saisalyさんのその大樹は魔界を喰らう!に関する情報

saisaly

◆基準は50点より上か下か。下ならば大いに問題があると考えての点数のため、低い評価と考えています。
温故知新。クリエイターやブランドの創作物を古い作品から順に遊ぶ事で新しい作品までの進歩を楽しめる
という考え方を好みます。 ただし分量的にあれもこれもすべて、というのは金銭的、時間的猶予を考えれば無理だとは自覚しています。
強烈な体験は自分の中で繰り返し反芻され、思い入れを強く抱いた場合は「自分を作ったもの」へ昇華されると信じています。
このHP内の点数や感想は600字以上で感想を書かれている方については参考にさせていただいています。
合わない、つまらない、と4文字5文字、地雷だったとどこがどう何がよくないか書かれない感想は参考にならないと考えています。(参考にしません)

◆2018年8/7時点の現在、プレイ中のゲーム
◆電撃ナース (PC98) 多忙に付き中断。 ゲーム画像:https://gyazo.com/35ea13d7be465b990f809e9a24cc2994◆

エロゲー暦は22年ほど。一応長い。PC98末期からやってます。ただ、プレイ本数は多いですが感想や点数付けをあまりしてこなかったので備忘録として
最近点数と文章付けを開始しました。中には10年以上前に遊んだけど点数付けせずにいる作品をわざわざ遊びなおして点数付けしている作品もあります。
この批評空間にも2005年ごろに登録して参考のために閲覧はしてたんですがあまり書き込みはしてませんでした。

プレイ済みを遊びなおすのも含めて古い作品から順にプレイしているので新作を遊ぶことは稀、感想を書く対象が新作であるケースは稀。
大体は多くの人が遊んで評価が一定になった物を後追いしています。自分が面白く遊べた物、厳しい不満がある作品は長文をつけております。
PC98作品についてはさすがに感想の数やデータ数は少ないですねぇ。感想数が少ないので私の点数や文章が数少ない参考となれば幸いであります。
女性向けの作品にも多いので男ですが女性向けゲームも遊んでます。こちらも感想数が少ないので(結構いいシナリオ/ストーリー多いです。)
参考になれば幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
新規に知らないゲームに向かい遊ぼうと考えた時にはこの批評空間での点数がたとえ70点、60点を切っている(50点台でも)ゲームでも気にせず挑戦します。
中央~点以下は回避という考え方は持ちたくない。点数だけで地雷判断ではなく長文感想で判断。
(ゲームなので人を選ぶ、ただ埋もれてるだけの事もあるので)さすがにデータ数が10件を超え、かつ40点台以下ともなればここでの点数も意識しますが・・・。
特定の声優さんや原画家さんやライターに対する優遇や、こだわりはありません。好きなクリエイターが関わっていても結局内容次第なので。
それでもあえて名を挙げるなら
原画:「好実昭博氏(川口匡史)」「広崎悠意氏」「竹井正樹氏」
シナリオライター:「とり氏(アリスソフト時代)」「広崎悠意氏」

大雑把に、付けた得点を文章的な表現で表すと

85点以上は睡眠も食事も仕事も何もかもぜーんぶ放り出して遊んだ!このままでは生活ヤバい!けど必死夢中、やめられない止まらないというモノ。
      楽しくなりすぎてクリアするまで仕事や日常生活へ復帰できなくなる危険なブツ。今で言うゲーム中毒を発症するレベル。名作!
75点から上(75点含む)で寝食を忘れてのめりこんで遊ぶ熱中度の質と判断した物。84点を超えないなら日常生活や仕事に復帰可能。仕事に戻れる。
60点ライン以下は所々中断しながらも完走する熱中度の作品。ご飯食べず眠らずの程度のめりこみ方にならないという基準。
40点以下はのめりこんだのにお話に失望させられたりそもそも低品質だったりでお察しの・・と感じた物の基準。

細かくランク的に再分化すると

10点以下は・・「クソゲーオブザイヤー級」。
非常に攻略が難しいとかという場合には適用しない。ゲームには設定、キャラクター、原画、音楽、声優の演技など、どこかしら魅力はあるはずと考えてるので
遊んだ際にどれだけ作品の品質が低いと感じても「吐溜-TRASH」という作品をエロゲーにおけるクソゲー基準と定めているので
私はプレイしたゲームをこの「吐溜」と比較し、「吐溜」に品質の低さが接近していないと判断した限りはエロゲーに対してKOTYE級という表現はしないし呼ばない。
10点を割るというのはめったにない。(クリア不能である、5分で終わるフルプライス紙芝居などもはやゲームではないモノに対しては評すると思う)

