rionrionrionさんの景の海のアペイリアに関する情報

rionrionrion

〇評価基準
 大まかな基準は以下の通りです。
 100点=いかなる側面からであっても文句のつけようが一切ない神が作ったような完璧な作品
  60点=媒体として最低限の体裁は整っている作品
  0点=そもそも媒体として一切の体を成していない作品
 これを基準にして加点方式寄りで採点しており、粗も余程ひどいものでなければ無視し、光る要素は積極的に拾って評価します。そのような採点方法に加えて、自分の趣向に合わない作品をわざわざプレイして低評価をつけて酷評するのは客観性を著しく欠いている行為と考えているため、情報収集して趣向に合うものを選別してから購入していることもあり、全体的に点数が高めになっているかと思います。
 一応シナリオは、その作品のジャンルに合わせた評価基準ないし評価優先度で評価を行っていますが、物語原理主義者なので「物語とは現実に存在する問題や脅威を創作というフィルターを通して安全に触れるためのもの」という原理的存在理由に従い、何らかの問題提起を行っている作品や、そこから少し派生して新たな見識や議論をもたらしてくれた作品を高く評価する傾向があります。一見シナリオゲー一強な評価傾向に見えるかもしれませんが、ユーザーに何か新しいものを提供すること自体は萌えゲーであろうと抜きゲーであろうと可能であり、逆にシナリオゲーであっても必ずしも何か新しいものを提供とは限りません。また、仮に自分の価値観とは相容れない、心底気持ち悪いシナリオだろうと一貫性が保てているのであれば減点は行いません。ただ、(自称)ガチ理系かつ海外SF読みなので、SF系の作品に対しては若干評価が厳しいかもしれません。
 「小説」ではなく「ノベルゲーム」という媒体なので、当然シナリオだけでなく、CGやシステム、演出や音響に関しても結構な比重を置いて評価しています。特にノベルゲームは複合媒体であるので、単体の質が高いことよりも、各要素の相乗効果の方に重きを置いています。

amazon
ジャンル恋と青春の科学冒険ファンタジーADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値85
データ数879
原画いつい , 早瀬夏樹(SDキャラクター)
シナリオ範乃秋晴

入力データ

得点
92
おかず
それなりに使えた
プレイ時間
40
面白くなってきた時間
3
プレイ日時
2017年08月02日

rionrionrionさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~992←ココ
80~8920
70~7946
60~692
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるrionrionrionさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10025
90~99224←ココ
80~89436
70~79139
60~6933
50~596
40~496
30~394
20~292
10~190
0~92

rionrionrionさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり4
だいぶ14
それなりに30←ココ
あまり…21
まったく…3
そもそも0

このゲームのおかず得点分布におけるrionrionrionさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても5
かなり16
だいぶ35
それなりに103←ココ
あまり…77
まったく…35
そもそも6

コメント

92景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
『はれたか』に引き続き素晴らしい本格ハードSF作品(本格的過ぎてハードSFが読めない人には難しい) → 長文感想(7698)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 3h

POVコメント

B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
親子の愛情に近いがアペイリア
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
入れておくとフリーズしづらくなる
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
主人公主体の戦闘シーンのノリ
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
古典SFっぽい詩的なタイトルで好き
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
楽しむには古典SFファンか、一定レベルの知性と理系教養(論理学・量子力学・情報工学あたり)が必要になる
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
最後のバトルシーンは結構熱かった
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
本筋の完璧さに比べ、エピローグの適当さ
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
あそこまで意味不明でカッコよい下ネタも中々ない
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
厳密には少々違うがシンカ―
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
先が読めない展開の連続に脱帽
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
戸惑うというよりは解明を頑張っていた印象
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
現実でやろうものなら公然わいせつ。コスモスを説得した時もゲスかった
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
深すぎて理解が難しいほど
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ましろ→三羽→久遠(→アペイリア)
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
エピローグをもう少ししっかり書いてほしかった
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
全ヒロイン、アペイリアの戦闘シーンは少なめだが...
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
よくこれだけ複雑な作品を作れたなと思う 
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
最後までやらないと意味が分からない
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
部室、全ての始まりにして終着点
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
最先端科学由来の死生観がどの√でも取り上げられるが、哲学に片足突っ込んでる気も
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
プロローグの主人公vs騎士団、下ネタ的な意味で
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
エピローグにてハーレム状態
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
先端科学をベースに哲学的な問題も取り扱っている
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
謎解き・解説が主体である以上、シーンバック機能は欲しかった
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
主に主人公絡み。多すぎて話の流れが乱れることも
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ド変態だが、頭が回り、男らしい。今どき珍しい素直に頭良いと感じられるキャラ
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ファンタジー系のVRMMOが主な舞台、ただしハリボテ状態なので細部は甘い
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
観測者は誰か?、元凶の正体を突き止めてタイムリープを止めさせるのが行動方針
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
三羽、ましろ、アペイリア
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ログイン・アウト描写、ウイルスなど
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ここまで細かく回収する作品も珍しい。ほんの些細な情報でさえカギになる
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
是非後日談(=ハーレムルート)を
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
回想でエッチシーン以外も見れるのは良かった
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
展開や設定面においては間違いなく業界トップクラス、本格SFとして見ても高クオリティ
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
「名前も顔も居場所も知らない。 実在するかさえわからない。お前を必ず見つけ出す――」、言い手と聞き手でとらえ方が180度変わるのが特に良い
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
アペイリア、最後の一年間が切なすぎる
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
主人公のデザイアの都合上、必然的に
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
低スぺPCだとムービーと一部演出が重い(最悪フリーズ)
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
敵が主導権を持つタイムリープものなので一つの結末に行きつく
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
完全没入型VRMMO、投影ディスプレイ、量子コンピュータなど
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
ましろの若者言葉、久遠の「~だぞ」
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
チート使ってる奴とほぼ互角
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
久遠&ましろ、沙羅&正円
B 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
どちらかと言うとシチュエーションとして
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
歴代最高レベルで本格的、かつこれ以上のものは今後現れないと思う
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
主にAIや量子力学に関すること。AIはともかく、量子力学の方はマイナーな学説と素粒子物理学を知らないと理解できない論理展開(-100%の部分)を使っているので難しいかも
A 景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
「自身に送るメールを選択する」という演出は斬新だった

検索