saisalyさんの永遠のアセリア Premium Special Editionに関する情報

saisaly

2020/1/07 更新

◆2019年現在で未だにPC-98のアダルトゲームを遊んでいるエロゲーマーです。プレイ暦は1996年からで23年目。ただし感想投稿はごく最近から。
◆成年向け/一般PCゲーム、家庭用、PC98、女性向け(女性主人公/BL)、同人、最近の作品まで色々遊んでいます。
◆50点が基本の下限。減点理由に挙げられやすいシステムの不自由さは発売年度によっては許容します。
◆基本的にGiveupしません。ゲーム性のある作品は難易度が高すぎなければ(PS1「HOSHIGAMI」級)投げ出しません。
◆自分は物語を評価する場合には、よく使用される「シナリオが良い」という言い方ではなくストーリーが良いと書くので
 書き方に違和感を感じる方がもし居るならはあらかじめここで断りを。(シナリオという単語は場面や会話など部分的、断片に対して)
 シナリオという用語の使い方について言いたい事は「CANNONBALL ~ねこねこマシン猛レース~」の感想で触れています。

1.システム不便 2.少々の難度 3.時代性(古さ) 4.塗りやCG、5.難度などについて 一定年度以前のゲームであれば
許容する考えの持ち主なので「古さ」や、プレイ不能なほど酷くなければ「システム」「塗り」「不便」「難しい」「テンポ云々」に頓着しません。
見た目やユーザビリティを気にしがちな方と私とでは同じゲームを遊んだ場合で不満を覚える部分が一致しないと思います。

例:物語、場面、言動の感想は人其々ですがイブニクル2程度ならRPGとして十分に親切でプレイにおいて特に不満や不自由さは感じられませんでした。

◆私的なクソゲーの基準◆
面白くない、楽しくない、つまらなかったというプレイ感想は理解できますが、1.「0点」2.「クソゲー」3.「地雷」という
極端に強い否定表現での感想を見かける事が最近(2010年代前後から)は増えたように思います。駄作という単語もやや頻度多く見かけます。

駄作として推すのはPS1「HOSHIGAMI」。クソゲーでは「吐溜」。理由は感想を読んでもらえば解かりやすいはず。
クソゲー、地雷呼ばわり連呼されるゲームの大抵は「下には下があるのでまだ当て嵌まらないんじゃない?(絵や音楽は及第点、など)」
★★「中央値70以下ゴミ」はエロゲーマーの共通認識だと書いた人を見ましたが強く非同意(玉石混淆ってだけでいい物もありますよ)★★

◆不満点を書く時は細かく書きたい。製作者の創造物を貶めたい意思はないので感想を書きたい気持ちが湧いた場合には
遊んで気に入らなかった部分についてはその理由があれば書きます。
感想なので主観が入る部分はあるかと思いますが、例で言えば発売から10年以上経過した作品をただ単に「古い」という理由で
40点以下の点付けをするような事はゲーム性、物語と関係ない採点なので自分は絶対やりません。
◆他の方の感想は「具体性があって納得できる記述を含む文章」を 参考にさせて頂いています。
否定的な感想については「合わない、地雷、古いとだけ」書いてある殴り書きレベルの文字量は参考にしていません。

◆好きな展開
「スポ魂」、「努力、苦労、困難、挫折を越えて辿り着く成果」、「登場人物同士の本音のぶつかり合い」「潔さ」
◆嫌いな展開
「安易な奇跡」「ご都合主義の連発(必要最低限はOK)」「カタルシスの感じない、最初から強くて無双/ハーレム(非抜きゲー)」
「ゲーム内での、キャラ同士の実力差の解消のない勝利、成功(主人公が成長、強化されずレベル1のままラスボスに勝つような展開)」