11点~21点「カス作」。音楽や原画のみの評価。
22~35点以下は「大失敗作」 酷評。大体長文で批判。
36~49点は「駄作」。「これ絶対失敗作」と判断したものの、音楽、CG、設定、キャラなど、1つ程度だけが「特に」見所がある酷評ゲーム。
50点台は「惜作」 だめな部分がやや多いが見所もある作品。
60点台は「凡作」  いい部分と悪い部分が半々と感じた作品。
70点~73が平均点級、多少不満。
74~79点は「佳作」。満足いくがわずかな不満もある作品。(70点を超える点数くらいから酷評はしません。
80点台は「良作」。人に薦めたいと思える作品。賞賛&絶賛(この位置に来るものは本当に満足している作品)
90点台は「傑作」。絶賛。(この点台の点数はめったに付けない、厳選してます)
100点は付けることはないと思う。付ける日は来るのか自分でも分からない(ランス10を非常に高く評価したけどそれですら100にはならず。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆採点する私当人の好き嫌い「要素」についてです。◆
安易なご都合主義は嫌います。ここで死ぬべきと思ったらばっさり死なせる思い切りのよい作品は潔いと思う。
登場人物がもがき、努力するのを見るのは楽しい。(報われるかは別。)素人主人公が真剣に取り組み、努力、根性、挫折、苦闘を経て頂点へ立つというスポ魂展開大好き。
異世界に召喚されたのに一切葛藤せずに異能力を得て俺強ぇー&モッテモテっていう展開は抜きゲーでない限りは勘弁。という面倒くさいユーザーでございます。
最初から連戦連勝のサクセスストーリーだとわかってるような作品やバカゲーでは都合展開は問題にしません。炎の孕ませシリーズのようなね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
採点の基準です。
登場人物とお話の内容や仕掛けを楽しめるかを重要視するので楽しければ高得点。
颯爽としていてかっこいい登場人物、がんばる苦労人、苦悩や葛藤、
物語内の仕掛けの意外性に驚かされる、意味ある不幸、あがいて死ぬ、大逆転(過程の描写がきちんと処理されてる)、
針のような辛苦の道を血を流して耐え進む、など。
主人公と敵が殺し合いしてる作品なら対立軸の心情、多彩な人物、敵としての見せ場、矜持、魅力を見ることが出来れば嬉しい。オウガバトルシリーズ大好き。

「遊んでいて(お話が)ここ変だなぁ」と思う作品は低評価に。
人の生死や生き様、戦時を描いた戦記なのにおふざけどたばたコメディー化が度過ぎてる、(★キャッスルファンタジア聖魔大戦リニューアルの事)
続物として製作されながら、前作にはないご都合主義に耽溺したと思われた作品。(★聖なるかなの事)
(1作目=努力根性、急展開&逆転、2作目→前世の因縁で得たラッキーパワーで解決、モテモテハーレム!と180度正反対)
弱者として登場したのに弱者から成長する過程を描写しないでいつの間にか強者を蹴散らしていたりするキャラが登場した場合に感じる
ストーリー中で登場人物の力関係を話の展開に相応しく処理をしないまま物語が進んでいるような場合に覚える「何だこれ?」な違和感(お粗末な展開)などがあれば。
当てはまる作品は40点以下の低評価で、中には酷評長文付きの場合もあるのでそちらを。

いまだにPC-98ゲームを遊んで面白がってる身ですのでちょっと程度のシステム面の不便さやグラフィック(CG)の過不足(例えば塗り)での減点は軽々に致しません。
フルボイス主流の時代ですが声無しゲームをプレイしてる年数が長いので、ゲームが声無しで新規に今の時代に初登場しても気にしない。
バックログ機能が無くてもメッセージスキップ機能が無くてもコマンド総当りだったとしてもOK。プレイ時間が長い長編もOK。
古い時代だとシュミレーションゲームで、戦闘の敗北でキャラロストしたりと難易度が高いなどがありますが、私はそういうのはOK。
ゲーム性のある作品ではプレイヤーを過度(適度ならOK)に有利要素を与え甘やかしたり楽をさせない方が歯ごたえがあって良いと考えるタイプです。
そのような感性で書いておりゲームの内容重視ですのでシステム面の使いにくさに批判的な方、キャラデザインの洗練の度合いやCGの塗りへのこだわりのある方は
ご不満に思われるかもしれません。ですが、そこは感性や考え方の相違という事でご容赦を。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
きちんと書いた長文(評価が定まり文章としても完成なので今後、特に書き直さず)
ランス10、鬼畜王ランス、永遠のアセリア(PC)、 こみっくパーティー(PC)、七英雄物語、その大樹は魔界を喰らう!、装甲姫バルフィス、吐溜

