soulfeeler316さんの加奈 ~いもうと~に関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難さに苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:海原望、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら必ずコメントを述べるでしょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

amazon
ジャンル感動系純愛ビジュアルノベル
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値83
データ数1052
原画米倉けんご
シナリオ田中ロミオ(山田一)

入力データ

得点
50
おかず
そもそも趣向があわなかった
プレイ時間
30
面白くなってきた時間
20
プレイ日時
2018年06月08日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~994
80~895
70~795
60~697
50~595←ココ
40~491
30~394
20~291
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10048
90~99252
80~89337
70~79192
60~6979
50~5934←ココ
40~4912
30~395
20~292
10~191
0~91

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ1
それなりに5
あまり…5
まったく…15
そもそも1←ココ

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ0
それなりに3
あまり…19
まったく…35
そもそも3←ココ

コメント

50加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ? → 長文感想(11765)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h

POVコメント

B 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
「いもうと」とつけた意味とかあるんだろうけれど、もっと魅力的なタイトルに出来たと思う。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
時間経過による変化
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
読みにくくは無いが、普通の文章だと思う。多くの人が絶賛する程ではなかった。
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
一応、これも含まれている。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
CGの出来に偏りがある。ぶっちゃけるけど、下手な時は本当に下手だ。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
正直、必要性はまるで感じない。禁忌と言っても、加奈のネタバレを知ると本当に必要じゃないと思うから、しょうがない。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
正直、脇を固める女性の方が「良い女」だと思う。須摩子さんと由美は最高だ。
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
第三者が如くプレイして、一抹の寂寞しか感じなかった私みたいなのもいるので、これはもう人によるとしか言えません。正直、欝になれた人は羨ましいと思います。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
「いもうと」の為にある物語。良くも悪くも。
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
つまらないと感じた方も、加奈の日記だけは一読の価値在り
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
今となっては古臭いし在り来たり。独特ではないし、本作だけの特色も少ない。世間の死生観を取り扱った作品を良く知っているなら、初心者が必ずしもやる必要は無いでしょう。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
本作の十八番。アポトーシスとネクローシスの話、聖書の引用から来る死への肯定等、見所はあります。須摩子さんの、死を前にした上での子供との向き合い方には、考える所もあった次第でした。
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
大嫌いと言う訳ではないのですが、藤堂家の態度と行動に疑問や違和感が浮かぶ事が多々ありました。両親は無論、主人公の隆道とヒロインの加奈にもムッとくる場面在り。この時点で、私が本作を楽しめないのは確定したと言えましょう。
C 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
純愛と我儘を混同してはいけません。ある意味同義でも、同義にしてはいけないと思います。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
「いもうと」との恋愛が主軸だからしょうがない。
B 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
人間的に、あまり好きになれないヤツでした。妹を好きになるのは良いとしても、自分勝手な面や根に持ちすぎな点等、難がある箇所も多い。
B 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
基本的に辿る結末は1つ。しかし、1つだけ異質なルートがあります。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
唯一、幸せに至る事の出来るシナリオが酷いご都合主義とは、これ如何に。その分、他ルートは容赦無しの展開ですが。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
「泣ける」に期待して購入してはいけない、絶対に。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
展開に抑揚が無く、平坦に淡々と進む。はっきり言って、つまらない。
A 加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
他の難病モノやら近親恋愛モノを見てきた身からすると、ありきたりが多すぎて、熱中する前に冷めてしまう印象。本作と超良く似ている漫画「Sweet pain little lovers」の方がまだ心に響きました。

検索