soulfeeler316さんのバタフライシーカーに関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難さに苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:海原望、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら必ずコメントを述べるでしょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

amazon
ジャンルクライム・サスペンスADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値80
データ数287
原画羽鳥ぴよこ
シナリオ海原望

入力データ

発売前得点
100
購入予定
必ず購入
得点
70
おかず
それなりに使えた
プレイ時間
30
面白くなってきた時間
5
プレイ日時
2018年05月03日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~994
80~895
70~795←ココ
60~697
50~595
40~491
30~394
20~291
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9919
80~89122
70~79124←ココ
60~6911
50~594
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ1
それなりに5←ココ
あまり…5
まったく…15
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり1
だいぶ4
それなりに17←ココ
あまり…27
まったく…27
そもそも5

発売前コメント

0_必ず購入
100バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛) (2018-03-30)
Liar-softのシナリオライター、海原望氏。『シンソウノイズ』の影響で活動範囲の広くなった彼(彼女?)がシルキーズプラスで新たに出す作品『バタフライシーカー』 第一印象を申し上げるなら、粗筋紹介の時点で非常に面白そうな感覚。関わっている作品は、まだレビューに書いていないのがありながらも全てプレイしているので、まあ、今回も買うのは確定なんですが(笑) 体験版をプレイする必要も勿論無し、この方のシナリオ構築能力の凄さはもう充分と言っていい程、分かっておりますので……取り敢えずは、「蜘蛛」に囚われた「蝶の羽ばたき」を、主人公と共に追い求めて行きたいと思います。

コメント

70バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
人はみな多かれ少なかれ狂っているのだ。その中で純粋な心の持ち主だけが本格的なキチガイになるのだ。 → 長文感想(17000)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 5h

POVコメント

B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
「良く纏まったサスペンス」としては、非常に素晴らしい作品。羽矢ルートやTRUEルートの流れには、私も気が付くと引き込まれていました。しかし、それ以上の要素を求めると肩透かしを食らうでしょう。展開上のカタルシスをあまり得られなかったのが、個人的には至極残念でした。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
ライアーソフトFC通販特典小説「惨劇前夜」遠野君と桐生さんと義姉さんの、在りし日の話
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
氷室先輩。真面目過ぎると言うのも考え物です。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
「ムシクイ」の武力担当、羽矢ちゃん
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
学生捜査員とシリアルキラーの対比なんか、気にしてみると興味深い。
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
ANOTHER END「IFの糸」をDLしてプレイ
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
狂ってる奴やら明確な目的ある奴やら選り取り見取り
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
バタフライ・シーカーによる探査演出
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
流石に優衣のエロ導入シーンは無理やり過ぎやしませんか?
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
「バタフライシーカー」「天童優衣」「早乙女羽矢」「追跡」 ただ、全体的に印象に残らないBGMが多かった。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
吹雪の中にも、犯罪は生まれます。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
「はばたき」がとても美しい。私は好きですねえ……
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
クリアしてみると、成程、良く出来た作品名だと感じます。些細な行動で未来は変わるし、見る者の視点で世界は変わるのです。
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
性格は嫌いじゃありません。悪い主人公では断じてない。ただ、無難でつまらない人間なのは確か。もっと見せ場が欲しかった……
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
プロファイリングを主体とした、現代風ミステリー。トリック解明や謎解きと言うよりも、犯罪を犯している者の心理から事件を追及していく展開が多い。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
ミステリーエロゲ初心者にはオススメの一品かも。全然グロくないし。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
正気で狂気な深瀬君、私は嫌いじゃありません。
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
正直、羽矢ルートで泣きそうになったのは内緒
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
もう少し目立った活躍しても良かったと思う所。これじゃあ主人公じゃなくてヒロインだよ!!
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
ムラあれど、全体的に綺麗な印象
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
羽矢ルート、娘の思いが光ります。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
大事な要素は、全て過去にある。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
ドバっと出ます、ドバっと。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
最後のTRUEルートまではやりましょう、どう思うかは貴方次第。ANOTHER END「IFの糸」も気が向いたらやるべし。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
断然羽矢が1番好き。もう堪らなく良かったです。自らの意思と残酷な現実の狭間で葛藤しつつも、前に進む力強い女の子。彼女のように、おちゃらけていながらも人間味溢れる魅力を併せ持ったヒロインと言うのは、琴線に触れてしまうと酷く愛おしくなるのです。良い意味でキャラクターが生きているとひしひし感じさせてくれたのは、ヒロインだとこの娘だけ。次点で素晴らしい人格者且つ頼りになるお姉さんの梓先生に一票
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
読み応え抜群の引き込まれる文章は、本作も変わる事ありません。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
相変わらず素晴らしい、鮮やかな出来栄えと言えましょう。全ての伏線が回収されていると言う意味においては、TRUEルートは圧巻の一言
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
実に馬鹿げた愛情です。しかし、否定したくは無いと思います。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
天童さんとのピロートーク、慈しみの展開。羽矢とのピロートーク、衝撃の展開
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
2周目の推理が楽になるSkip機能搭載です。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
『バタフライ・シーカー』はシリアルキラーと、キチガイオンパレードの提供でお送りします。ただ、敵側はもっと狂えた気がしなくもない。
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
気持ち悪い、怖い、不愉快な天童さん。初対面時から何故か好きになれなかったのですが、進めて行くにつれて、天使と悪魔が共存した異常者だからだと分かりました。最後の方へ向かうにつれて、その嫌悪は少しばかり軽減されます。しかし、偽善を越えた独善で主人公と接していた、あの傲慢さは罪と言えましょう。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
早乙女後輩を演じたあじ秋刀魚さんの演技がとにかく素晴らしい。怒声に慟哭におちゃらけと、自由過ぎる彼女の演技はとにかく特筆すべき点として挙げられましょう。そして何より事後のシーン、あそこの微細な演技変化は必見、こちらも思わず不意打ちの苦しさを食らいました。また、天童優衣役の花澤さくらさん。もし意図的に、全体を通してあのような演技をしているのだとしたら、とてつもない技術力だと感じました。終始、嘘臭い胡散臭さが光っていた次第です。
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
氷室先輩が途中に少しだけ……
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
まあ、そうなるだろうなと思いました。彼女も狂った住人なのです。
A バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
昆虫美食部、通称「ムシクイ」
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
BAD END、DEAD ENDのどれかでなるかも。
C バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
どの事件から担当してもOK!の安心構造です。個人的意見としては、氷室千歳→天童優衣→早乙女羽矢の順で。羽矢ルートを最後にしたらよかでしょうの方針
B バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
もう少しキャラクターの魅力を上手く引き出せていたらなあ……と思わずにはいられません。羽矢や梓先生は良かったんですが、他のキャラには全く関心が及びませんでした。特に義姉さんはもう少し、思い入れ深くプレイしたかったです。

検索