soulfeeler316さんのBETA-SIXDOUZEに関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

amazon
ジャンルSFアドベンチャー
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値85
データ数31
原画七星電灯
シナリオ七星電灯

入力データ

発売前得点
100
購入予定
必ず購入
得点
90
おかず
それなりに使えた
プレイ時間
30
面白くなってきた時間
1
プレイ日時
2020年08月30日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~997←ココ
80~898
70~799
60~697
50~596
40~491
30~395
20~292
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~995←ココ
80~8921
70~795
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ2
それなりに8←ココ
あまり…7
まったく…14
そもそも2

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ1
それなりに4←ココ
あまり…4
まったく…2
そもそも0

発売前コメント

0_必ず購入
100BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2020-08-28)
知ってた。さて、お金貯めておきますかね……(2019年12月27日11時09分31秒 記載) 以下追記。『ALPHA-NIGHTHAWK』から数十年後の未来の話。主人公の苗字が箱根って時点で「ああ……」と感嘆してしまう仕様。ハナコがかなり可愛い、見た目すっごい好み。前作で名前だけ存在を証明したサガンちゃんも登場。愛しの友人は、正直な人間として生きていく事を誓い、真心の愛を注ぎ続け、偉大なる聖人として生涯を終えた男の名を冠している。こういう所、僕は凄く気になります。そして、彼女がイライザか……色々想像を掻き立てられる濃密な情報開示と相成りました。「ミドルプライスですがシナリオ量はALPHAよりずっと長い」と七星電灯氏から申されたのも嬉しい。「ALPHAのSFレベルが20だとすると、BETAは150くらい」と申される程、オカルト・スピリチュアル・サイエンス濃度がゴリゴリに強くなった作品らしいので、かなり期待して待ちたいと思います。

体験版コメント

必ず購入
100BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2020-08-28)
『ALPHA-NIGHTHAWK』から、何もかもがアップグレードを果たしていると感じた続編です。濃密でボリューミーな物語、魅力に満ちたキャラクター、根幹を抑えながらも工夫に溢れた設定、熱いのも切ないのも選り取り見取りだった高水準BGMと、正直ワクワクしないの無理じゃねえか?と思わざるを得ない体験版に相成っています。不器用でも自身の生き様を貫き通す性格が格好良い箱根羊介や、明朗快活剽軽キャラクターながらも読んでいて超良いヤツって思えるジャン・バルジャン、自身の抱える孤独を覆う純粋無垢が堪らなく愛おしいハナコに、ミステリアスおバカキュートな所が実に素晴らしいアントワーヌ・ド・サガンと、メインは元よりサブキャラの面々まで、魅力に関しては言う事無し、味が濃い人ばかりだった次第。新要素として、本作ではロジックパートなるものを使っており、体験版だとハナコパート(箱根羊介パート)とアントワーヌ・ド・サガンパート(ジャン・バルジャンパート)に分かれて、キャラクターの関係性を深掘りしていく群像劇スタイルも追加されていた模様。これもまた、久し振りにダブル主人公?で進む面白さを感じさせてくれて、実にGOODでした。本作は、前作を読んでいるからこそ、思わずセンチメンタルになる事も多い変化を見事遂げていますが、そこにある「大切なもの」はまるで全く変わっていません。時代や場所、人間が変わっても、決して変わる事は無い「大切なもの」を求める少年少女の物語。未だ輝く星を更に響かせようと動く、彼等の眩き冒険譚が更に楽しみとなった体験版でした。

コメント

90BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
努めなければならないのは、自分を完成させることだ。試みなければならないのは、山野の間にぽつりぽつりと光っているあの灯火たちと心を通じ合わせることだ。 → 長文感想(21650)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h

POVコメント

A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
『星の王子さま』と『旧約聖書』『パンセ』の関係性なんて知っていたら、また違った見方が生まれるかも。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
熱き闘志、諦めの悪さ、逃げない勇気、葛藤から来るもう1つの「生き様」 箱根羊介と言う「人間」もまた、文句無しに格好良い。
B BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
夜鷹一蔵とジャン・レグルスの過去
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
要所要所の頑張りを強く感じました。特に画風の変わる愛猫のロジックパートはお気に入り。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
「あなたがあなたでいる内は、絶対に孤独になんかさせない」と、見捨てない強さを貫き通す優しさの物語。人類はもはや孤独ではないのだ。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
コズミックオアフの物語はこれで終了
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
『ALPHA-NIGHTHAWK』より洗練された感があって、読みやすかった。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
この世の全てはロジックゲーム。どうか素直に見届けて。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
名言の宝庫。特に「俺の行動だけが、俺自身を何者か決める!」「愛されたいのなら神に祈るのを今すぐ止めろ。自分から愛にすべてを捧げるべきだ」「正しいを知らずに生きていくって、とっても怖いことなんだよ……?」が印象に残った。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
相変わらずのトップクラスな世界観構成。そこに、膨らませたSF設定と伏線となった背景が見事絡み合って、壮大な過去と未来の連環寓話となっていた次第。偏に素晴らしいの一言に尽きます。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
演出ミス修正、シナリオ量微増、CG差分追加のグレードアップ。物語を誤解したくなければ、絶対に適用すべし。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
全員のキャラが凄く立っていて、特に彼を脇役と称して良いのかは非常に悩ましい所。個人的意見を申せば、僕はもう一人の主人公(影の主役)だと思っています。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
β機携え宇宙を駆ける、ふたりでひとつの612。そしてこの通し番号は。2人が決して離れる事なき契約の証。死ぬまで続く愛の証明です。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
前作から続くモノとして、ほぼ完璧じゃないかと思う。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
人類がもはや孤独ではないのなら、どうか彼女もその仲間に加えてあげて欲しいなと思うんです。気丈に振舞った薔薇の面影を想う度、僕自身も薔薇が真に救われる、新たなる星への旅を希求してしまうのが正直な所です。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
本作だけでも充分楽しめる。ただその前に『ALPHA-NIGHTHAWK』をやってたら、伏線回収の妙に脳が震えるレベル。これ程までに前作をプレイしておいて良かったと思える作品も中々ないでしょう。
A BETA-SIXDOUZE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
王道をとても良く理解している、先駆者に対しての尊敬も忘れていない物語の再来。これこそがSFであると、胸を張って多くの方に薦めたい出来です。リスペクトしたかもしれない作品は長文感想にて。

検索