◆得点基準◆
93点以上は「精神の標(しるべ)」で睡眠は寝落ちが基本。仕事を中断して寝食を忘れ最後まで一気にプレイしたゲーム。
メッセージ、音楽までが大体印象づいているような、これぞ面白いゲームという自己の基準、血肉、心の宝石箱の中身。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
88点~92点は「神作」。標や名作とした評価ゲームとはまた一線を画す。時間を忘れてのめり込み、特に、涙を流して悲しみ、喜んだようなゲームが多い。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
82点以上~87点は「名作」で仕事を最低限に抑え睡眠をなるべく我慢して没入。(寝落ちせず自己意思で寝ます。)これも思い入れの深さは相当。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
75点~81点は「良作」で最後まできちんと遊び、よく食べよく寝る。気が進めば無理して徹夜プレイもあり。
物語やテーマ、キャラや空気感にとても高い満足感を得た作品。
欠点よりも圧倒的に楽しみが深く。数多くの時間を費やした記憶が残る作品。人に勧めていい基準。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
70点~74点は「佳作」熱中度は最後まできちんと遊び、よく食べよく寝る。不満もあるが遊んだとしても損な気分にならない。
満足度で区別するため佳作枠は大体70か74で区別、74点の作品は良作に近い満足度。他の方が凡作と称する辺りに相当するゲームも含まれる評価帯。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
60点台「惜作」で最後まできちんと遊ぶけど不満も覚え、「ここはもったいない、」とぶつぶつ言いながら結局最後まで遊んだ挙句に
「プレイ中は楽しんでいる部分もちゃんとあるけどいろいろ足りないし惜しい」とぼやいてクリア後にやもやするゲーム。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
50点台は「凡作」。退屈で不満を感じるけどゲームとして完成していて評価できる。酷いとまで思わないけれど
物語や、ゲーム性に満足したという手ごたえが低い。完成品としては評価しています。まだ駄作ではないがそう評価する人がいても不思議ではない。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
40点台は「心の棘」(意味は、惜しい!これさえなければ!という、評価と嫌悪が両方)突き抜けた魅力、素敵なキャラ、題材、アイディアがあって
それを差し引いてしまう嫌いな要素が相反するゲーム。ここが素敵と思う部分があるだけに惜しいという気持ちが強くて批判しちゃうようなゲーム。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
30点台は「駄作」めっちゃくちゃ不満!続編ゲームとして不満が爆発したもの(言動が好ましくない、前作は重くて重厚なのに2作目では軽薄だとか)
低レスポンス(ゲーム性のあるゲームでプレイヤーが操作した行動成果の反映が希薄、ストーリーや登場人物の先々での言動に影響しない、)
戦記なのにコメディーとご都合主義が多すぎる、テーマにそぐわない人物の言動と謎が謎のままで終わるなど「複数のダメ感」が重なってるゲーム。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20点代が「クソゲー」です。褒めても絵か音楽だけ。10点台、それ以下は「吐溜」と僅差を比較するレベルで軽蔑の対象。まあ、「ゴミ」
上記通り、安易にクソゲー扱いする事を相当謹んでいます。その基準は厳しく、吐溜や未完でCGだけ良い作品、バグまみれでなければ認定しません。
20点以下、1~19点までは間違いなく本物のクソゲーと見做したゲームとお考え頂いて問題ありません。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆きちんと書いた長文(評価が定まり文章としても完成なので今後、特に書き直さず)◆
ランス10、鬼畜王ランス、永遠のアセリア(Special Edition)、 こみっくパーティー(PC)、七英雄物語、その大樹は魔界を喰らう!、装甲姫バルフィス
吐溜、HOSHIGAMI、英雄*戦姫(PC版)、CANNONBALL ねこねこマシン猛レース、イブニクル2、グリンスヴァールの森の中 成長する学園

◆きちんと書いた長文(推敲するかもしれないが一応完成、遊びなおし次第で書き加え、あるいは書き換える場合有り)◆
聖なるかな Special Edition、キャッスルファンタジア 聖魔大戦リニューアル
Tears to Tiara(PC) 、Men at work!、南国ドミニオン King of solitary island

◆批評空間にデータ登録がないけど面白かったゲーム◆
現在はなし

◆プレイ済みのPC98作品◆
レッスルエンジェルス1・2・3、V1・V2・V3、レッスルエンジェルスSpecial、 メルクリウスプリティー、メタ女 ~府立メタトポロジー大学付属女子校
エスカレーション’95 お姉さまって呼んでいいですか?、七英雄物語、七英雄物語2、ドラゴンナイト、ドラゴンナイト2、CAL、CALⅡ、FOXY、FOXY2
イリウム、METALEYE

上記「きちんと書いた長文」作品以外は文章を書いている物があってもおさわり程度。(2019/3/25時点)あるいは点数のみ。
点数のみの物は大体何年も前のプレイによる記憶での点なので、今後遊びなおしたりしたら長文をつけたり点数が変わるかも。

HP/BLOG :
月影の騎士
Twitter :
rebellion_axis
amazon
ジャンル異世界召喚シミュレーション
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値75
データ数7
原画
シナリオ

入力データ

得点
92
おかず
まったく使えなかった
プレイ時間
60
面白くなってきた時間
2
プレイ日時
2018年02月26日

saisalyさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~998←ココ
80~8938
70~7940
60~6917
50~5911
40~493
30~398
20~291
10~190
0~91

このゲームの得点分布におけるsaisalyさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~991←ココ
80~892
70~791
60~690
50~590
40~490
30~390
20~291
10~191
0~91

saisalyさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても2
かなり0
だいぶ0
それなりに6
あまり…4
まったく…11←ココ
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるsaisalyさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ0
それなりに0
あまり…1
まったく…3←ココ
そもそも0

発売前コメント

--永遠のアセリア Premium Special Edition (XUSE) (2016-12-22)
ゲーム部分に追加要素がほぼ存在せず 新曲、CGや、シーン追加なしでスペシャルエディションとほぼ同一なのでSE版を持っていれば買わなくても良いと思います。ゲームとしては名作。高価格で発売されているのにゲームとしてはスペシャルエディションと内容が同一で追加要素に価格ほどの魅力が無いので減点。

コメント

92永遠のアセリア Premium Special Edition (XUSE)
本文理由でSpecial Edition版比で1点減点。名作。「大切な存在を守り抜く」というテーマを明確に感じた。「異世界に召喚され」という導入は今や珍しくなく在り来たりだが、呼び出された側がどのような扱いを受けどう行動するかの描写が精緻。召喚先の異世界と地球世界の倫理観の違いによる苦悩、世界、文化、技術、言語、国家、種族の差異も様々描写されるなど、主人公側の立場での描写が細やか。戦闘パートは先々を見据えて効果的な育成をする計画性が必要で、敵部隊の排除の為に小隊の編成、操作や移動、実戦パートでの攻防の際に自軍小隊の細やかな判断を適切に行う必要がある。これを好まず、複雑、面倒だと感じる方はこのゲームには不向き。主人公勢力国が大陸を統一する話なので必ず他国と戦争するが、その敵国がどんな国か(主だった人物やスピリット)の部分。つまり敵国の人物面に存在感が欠如している事は大変惜しい。 → 長文感想(8317)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 60h / 面白くなってきた時間 : 2h