soulfeeler316さんのハミダシクリエイティブに関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

amazon
ジャンル学園に来ない女子と見過ごしがちな青春を探す学園恋愛ADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値
データ数0
原画宇都宮つみれ , 茜屋(SD原画)
シナリオ甲木順之助

入力データ

発売前得点
65
購入予定
多分購入

体験版コメント

多分購入
65ハミダシクリエイティブ (まどそふと) (2020-09-25)
ただ只管に「ノリがキツい」としか言いようがなかった冒頭。どうも僕は今の時流に乗れた人間でないので、ソシャゲやギャル語のネタ、唐突な歴史ネタで話を振ってこられても呆然とするか、精々失笑位しか湧かないんです。生徒会長に対する責任も碌に果たしてねえ先公含む学園の態度や、口先だけは一丁前に喧しいモブ共の振る舞い等、こんなクソみてえな奴等しかいなかったら、そりゃ不登校児も増えるわと妙に納得してしまった始末。だから、本作は途中放棄案件かと正直覚悟していたんですけど、華乃が登場してからは普通に読めるようになったのが自分でも驚き。やっぱり秋野花さんは最高と言う事なんでしょう。万歳。ヒロイン勢は屡々ムカつく箇所もあり、微妙に食指が動かない部分もあったんですが、華乃とあすみが凄く良いなと。華乃は不必要に煽ったり生意気だったり攻撃的だったりする部分もあるんですけど、根っこでは義理堅く、一本筋の通った優しさも秘めている良いヤツです。メンタルが弱いながらも不器用な生き方を体現し続け、主人公を信頼する際は物怖じする事無くそうしている。その姿は偏に僕の心へ響き、物語を盛り上げる存在として作中で1番目立っていた次第。あすみはもう、本当に可愛い。唯一本作でムカつかなかったヒロインであり、彼女との関係性の変化は作中で最も気になる部分です。この娘の可愛さを知ってもらう為だけでも、本作をプレイして欲しい位におススメと断言出来ます。そして何より、この2人は共に「学校へ通う」と言う行動に対して、複雑な不振の感情を抱いています。それが今後欠点と成り得るかもしれない展開を、相殺からプラスの方向へと動かしてくれると信頼出来たのが実に大きい。「支えたいと思わせたら8割勝ち」ってのがヒロインの鉄則とすれば、正に合格点と称する事の出来る2人なのでした。声優の妹は会話があまり面白くないけど性悪じゃないので普通。三浦大根は僕の好みじゃない故、チェンジで。そして最後に主人公。声優の妹に膝枕されながら「○○ちゃんの声でヤってよ!」と甘え頼み込む場面だったり、ヒロインに向けたテンション高めの心中描写だったり、度重なる際どい歴史ネタの応酬だったりと、普通にキツかった智宏くん。兄妹の関係性を兎角重要視する身として、僕が妹に惹かれなかったのは兄らしく振舞えていないクズオタクのコイツにも原因があると感じました。しかしそんな彼でしたが、妹への優しさに満ちた対応をした場面と、仲間の為に主張を貫き通した終盤からは良かった次第。体験版以降の活躍に乞うご期待……出来たらいいなあ。

検索