soulfeeler316さんのフェアリーテイル・レクイエムに関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

amazon
ジャンルメルヘン・ミステリアスホラーADV
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値82
データ数219
原画大石竜子
シナリオ海原望(井上阿希) , 高尾登山(サブ) , 希(シナリオライター)(サブ) , 禾刀郷(サブ)

入力データ

得点
90
おかず
あまり使えなかった
プレイ時間
75
面白くなってきた時間
1
プレイ日時
2020年06月13日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1002
90~998←ココ
80~898
70~799
60~697
50~596
40~491
30~395
20~292
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~9943←ココ
80~8998
70~7959
60~6914
50~591
40~491
30~390
20~290
10~190
0~90

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ2
それなりに8
あまり…8←ココ
まったく…14
そもそも2

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり0
だいぶ1
それなりに17
あまり…15←ココ
まったく…20
そもそも4

コメント

90フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
【発売日5周年記念『フェアリーテイル・レクイエム』徹底解釈】おとぎ話のような人生こそ、おとぎ話だわ。 → 長文感想(40000)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 75h / 面白くなってきた時間 : 1h

POVコメント

A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
生きているのか死んでいるのか、わからない時間・空間に囚われた者達を、人はそれでも生きていると言えるのでしょうか?
B フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
トップクラスの童話世界観。不気味なメルヘン表現に終始魅せられる圧巻の表現力です。此処に浸っていたくはありませんが、浸る気持ちも分かってしまう世界でした。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
クリアした現在、凄くセンスの良いタイトルだと純粋に思えるんです。本作に数多生まれていた「死」を捉えた上で、奏でられるレクイエム。その哀愁へと誘う切なさを端的に纏め上げた、実に素晴らしき作品名だと思います。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
唯一無二の文句無き美しさ。大石竜子さんの絵は国宝級レベルで大事にしなければいけないと思います。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
振り返ってみると、これは立派な純愛物語。彼女が彼を想い行動する光景は、読んでいて何故か泣けてくる程
C フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
明確な「悪役」ってヤツはいないけれども、強いて言うなら「オトナ」達
B フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
ピーター・パンEND。久しぶりに胸糞悪くなったエンディングです。童話『ピーター・パン』の内容を知っていると、この先彼等がどのような道へ至ったかは予想できるかもしれません。
B フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
要所要所で光ります。特にアリスルートの「誰がタルトをとったか」がビビりました。
B フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
グレーテルとゲルダに泣かされたフェアリーテイル
C フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
キャラクターの多くは「お伽話症候群(フェアリーテイル・シンドローム)」に感染している事を念頭に踏まえた上で、プレイするのを薦める。この作品はあくまで1つの「童話」であり、「ご都合主義」と指摘する事自体が筋違いだと、クリアして気付いた野暮天の僕なのでした。
B フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
幻想は、現実のすぐ隣に存在していると言えるかもしれませんね。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
僕はグレーテルとゲルダが凄く好きです。子供の頃から、この2人の童話を愛していたが故の影響をひしひしと感じ取れました。本作のヒロインは全員個性が爆発していますが、特に心へ響いた彼女等に泣かされた物語だったと、クリアした今、実感しています。
A フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
詳しくは語れませんが、本作は幼馴染大勝利ゲーです。

検索