きちんと書いた長文(推敲するかもしれないが一応完成、遊びなおし次第で書き加え、あるいは書き換える場合有り)
CANNONBALL ねこねこマシン猛レース、グリンスヴァールの森の中 成長する学園、聖なるかな Special Edition、キャッスルファンタジア 聖魔大戦リニューアル
Tears to Tiara(PC)

批評空間にデータ登録がないけど面白かったゲーム
現在はなし

プレイ済みのPC98作品
レッスルエンジェルス1・2・3、V1・V2・V3、レッスルエンジェルスSpecial、 メルクリウスプリティー、メタ女 ~府立メタトポロジー大学付属女子校
エスカレーション’95 お姉さまって呼んでいいですか?、七英雄物語、七英雄物語2、ドラゴンナイト、ドラゴンナイト2、CAL、CALⅡ、FOXY、FOXY2
イリウム、METAL EYE

上記「きちんと書いた長文」作品以外は文章を書いている物があってもおさわり程度。(2018/6/6時点)あるいは点数のみ。
点数のみの物は大体何年も前のプレイによる記憶での点なので、今後遊びなおしたりしたら長文をつけたり点数が変わるかも。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
発売から10年以内の旧作が作品によっては中古屋で1000円以内で購入できたり、ゲーム雑誌にまるごと収録され、雑誌収録版でスキップ機能やセーブ数増加などで
より遊びやすく改良されていたり。同人作品にお話やゲームデザイン的に物凄い物が出現したり。本当にいい時代になりましたね。隔世の感です。

フルプライスなのに総プレイ時間が5分~10で終わるとかというあんまりな点、テキストの幼稚さといい加減さ、シーン使いまわしなどの目に余る点において
「吐溜」が現在(2018年6月)ワースト評価。0点にするか迷うほどのアレを下回るクソゲーに今後の人生で「予備知識なしの初見で」出会わずに済む事を願います。
いや、クソゲーと知っていて恐々体験するのならショックは緩和されるんですけど、事前情報無し、予備知識無し状態の初見で遭遇するとショックが大きいので・・。

Twitter :
rebellion_axis
amazon
ジャンルフィールド侵攻型魔城防衛SLG
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値70
データ数34
原画紅村かる , かごのとり(サブ) , 皇征介(サブ) , たかとうすずのすけ(tkt)(サブ) , アラタ(サブ) , そらモチ(サブ)
シナリオ桃ノ雑派 , 野山風一郎(サブ)

入力データ

得点
50
おかず
あまり使えなかった
プレイ時間
12
面白くなってきた時間
1
プレイ日時
2018年05月01日

saisalyさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~999
80~8933
70~7938
60~6910
50~5911←ココ
40~492
30~392
20~297
10~190
0~91

このゲームの得点分布におけるsaisalyさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~991
80~894
70~7916
60~698
50~593←ココ
40~490
30~391
20~290
10~190
0~90

saisalyさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり0
だいぶ0
それなりに4
あまり…4←ココ
まったく…11
そもそも0

このゲームのおかず得点分布におけるsaisalyさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ0
それなりに4
あまり…8←ココ
まったく…4
そもそも1

コメント

50その大樹は魔界を喰らう! (ソフトハウスキャラ)
劇中の敵味方の人数バランスに難。元々お話の登場人物が少なすぎるのに敵側はほぼ勢力代表1名で一人語りしており、自軍は2名以上、話が進むと味方の人物ばかり増えて敵味方で人数差が広がる。敵側の見せ場が初対面時の会談&開戦口上だけ、特に男ボスは雑魚配下もろとも倒され退場するだけ。人物関係は自軍ばかりを見せる展開でしゃべるのは自軍ばかりで敵側は部下もおらず見せ場のないままやられて進むので敵に魅力を感じない。魔界は狭く感じ、スケールある世界とは思えないし(長文感想に理由を記載)戦闘部分は戦闘スキル以外に介入余地はほぼなく、人数を多めに配置して経験値を稼いでレベル上げて殴れ(時々スキルで介入)というあまりに単純な仕様の為3倍速モードで眺めるのが基本になり退屈、ストーリーも周回前提の為か短くボリュームがない。女の子可愛い&CGきれい。凡作SLGエロゲーの見本。1週目は楽しい。(2018/5/25書き直し) → 長文感想(7008)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 1h