ysm0624さんのリズベルルの魔7 完結篇 ~はてしなき ほんとうの物語~に関する情報

ysm0624

DL版購入がほとんどの旧作ゲーマー。
新作を買うことは稀で、DL販売サイトの半額セールにはよく飛びつきます。
エロ云々よりもノベルゲーというメディアが好きでエロゲーをやっているので、18禁であろうとなかろうと面白そうな作品は何だってプレイします。
基本的に抜きゲーはやりませんが、ノベルゲーとして面白そうであれば、ハードな凌辱モノも普通にやります。
好みとしては、話が薄っぺらい作品は嫌いですが、テキストを読み込んで深く考察することが求められる作品よりも、単純なエンターテインメントとして読んでいて楽しい作品の方を気に入る傾向があるようです。
話さえ面白ければ、些細な設定上の齟齬だとか、時代背景に合うかどうかだとか、細かいところはあまり気にしません。

評価基準として明確な点数配分がある訳ではありませんが、主に次の3つを考えて点を付けています。

①プレイ中、どれだけ真剣にテキストを読んだか(クリック連打等で読み飛ばしたシーンがどれだけあったか)。
②プレイ期間中、あるいはクリア後しばらくの間、どの程度その作品のことが頭を占めていたか(熱中度)。
③客観的に見て、どのように評価されるべき作品だと思うか。

③を基準に①②を加味して点数を考えていますが、旧作ゲーマーなので高評価作品を選んでプレイすることが多く、全体的な点は高めになっています。
感想は真面目に長文を書こうとしたものから、適当に流したものまでいろいろです。敬体で書くか常体で書くかも気分次第で変わります。
感想のテンションと点数が必ずしも一致していませんが、それは①~③のバランスによるものです。
例えば、感想は褒めている部分がほとんどなのに、点数はあまり高くない作品は、①②が高くて③が低いという感じですかね。
同人などボリュームが少ない作品も、②があまり高くならないので点数は抑えめになります。

作品のタイプやボリュームによって変わってきますが一応の点数と評価の目安
90点以上…特別に熱中してプレイした作品。基本的にシナリオや心理描写等何かしら感銘を受けた作品にしか付けません。
80点台…欠点よりも評価できる点の方が大きく、欠点が気にならないほど楽しめた作品。
70点台…欠点はそれなりに気になるものの、その作品なりに楽しめた作品。
60点台…欠点がかなり気になった作品。ただしシナリオ単体で評価できる最低限度は超えている。
50点台…もはやシナリオ単体で評価できる作品ではない。不可。
49点以下…抜きゲー以外にこの点数を付けることはまずないと思いますが、点数はかなり適当なので価値はほとんどないです。

dlsite
ジャンルノベルゲーム
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値87
データ数11
原画ときてっと
シナリオときてっと

入力データ

得点
87
プレイ日時
2016年12月21日

ysm0624さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1004
90~9916
80~89108←ココ
70~7988
60~6915
50~594
40~491
30~390
20~291
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるysm0624さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~894←ココ
70~793
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

87リズベルルの魔7 完結篇 ~はてしなき ほんとうの物語~ (TOKITETO(同人))
作品内容はさておき、このシリーズの2大ヒロインである、リズベルルとネムリーの裸と明らかにヤってる最中みたいな絵には、物凄くいけないものを見ている気がした。純愛だし直接的な性描写はないというのに、ある意味普通のエロゲーよりもエロく、犯罪臭を感じてしまった。作者さんはロリコンなんですかね? 作品としてはグラフィック・演出力が最初から最後まで際立っており、圧巻という他ない。特にこの完結編は気合が入っており、さらにレベルが上がっていた。クリックが止まらなくなるような熱中度の高い物語ではなかったが、作品全体を通した温かく優しげな雰囲気は心地よく、終わってしまうのがもったいなく感じてしまう程だった。読後感も非常に良く、とても前向きな気持ちにさせてくれた。点数はシリーズ全作を通してのもの。