌も、確かに必要だなと思う。
こういうバラードが、感動を与えた時期もあったんだな……
当時は幼児だった私も、思わず感慨に浸ってしまった歌である。
歌詞も内容と合っていて悪くない。
ただ正直、OPも含めて、この方の歌はそんなに上手くないと思う。
盛り上がるならこの歌がオススメ
ゲーム内でこのOPがかかるタイミングが凄く良いのもGOOD
盛り上がる歌その2
学生バンドが作ったと考えると、充分、と言うかそれ以上の出来
こんな歌を作れる彼らにはもっと別の未来、可能性もある…と偏に感じさせてくれる。
幻想性を感じる歌
ゴーストの世界へ足を踏み入れたい時はこれを聴くべし!
気分だけでも味わえます。
75CROSSING (CROSS†CHANNELのED )
聴いているとざわざわしつつも、最後には感傷に浸ってしまう歌
この不安感、孤独感を醸し出す曲調は見事

検索