takekinokoさんのユメミルクスリに関する情報

takekinoko

基本的に、文句の付け所の無く面白い作品を95点の満点とし、5点置きの点数を付けています。特別な思い入れを持つに至ったら妥当な評価にボーナス点を加えます。今のところ、ボーナス付きはFateとカノギ。  Heaven’s Cageにはパワーストーン一覧が有ったりレビューが長かったりと、9月半ば以降のレビュー作品には多少なりともサイトに来てもらえる価値が有るようにしています。アリスマにはSSも書きました。  車輪の「あらすじ」は茶目っ気を出したら咎められたので、修正。元は「ハードMな森田賢一が、恋愛できない夏咲や大人になれない灯花たちヒロインを一つ屋根の下で更正指導する。」でした。ちょっと抜きゲー風味。殆ど全部公式HPの単語なのですがw

HP/BLOG :
竹茸のホームページ
amazon
ジャンルダウナー系青春恋愛AVG
18禁等18禁/非抜きゲー/未定義
中央値80
データ数940
原画灰村キヨタカ(はいむらきよたか)
シナリオ加納京太(小田宮留美音) , 希(シナリオライター) , 有限会社codeX(サブ) , ユメミルクスリ製作委員会(名義)

入力データ

得点
70
プレイ日時
2006年10月22日

takekinokoさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9912
80~8911
70~7912←ココ
60~6911
50~591
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるtakekinokoさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10010
90~9989
80~89399
70~79311←ココ
60~6976
50~5922
40~497
30~395
20~292
10~190
0~91

コメント

70ユメミルクスリ (rúf(ruf))
殆どのキャラが電波だったり壊れていたり。中でも一番電波なのはモブの連中だったりする → 長文感想(1183)(ネタバレ注意)

POVコメント

A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
設定は良質。話の最後で逃げに走らなければ名作になる可能性も有った
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
後半はかなり良い。ただ、家庭環境や家での突飛な行動が「自分の色が無い」という主人公の悩みへの説得力を皆無にしている
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
電波や壊れた人間などキャラが濃すぎ
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
ねこ子BADEND。これを見てからねこ子ENDを見るべし
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
ねこ子ルート以外ではクスリに意義が無いのに
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
家族や椿が良い。電波や壊れた人間達の中の清涼剤の役目もしている
A ユメミルクスリ (rúf(ruf))
椿が良い味を出している。一番の電波は食堂のモブたち
C ユメミルクスリ (rúf(ruf))
電波や変人を許容出来るならば悪くない
C ユメミルクスリ (rúf(ruf))
ねこ子ルートのみにはベストマッチしたタイトル。しかし、他のルートからはタイトルの由来がわかりませんでした