soulfeeler316さんのなないろリンカネーションに関する情報

soulfeeler316

脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難さに苛まれながらレビューを書き続ける新参であります。

個人的に好みなシナリオライター:海原望、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
個人的に好みなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】
上記の要素を取り入れた作品はほぼレビューしていく所存なので、これらの作品が好きな方はよく名前を見るかもしれません。

少しばかり批評を行ってきて気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、自分の場合、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わってしまうと言うのは、参考にして下さる方に対して大変失礼です。
したがって、私のレビューは基本、5点毎にカテゴライズを行っております。
その方が、○○と同じ位には面白かったと言うように、基準がとても明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事はないでしょう。
ただ一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)もありますので、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版や追加要素を含めた完全版について語る際は、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となる次第
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願いします。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら必ずコメントを述べるでしょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

amazon
ジャンル涙あり笑いありのホームコメディADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値83
データ数762
原画すめらぎ琥珀
シナリオかずきふみ

入力データ

得点
80
おかず
それなりに使えた
プレイ時間
25
面白くなってきた時間
2
プレイ日時
2018年09月03日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~994
80~895←ココ
70~795
60~697
50~595
40~491
30~394
20~291
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10013
90~99133
80~89408←ココ
70~79164
60~6923
50~598
40~493
30~394
20~291
10~192
0~90

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ1
それなりに5←ココ
あまり…5
まったく…15
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても10
かなり20
だいぶ36
それなりに110←ココ
あまり…54
まったく…19
そもそも6

コメント

80なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
その夏の思い出が、俺達の永遠になる。2018年9月23日追記:かずきふみ先生の、コタロウ温度問題に対する有り難い御意見を追加 → 長文感想(15000)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 2h

POVコメント

A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
ストーリーは極めて王道、言ってしまえばよくある話。しかし、それでも人は、感動出来てしまう事を痛感した作品でした。「ひとりの女の子の恋愛を一本の映画みたいに描きたい」から始まった本作は、それが成就したにせよ、しないにせよ、私に心地良い余韻を齎した次第。根底にある「生まれ変わり」と「思い出」、これからプレイする方がどうか、それらの「優しさ」を肌身に感じられる事、切に願います。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
CGの見せ方や画面効果等、所々で効力を発揮していた印象。霊子が凄く綺麗でした。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
Hシーンへの導入にほぼ、違和感が無いと言うのは凄いと思います。それに結構エロいし。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
琴莉END(続く日常)→伊予END(伊予と子犬と)→梓END(家族と)→由美END(三人で)→はじめから→琴莉END2(リンカネーション)でプレイ推奨
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
桔梗に葵に芙蓉に伊予に、和服好きはプレイしても損無し。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
鬼達がクッソ良いキャラしていて可愛い、憎めない奴等です。でも、攻略出来なくて良いかな……彼のオンリーワンはもう決まっていますし。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
琴莉。加賀見家の妹含め、皆さんも非常に素晴らしい家族でした。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
そこまで尾を引かない。絶望から至る一筋の救済って、なんか良いですよね……
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
ああ、これは「魂」の作品だ。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
少しあるのですが、それ以上にご都合主義じゃない箇所が存在するので、見事な相殺効果となっています。上手い。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
コンフィグ画面のサウンド欄に、キャラクターそれぞれの自己紹介がついています。鬼達は実に面白いですねえ……
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
正直、途中から「もしかして……?」と言う疑問符が浮かび、真相解明シーンでは衝撃より案の定な絶望が浮かびました。ただ、真実を知った後でプレイする2周目が、いやはや、凄い。上手く騙してくれたなあ……と言う驚嘆に浸ってしまいました。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
鬼達が素晴らしい。決して、脇役なんかじゃない。メイン級と言っても良いでしょうこれは。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
実は、由美ルート以外全て泣いてしまったのは内緒。コタロウに泣かされた時点で、最後の大号泣は必然だったと言えましょう。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
今でも価格が高いと言う一点のみを除けば、是非ともやって欲しいゲームです。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
伊予と葵、そして変態Mおじさんには、本当に感謝です。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
これ、実はかなり重要。「おうち」に留まる、住まう、戻る、そして、そこから旅立つ「者」をそれぞれ描いています。要所要所のシーンは『家族計画』を思い出してしまいました(酒飲みシーン等々) ただ、高屋敷家と違うのは、加賀見家は1人の為の家族であったと言う事。この家族の根底にあるのは、紛う事なき「優しさ」なのです。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
よく、務めきったと思います。あのルートの頑張りだけでも、私は褒めてあげたいです。ただ、由美ルートでの彼はちょっと微妙だったのが残念
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
由美ルートだけはちょっとね……決して悪くは無いんですよ悪くは。ただ、あれ?って思う箇所が多々ありました。特にエロシーン連発の所。後、由美の言い訳がましい所に、少しいけ好かなさを感じてしまったのが、凄く悲しかったです。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
どの方も、全員が、素晴らしいモノを秘めています。特に、強烈な個性の塊を演じきった桜川未央さん、兼役を見事なまでにこなした御苑生メイさん、もしかしたら作中で1番可愛いかもしれないキャラを御立派に務め上げた藤咲ウサさん、そして……琴莉を最後まで演じきった秋野花さん、本当にありがとうございました。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
「なないろ」は誰誰を指すのか? 何故「リンカネーション」と言う言葉にしたのか? 答えに辿り着くと、このタイトルがとても優しいモノに感じられる。皆、1つの輪で繋がっているのです。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
例えば、何故メリーゴーラウンドを最後に選んだのか? ここには暗喩的な意味がこめられています。例えば、何故「リンカネーション」という言葉を使ったのか? 作中で「輪廻」や「転生」という言葉を、キャラクター達が使ってない事にも注目(掛け軸には見事に描かれていますが) 最後に、本作のテーマは何か?
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
単純明快、読破は余裕。されど、深く考えると非常に良く出来ている。驚きです。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
キャラそれぞれの表情が生き生きとしているのが、素晴らしいですね。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
何度生まれ変わっても、何度出会っても、私はきっとあなたに恋をする。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
正直、グロテスクではない。しかし、只々ショッキングです。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
もっと浸っていたいと感じられる作品こそが、雰囲気の良さの証明になるかと。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
悩みながら苦しみながらがんばって、後悔を……続けていくんだろうね。別れのたびに。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
鬼達と主人公の関係性、善哉善哉
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
エロティシズムを「小さな死」と捉えるならば、これほど深い物語は無いでしょう。だって、作中ほぼ全て、死に支配されているんですから。
C なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
正当続編が出たら是非プレイしたい。ただ、彼女以上の存在が彼の中に現れる事はないのに、作ってもしょうがない気はします。物足りない位が、本作には丁度良いのかもしれません。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
琴莉とのシーンは、ほぼそうかもしれません。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
彼女の結末に違いはあれど、その相違で様々な可能性を与えている所に、優しさを感じました。意図的に作られた構成に、私個人としては、拍手を送りたいです。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
あまり目立っていませんが、極悪。最も、本作の彼は現代社会の被害者とも呼べますけれど。
B なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
要所要所で、普通の人と隔絶した存在である事を思い出させてくれる。ただし、そこまで怖くはない。
A なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
この考えに同調できるか否かで、本作の評価は大いに変わるでしょう。

検索